函館2歳S(2019)予想 ~ 洋芝実績がない馬は函館の重賞を勝てない

競馬予想ブログ JUST

函館2歳S(2019)予想 ~ 洋芝実績がない馬は函館の重賞を勝てない

読了までの目安時間:約 3分

 

函館らしさが戻ったか、先週も上がりの掛かる競馬になった。

本州ほどは雨の影響を受けていないが、北海道に実績がない馬は函館の重賞を勝てないことはよくある。

今年は2戦とも、洋芝戦に勝ち鞍のあるのワンツーであった。

さて、藤岡佑介騎手のリーディング争いにひとつ貢献をしたレッドヴェイパーが、本来使うべき開幕週の新馬戦でコンビを組む予定だった北村友一騎手へと乗り替わり、再度勝利を目指す。

阪神で圧勝のタイセイビジョンは、タートルボウルだからいくらでも洋芝をこなせそうなものだが、高速化が進んでいたにも関わらず、札幌2歳Sとは大違いで、7月開催になってからも全く違う組の勝ち馬に出番を与えていない。

ティーハーフと同じように阪神から来る洋芝巧者のような配合の馬が、まるっきり出番なしとはならないはずだが、それなら門別2戦圧勝のアザワクにだってチャンスはある。

ただ、時計が出にくくなっているところで、順調に使えなかったにも拘らず、追われたから走ったという感じで新馬を勝ち切ったレッドヴェイパーは、スタートのミスも考えづらく、稍重の1:09.8ならここでは断トツの存在感を放っている。

2着だったケープコッドは2週後に良で1:09.9で圧勝も、ここは除外。

5馬身差3着だったメイショウナパワンも、新馬とほぼ同タイムで未勝利を勝って、こちらは参戦。

人気のスマートカーリーが翌週の良馬場、レッドと同週に圧勝のパフェムリも同じ1:10.2であり、相手が楽だったらもっと遅かったはずのレッドも、軽くない相手と既に対戦済みの強みが、ここでは活きるか。

洋芝ではあまり崩れないロイコン系で、シンコウラブリイを産んだハッピートレイルズの直系は、ハイペリオン色が強いが、セントサイモン色がここ2代で強まったレッドヴェイパーの代では、タフな馬場の短距離戦は歓迎に思える。

今年も連闘馬がいるので、マンバーを相手筆頭とする。

◎レッドヴェイパー

○マンバー

▲タイセイビジョン

注パフェムリ

△アザワク、ゴッドスター、リュウノゲキリン



* * * * *
  
無料公開の指数データを活用、買目とレースを絞り込むだけで回収率は想像を超える

08/10 札幌6R 買目26点で3連単 53,050円的中
08/03 小倉3R 買目34点で3連単 93,900円的中

競馬に詳しくなくてもカンタンな方法で上記の馬券を的中。その手順を、当サイト特集ページで掲載中です。
 ↓ ↓
指数で最大プラス回収率を狙う購入法

 

レース予想

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方