レパードS 予想 - 前走は参考外でヴァイトブリック◎

競馬予想ブログ JUST

レパードS 予想 – 前走は参考外でヴァイトブリック◎

読了までの目安時間:約 5分

 

全国絶賛爆暑中の今日この頃。

4歳馬が改めて力を発揮した先週の結果に倣いつつ、やや層の薄い現3歳世代の力関係において、一定の意味合いを持つ重要戦となるレパードSに、何か面白味のありそうな才能を見つける作業に、今週は傾注すべきと思った筆者。

降級という概念がなくなった今、この時期に古馬相手に2勝をしていたとて、それなら重賞の経験があった方が得なのでは、という近年のレース傾向も踏まえると、既に3勝した準オープン格数頭の扱いも難しい。

ならばと、前走ではスタートでレースが終わってしまったヴァイトブリックの、その前に当たったオーヴァルエース、クリソベリル相手に2着だったという実績が、当面のレースレベルや世代全体のバランスを見るのに最適とし、ひとまず、信用ならん面々を押さえるよりも手っ取り早く…、とは乱暴になってしまう表現だが、ここで崩れるほど落ちぶれた元エース候補ではないわけで…。

戸崎騎手は例によって、夏になってしっかりと今年も勝ち星を重ねている。

器用ではないだろうパートナーながら、今年は無茶苦茶な波乱はないだろうと考え、これを推そうと考える。

新馬戦と前記ユニコーンSで多分に怪しい性質を見せた彼だが、左回りの経験も既にあり、1800M戦は2歳時のものとはいえ、完全なワンサイドゲーム。

それが新馬だけならともかく、京都でデビューの関東馬で、戻ってきた中山でも内容は大差なく、となれば信頼度も高め。

問題はその惜しい面となっているスタートの悪癖。

完全に駐立不良であり、自滅なのは間違いないが、新馬はしっかりと向こう正面で立て直し、直線だけで2着以下に大差をつけた。

ユニコーンSは園田遠征で大幅に減らした一息後のレースを好走した後、例の出負けと、有力とされたデアフルーグも謎の不発に終わった展開もあり、微減での出走も、本来の力を出せるような状況ではなかったのだろう。

1800での実績は文句なしで、本来は、回りもコース形態もそれほど重要ではないタイプ。

ただ、新馬で京都ということでは、最近もダート専門は関東馬でもそういう戦法が一般的になりつつある上で、血統的背景も考えた上での策とも考えられる。

叔父には重賞4勝のランフォルセがいて、母父アドマイヤベガを除けば、完全に同じ配合。

ヴァイトブリックは、ある意味でそのアドマイヤベガと同じような弾け方を京都でしたという点で、確信めいた平坦適性を、陣営は見抜いていた節がある。

アドマイヤベガをつけるくらいだから、当然、母系も一流。

特に、ヴァイトブリックから見た3代母のソニックレディが愛1000ギニーなどを制した名牝で、マキャヴェリアンを配されたソニンクが輸入されて、その前に当地で誕生した娘のアコースティクスはダービー馬のロジユニヴァースを送り出した。

しかしながら、マキャヴェリアンはそもそも兼用型の種牡馬であり、本質は芝向きでも、ソニンクがランフォルセを産んでからというもの、ここ10年程の一族の傾向は完全にダート専門型へとシフト。

ダービーに縁のあるようにと配された母のヴァイスハイトでさえ、ダートでしか勝ち星はない。

2つ上の姉が、先週の小倉で2勝クラスを快勝。

彼女が昨年の夏も勝っているくらいだから、弟もこの時期の競馬は苦手ではないだろう。

血統馬の底力が活きる条件が整った競馬。

大崩れしているようでは、今後の出世にも響く。通過点としたい。

3勝馬でも怪しいのに、今後は2勝としてだけという馬は買いづらい。

やや過剰人気になりそうなサトノギャロス以外はしっかり3勝馬を押さえ、3勝クラス経験の急進勢力たるビルジキールのタフさを、ここでは評価して相手の筆頭とする。

◎ヴァイトブリック

○ビルジキール

▲デルマルーヴル

注アンシェンプッテル

△エルモンストロ、ブルベアイリーデ、ワシントンテソーロ



* * * * *
  
無料公開の指数データを活用、買目とレースを絞り込むだけで回収率は想像を超える

08/10 札幌6R 買目26点で3連単 53,050円的中
08/03 小倉3R 買目34点で3連単 93,900円的中

競馬に詳しくなくてもカンタンな方法で上記の馬券を的中。その手順を、当サイト特集ページで掲載中です。
 ↓ ↓
指数で最大プラス回収率を狙う購入法

 

レース予想

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方