2015アイビスサマーダッシュ

JUST競馬予想ブログ

アイビスサマーダッシュ(2015)見解

読了までの目安時間:約 4分

 

春のGⅠ競走は、総じて昨年のレースよりは似たようなメンバー構成ではあるものの気持ち上増ししたレベルで展開していったように思う。
重賞路線全体で見て、それが当てはまるかを判断できるほど単純ではないにせよ、違う道を選んできた馬だとか、やっと自分の走りに納得できるだけのパフォーマンスが可能となった状況にあるだとか、今までより良くなる何かを持っていそうな馬は、結構しっかり走った印象がある。
先週のスマートオリオンにしたって、ついこの間までは、どうすれば立ち直るのか、5歳馬でありながらお先真っ暗な状況にありながら、突如として目覚めたのだからわからない。

ここで狙いたいのは、あまり筋のいい選択ではないだろうが3歳のサフィロスである。
きっと、走ってくれれば中身のある競馬は見せてくれるはずだ。
最近、順調に使えている馬の方がよく走っているのにちょっと反抗したくもなってきた。
短距離路線というのは、ワンパターンの結果になりがちで古豪が幅を利かせている今回のようなパターンも多くみられるが、斤量53の魅力には敵わない。走られてみたらあっさりだろう。

1000Mの適性に、特段の強調材料はない。未知の魅力を買うのだから仕方ないことだ。
ただ、明確にマイナスと言えるのは、京王杯2歳Sは下げすぎて2着、そして、休み明けでここを走った馬というのがサンアディユくらいしかいないという部分。
如何ともしがたい大きな障壁を乗り越えないといけないは確かだ。
ここまで速さを証明してきたわけでもないし、体が動かなければ勝負にもならない。
掘り下げれば掘り下げるほど?の馬なのだが、この馬の魅力は血統にある。

キンシャサノキセキ産駒は、今年の2歳戦で好調。勝ち上がり率もまずまずで、初年度産駒のもたつき方とは一変した。
その初年度の代表馬であるサフィロスは、父が地団駄を踏んでいた3歳春を丸々調整期間に充て、一応使える状態までは仕上げられたようだ。
でも、父が本格化したのは函館スプリントS快勝から1年半後の6歳秋以降のこと。
実力はあっても、まともに走らないから堀調教師も積極的にスプリント戦を使っていかなかったと記憶する。

それと比べれば。2歳重賞で2着して、じっくり仕上げる時間を作ってあげたので、馬の方が勝手に走ってくれる可能性も否定できない。
牝系にミスプロやノーザンダンサーの血がないのは、エアロヴェロシティやビービーガルダンなど南半球色の強いスプリンターと似た成功パターン。
伸びしろがたくさんあるところで、父が少し苦手とした高速決着への対応力は、気難しい血筋独特の爆発力を少しだけ発揮できれば、激流になりそうもない展開なので、決定力のある終いの脚に繋がるだろう。

無理筋を承知で、3歳馬の可能性を探求するのだから、相手は絞り込まず一杯いっぱいまで手を広げたい。辛勝も惜敗も少し考えにくいが、セイコーライコウだけはねじ伏せられる相手になりそうだから、対抗一番手はこれか。



* * * * *
  
【特集】誰でも再現できる、300倍~1000倍以上の配当をGETする方法とは?


競馬指数を使い、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍以上の配当を狙い撃つ『裏ワザ』を考えてみた。

※2019年6月の3連単的中例より
06/29 中京03R  63,010円 的中
06/29 福島12R 124,470円 的中
06/29 函館01R  47,670円 的中
06/23 阪神05R  82,270円 的中
06/23 東京08R 440,140円 的中
06/22 東京01R  40,950円 的中
06/02 阪神12R 103,850円 的中
 ↓ ↓
「10万馬券の取り方」解説ページ

 

レース予想

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方