新潟2歳S 予想 - 他の15頭とは毛色が違うモーベットに注目

競馬予想ブログ JUST

新潟2歳S 予想 – 他の15頭とは毛色が違うモーベットに注目

読了までの目安時間:約 4分

 

札幌競馬場では、今週も名手が集うお祭りがあるから、今年も例によって乗り替わりが発生。

しかし、ダービージョッキー4名が全て10年以内に制している過去の遺産だとか昔取った杵柄という感じもなので、これはこれで注目の2歳重賞・新潟2歳Sは面白い。

何はともあれ、フルゲートではあるが、衆目の一致する期待馬・モーベットの走りには、否応なしにファンの脳細胞を活性化させる何かがあるという認識が共有されている気がする。

どう考えても、他の15頭とは毛色が違う。

期待の牝馬というより、藤沢ブランドでありながら、オルフェーヴルの仔であり、また敢えて高速の上がりが求められる新潟を選択してきたことが、最大の焦点。

何度もここに早熟というか、完成度に不安のない管理馬を送り込んできていて、アヴニールマルシェは1番人気で2着だった。

この年はダービー5着のコメートが出ていて、3歳戦までは活躍した面々は一定レベル参戦していた。

結果的にレースレコードが記録されたが、以降、その時の勝ち馬であるミュゼスルタンよりは迫力のありそうな馬勝ってきたが、走破時計は1:33.4に遥かに及ばない。

理由は単純明快。

新潟特有の前半の超スローに加え、2度は結構渋った稍重馬場。

今年もその道悪型低速現象の確率が、相当高まっている。

別に馬場適性とかそういうものは、後の活躍馬の性質からも、そこまで重要なものではないし、平坦の稍重馬場、それも芝競馬の根幹距離であるマイル戦で、既知の通りの長い直線がある。

クラシック云々を目指す才能にとって、不良馬場でさえ、結果に大きく影響を与えていないことが明白なこの重賞競走で、かわいそうにや残念でしたね…、などという心あるフォローは不要。

勝てとまでは言わずとも、こういう馬場でこそ、底力を見せつけたい。

その点、オルフェーヴル×ファルブラヴ×エルコンドルパサー、底力のパロクサイド-ダイナカールのラインという血統背景がより輝いて見えるモーベットの死角は、今回に関しては、極めて乏しい。

まあ、負けたっていいじゃないか…、の条件こそ、人気馬にとっての強調材料になる。

走りづらい条件になれば、馬群もばらけやすく、力のある馬には有利。

大幅改修後過去4回あった非良馬場戦における1番人気の結果は、【4000】と、見事としか言いようがない。

オルフェーヴルにエルコンドルパサー。

まるで条件は異なるが、激闘の日本馬・凱旋門賞挑戦記の名シーンに登場する、重馬場のロンシャンで躍動した日本の傑作である。

パロクサイドというのは、その血を引くだけで判で押したように晩成型の特性を引き継ぐものだが、エアグルーヴやその孫ドゥラメンテが2戦目で初勝利だったという傾向の方が多いから、ルーラーシップやモノポライザー、アドマイヤグルーヴのような新馬勝ちで、一気に注目度倍増のようなモーベットのタイプは、ちょっと怪しかったりする。

みんな最初の重賞を負けているが、それはグルーヴもドゥラメンテも同じ。

共通するのは、晩成型だけあって夏の2歳重賞に出てこない馬ばかりということ。

いい挑戦である。この馬にはサンデーの血はあっても、エアグルーヴを経ていないからトニービンはない。

それを活かすように、3戦目で函館2歳Sに挑み好走した母アイムユアーズは、4歳シーズンまでよく頑張った。

母を超える意味でも、ここは軽くパスしておきたい。

ウーマンズハートに負けるなら納得だが、彼女の父母父はトニービンである。

◎モーベット

○ウーマンズハート

▲エレナアヴァンティ

注ウインカーネリアン

△クリアサウンド、グライユル、ペールエール


* * * * *

【特集】無料公開の指数データを活用、買目とレースを絞り込むだけで驚異の回収率

08/10 札幌6R 買目26点で 3連単 53,050円的中
08/03 小倉3R 買目34点で 3連単 93,900円的中

競馬に詳しくなくてもカンタンな方法で上記の馬券を的中。その手順を、当サイト特集ページで掲載中です。
 ↓ ↓
指数で最大プラス回収率を狙う購入法

 

タグ :   

レース予想

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

競馬予想会社の正しい探し方