55K据え置きジャンダルム中心

競馬予想ブログ JUST

京成杯オータムハンデキャップ 予想 – 55K据え置きジャンダルム中心

読了までの目安時間:約 5分

 

マティリアルやシンボリインディのような復活のパターンは、今は普通に起こっている。

故に、ジャンダルムにはチャンスが残されている。

母は言わずと知れた快速馬・ビリーヴ。

兄にはキングマンボの仔であるファリダットと、血統構成がよく似たところがあるメダグリアドーロ産駒のフィドゥーシアが姉にいるという血統背景。

そんなことは気にせず、上の兄弟が短距離で活躍する中、3戦目の2歳タイトルの二択で、迷わずという感じのホープフルS参戦の流れがあったことは、もうみんな忘れてしまったか。

最近、ようやく気持ちが戻ってきたのか、本来あるべきダート戦線で活躍しそうな気配を見せるタイムフライヤーに一気の脚で差されてから、まるで勝負圏外というレースばかり。

折角、朝日杯の回避で掴んだチャンスも、弥生賞でその勝ち馬であるダノンプレミアムに完敗後は、もう重賞馬であることもGⅠ2着馬であることも忘れさられていた。

前走の中京記念。

メンバーはかなり軽くなり、筆者も毎度気になるからいつもの▲に据えたものの、グルーヴィットら希望の星たちにキレ負け。あまり見栄えの良くない内容の6着。

ただし、休み明けで本質は道悪適性のあるサドラーズウェルズ系ながら、差してもキレなかったものが急に頗る反応のいい馬に変化することもない。

それでも、いいメンバー相手に武豊で万全の態勢で…、という括りをやめて、かなり毛色の違う藤井勘一郎騎手とのコンビで、少し積極的に動いていこうという姿勢が見られた。

追い込んでキレずの繰り返しで、普通は馬も参っている。

それでも、勝負所で反応できれば何かをきっかけに復活するのでは、という期待感を抱かせるには十分の内容。

条件は中京記念と変わらず、馬場差と軽めのレベルアップは見られる出馬表も、彼自身のこれまで戦ってきた相手と比べれば、大分楽なはず。

雨がちょっとは降りそうで、しっかりと間隔をあけてここに挑んできたローテは魅力。

グルーヴィットやクリノガウディーも、キレ馬という感じではないから、自分が動ければ、十分に逆転はある。

55、54にアップした斤量が、55据え置きのジャンダルムには互角に戦える要素となっているのは確か。

問題は父キトゥンズジョイ。

芝が得意なサドラーズウェルズ。

アメリカ血統で、ダートが得意だったエルプラドの傑作・メダグリアドーロとは、やや質の面の不安材料がある。

前述の通り、姉がフィドゥーシアで、何故こちらがエルプラドは同じなのに芝のマイル近辺にツボを感じる何かがあるのは、ヘイルトゥリーズンクロスが成功の鍵だから。

国内の出世馬はあのダッシングブレイズとなるわけだが、これがクロスはバックパサーの5×5くらいなもの。

ノーザンダンサーくらいはクロスさせないと、パワー自慢でも、反応の鈍さが出てしまう。

日本でこれだけ活躍するヘイルトゥリーズン系の馬が最大の証明材料。

少なからず、アメリカでは芝のトップホースを出しているキトゥンズジョイは、母父にロベルト直仔のリアファンを持っているというだけではなく、その中のヘイルトゥリーズンとロベルトを有効にクロスさせたインブリードで、シーマクラシック勝ちのホークビルは例外として、アメリカでは10頭近くの芝のGⅠ馬を出している。

狙いは日本の有力種牡馬との交配で縛りが多いサンデー×ダンチヒのビリーヴに、理想の配合相手を探した結果のアメリカでの繁殖入りの経緯がある。

ファリダットも4歳、ビリーヴも今と同じ時期に再度成長を遂げた。

スプリントは得意ではないロベルトの血があるビリーヴ産駒だから、短距離は使わない。

講釈は十分に可能で、ジャンダルムのこれまでの経験は無駄とはならない。

右回りの方がもしかしたら…。これは母とも兄とも違うが、果たして。

中京記念組に加え、これも中山でなら一発ありそうな牝馬・ディメンシオン、ハーレムラインの豹変も、本命とするジャンダルムの臨戦過程からは想定しておかねばらないか。

無論、手広くしかない組み合わせだ。

◎ジャンダルム

○グルーヴィット

▲クリノガウディー

注ディメンシオン

△ハーレムライン、トロワゼトワル、プロディガルサン



* * * * *

当ブログのメイン予想をメルマガで【前日先行】配信

当ブログの重賞レース予想は、下記のように大穴馬券をコンスタントに的中させております。

2019/11/9 武蔵野S◎-▲で馬連2万1,070円
2019/11/4 アルゼンチン共和国杯◎→△で馬単5,590円
2019/9/16 セントライト記念◎-▲-△で3連複1万0,190円
2019/8/31 札幌2歳S○→△→◎で3連単8万9,460円
2019/8/10 エルムS◎→△で馬単1万4,490円
2019/7/7 七夕賞○→▲→◎で3連単17万2,290円
 他に、マーメイドS 馬単3万3,680円、日本ダービー 馬連1万1,200円、CBC賞 3連単1万6,300円なども的中。


日曜のG1などメイン予想は直前公開となりますが、無料メルマガ「馬券名人養成プログラム」では土曜日に先行配信しております。

メルマガを無料登録する

 

レース予想

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

競馬予想会社の正しい探し方