アエロリットのパワフルな先行力を信頼

競馬予想ブログ JUST

毎日王冠 予想 – アエロリットのパワフルな先行力を信頼

読了までの目安時間:約 4分

 

◎アエロリット
○インディチャンプ
▲ダノンキングリー
△ペルシアンナイト、モズアスコット

まあ、くだらない詮索などせずに、津村騎手の実力ではなく、実績に不安があるような感じに対し、それはワンブレスアウェイの愛知杯を見ていないのかという話で、正攻法で攻めていける牝馬ということでは、アエロリットは乗り難しい馬ではない。

ヨーロッパの考えるタイプの騎手に合わないというだけで、逃げるという戦法も手段であると理解する日本の騎手には、藤田菜七子騎手の成功した、改めて逃げてみようではないか、という機転も、今回は当たらないにしても、多頭数の重賞競走が多いJRAの高額賞金レースの正しい戦略として、最初からインプットされている。

減量特典がなくなってから、一度はそこでブレーキを踏むがごとき、成長機会の喪失を迎えるのが常だが、そこを経てしまうと、細かい常識的な勝利の方程式は、馬ごとに当てはめていけばいいとなる。

津村騎手の印象深いコンビとして、あのカフジテイクが挙げられるわけだが、その前後には、初重賞制覇のタマモサポートや最近のウインガニオン、今年のオークスの2着・カレンブーケドールなど、インパクト大の先行粘り込みのシーンが思い浮かぶ。

戸崎騎手も乗れないし、最後は頼りになる義兄の横山パパもいるわけだが、そちらも京都で同日の京都大賞典で中心馬に騎乗。

モレイラ騎手もいないから…。正解なのである。

アエロリットの特長は、昨年の春に連続落鉄で惜しい星を落としたことも知られる、そのパワフルな先行力。

ムーア騎手が乗ってもきっとへこたれなかっただろうが、マイルCSはあまりに相手のプレッシャーを考えすぎた合理的作戦がミスマッチで、無残な負け方だった。

右回りも毎日王冠で久々快勝後のレース間隔の問題などもあったが、その後挑んだアメリカの道悪での大不発と、またその後のヴィクトリアマイルにおける、名手だから顰蹙を買わないで済んだというレベルの暴走5着の内容との振れ幅は、かなりの不安材料。

ただ、一族に活躍馬がやたらと多いマイブッパーズ系は、総じて、ダート型に出るとパンチ不足になるが、父クロフネで母父ネオユニヴァースでこの芝適性。

芝なら逃げることもいとわないミッキーアイルが従兄妹にいるという関係性からも、気難しさがあったところで、ハマればいくらでも前進可能なマイペース型が多いのだ。

プレッシャーを感じすぎなければいいのだが…。

それこそが津村騎手への不安だが、カレンブーケドールをお手馬にした実力を素直に受け止められたのなら、何も恐れるものはない。

相手は差し馬である。合わせても何の得はない。

一応、マイジュリエットという4代母、マイブッパーズの娘には、ギャラントロメオというボワルセル系の種牡馬が入っている。

彼の3代父がボワルセルであり、その孫はシンザンである。

ボワルセルは重厚なヨーロピアンで、愛ダービー馬だから、セントサイモンのクロスのある馬らしい性質は繋いでいけただろう。

しかし、シンザンは重厚なヒンドスタンを経ているのに、その血が入るというだけで、結構、道悪は苦にする傾向。

アエロリットがアメリカで爆死した時に、秋華賞の撃沈を即思い返したのだが、そういうことかと納得した。

日曜の東京は、多少雨が降っても良馬場になりそうだが、金曜には一応、重馬場程度まで悪化したようなので、上滑りする状態だときっと苦戦するだろう。

 

レース予想

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

競馬予想会社の正しい探し方