競馬予想ブログ

競馬予想ブログ JUST

天皇賞(秋)2017検証

読了までの目安時間:約 5分

 

普通ではないことが起きそうな予感のあった菊花賞並みの極悪馬場をいち早く抜け出してきたのは、本物の古馬一流馬だけであった。
完全に自分のリズムでは走れなかった前半を、もうこの馬場では大外進出が有利とはならないことを悟ったように、最後は本物の道悪巧者・サトノクラウンとの至極の叩き合いへと誘った武豊騎手の判断力は、言わずもがな世界トップクラスであると改めて証明する結果となった。

最後は右へ左へとどう併せるのか考えながら、最後まで王者を追い詰めたミルコとサトノクラウンの闘志も絶賛されるべきところがある。
道悪でこそ、ではないことを示すような追い比べは、しかし、持っている勲章の数の差もあったか。
本物になってもう2年以上のキタサンブラックに対し、昨秋やっとGⅠ馬になったサトノクラウンは、僚馬のドゥラメンテだけではなく、この日素晴らしい出来だったリアルスティールや当然キタサンブラックを追いかける立場にずっとあった馬だ。

衝撃の皐月賞に始まったライバル物語は、人馬一体、よりタフさを高めた人馬同士の一騎打ち。
生き残りという表現とは違う、選ばれ続けた馬の底力が、結果にも反映されたようにもみえた。
だから、やっぱりこの2頭なんだ。
ゴールシーンの壮絶さには、他の16頭にはまだ出番がないという印象も与えるほどの、清々しさがあった。

菊花賞以来末脚不発が続いていたレインボーラインは、雨の高速決着だった宝塚記念も大した見せ場もなく、ゴール前伸びてきただけの5着だったが、終始上位争いに加わっていた根性の走りは、ステイゴールド×フレンチデピュティ×レインボーアンバーという配合の成せる業か。
先週のクリンチャーやポポカテペトルらにも通ずる、特別な適性を秘めていた才能である。
こういう馬、この場面の競馬で勝ち切れないとやはり今後も苦しい。
元より、作戦が限られる馬。
強い馬になるためのレースで、いつもように強い馬を気持ちよく走らせた後にこっそり入線では、体調の良化具合に進境はみられても、成長をしたとはすぐには言えない。
賞金面の課題がまだ残った点でも残念だ。今日も完敗である。

リアルスティールは普通に乗るしかなかったのかもしれないが、本質的に上位勢とはパワーの差があったから、ダービー4着と同じような結果と考えたらいいだろう。
どんなに努力したところで、同期の2頭やドゥラメンテとは、骨格も血統もまるで違う。

マカヒキは頑張った。
最後は外に出して、中団から血統のイメージ通りの走りを見せたソウルスターリングを、最後は執念で差し切った。
しかし、ディープ産駒ということもあるのか、これも見せ場づくりに過ぎない。
着差とかタイムは良馬場ではないので参考にはならないが、根本的な部分で、この手のタフな競馬に対応できるほど中身が充実しているわけではないはずだ。
この5着であり4着について、力があるとするのは、次のレースの選択次第で、意味合いも変化する。JCでは残念ながら、きっと用なしだ。

グレーターロンドンの攻めの競馬や、シャケトラの本質的な道悪への対応力など、しっかりとした体の状態で戦えたなら、もっと違う展開もあっただろうと思わせる期待の穴馬の走りなどが目にもついたのだが、これはもう、格が上位2頭とは違ったというより他はない。

ラストシーズンを迎えたキタサンブラックにとって、昨年はここを回避してJC直行だった点に、やや画竜点睛を欠くといった心持ちもどこかにあったのだろうから、こういう選択は悪いことではない。
また、鞍上には因縁の不良馬場、断然支持の休み明けということで、進行の仕方こそ違うが、一時は凱旋門賞も狙ったという点で、メイショウサムソンと10年前に制したこのレースの勝ちっぷりを思い起こす筆者であった。
あの時は、直線の外の方で謎の側方接触事故が沢山起こった、実に後味の悪いレースであったが、サムソンは涼しい顔をして、人気通りに走った。

その時は、やや仕掛けのタイミングを待って、直線に入ってから伸びてきた。
グイグイ相手を突き放す新境地の競馬。
それと丸被りでは、以後未勝利というタマモクロスとも同じ経過をたどることにもなりかねないが、ここで変わったことをすることも、より難攻不落になるあと2戦に向けては、いいステップだったのではないだろうか。
高速化だけは、どうにか勘弁願いたいというのが、最後の陣営の願いである。

 

タグ :      

未分類

天皇賞(秋)2017見解

読了までの目安時間:約 4分

 

良馬場は有り得ない。
雨が降らないという言質は誰からも取れないし、2週続けてのタフすぎる芝へ変質が、いくらか中間回復しながらも、どうせまた少なからず雨が降れば、また想像よりもずっと重たい馬場になるのは目に見えている。
1分57秒台で決着した渋残りのジャスタウェイ独走のような馬場は想定しなくていい。

同時に、猛烈なペースを演出する馬はいない一方で、逃げなきゃ意味のないロードヴァンドールやネオ、キタサンら上手に運べる馬が多いから、超スローも考えなくていい。
レースをしてみないとどう行くか分からないエイシンヒカリのような馬はいないのだ。

◎ソウルスターリング
○キタサンブラック
▲リアルスティール
注サトノクラウン
△ネオリアリズム、レインボーライン、グレーターロンドン、シャケトラ

絞り込むのが難しい一方で、買いたい馬もそれほど多くない組み合わせ。
また逃げるかもしれないという、やや気性面で変なスイッチが入った可能性を匂わせるようになった3歳牝馬のソウルスターリングは、自分と同じくらい上手な馬が登場することによって、自分の競馬に徹することができるようになるその確率が、格段に上がるように思う。

そして、馬場質が大きく変化している可能性がある含水率が異常に高い芝コースのキープという面で、Bコースに替わるというのは、結局、内を通ればそれが全て正しいというケースが大レースほど見られる傾向が、たとえ良馬場であろうとも、高速の上がりにはなり得ない状況であれば、重厚すぎるこのサドラーズウェルズ系の才女に大いに味方となる好材料にも感じてならない。

加えて、タフすぎた桜花賞で不発に終わった理由も、関東馬の遠征ということより、その関西圏での競馬が直前2戦を強烈なハイレベル決着に自ら持ち込んできたせいで、やや消耗しきってしまった面も含まれているから、良馬場でも十分に初黒星の可能性は、今にして思えばかなりの確率で有り得たのではと筆者は考えている。
重馬場になるかはともかく、日本のパンパン馬場が合うようなタイプではなく、オークスの高速決着のような、自力で時計を作れるような馬場への対応以外、そもそもディープが活躍するような環境は、本質的には合わないはずなのだ。

逆説的な根拠はともかく、彼女には他の馬よりスピードがあることを、基本距離において結果を出し続けて証明することに向きすぎた一流血統だから、前回のように今後のために目一杯の仕上げは不可能な競馬で結果が出せなくても、それを次戦にも引きずらないとここは信じたい。

ディープの台頭さえなければ、キタサンブラックの持続力勝負での力比べで大敗は想像し難い。
そういうレースになりそうだと分かっていれば、相手を間違えず、また道中の位置取りで少し劣る面がありながら、直線終盤できっちりとした挽回を遂げる仕掛けが続いているJRA所属の外国人2騎手を買わない手はない。
同じ位置であれば、よもやのギブアップという毎日王冠のようなことは想像しがたいソウルスターリングの敵は、今回に関しては雨ではない。
根性を出して頑張るタイプではないにしても、絶対的な距離不安があるわけではない今回は、4kgもらいの斤量が活かせないこと=単なる貧弱な乙女という構図が成り立ってしまう一戦となる。

オークスの内容から、左回りの中距離戦がベスト。現役生活最終盤の父フランケルと同じ適性をここで示せれば、もうあとは怖いものなしだ。負けてはいられない。

 

タグ :     

未分類

天皇賞(秋)2017

読了までの目安時間:約 3分

 

ソウルスターリングの出来や古馬への対応力、最終的には、牝馬だと重要な当日の気配という面が見えない状況で、毎日王冠の結果を踏まえない秋天の展望などあり得ないのかもしれないが、逆で行くと、それ以外の古馬勢は、大体の予測がつく状況なのである。
少なくとも、既成勢力の順位付けははっきりしている。

サトノクラウンとキタサンブラックは、言ったら、メイショウサムソンとアドマイヤムーン、ジェンティルドンナとジャスタウェイといった関係性に近いから、両雄並び立たずの公式に則した見立てをした方がよい。
2度とも春のレースからの直行で見せ場なしのサトノクラウンは、別にフレッシュな状態が良くないと言うことではなく、毎度毎度、快走してしまうと立て直しに時間がかかるため、捨てレースがどうしても必要になってしまうタイプ。
昨秋から5戦で3勝だから、2歳の頃の出来ではなくても、レース内容の安定感から、今年は好走の可能性は十分ある。

一方、大阪杯と春の天皇賞を連勝して、皆注目の宝塚は惨敗だったキタサンブラックは、そもそも昨年の京都大賞典が1番人気初経験という馬だったから、最高支持がGⅠだったことは、武豊でも相殺できなかった部分もあるのだろう。
実は東京で4戦3勝。体調ダダ下がりのダービーはレコード決着だったという以外、時計が遅ければ…。
勝負になる条件は、秋の東京前半の開催の秋天では案外狭い。

サトノアレスなどやや頼りない若手のディープが出てきそうな状況だが、サトノアラジン、アンビシャス、ステファノスよりも力がありそうな良血馬・グレーターロンドンが、当面のディープ筆頭株。
前に行ける可能性を求めることができる主戦級の田辺騎手に手綱が戻り、毎日王冠の内容もさることながら、連戦に対応できる力をパドック気配で示すことができると、一気に主役候補である。

さて、3歳女王に関してだが、この後は香港にでも行くつもりなのだろうか。
沙田の2000Mは極めて好走要因の詰まった適条件であるように思う。
上手さを武器にどこまで戦えるか見物だ。

 

タグ :    

未分類