血統予想・コラム

JUST競馬予想ブログ

ヴァルトガイストが予備登録 ジャパンC 2018

読了までの目安時間:約 3分

 

今年はサンクルー大賞など重賞4連勝で凱旋門賞に挑み、本番は4着だったヴァルトガイストがとりあえずの予備登録があったくらいで、その他はちょっとなあ…、という海外勢のメンツ。

香港ヴァーズに行く馬もいるだろうし、アテにならない。

当のヴァルトガイスト。ガリレオ×モンズーンなので、2分25秒で速いと言われていた時代のJCではない状況で、優勝争いはさすがに苦しいように思う。

それよりも、秋華賞馬に止まらず三冠牝馬となった彼女のJC登場が、ほぼ見えている状況の方が問題。

2世代のダービー馬も、秋天次第でまるで用なしの可能性もある。

2000M巧者になれそうなスワーヴリチャードやサングレーザー、加えてギニーホースのアルアインら、4歳の専門部隊に快走されてだけでも死角になる。

敵の能力は世界レベル。

同じ距離で、格など比べるレベルにないはずの秋天が、子供の運動会状態に見えるのでは、その後の趨勢は見えている。

思われているよりパンチ不足の秋の天皇賞は、ワグネリアン推しではあったのだが、秋の復帰はなさそう。

さて、どういう展開になるか。

上がり目は高が知れているサトノダイヤモンドやミッキーロケット、昨年覇者のシュヴァルグランなどが、キタサンブラックとの激闘の末に、消耗度合いの大きさを体現する今シーズンがあるから、菊花賞からのエタリオウやブラストワンピースら、軽めのハイグレード競走の高支持馬が、適性面でも狙い目。

古馬では今年は大したレースをしていない馬が多く、春は特に低調。

ならば、春に元気だったGⅠ未出走のパフォーマプロミスが、JBCの裏でアル共を快勝してくれれば、結構注目できる。

2000以上の路線はそれほど手駒が豊富ではないので、この辺りの馬にアーモンドアイが負けるとは思えない。

となると、皐月賞、ダービーで戦ってきたタフな3歳馬が有利か。

菊回避組では、ちょっと物足りない面々が多い。

秋天でボチボチ好走でメンツは保てるレイデオロ辺りが、基準馬になれば、レースは盛り上がる。

 

タグ :         

レース予想

ホープフルS(2017)見解

読了までの目安時間:約 3分

 

今年は、牝馬が主役でもおかしくない年で、むしろ、距離延長で面白みがありそうな配合の馬はそちらの方が多い。
同じコースで棲み分けくっきりの阪神マイルのチャンピオン決定戦とは異なり、ただ、今後のことを考えるために挑むプレ皐月賞にしたいという主催者側の狙いがあるから、中山2000Mでもう一つのGⅠを作ることになったのだ。
大阪杯とのバランスをとったJRAの裁量ともとれなくはない側面もあるが、皐月賞と同じ舞台となれば、因縁をつけられる筋合いもない。

有力馬を5頭ほど挙げておく。

出てくれば最有力
ワグネリアン<ディープ産駒・祖母ブロードアピール>
スケール感もさることながら、自在に立ち回れそうな中型馬の決め手を、ここまでは遺憾なく発揮してきての3戦3勝。
東スポ杯前までの極限の瞬発力ではなく、東京のハイペースで34.6秒で突き抜けたのだから、名実とも、世代トップ能力の持ち主といえる。
回避濃厚もここは目標設定として記す。

本当はこの先を見据えてだろうけど
サンリヴァル<ルーラー×タキオン>
重馬場になれば…、と早くも妄想が先行しそうな配合の彼は、祖母がウメノファイバーで、それが出るか、ヴェルデグリーンが出るかで大違いという立場のまま、芙蓉Sから直行。この組は、例年よりは質が高かった。

大久保流のハードローテの参戦になるかもしれない
ダノンフォーチュン<ディープ×Sキャット>
兄ダノンブライトは安定して走る堅実派だが、こちらは血統面から当たりのシグナルを示す直線勝負型の中距離馬。
ブレない戦法を手に入れて、力勝負で台頭の本格派。

人気落ちで面白い
クリノクリーニング<オルフェ×パラダイスC>
ちょっとだけタガノアシュラと似た配合の彼が、函1800のレコードを更新した張本人。
黄金配合のクラシックホース2頭が、皐月賞で人気がさほどなかったことでも、同じ舞台での一発は期待できる。

最後は
ジャンダルム<キティンズジョイ×ビリーヴ>
ダノンプレミアムとの使い分けと、本質的な手応えの差で、先を見据えて経験を積むためにこちらに回ってきたのだろう。
距離はもつが、気性面に課題がある血統。果たして。

 

タグ :     

レース予想

2歳馬選定<2017年 ~京都2歳S>

読了までの目安時間:約 3分

 

京王杯
超スローで展開するも、11頭立てということもあり、各馬に不利が生じるようなことはなかった。よって、上がり33.2秒で突き抜けたタワーオブロンドンにスケール感が際立った印象。極端な追い込みタイプではないだろうし、GⅠに王手が掛かった。

デイリー杯
良血イン強襲のジャンダルムが、やけに控えめの評価に反発するように、鋭い決め手を発揮した。母がビリーヴだけに、根幹距離が合うけど、距離延長でプラスという感じではなかった。
まあ、昨年のジューヌエコールよりはタフだとは思うが。

東スポ杯
結果に驚きなど全くないが、展開が速すぎて、現時点での総合力がそのまま反映されることに。
こういう流れを今後それだけ経験できるか分からないが、勝ったワグネリアンに死角は全くない。ルーカスもここではおままごと程度の競馬しかできなかった。

京都2歳S
ハーツクライのワンツーも、キャラは違った。
勝ったグレイルは総合力型の中距離馬。人気のタイムフライヤーは、本当は小回り向きでも脚の使い方が難しい差し馬。ディープには多い傾向も、力がある証拠ともとれる。

ファンタジーS
スローなのに差しが届くというのは、力勝負だった証拠。
ベルーガの決め手は素晴らしかったが、ダイワメジャーの2頭も適性を感じさせる内容で好走。勝ち馬はマイルでも何とかなる気はする。

福2楽勝のアンヴァル<カナロア×アルーリングボイス>は、母系のイメージより伸びしろがありそう。

500万有力は少ない。
重賞でも少頭数だから、大きなところを目指す馬はいきなりそちらに回るケースが今後も多くなる。
ここはレコード勝ちを素直に評価して、もちの木賞快勝もビッグスモーキーをイチオシしておく。
芝は白菊賞快勝で2戦2勝としたリリーノーブル。

厳選1勝馬
評価は1頭抜きん出る形で、5回京都4日芝1800M圧勝のダノンフォーチュン。
ディープ×Sキャットのトレンド配合で、ある程度の決め手もある大物。
あとは、5東5芝1600<牝>快勝のレッドベルローズ。
これも母母父SCで似た配合。キレはこちらが上位も、距離はマイルが合いそう。

 

タグ :         

コラム

東京スポーツ杯2歳S(2017)見解

読了までの目安時間:約 3分

 

9頭登録で2頭回避。
有力馬の分散化とそれにより様々な馬にチャンスが生まれる可能性を引き出すと同時に、本番までこうした少頭数の競馬しか経験できずに、大きく人気を裏切るというシーンは、今までもあったが、今後はより増えるはずだ。

そういう競馬は元より絶対数の多い牡馬出走可能のレースでは、より顕著に現れることになるだろう。
さて…。

価値ある競馬を重賞経験馬も出てきた阪神の野路菊Sを制することで、より高めることに成功したワグネリアン。<ディープインパクト産駒・テンダリーヴォイスの全弟>
その才能が当たり前だったように直線反応することで、2番人気を嘲笑うように札幌1800戦をデビューウインしたルーカス。<モーリス全弟>

一騎打ちは濃厚だろうが、昨年同様、雨馬場になりそうだ。
どう考えても、あとは格下評価になるから、位置取りはあってないようなもの。
差をつける要素は、互い休養たっぷりで、その中でもオープンクラスの経験のあるワグネリアンの方が、格では一枚上ということになるが、何しろ、成長期にこれから入ろうという若駒の争い。
そんなものはアテにならない。

強いて挙げるなら、前述した渋馬場への対応力。
中京でも雨の阪神でも同じように反応したワグネリアンは、雨馬場の札幌で差し損ねたモーリスと印象被りのルーカスの方が幾分平凡な適性の可能性がある分、今回は有利だろう。
当然、人気もワグネリアンが上になる。

ムーアは卒なく乗る騎手だが、意外と馬のパワーを引き出すことよりも、一段上のキレを出すヨーロッパの騎手らしい性質がある。
良馬場だったら、ワグネリアンマークの手は有り得ないルーカスが、かなり踏ん張ることは想定されるが、果たして。

◎ワグネリアン
○ルーカス
▲シャルルマーニュ
△ゴールドギア

重馬場経験があるのは伏兵の方。
もっと上に行こうと頑張った印象のシャルルマーニュを、いちょうSを勝った方のコスモイグナーツより上に取りたい。

 

タグ :       

レース予想

2歳馬選定<2017年 9月編>

読了までの目安時間:約 3分

 

野路菊S ワグネリアン
上がりの決め手ではクリノクーニングに0.1秒劣ったものの、重馬場を後方から大外強襲で突き抜け、人気勢のライバルを2馬身半差、上がり33.0秒で粉砕した内容は祖母に通ずるところがある。
・芙蓉S サンリヴァル
ドスローからの直線勝負は、すっと好位につけたサンリヴァルが追い込みの脚を使い、ファストアプローチにキレで勝ったという内容。
もう一頭のトゥザフロンティアは、評価を下すのは早すぎるが、少々単調な内容に終始した。

ききょうS タワーオブロンドン
前走の敗戦を機に、少し馬込みに入れる競馬をさせつつ、後方一気の追い込み。
2着馬が重賞3着のバーニングペスカで、これを子供扱い。
・カンナS ペイシャルアス
後方の人気馬が伸びきれず、勝ち馬は好位からの抜け出し。
キャリア4戦で重賞も経験し、降着も後方一気もあった牝馬。

500万条件では(初勝利のコース)、
アスター ノームコア<ハービンジャー>(福島18・新)
ヤマボウシ ドンフォルティス<ヘニーヒューズ>(中京ダ12・未)
サフラン レッドレグナント<ロードカナロア>(札幌15・未)
らが勝ち上がった。

以下、1日1頭ずつ候補生を挙げていくとする。
新馬・未勝利
9/9 阪1600 ジャンダルム<キティンズジョイ×ビリーヴ>
/10 阪2000 シルヴァンジャー<ディープ×アゼリ>
/16 阪18<未・稍> タイムフライヤー<ハーツ×BT> 新馬はロックディスタウンの2着。(中京2歳②アドマイヤアルバが2着)
/17 阪1800 リュクスポケット<Dメジャー×ジャンポケ>
/18 中12<稍> アンフィトリテ(牝)<ロードカナロア・叔父リアルインパクト>
/23 阪18<未> マイスターシャーレ<ディープ×キンカメ> 新馬はルーカスの3着。(シルヴァンシャーが勝った新馬戦の2着馬・ムーンレイカーが2着)
/24 中ダ12<重> デンコウケンジャ<ヨハネスブルグ・1:11.7で快勝>
/30 阪18<未> ヘンリーバローズ<ディープ・全兄シルバーステート>(ワグネリアンが勝った新馬戦の2着馬)
10/1 中1800 グローリーヴェイズ<ディープ・アマゾンウォリアー系>

 

タグ : 

コラム