2014年【日本ダービー】見解

東京「日本ダービー」3歳G1 芝2400メートル

やはり皐月賞の上位組が人気を集めているようですが、そこで11着 と力を出し切れなかったトーセンスターダムの巻き返しを期待しま す。

飛びのきれいな馬で、皐月賞は「3コーナーから一気に行きっぷり が悪くなり、ビックリしたような走りになってしまいました。」と いう武豊騎手のコメントがあったように、馬場の悪いころを通って しまったことが敗因かもしれません。しかし状態面もベストではな かったような気がします。

京都2歳S、きさらぎ賞(G3)はともにアタマ差という点が「辛勝」と 見られているかもしれませんが、レースを使うことによるダメージ を最小限に抑えたいという乗り方でした。それだけ将来性を期待し ていたのでしょう。

しかし馬場の渋っていたきさらぎ賞でラスト1ハロンは11秒を切るか 切らないかの末脚。まだ体が緩いという時でしたので、当時よりは 成長の見込める今回、フルパワーを発揮すれば好勝負間違いなしと 見ます。

相手は皐月賞で圧勝したイスラボニータ。JC2着のドリームパスポー トなど例外はありますが、マイラーが多いフジキセキ産駒でもあり 2ハロンの延長で過信は禁物。

ワンアンドオンリーは皐月賞で大外を回って0秒3差4着。最後の最後 で加速したように、エンジンの掛りが遅い分、今回の舞台なら逆転の 可能性もあります。

◎トーセンスターダム
○イスラボニータ
▲ワンアンドオンリー
△トゥザワールド・ベルキャニオン・レッドリヴェール・ワールドインパクト

重賞レース見解 - 目次に戻る