2014年【スプリングS】見解

中山「スプリングS」3歳G2 芝1800メートル

朝日杯FSを勝ったアジアエクスプレスが人気ですが、2歳戦とはい えG1にしては時計、メンバーともに強調できるほどのレースレベル ではなかったように思えます。別路線からクラシックの有力候補が 出てきそうな予感がします。

中心に狙ったのはロサギガンティア。前走は冬場の休み明けで余裕 残しの馬体でしたが圧勝。500万クラスではありましたが狭いとこ ろを割って伸びてきた直線の脚は、ここでも通用する素質を感じさ せます。問題は中山で同じ競馬ができるかどうかですが、一叩きし て馬体、動きともにシャープさを増したのでクリアしてくれると考 えます。

相手はアジアエクスプレス。レースレベルはともかく初芝のG1で 1頭だけ力の違いを見せ付けた格好でしたから、ここは勝っても不 思議ない存在。ただしここで何が何でも勝たなければならないわけ でもなく、放牧で完全にリセットされたようなので、無理な競馬は させないはず。

穴で面白いのはクインズハリジャン。前走の京王杯2歳G2は初輸送 でマイナス14キロは堪えたはずですが、半馬身差の2着と健闘。最 後の1ハロンで急追した瞬発力は中山向きではないでしょうか。前 走はスローで折り合っていましたし、スペシャルウィーク産駒です から1800も対応してくれるはずです。

◎ロサギガンティア
○アジアエクスプレス
▲クインズハリジャン
△ベルキャニオン・モーリス・ミッキーデータ・クラリティシチー

重賞レース見解 - 目次に戻る