2019サマーシリーズ総括

競馬予想ブログ JUST

2019サマーシリーズ総括

読了までの目安時間:約 3分

 

最後まで分からなかった展開と、最初から見えていた勝負と、今年ははっきり二分された。

スプリント

優勝

21pt タワーオブロンドン

最後の最後に、京王杯SCのようなハイパフォーマンスで圧勝。

洋芝は合わなかったのか?という感じで、直線で弾けて見せた最後のセントウルSの内容は、千直王者のライオンボスよりもド派手だったから、誰もケチをつけられなかった。

このポイントではレッドアンシェルが順調に出てきて2着だったとしても、当然届かなかったわけで、藤沢先生の本気にちょっとみんなやられてしまったところもある。

2000

優勝者なし

<12pt/ブラストワンピース>

特に、例年通りというか、変わった雰囲気はなかったものの、前走で2000M路線ではなかった馬しか勝っていないということが、こうした結果を招いただけのことで、14年目だから、そういうこともある。

しっかりと戦い抜いたカデナに、かつてのクラシック候補の意地を見ただけでも、やった意味はあった気もする。

マイル

優勝馬なし

<11pt/グルーヴィット>

出てくれば大丈夫。関屋記念組がナイスファイトしない限り、余程のこのが中山で起こらなければ大丈夫だったはずが、その異常事態が発生した。

馬場も展開も大きな差が生じ、関屋記念組も対応不可の中山戦が展開されたことで、入着は見えていたようなところのあったグルーヴィットが、流れに乗れずに惜しいタイトルを落とした。

やはり、マイル重賞は3歳馬にはタフなのだ。

騎手

優勝

39pt 川田将雅

これは札幌記念の内からの抜け出しで勝負あり。

そもそも、CBC賞でアレスバローズを叱咤し、小倉記念では過剰人気批判を結果で黙らせ、肝心の札幌戦で2勝。

川田将雅の洋芝適性も素晴らしいということだろう。

敢えて注文を付けるならば、7、8レース参戦できるところで、3勝2着2回は文句なしでも、抑えた面々より入着率が低い。

春のタイトルもJDDしか獲れなかった。こういう一発のインパクトが妙に強すぎる傾向は、ちょっと変えていきたい。

いや、川田騎手もそういう領域に入ってきたということか。

 

コラム

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

競馬予想会社の正しい探し方