G1予想のコツとは?競馬で勝つ方法

菊花賞を予想

G1(ジーワン)とは、競馬のレースにおいて最高の格付けを持った重賞レースのことを言います。
G1の『G』とは、格付けを意味する『グレード』から来ております。

競馬界のレースは全てこのグレードによって分類されており
このG1は全レースにおける最高グレード。
馬主や厩舎、調教師といった関係者は当然ですが最終的にはG1で勝利することを目指していることになります。

とはいえ、G1で優勝して日本一の栄冠を手に入れることはもとより
出走権を手に入れるだけでもかなりの実力が必要になってきます。

それというのも、日本では約7000頭ものサラブレッド(競走馬)が生まれます。
たった1年でこれだけ増えるとなると物凄い数と思うかもしれませんが、
そこから中央競馬の競走馬登録を得て入厩できるのは僅か約4000頭までガクンと落ちてしまいます。
(ちなみに中央競馬での登録が条件に満たなかった場合などは地方競馬の馬主に買い取られます。
買い手が付かなかった場合は可哀そうですが処分されるようです)

また、せっかく競馬の競走馬になれたのに勝てないことには話になりません。
この4000頭の中で戦いあって勝利できる馬は僅か1500頭前後とされています。

オープン戦80頭程度
1600万以下戦120頭程度
1000万以下戦350頭程度
500万以下戦1000頭程度

更にそこから戦い合ってクラスを上げていき、
最高グレードであるG1の舞台で出走できる馬の凄さがわかると思います。

いわばG1に出走できる権利というのは馬の実力や騎手、調教状態など全ての複雑的な要素が重なり合って初めて出来ることです。
普段別に競馬に興味がないような人でもG1のレース名なら聞いたことがある、という方も多いことでしょう。

ちなみに格式高いレースですから優勝賞金などは他のレースとは正にケタが違いますが、
我々競馬ファンが手に入れることが出来る配当がG1競走だからといって多いという意味ではありません。
しかしニュースなどでもだいぶ前から話題に上がるものですから手に入れられる情報量が多いので
しっかり予想をしていけば的中させることも難しくないということです。

JRA競馬のクラス分け

ここまでで最高峰グレードであるG1レースに出走できる馬が数多くの馬の中から勝ち上がってきたほんの一握りの実力馬のみ、ということがわかりました。
次はこのグレード、競走馬のクラスの分け方について説明していきます。
もちろん実力のない馬がいきなりG1に出場しても勝てるわけありませんし、
G1に出場できるような馬が格式低いレースに出場してもぶっちぎりの展開になってしまい競馬としては面白くありません。
中央競馬を主催しているJRAではこのようなクラスで競走馬を分類しています。

G1予想

このように一番上をG1とし、そこからG2、G3と分かれていきます。

よく聞く「重賞」はどれのことだろう?
といった質問などを頂きそうなのでわかりやすく表にしてみました。

また、オープン戦以下のレースのことを「条件戦」と呼び
今まで手に入れてきた賞金額によってある程度同じレベルの馬が戦うよう設定されています。

一番下はもちろん新馬戦(デビュー戦)ですが、
馬によっては新馬戦ではなく、いきなり未勝利戦にてデビューさせる場合もあります。
この辺りの馬は過去の実績もなくデータが揃っていないので予想するにはだいぶレベルが上がってしまいます。

ちなみにランクのひとつとしてG1・G2・G3といったグレード競走に次ぐランクとして
リステッド競走というものもあります。
こちらはレース名の後にリステッドの頭文字である『L』が付くのでレース表を見る際に今度確認してみることにしましょう。

また、年によって多少前後しますが
大体中央競馬にて行われるレース数は以下のようになっています。

芝レース1679回
ダートレース1651回
障害レース127回
G1レース26回
G2レース39回
G3レース74回
オープン特別149回
3勝クラスレース186回
2勝クラスレース452回
1勝クラスレース994回
未勝利戦1240回
新馬戦(デビュー戦)297戦
全レース3330回

数多く開催されている中央競馬のレースですがG1は1年で見ても僅か26種類しかありません。
しかし、ひとつひとつが伝統や歴史のあるレースには違いありません。

次は主なG1レースについて説明していきたいと思います。

クラシックレースとは

G1レースにも色々な種類があります。
その中で有名なのがこの『クラシックレース』です。
基本的にこういったオープン戦では性齢といった条件はないのですが『クラシックレース』は特別です!

『クラシックレース』は3歳馬限定の歴史あるレースなのです。

クラシックレース
牡馬三冠


皐月賞
東京優駿(日本ダービー
菊花賞
牝馬三冠桜花賞
優駿牝馬(オークス)
秋華賞

このように皐月賞・東京優駿(日本ダービー)・菊花賞を牡馬三冠。
桜花賞・オークス・秋華賞を牝馬三冠と呼びます。
しかし桜花賞・優駿牝馬(オークス)・秋華賞は牝馬限定戦ですが
皐月賞・東京優駿(日本ダービー)・菊花賞は牡馬、牝馬問わず出走できます。

4歳以上の古馬は出場することはできませんので
新世代最強のチャンピオンを決める重要なレースとなっております。

ちなみに古馬三冠というものもあり、
春古馬三冠を大阪杯・天皇賞(春)・宝塚記念
秋古馬三冠を天皇賞(秋)・ジャパンカップ・有馬記念
で分類されており、こちらは古馬も含めた全世代のチャンピオンを決めるものとなっております。

トライアルレースとは?

どんな血統の良い馬も最初は一番下のランクから勝ち上がってゆき、
獲得賞金額を伸ばしていって上のランクを目指していきます。
ランクが上がればオープン馬として重賞に出走できるようにもなりますが
その中でも最高グレードのG1に出走できる権利とはまた他に必要になってきます。

それが『トライアルレース』と呼ばれるものでして
いわばG1出走の試験のような形です。
このトライアルレースで良い成績を残したものがG1への優先出走権を手に入れることができます。
(ちなみに優先出走権枠に漏れてしまった馬はトータル獲得賞金額が多い順に選ばれていきます)

G1レーストライアルレースグレード距離優先出走権が付与される条件
桜花賞チューリップ賞G3芝1600m
3着以内
アネモネステークス
-芝1600m
2着以内
フィリーズレビュー
G2
芝1400m
3着以内
皐月賞弥生賞
G2
芝2000m
3着以内
若葉ステークス
-
芝2000m
2着以内
スプリングステークス
G2芝1600m3着以内
NHKマイルカップニュージーランドトロフィーG2芝1600m
3着以内
アーリントンカップ
G3
芝1600m
3着以内
優駿牝馬 (オークス)桜花賞
G1
芝1600m
4着以内
フローラステークス
G2
芝2000m
3着以内
スイートピーステークス
-
芝1800m
2着以内
東京優駿 (日本ダービー)皐月賞
G1
芝2000m
4着以内
青葉賞
G2
芝2400m
2着以内
プリンシパルステークス
-
芝2000m
1着のみ
秋華賞紫苑ステークス
-
芝2000m
2着以内
ローズステークス
G2
芝1800m
3着以内
菊花賞セントライト記念
G2
芝2200m
3着以内
神戸新聞杯
G2
芝2400m
3着以内

例としてこの表のように、
『菊花賞』というG1に出走するためには
セントライト記念で3着以内、
神戸新聞杯で3着以内に入る必要があるということです。
如何に実力社会かということがわかるでしょう。

ステップレースとは?

また、トライアルレースとは別にステップレースというものもあります。
トライアルレースがG1選抜の予選だとするならば、
ステップレースは前哨戦となります。

つまりせっかくG1の舞台を出走することになるならば良い結果を出したい!
ならば本番前の練習として出走するG1と同じ距離や同じコースにて一度お試しのような感じで走るレースのことを言います。

ちなみにこのステップレースでも1着の馬にはトライアルレースと同じように優先出走権が与えられます。

G1レースステップレースグレード距離
優先出走権が付与される条件
フェブラリーステークス東海ステークス
G2
ダート1800m
1着のみ
根岸ステークス
G3
ダート1400m
1着のみ
大阪杯

中山記念
G2
芝1800m
1着のみ
金鯱賞
G2
芝2000m
1着のみ
高松宮記念阪急杯
G3
芝1400m
1着のみ
オーシャンステークス
G3
芝1200m
1着のみ
天皇賞(春)阪神大賞典G2
芝3000m
1着のみ
日経賞G2
芝2500m1着のみ
ヴィクトリアマイル阪神牝馬ステークスG2芝2000m1着のみ
福島牝馬テークスG3芝1800m
1着のみ
安田記念マイラーズカップ
G2
芝1600m
1着のみ
京王杯スプリングカップ
G2
芝1400m
1着のみ
スプリンターズステークスキーランドカップ
G3
芝1200m
1着のみ
セントウルステークスG2
芝1200m1着のみ
天皇賞(秋)オールカマー
G2
芝2200m
1着のみ
毎日王冠
G2
芝1800m
1着のみ
京都大賞典
G2
芝2400m
1着のみ
エリザベス女王杯
府中牝馬ステークス
G2
芝1800m
1着のみ
マイルチャンピオンシップ

富士ステークス
G3
芝1600m
1着のみ
スワンステークス
G2
芝1400m
1着のみ
チャンピオンズカップみやこステークス
G3
芝1200m
1着のみ
武蔵野ステークス
G3
芝1600m
1着のみ

G1スケジュール レース一覧

G1の日程を確認して予想に備えましょう。
各G1レースからそれぞれの予想や歴代の結果ページにリンクしています。

G1レース名開催場所条件コース
2月フェブラリーステークス東京4歳以上
ダート1600m
3月高松宮記念中京4歳以上芝1200m
3月大阪杯阪神4歳以上芝2000m
4月桜花賞
阪神
3歳牝
芝1600m
4月中山グランドジャンプ中山4歳以上
障害4250m
4月皐月賞中山3歳牡・牝芝2000m
4月天皇賞(春) 京都
4歳以上
芝3200m
5月NHKマイルカップ東京
3歳牡・牝芝1600m
5月ヴィクトリアマイル東京4歳以上牝芝1600m
5月オークス(優駿牝馬)東京
3歳牝
芝2400m
5月日本ダービー(東京優駿)
東京3歳牡・牝芝2400m
6月安田記念東京
3歳以上
芝1600m
6月宝塚記念
阪神3歳以上
芝2200m
9月スプリンターズステークス中山
3歳以上
芝1200m
10月秋華賞
京都
3歳牝
芝2000m
10月菊花賞京都
3歳牡・牝
芝3000m
10月
天皇賞(秋)東京
3歳以上
芝2000m
11月
エリザベス女王杯京都
3歳以上牝
芝2200m
11月
マイルチャンピオンシップ京都
3歳以上
芝1600m
11月ジャパンカップ東京
3歳以上
芝2400m
12月チャンピオンズカップ中京
3歳以上
ダート1800m
12月阪神ジュベナイルフィリーズ阪神
2歳牝

芝1600m
12月朝日杯フューチュリティステークス阪神
2歳牡・牝
芝1600m
12月中山大障害中山
3歳以上
障害4100m
12月有馬記念中山
3歳以上
芝2500m
12月ホープフルステークス中山
2歳牡・牝
芝2000m

G1レースを予想して馬券で稼ぐ

さて、ここまででG1の歴史や種類、出走条件などを色々お話してきました。
G1レースを出走することは馬や騎手、調教師、馬主たちにとってはとんでもなく大変なことですが
我々ファンとしては新馬戦などとは違い、今までの馬の成績や戦い方などを知っている分、
情報量的には予想をして的中させていくことは難しくありません。

とはいえ、そのあまりの知名度ゆえ
普段馬券なんて全然買わない競馬初心者も遊び半分で1番人気の馬に参加してきたりもしますので
オッズの大幅変動などがあり的中したとしても『稼ぐ』ことが目的の場合は厳しいかもしれません。

誰もが知っている人気馬を買ってもオッズの低さゆえ大した配当にもなりませんし
大穴を狙うにもリスクがあります。
そのためにも本記事でしっかり予想をしていき、過去の傾向や直前の追い切りデータなどをしっかり分析した上で
予想していくことをお勧めいたします。
宜しければ私の予想も参考にしてください。