園田競馬場のコースや特徴

住所兵庫県尼崎市田能2-1-1
電話番号(06)6491-0601
開設日1930年12月15日
駐車場有(約1450台分)
入場料100円
指定席2000円~
コース1,051m
フルゲート12頭
アクセス名神高速道路「豊中I.C.」から約10分
主な重賞レース兵庫チャンピオンシップ(JpnII)

大阪府と猪名川を挟んで接する場所に造られた園田競馬場は、県内の阪神競馬場とよく考えると非常に近い場所に立地していて、目の前には伊丹の空港の滑走路が見えるところでもあります。
大阪のガヤガヤ感もやはりあるので、川崎競馬場や大井のボートレースと似た鉄火場の雰囲気は、他の競馬場と比べると少々増量加減で、阪神競馬場より推計でもオヤジ率は高めです。
小回りで豪腕系の騎手が数多く誕生のステージだけに、全体の熱量も高めとなるのは自然なことでしょう。

園田競馬場の攻略方法

何とも特異な距離設定が多いため、不思議な展開も起こるようで、勝負所はスパイラルカーヴによる若干のふくらみがあるため、小回り特有の前残りはあるとしても、その仕掛けのタイミングでちゃんと押し上げていけるようなポジション取りをできるなら、あまり展開による有利不利が生じるトラックの特性はないと言えます。
ただし、パチキでも入れていそうなお客さんとジョッキーの真剣勝負の場という面はあるので、ちゃんと首尾よく前につけていないと、ペースの差で捲りを決められる可能性もあるので、オーソドックスな1400戦こそ、差し馬をケアしておきたいところです。