ホープフルステークス 予想

アイビスサマーダッシュを予想

ジュベナイルフィリーズとフューチュリティSという、歴史も格式もあるGⅠ競走があるにもかかわらず、2歳重賞の頂点であったとされる年も多かった前身のラジオNIKKEI杯2歳Sの流れを汲むホープフルSは、
GⅠになるべくしてなっただけでなく、クラシック競走に向けた試走の意味合いが強く、阪神時代から数多くのクラシックウイナーを送り込んできた出世レースです。
皐月賞と同じ条件になってからも、そのいい流れは引き継がれ、下記したダービー馬が高頻度で登場しています。

ホープフルステークスの主な勝ち馬(後のダービー馬)

ラジオたんぱ/NIKKEI杯-<1991年~2013年>
・タヤスツヨシ 1994年
・アドマイヤベガ 1998年
・ロジユニヴァース 2008年
・ワンアンドオンリー 2013年

-旧ホープフルS-<1988年~2013年>
・ウイニングチケット 1992年

-ホープフルS-<2014年~>
・レイデオロ 2016年
・コントレイル 2019年<三冠馬>

ホープフルステークスの特徴や傾向

皐月賞と同じ舞台ということで、一般的に敬遠される向きもありますが、他の重賞競走よりも遥かに勝ちタイムの設定がブレないという、年末特有の天候の安定も影響する固定された走破条件により、
過剰に人気を集めない限り、実力ははっきりと出てしまうために、目も当てられないような酷い決着は、中山移設後は全くない状況が続いています。
少なくとも、皐月賞よりは人気馬を買えるレースです。

ホープフルステークスの歴代優勝馬

 1着馬
性齢
斤量
騎手
人気
前走
父名
 2着馬
性齢
斤量
騎手
人気
前走
父名
 3着馬
性齢
斤量
騎手
人気
前走
父名
2010年(ラジオNIKKEI杯)
ダノンバラード
牡2
55武豊
4京都2歳S③
ディープインパクト
オールアズワン
牡2
55安藤勝己
2札幌2歳S①
ネオユニヴァース
コティリオン
牡2
55
C.ルメール
5500万②
ディープインパクト
2011年(ラジオNIKKEI杯)
アダムスピーク
牡2
55C.ルメール
4新馬①
ディープインパクト
ゴールドシップ
牡2
55安藤勝己
3札幌2歳S<2>
ステイゴールド
グランデッツァ
牡2
55
秋山真一郎
2札幌2歳S<1>
アグネスタキオン
2012年(ラジオNIKKEI杯)
エピファネイア
牡2
55福永祐一
1京都2歳S①
シンボリクリスエス
バッドボーイ
牡2
55C.ウィリアムズ
5東京スポーツ杯2歳S⑤
マンハッタンカフェ
キズナ
牡2
55
武豊
2500万<1>
ディープインパクト
2013年(ラジオNIKKEI杯)
ワンアンドオンリー
牡2
55C.ルメール
6東京スポーツ杯2歳S⑥
ハーツクライ
アズマシャトル
牡2
55松山弘平
3500万②
ゼンノロブロイ
サトノアラジン
牡2
55
戸崎圭太
1東京スポーツ杯2歳S⑤
ディープインパクト
2014年(GⅡホープフルS)

シャイニングレイ
牡2
55川田将雅
2新馬①
ディープインパクト
コメート
牡2
55嘉藤貴行
8500万①
ブラックタイド
ブラックバゴ
牡2
55
戸崎圭太
9未勝利<1>
バゴ
2015年(GⅡホープフルS)

ハートレー
牡2
55H.ボウマン
3新馬<1>
ディープインパクト
ロードクエスト
牡2
55田辺裕信
1新潟2歳S<1>
マツリダゴッホ
バティスティーニ
牡2
55
C.ルメール
2500万<1>
キングカメハメハ
2016年(GⅡホープフルS)レイデオロ
牡2
55C.ルメール
1500万①
キングカメハメハ
マイネルスフェーン
牡2
55V.シュミノー
8未勝利①
ステイゴールド
グローブシアター
牡2
55
福永祐一
2新馬①
キングカメハメハ
2017年タイムフライヤー
牡2
55C.デムーロ
1京都2歳S②
ハーツクライ
ジャンダルム
牡2
55武豊
4デイリー杯2歳S①
キトゥンズジョイ
ステイフーリッシュ
牡2
55
中谷雄太
8新馬①
ステイゴールド
2018年サートゥルナーリア
牡2
55M.デムーロ
1萩S①
ロードカナロア
アドマイヤジャスタ
牡2
55C.ルメール
2500万①
ジャスタウェイ
ニシノデイジー
牡2
55
勝浦正樹
3東京スポーツ杯2歳S①
ハービンジャー
2019年コントレイル
牡2
55福永祐一
1東京スポーツ杯2歳S①
ディープインパクト
ヴェルトライゼンデ
牡2
55O.マーフィー
3萩S<1>
ドリームジャーニー
ワーケア
牡2
55
C.ルメール
2アイビーS「1」
ハーツクライ

ホープフルステークス 過去10年のデータベース

 1着2着3着4着以下勝率連対率複勝率
1番人気4回1回1回0回67%83%100%
前走2000M/全条件3回3回2回39回6%13%17%
前走1800M/オープン2回1回2回11回13%19%31%
重賞出走2回3回1回23回7%17%21%
重賞未出走4回3回5回45回7%12%21%

データを見るとG1になった途端、前走2000m勝ちの馬は勝てなくなってきた傾向がわかります。

G2の3年間の勝者は全て、前走が芝の2000mで勝っていた無敗馬だったものが、2000m初挑戦の2頭と2000m重賞の京都2歳Sで負けた馬が勝ったことで、どうにも、本番と前哨戦の使い分けのようなものが
出てきている気もするのですが、次の皐月賞も連勝した1800mで勝ってきた近2年の勝者は、ダービーまで無敗だったので、単純能力の差とすべきなのかもしれません。

G1昇格の前から、阪神時代と大きく変化したポイントが、この余力のあるなしの差でしょう。
コントレイルは世紀の名馬の可能性があるので置いておくとして、オープン連対実績のある馬が中山になってから2着止まり、コントレイルが勝った年は、
これに続いた馬が重賞初挑戦の無敗馬2頭であったので、揉まれた経験ではなく、真のスケール感がダイレクトに出るために、ここでは結果だけが求められる傾向が出ていると言えます。

ホープフルステークスの攻略ポイント

人気に応えたとか、新馬を勝っているとか、良い騎手が乗っているとか色々理由付けは可能ですが、現状のNo.1を探り当てるための一戦であるからこそ、無敗の根拠がはっきりしていることが重要となります。
負けても連は外していないとか、血統に見合った活躍であると思えれば、コントレイルのような異様な持ち時計のある馬でなくても、
2分1秒中盤という設定タイムに合わせて、乗り切れるかどうかを見極めればいいだけのことで、その時点で、大半の伏兵は除外できます。
1800mのオープン勝ちがG1昇格後の勝ち馬の共通項ながら、レイデオロのような2000m2戦2勝で悪いわけでもなく、
ちゃんと理由がある人気馬を見つけられなかった時に、血統か圧勝歴などの次のファクターで序列を決めればいいでしょう。
2、3着馬は前走勝ち馬ばかり。穴馬こそ、勝ってから挑む流れを大切にしたいレースと言えそうです。

ホープフルステークス 過去の予想と結果