ホープフルステークス 予想

ヴィクトリアマイルを予想

ジュベナイルフィリーズとフューチュリティSという、歴史も格式もあるGⅠ競走があるにもかかわらず、2歳重賞の頂点であったとされる年も多かった前身のラジオNIKKEI杯2歳Sの流れを汲むホープフルSは、
GⅠになるべくしてなっただけでなく、クラシック競走に向けた試走の意味合いが強く、阪神時代から数多くのクラシックウイナーを送り込んできた出世レースです。
皐月賞と同じ条件になってからも、そのいい流れは引き継がれ、下記したダービー馬が高頻度で登場しています。

ホープフルステークスの主な勝ち馬(後のダービー馬)

ラジオたんぱ/NIKKEI杯-<1991年~2013年>
・タヤスツヨシ 1994年
・アドマイヤベガ 1998年
・ロジユニヴァース 2008年
・ワンアンドオンリー 2013年

-旧ホープフルS-<1988年~2013年>
・ウイニングチケット 1992年

-ホープフルS-<2014年~>
・レイデオロ 2016年
・コントレイル 2019年<三冠馬>

ホープフルステークスの特徴や傾向

皐月賞と同じ舞台ということで、一般的に敬遠される向きもありますが、他の重賞競走よりも遥かに勝ちタイムの設定がブレないという、年末特有の天候の安定も影響する固定された走破条件により、
過剰に人気を集めない限り、実力ははっきりと出てしまうために、目も当てられないような酷い決着は、中山移設後は全くない状況が続いています。
少なくとも、皐月賞よりは人気馬を買えるレースです。

ホープフルステークスの歴代優勝馬

 1着馬
性齢
斤量
騎手
人気
前走
父名
 2着馬
性齢
斤量
騎手
人気
前走
父名
 3着馬
性齢
斤量
騎手
人気
前走
父名
2010年(ラジオNIKKEI杯)
ダノンバラード
牡2
55武豊
4京都2歳S③
ディープインパクト
オールアズワン
牡2
55安藤勝己
2札幌2歳S①
ネオユニヴァース
コティリオン
牡2
55
C.ルメール
5500万②
ディープインパクト
2011年(ラジオNIKKEI杯)
アダムスピーク
牡2
55C.ルメール
4新馬①
ディープインパクト
ゴールドシップ
牡2
55安藤勝己
3札幌2歳S<2>
ステイゴールド
グランデッツァ
牡2
55
秋山真一郎
2札幌2歳S<1>
アグネスタキオン
2012年(ラジオNIKKEI杯)
エピファネイア
牡2
55福永祐一
1京都2歳S①
シンボリクリスエス
バッドボーイ
牡2
55C.ウィリアムズ
5東京スポーツ杯2歳S⑤
マンハッタンカフェ
キズナ
牡2
55
武豊
2500万<1>
ディープインパクト
2013年(ラジオNIKKEI杯)
ワンアンドオンリー
牡2
55C.ルメール
6東京スポーツ杯2歳S⑥
ハーツクライ
アズマシャトル
牡2
55松山弘平
3500万②
ゼンノロブロイ
サトノアラジン
牡2
55
戸崎圭太
1東京スポーツ杯2歳S⑤
ディープインパクト
2014年(GⅡホープフルS)

シャイニングレイ
牡2
55川田将雅
2新馬①
ディープインパクト
コメート
牡2
55嘉藤貴行
8500万①
ブラックタイド
ブラックバゴ
牡2
55
戸崎圭太
9未勝利<1>
バゴ
2015年(GⅡホープフルS)

ハートレー
牡2
55H.ボウマン
3新馬<1>
ディープインパクト
ロードクエスト
牡2
55田辺裕信
1新潟2歳S<1>
マツリダゴッホ
バティスティーニ
牡2
55
C.ルメール
2500万<1>
キングカメハメハ
2016年(GⅡホープフルS)レイデオロ
牡2
55C.ルメール
1500万①
キングカメハメハ
マイネルスフェーン
牡2
55V.シュミノー
8未勝利①
ステイゴールド
グローブシアター
牡2
55
福永祐一
2新馬①
キングカメハメハ
2017年タイムフライヤー
牡2
55C.デムーロ
1京都2歳S②
ハーツクライ
ジャンダルム
牡2
55武豊
4デイリー杯2歳S①
キトゥンズジョイ
ステイフーリッシュ
牡2
55
中谷雄太
8新馬①
ステイゴールド
2018年サートゥルナーリア
牡2
55M.デムーロ
1萩S①
ロードカナロア
アドマイヤジャスタ
牡2
55C.ルメール
2500万①
ジャスタウェイ
ニシノデイジー
牡2
55
勝浦正樹
3東京スポーツ杯2歳S①
ハービンジャー
2019年コントレイル
牡2
55福永祐一
1東京スポーツ杯2歳S①
ディープインパクト
ヴェルトライゼンデ
牡2
55O.マーフィー
3萩S<1>
ドリームジャーニー
ワーケア
牡2
55
C.ルメール
2アイビーS「1」
ハーツクライ

ホープフルステークス 過去10年のデータベース

 1着2着3着4着以下勝率連対率複勝率
1番人気4回1回1回0回67%83%100%
前走2000M/全条件3回3回2回39回6%13%17%
前走1800M/オープン2回1回2回11回13%19%31%
重賞出走2回3回1回23回7%17%21%
重賞未出走4回3回5回45回7%12%21%

データを見るとG1になった途端、前走2000m勝ちの馬は勝てなくなってきた傾向がわかります。

G2の3年間の勝者は全て、前走が芝の2000mで勝っていた無敗馬だったものが、2000m初挑戦の2頭と2000m重賞の京都2歳Sで負けた馬が勝ったことで、どうにも、本番と前哨戦の使い分けのようなものが
出てきている気もするのですが、次の皐月賞も連勝した1800mで勝ってきた近2年の勝者は、ダービーまで無敗だったので、単純能力の差とすべきなのかもしれません。

G1昇格の前から、阪神時代と大きく変化したポイントが、この余力のあるなしの差でしょう。
コントレイルは世紀の名馬の可能性があるので置いておくとして、オープン連対実績のある馬が中山になってから2着止まり、コントレイルが勝った年は、
これに続いた馬が重賞初挑戦の無敗馬2頭であったので、揉まれた経験ではなく、真のスケール感がダイレクトに出るために、ここでは結果だけが求められる傾向が出ていると言えます。

ホープフルステークスの攻略ポイント

人気に応えたとか、新馬を勝っているとか、良い騎手が乗っているとか色々理由付けは可能ですが、現状のNo.1を探り当てるための一戦であるからこそ、無敗の根拠がはっきりしていることが重要となります。
負けても連は外していないとか、血統に見合った活躍であると思えれば、コントレイルのような異様な持ち時計のある馬でなくても、
2分1秒中盤という設定タイムに合わせて、乗り切れるかどうかを見極めればいいだけのことで、その時点で、大半の伏兵は除外できます。
1800mのオープン勝ちがG1昇格後の勝ち馬の共通項ながら、レイデオロのような2000m2戦2勝で悪いわけでもなく、
ちゃんと理由がある人気馬を見つけられなかった時に、血統か圧勝歴などの次のファクターで序列を決めればいいでしょう。
2、3着馬は前走勝ち馬ばかり。穴馬こそ、勝ってから挑む流れを大切にしたいレースと言えそうです。

ホープフルステークス2020 予想

ホープフルステークスの予想とトライアルから勝ち上がってきた登録馬の最終追い切り評価を行っていきたいと思います。


予想オッズ的にも荒れる傾向の高いこのレースにて外厩情報を調べつつ、絶対に買うべき鉄板軸馬や消去すべき馬、狙い目の穴馬を分析&シュミレーションして過去配当を超える払い戻しを狙っていきたいと思います。
歴代勝ち馬の映像を観ながらサインを見逃さず早速今年の予想を行っていきましょう。

レース名第37回ホープフルステークス
グレード重賞(G1)
日程2020年12月26日(土曜)
発走時間15時25分
開催場所中山競馬場
距離芝2000m
コース内回り
賞金7000万円
レコード1:58.9

ホープフルステークス2020の出馬表(馬柱)- 出走予定馬の馬体診断と想定騎手(枠順確定)

枠順出走予定馬騎手斤量(負担重量)馬体重(前走)
1オーソクレースC.ルメール55.0kg470kg
2ヨーホーレイク武 豊55.0kg500kg
2ランドオブリバティ三浦 皇成55.0kg464kg
3ヴィゴーレ横山 武史55.0kg458kg
3テンカハル坂井 瑠星55.0kg494kg
4ホールシバン丸山 元気55.0kg502kg
4マカオンドール岩田 康誠55.0kg484kg
5バニシングポイントM.デムーロ55.0kg488kg
5アオイショー石橋 脩55.0kg462kg
6ダノンザキッド川田 将雅55.0kg520kg
6タイトルホルダー戸崎 圭太55.0kg470kg
7アドマイヤザーゲ吉田 隼人55.0kg498kg
7シュヴァリエローズ北村 友一55.0kg436kg
8モリデンアロー山田 敬士55.0kg494kg
8セイハロートゥユー木幡 巧也55.0kg494kg

ホープフルステークス2020 - 内枠有利なレース展開になるか

年馬券になる右回り巧者

 1着2着3着4着以下勝率連対率複勝率
右回りのみ出走の無敗馬2回2回2回4回20%40%60%

今年も1戦のみの馬も含め、3頭が登録。
10頭しかいないのに6年で6頭が馬券内なのだから少なくとも、血統的に買い材料に溢れるアドマイヤザーゲ、ランドオブリバティを推さない手はない。
昨年は、2頭が登録してきて、人気になってレースに参加。
2着はヴェルトライゼンデ、5着が今年の有馬記念で惑星となっているオーソリティ。
つくづく、生まれた年が悪かったとしか言いようがない。

2000mを使うと疲れる説はすでに2歳戦から採用できる

 1着2着3着4着以下勝率連対率複勝率
前走2000m(全条件)3回3回2回39回6%13%17%
前走1800m(オープン)2回1回2回11回13%19%31%

レイデオロが勝った2016年が、G1になる前最後のレースで、この馬は東京と中山の2000Mを快勝してきた馬だった。


以降、京都2歳Sで負けていたタイムフライヤーが激戦を制し、あと2年が1800で強い勝ち方をして能力の違いを示していた無敗馬の完勝。


前走2000M勝ちで連対した馬は、レイデオロが最後なので、その時点でホープフルSが現在のポジションに落ち着いてから、10月以来の競馬となったアドマイヤジャスタしか連に絡んでいないので、ただでさえ、ローテに工夫を凝らす時代にあって、連続の2000で快勝が続く馬ほど、やや警戒してみておきたい面はある。
前記の2頭で考えたら、軸に据えることを考えたらランドだが、3着拾いの可能性でいったらアドマイヤも買えるとなる。

マリアライトがディープ産駒だったからこそ、この結果があるオーソクレース。

マリアライトというのは、不思議な馬である。


エリザベス女王杯で惜敗女王のヌーヴォレコルトを競り落とすまで、関東圏でしか勝っていなかったどころか、重賞さえも勝ちそびれていたような馬。

牡馬相手に中山の2500や東京2400の特別戦を制していたからと言って、大威張りできるはずもないのだが、絶妙な湿り気で稍重になった途端、強靭な末脚を駆使し、前年覇者・ラキシス、翌年優勝のクイーンズリングらをも呑み込んで、一気に面倒を見てしまった。

ホープフルステークス2020 - 出走予定馬の血統予想

翌春。

良馬場の長距離重賞で再び連敗するも、ドゥラメンテ、キタサンブラックら歴史的名馬に加え、前年覇者のラブリーデイ、翌年完勝のサトノクラウンらも負かして、まさかの快勝をしてしまうこの芸当を宝塚記念でも再現してしまうなど、とても印象深くもあった特殊能力の持ち主だった。


さすがに、それで燃え尽きてしまうが、2000Mを超える古馬の特別戦で3戦3勝の牝馬など、二度と出てこないはずだ。

うち、G12勝を含むとなれば、不滅の大記録である。

マリアライトは小柄な馬だったが、キタサンブラックのようなビッグなチャンピオン級でもねじ伏せてしまったように、体力勝負で圧倒的な適性を誇った。
その謎は、至ってシンプルに解明できる。

何と言っても、母の兄弟はゴールドアリュールをつけられるとダートでチャンピオン級に育ったという成功例が目立つ、途轍もなくパワーに優れた系統。


叔父にあたるクリソベリルも、無敵時代が長く続いてきたし、その兄のクリソライトも長く活躍した馬。


一方、刹那の輝きで爆発的に才能を輝かせたのがエルコンドルパサー産駒の大叔父・アロンダイト。

その傾向は半姉の産駒であるマリアライトには伝わったが、それはG1連戦連勝などまずないディープ産駒ならではの性質でもあり、決め打ちの勝負では強いが、後はそこそこくらいに止まった。

問題は、このキャサリーンパーの名血系が、どういうシステムでキャラ変を起こしているかであって、それは単純に、名繁殖牝馬になったクリソプレーズの姉であるタンザナイトから誕生、ルーラーシップの血を受けたダンビュライトの戦績を見れば一目瞭然。


ダートも合いそうな組み立てでも、サンデーサイレンスがダイレクトに入っているからか、芝適性でキングカメハメハ×トニービンの組み合わせのルーラーシップの本質が証明されたことになる。


代表産駒はキセキであるから、これと逆配合に近いマリアライトは、より無駄が少ないので芝寄りに偏ったとできる。

芝向きも出すが、ダートメインのゴールドアリュールでは絶対的にダート向きに出て、半端なゼンノロブロイではリアファルのような掴みどころのない馬になった。


芝向きだけれども、組み合わせ方次第でダート向きに変貌するシンボリクリスエスの直系のエピファネイアは、ドバイのダートで見事に人気を裏切っている。


ドバイで合わないのなら、日本の砂馬場はもっと合わないとできるエピファネイアの芝適性は、振れ幅の大きいキャサリーンパー系にあって、オーソクレースに類まれな芝での競馬における才能を授けたことになる。

新馬戦はスローの瞬発力勝負を制したもの。


あまり、札幌のそれを信用してはならないとされるが、バニシングポイントのようなフワフワした感じの情けない結果を残すようなこともなく、仕方なしに池添騎手に変更の前走のアイビーSも、出ないところを逆手にとって、揉まれる経験や馬込みを抜け出す言わば訓練を課した中で、きっちり抜け出してきた。


つい5か月前の同じ東京で、前週見事に三冠を達成したデアリングタクトが使ったような末脚であった。


彼を唯一追い詰めようとファイトしたラーゴムは、短期間で京都2歳Sでも好走して見せ、一気に評価を高めている。

このオーソクレースは、キレない一族にあって、まともにスローの瞬発力勝負になっても、まるで苦手意識を見せることはない。


エピファネイアだって、最初の内は福永騎手もコントロール下に置いていたから、直線で誰にも負けない末脚を見せていた。

それよりかは、東京での結果もあるので、完成度では上だろうか。
一族にクリソライトもいる一方で、2歳戦からずっと重賞で通用のダンビュライトもいる。

いいところ取りのオーソクレースは、このクリソプレーズ兄弟が期待された新馬戦ならば、まず負けることはないという血の強みも継承しつつ、芝で2歳戦連勝の快挙も成し遂げた。


ダンビュライトはG1でも人気になったが、2勝目を挙げたのは朝日杯で敗れてから1年後、クラシックを戦い終えてからことだった。

異様な才能が集った昨年のようなケースでも、結果は、ナンバーワンがオンリーワンであることを証明する衝撃的快勝であったから、ラジオたんぱ・NIKKEI杯時代からもそうだったように、良い馬が集まった時ほど、2000Mでのランク付けはあっさりと決着することがある。


今年はG1昇格最初の2017年のような構図に近いが、この年は、ここからクラシックウイナーも古馬タイトルをダートでも奪えるような馬も今のところ見当たらないから、タイムフライヤーが1番人気ながら、4.2倍の単勝支持だったことからも、ハイレベルではないとできる。

皐月賞まで無敗、アーモンドアイがあそこにいなければ歴史を変えていたかもしれないという2頭が、ここ2年勝ってきたそれと同じになるかは、オーソクレースやダノンザキッド、ランドオブリバティのパフォーマンス如何となるが、そこまではまだ強烈ではない彼らであるから、一度敗戦を経験してから…、という流れになって悪いことはない。


ただ、朝日杯もこちらも昨年とは明らかに違って、確実な軸というものを決める前の構成なので、難しい推理を我々は課されたことになる。

ダノンザキッドの死角は、そもそも、あまり人間の思惑の通りには動てくれないということか。


2歳馬だからこその特性ながら、元が大きいのに、東京スポーツ杯でプラスの24kgで出走となると、絞っていく段取りも簡単ではないし、下手に強い稽古も出来ない。


また増えたら、さすがに大きい520kgオーバーで、クラシック向きの馬体ではないとなる。

キタサンブラックも若い頃から大きかったが、デビューは3歳になってすぐの東京だった。

才能は断トツに思えるダノンザキッドは、ジャスタウェイの産駒でもある。


川田騎手がどうこうではなく、現状の完成度は、これから研ぎ澄ませる段階に入ろうというところだから、ここも無理に作っては来ないと思う。


これに負けるようだと、これまでの実績をリセットされるのは敗れた全員となるが、オーソクレース以下、決して、中山のギニーコースで見劣るような面々にも思えない。

手広くにではなく、本質の適性でこの距離がベストに思えるオーソクレースの底力と意外な完成度の高さをここでは優先したい。


萩S組が、歴史上最も注目される時代に入り、一応、サートゥルナーリアと同じようなローテになっているシュヴァリエローズが、ダノンザキッドに敗れてから強くなり続けているワンダフルタウンを負かした結果を重視しても、ダノンザキッドより俊敏に反応可能な小柄な馬とあって、狙いとすると悪くはない対抗だろう。

大型であろうとも、いかに柔軟に対応できる機動性を持っているかが確かめられる一戦。


完成期ならば、大きくても問題はないが、今年は大柄でも早熟型という馬はいないように思う。

新潟内回りは道悪、タフな中山もホープフルSの平均勝ち時計超えで快勝のランドオブリバティの課題は、休み明けのローテと本当に強いのかどうかという実力面の両方だから、楽ではない。


ドバウィハイツの仔は、母系にスワーヴダンサーもハイトップも入っているのに、それらの性質をドバウィとドバイミレニアムのスピードで消されているという懸念材料もある。


荒れ馬場への適性は証明しているが、底力を大いに証明した瞬間、騎手三浦皇成とこの血統の課題が一気に解消され、勢力図は一変する。

ディープインパクトの産駒であり、昨年のコントレイル以上に中距離への適性はあるだろうが、そうなってくると、意外と早熟性の方が課題になるか。


日本の中距離チャンピオンは、短距離型やダート王などのように、早期完成のタイプを筆者は知らない。
それこそ、ダノンザキッドの懸念材料にその父ジャスタウェイの姿を重ねるから、それと似た傾向を示すなら、ここで出番はないだろう。

ホープフルステークス2020 - 最終予想

もう一頭押さえたいと思うのが、藤沢厩舎のカランドゥーラ。


モーリス×ラストグルーヴで、完成などずっと先になるはずだが、この厩舎でこの手の配合で、せっせと2歳戦から使い込まれるのは、間違いなく、完成度と気性の関連があるからで、最近はまずクラシックで用なしのここでキャリア6戦目となった時に、他とは違うキャリアの積み重ね方をしてきたが、その大半が道悪でのもので、前走もその影響も大きかったように思う。


グラスワンダーもエアグルーヴも、同時代に生きた名馬であり、荒れ馬場は嫌いではないが、雨が降ると本来の持ち味はあまり出せなかった。


荒れ馬場の師走らしい中山の良馬場で、ロベルト系を軽視するのは、その狙いをすり込まれている筆者からすると、愚の骨頂である。

ナタルマ系なのに、ゴールドシップ×ダルシャーンという激しい配合のマカオンドールも、前走の阪神で全能力を出したようには思えないから、ここらまではしっかりと買い目の中で外さないように、丁寧に押さえておく。

ホープフルステークス 過去の予想と結果