中京競馬場 コースの特徴と傾向

中京競馬を予想していくにあたりまず最初に行っておきたいのが中京競馬場のコース攻略です。
レース結果を見てもキチンと攻略が出来ているのと出来ていないのでは予想精度がだいぶ変わってきてしまうものです。

本来ならば指定席でじっくりと見てみたりパドック状態を分析したりなどできたら更に良いですが
この記事を読むだけでも最低限の知識は得られるように作ってあります。
正しいコース知識を身に着けて、荒れた場合の馬場状態やコースの特徴を知っていけば競走馬の距離適正やリズムなどが見えてくることでしょう。

中京競馬場のコース攻略POINT

  1. 阪神競馬場の左回りバージョン
  1. 芝は極めてタフで、ダートは前残り頻発の高速馬場

中京競馬場 芝1200m データと特徴

中京競馬場 芝1200m
 1着2着3着4着以下勝率連対率複勝率
ディープインパクト9回12回2回37回15%35%38%
逃げ20回7回9回42回26%35%46%
福永祐一10回5回1回13回34%52%55%

向こう流しより上り坂のある直線の方が長いためか、1400のイメージに近い

ディープインパクト産駒:9勝/逃げ、先行型で7割方決着。
ディープも勝てるコースで、昨年の高松宮記念2着がそれに該当する一方、勝ったのは逃げ馬。他のコースで1400Mの傾向では、こういう形が一般的です。

中京競馬場 芝1200mの主な重賞

  1. 高松宮記念

中京競馬場 芝1400m データと特徴

中京競馬場 芝1400m
 1着2着3着4着以下勝率連対率複勝率
ダイワメジャー10回9回9回92回8%16%23%
オルフェーヴル10回1回1回7回53%58%63%

きれいなワンターンで、関西圏の1800戦と似たような傾向

逃げ馬の勝率は1200mが25.6%、1400mが12.2%となっている。
血統はダイワメジャーもロードカナロアも、1400では普通の好走率ながら、圧倒的に、他コースの同距離と比べて、
先行型が不利なので、スローでない限りは逃げ切れません。特注種牡馬はオルフェーヴルです。

中京競馬場 芝1400mの主な重賞

  1. ファルコンステークス

中京競馬場 芝1600m データと特徴

中京競馬場 芝1600m
 1着2着3着4着以下勝率連対率複勝率
逃げ14回16回15回95回10%21%32%
追い込み25回17回31回456回5%8%14%

形態が東京の1800とそっくりだから、展開はあってないようなもの

脚質分類でも、各勝率が約5~12%の範囲で理論上は横一線とできますが、
この数字は例年梅雨時の開催で差しが決まる影響も出ているので、真ん中より前くらいが合うとした方がいいでしょう。

中京競馬場 芝1600mの主な重賞

  1. 中京記念

中京競馬場 芝2000m データと特徴

中京競馬場 芝2000m
 1着2着3着4着以下勝率連対率複勝率
ディープインパクト23回22回19回135回12%23%32%
ハーツクライ17回17回11回101回12%23%31%

中山2200や阪神2400と同等レベルのスタミナが要求される

普通2000Mでは上位に入らないハーツクライ、ステイゴールドが、ディープ続く種牡馬別成績となっているため、
脚質以前に、スタミナ勝負のイメージで見る必要があります。

中京競馬場 芝2000mの主な重賞

  1. 金鯱賞

中京競馬場 芝2200m データと特徴

中京競馬場 芝2200m
 1着2着3着4着以下勝率連対率複勝率
友道康夫3回4回2回13回14%32%41%
音無秀孝3回1回1回5回30%40%50%

この距離でも外枠、差し優勢で分類は長距離戦

どういうわけだか、長距離戦のようなレースになるため、友道康夫・角居勝彦・須貝尚介・音無秀孝といった、
クラシックの長距離カテゴリーで縁のあった名伯楽が勝ち星で並んでいます。特殊な条件なのは間違いのないところです。

中京競馬場 ダート1200m データと特徴

中京競馬場 ダート1200m
 1着2着3着4着以下勝率連対率複勝率
ゴールドアリュール7回11回10回56回8%21%33%
逃げ33回27回9回59回26%47%54%

他コースの同距離と比べ、サウスヴィグラスの複勝回収率が平凡

-サウスヴィグラス 72.8% <東京1300:104.1%>-
過剰人気の馬が多く出る新潟の1200M戦に次いで、各場のダート最短距離戦で妙味がないのが、
地方競馬御用達種牡馬のサウスヴィグラスで、直線も坂も苦にしないのに、先行有利の割には勝ち切れない馬の消え方があっさりの傾向です。

中京競馬場 ダート1400m データと特徴

中京競馬場 ダート1400m
 1着2着3着4着以下勝率連対率複勝率
ヘニーヒューズ12回7回10回75回12%18%28%
松山弘平13回3回6回51回18%23%31%

芝スタートでもワンターンの作りで、極めてフェアなコース

ヘニーヒューズ、松山弘平、逃げ先行有利となると、好走確率の高い枠順不問の実力勝負になりやすいコースと言えます。
時計勝負になる傾向が今の中京の基本なので、人気馬の選別に傾注したいところです。

中京競馬場 ダート1400mの主な重賞

中京競馬場 ダート1800m データと特徴

中京競馬場 ダート1800m
 1着2着3着4着以下勝率連対率複勝率
1枠29回22回22回242回9%16%23%
先行100回131回87回442回13%30%42%

中京競馬場 ダート1900m データと特徴

中京競馬場 ダート1900m
 1着2着3着4着以下勝率連対率複勝率
7枠14回10回8回112回10%17%22%

内枠有利なのではなく、坂が急なので、外から押し上げていくとバテやすいということ

1800では内枠から順に外へ行くほど勝率が下がり、1900では、1コーナーまで距離が取れる影響で、
真ん中から外が自在に位置が取れて有利も、8枠がどちらも不利と出ていて、坂の影響は道中のロスの大きさに比例している印象です。

中京競馬場 ダート1800mの主な重賞

中京競馬場 ダート2500m データと特徴

今後番組が増えることはないだろうが、芝の3000m重賞くらいに思っておけばいいでしょう。