オークス(優駿牝馬)予想

本家イギリスのオークス同様、クラシック競走として牝馬戦では最も古い1938年のスタートである優駿牝馬は、無敗による変則三冠達成馬・クリフジが勝った第6回までが阪神で、
戦後の再開に合わせて、秋開催のまま東京の今の条件で固まり、1953年から春の今の時期の開催に落ち着きました。
よって、最初の阪神と東京でしか開催されていないレースで、一度たりとも開催条件に変更のない翌週のダービーと同じく、このレースを開催するために行われている東京競馬といって、過言はありません。
近年、特にここ10年での三冠牝馬の高頻度の誕生により、レース高速化と共に、ここで燃え尽きない挑戦者たちの最初のターニングポイントにもなっていて、3歳限定重賞の枠組みから逸脱するハイレベル戦へと昇華しています。

オークス 21世紀の三冠牝馬

開催年馬名成績
2003年スティルインラブ全て2番人気での勝利
2010年アパパネオークスは同着優勝
2012年ジェンティルドンナオークスレコードで5馬身差圧勝
2018年アーモンドアイ
後にGⅠ8勝馬となる
2020年デアリングタクト現役の無敗三冠牝馬

オークス(優駿牝馬)の特徴

長いのは間違いないので、スローペースの年も多い一方で、昔ほどは強烈なスピード型が登場しない分、それなりの中距離適性がある先行型が登場して、締まったレースが多くなって、
極めて速い時計の決着が増えており、時にダービーよりも速い決着になる年もあるほどで、そうなると、もうダービー馬よりもこちらの勝者の方が以降で有利という構図が出来上がります。

オークス(優駿牝馬)歴代優勝馬

 1着馬
性齢
斤量
騎手
人気
前走
父名
2着馬
性齢
斤量
騎手
人気
前走
父名
3着馬
性齢
斤量
騎手
人気
前走
父名
2011年エリンコート
牝3
55
後藤浩輝
7忘れな草賞①
デュランダル
ピュアブリーゼ
牝3
55
柴田善臣
8フローラS「3」
モンズーン
ホエールキャプチャ
牝3
55
池添謙一
2桜花賞②
クロフネ
2012年ジェンティルドンナ
牝3
55
川田将雅
3桜花賞①
ディープインパクト
ヴィルシーナ
牝3
55
内田博幸
2桜花賞②
ディープインパクト
アイスフォーリス
牝3
55
松岡正海
9フローラS②
ステイゴールド
2013年メイショウマンボ
牝3
55
武幸四郎
9桜花賞⑩
スズカマンボ
エバーブロッサム
牝3
55
戸崎圭太
5フローラS<2>
ディープインパクト
デニムアンドルビー
牝3
55
内田博幸
1フローラS<1>
ディープインパクト
2014年ヌーヴォレコルト
牝3
55
岩田康誠
2桜花賞③
ハーツクライ
ハープスター
牝3
55
川田将雅
1桜花賞①
ディープインパクト
バウンスシャッセ
牝3
55
北村宏司
3皐月賞⑪
ゼンノロブロイ
2015年ミッキークイーン
牝3
55
浜中俊
3忘れな草賞①
ディープインパクト
ルージュバック
牝3
55
戸崎圭太
1桜花賞⑨
マンハッタンカフェ
クルミナル
牝3
55
池添謙一
6桜花賞②
ディープインパクト
2016年シンハライト
牝3
55
池添謙一
1桜花賞②
ディープインパクト
チェッキーノ
牝3
55
戸崎圭太
3フローラS①
キングカメハメハ
ビッシュ
牝3
55
M.デムーロ
5フローラS⑤
ディープインパクト
2017年ソウルスターリング
牝3
55
C.ルメール
1桜花賞<3>
フランケル
モズカッチャン
牝3
55
和田竜二
6フローラS①
ハービンジャー
アドマイヤミヤビ
牝3
55
M.デムーロ
2桜花賞<12>
ハーツクライ
2018年アーモンドアイ
牝3
55
C.ルメール
1桜花賞①
ロードカナロア
リリーノーブル
牝3
55
川田将雅
4桜花賞③
ルーラーシップ
ラッキーライラック
牝3
55
石橋脩
2桜花賞②
オルフェーヴル
2019年ラヴズオンリーユー
牝3
55
M.デムーロ
1忘れな草賞①
ディープインパクト
カレンブーケドール
牝3
55
津村明秀
2スイートピーS①
ディープインパクト
クロノジェネシス
牝3
55
北村友一
2桜花賞③
バゴ
2020年デアリングタクト
牝3
55
松山弘平
1桜花賞「1」
エピファネイア
ウインマリリン
牝3
55
横山典弘
7フローラS①
スクリーンヒーロー
ウインマイティー
牝3
55
和田竜二
13忘れな草賞<1>
ゴールドシップ

オークス(優駿牝馬)過去10年のデータベース

 1着2着3着4着以下勝率連対率複勝率
1番人気5回2回1回2回50%70%80%
クイーンC勝ち馬0回1回3回3回0%14%57%
阪神JF勝ち馬1回0回1回2回25%25%50%
桜花賞1着3回1回0回4回38%50%50%
桜花賞2着1回1回3回3回13%25%63%
桜花賞3着2回1回1回5回22%33%44%
桜花賞4着0回0回0回6回0%0%0%
桜花賞5着0回0回0回7回0%0%0%
桜花賞6~10着11回1回0回21回4%9%9%
桜花賞11着以下0回0回1回20回0%0%5%
フローラS1着0回3回1回6回0%30%40%
フローラS2着0回2回0回6回0%25%25%
フローラS3着~5着0回1回1回14回0%6%13%
忘れな草賞1着3回0回1回6回30%30%40%
忘れな草賞2着~3着0回1回0回2回0%33%33%
スイートピーS0回1回0回16回0%6%6%
フラワーC0回1回1回30回0%3%6%
皐月賞0回0回1回0回0%0%100%
前走が上位以外のレース0回0回0回16回0%0%0%

三冠馬が出ているということは、人気のある馬が強いレースです。
理由もなく消えるわけがないので、桜花賞から登場の人気馬が圧倒的に強いのは当然のことでしょう。
それと同日開催の忘れな草賞は、2週後のフローラSより間隔が開く分、伏兵には有利。
あと気になるのが、桜花賞の真ん中あたりで入線の馬。
いつも来るわけではなく、馬券になったのが良馬場なのに大波乱だった2回に絡むオークスなので、これも古くからの傾向として、混戦の年は桜花賞の結果より人気などを重視したいところです。

シーザリオやスマイルトゥモロー、時に桜花賞の好走馬も出したフラワーCは常にハイレベルになるとされてきたものが、単なる中山重賞になりかけている傾向がこれ。
馬券になっているのがフローラSでも本番でも2着のエバーブロッサムと、皐月賞に出走後にこちらに回ってきたバウンスシャッセと、タフなローテでもめげなかった面々ばかり。
近年はフラワーCの時計が速くなっている影響もあるのでしょうが、ここでは長すぎるという感じでペースメーカーに終始する馬ばかりが目立ちます。

オークス(優駿牝馬)攻略のポイント

まず強いことが大切ですが、それ以外には、すでに1600と2000で勝ち鞍があるとか、その間の距離で全て好走実績がある、または、桜花賞の前に1800Mで強い勝ち方をしていたとか、
何となくでも、総合力の違いのようなものを見せていた馬が、先ず理由もなく崩れることはないというレースです。
ダービーも一時期、やたらと1番人気ばかり勝っていたことがありましたが、現在、それが5年連続優勝。
血統も実績も優秀な馬ばかりで、穴党はヒモ荒れに期待するしかありません。

オークス(優駿牝馬) 過去の予想と結果