宝塚記念 予想

ヴィクトリアマイルを予想

有馬記念に遅れること4年。
ファン投票の結果如何で出走権の獲得も可能という、極めて画期的なレースが阪神競馬場にも誕生させたまでは良かったのですが、季節が梅雨時で、
日本競馬の慣例でクラシック参戦の3歳馬もまず登場しない関係で、最初の20年近くは一桁頭数のレースばかりで、有馬のような盛り上がりは見られませんでした。
シンザンもスピードシンボリも、ハイセイコーもトウショウボーイも勝っているのに、何故か谷間の雰囲気を漂わせるこのレースは、
2007年と2020年に18頭立てになったのみで、その前年が少頭数という傾向は今も続き、それでも人気になればリスクを背負わされるという厄介な性質も引き継がれ、
捉えどころのない面を有馬記念と同じくらい抱える不思議な特長を持つレースでもあります。

三冠馬の参戦

馬名結果
シンザン1965年:優勝
シンボリルドルフ1985年:出走取消
スティルインラブ2004年:8着
2005年:9着
ディープインパクト2006年:優勝
オルフェーヴル2012年:優勝
開催年馬名タイム備考
1979年
サクラショウリ2:12.4
1983年 
ハギノカムイオー2:12.2
1994年ビワハヤヒデ2:11.2
1995年ダンツシアトル2:10.2※京都開催※
2004年
タップダンスシチー2:11.1
2011年アーネストリー
2:10.1

宝塚記念の特徴

おかげさまで、近年の激しい気象現象も多少なりとも馬場質に影響を与えるので、雨が降る降らないで、競馬の中身そのものが変化してしまう嫌な傾向が、
スピード競馬の申し子たる人気馬のパフォーマンスを直撃している関係で、1番人気がここ数年、名馬級、キタサンブラックに至っては
顕彰馬に選出されたのに、ここで惨敗という悲しい現実に、しっかりとフォーカスしないといけないのは心苦しいまでです。

宝塚記念の歴代優勝馬

 1着馬
性齢
斤量
騎手
人気
前走
父名
2着馬
性齢
斤量
騎手
人気
前走
父名
3着馬
性齢
斤量
騎手
人気
前走
父名
2011年
アーネストリー
牡6
58
佐藤哲三
6金鯱賞【3】
グラスワンダー
ブエナビスタ
牝5
56
岩田康誠
1ヴィクトリアマイル②
スペシャルウィーク
エイシンフラッシュ
牡4
58
安藤勝己
3天皇賞(春)<2>
キングズベスト
2012年
オルフェーヴル
牡4
58
池添謙一
1天皇賞(春)⑪
ステイゴールド
ルーラーシップ
牡5
58
C.ウィリアムズ
2クイーンエリザベスⅡC<1>
キングカメハメハ
ショウナンマイティ
牡4
58
浜中俊
6鳴尾記念②
マンハッタンカフェ
2013年
ゴールドシップ
牡4
58
内田博幸
2天皇賞(春)⑤
ステイゴールド
ダノンバラード
牡5
58
川田将雅
5鳴尾記念③
ディープインパクト
ジェンティルドンナ
牝5
58
岩田康誠
1ドバイシーマクラシック②
ディープインパクト
2014年
ゴールドシップ
牡5
58
横山典弘
1天皇賞(春)⑦
ステイゴールド
カレンミロティック
騸6
58
池添謙一
9鳴尾記念④
ハーツクライ
ヴィルシーナ
牝5
56
福永祐一
8ヴィクトリアマイル①
ディープインパクト
2015年
ラブリーデイ
牡5
58
川田将雅
6鳴尾記念①
キングカメハメハ
デニムアンドルビー
牝5
56
浜中俊
10天皇賞(春)⑩
ディープインパクト
ショウナンパンドラ
牝4
56
池添謙一
11ヴィクトリアマイル⑧
ディープインパクト
<2016年>
マリアライト
牝5
56
蛯名正義
8目黒記念②
ディープインパクト
ドゥラメンテ
牡4
58
M.デムーロ
1ドバイシーマクラシック②
キングカメハメハ
キタサンブラック
牡4
58
武豊
2天皇賞(春)②
ブラックタイド
<2017年>
サトノクラウン
牡5
58
M.デムーロ
3大阪杯⑥
マルジュ
ゴールドアクター
牡6
58
横山典弘
6天皇賞(春)⑦
スクリーンヒーロー
ミッキークイーン
牝5
56
浜中俊
4ヴィクトリアマイル<7>
ディープインパクト
<2018年>
ミッキーロケット
牡5
58
和田竜二
7天皇賞(春)④
キングカメハメハ
ワーザー
騸7
58
H.ボウマン
10ライオンロックT⑥
タヴィショック
ノーブルマーズ
牡5
58
高倉稜
12目黒記念②
ジャングルポケット
2019年
リスグラシュー
牝5
56
D.レーン
3クイーンエリザベスⅡC③
ハーツクライ
キセキ
牡5
58
川田将雅
1大阪杯②
ルーラーシップ
スワーヴリチャード
牡5
58
M.デムーロ
6ドバイシーマクラシック③
ハーツクライ
<2020年>
クロノジェネシス
牝4
56
北村友一
2大阪杯②
バゴ
キセキ
牡6
58
武豊
6天皇賞(春)⑥
ルーラーシップ
モズベッロ
牡4
58
池添謙一
12天皇賞(春)⑦
ディープブリランテ

宝塚記念 過去10年のデータベース

 1着2着3着4着以下勝率連対率複勝率
1番人気2回3回1回4回20%50%60%
春天の連対馬0回0回2回9回0%0%18%
春天の3~5着2回0回0回9回18%18%18%
春天の6着以下2回3回1回16回9%23%27%
ドバイ遠征の外国馬0回2回2回10回0%14%29%
香港遠征の外国馬1回2回0回3回17%50%50%
国内1戦挟んでの外国馬0回1回0回2回0%33%33%
鳴尾記念の1着1回0回0回4回20%20%20%
鳴尾記念2着~5着1回2回1回7回9%27%36%
目黒記念2着1回0回1回1回33%33%67%
ヴィクトリアM経由牝馬0回1回3回5回0%11%44%
大阪杯から直行2回1回0回12回13%20%20%

前走長距離重賞組はとにかく負けている馬から!

近30年で春の天皇賞から連勝の馬はたったの4頭、同期間で両方のレースを制している馬は7頭いるわけで、
スペシャルウィークや春天を勝った年のゴールドシップ、春天連覇のメジロマックイーン、キタサンブラックがあまり縁がなかったのも頷けるわけです。
天皇賞の時計が速くなりすぎている影響も大きいでしょうが、結果は変化ないというところでもあります。

ドバイを使っていた馬は、そこで勝っている馬も揮わなかった者も含め、アドマイヤムーンのようなハードローテを克服した成功例があるのみで、後は惨敗ばかり。
ブエナビスタやジェンティルドンナも、人気になっていたからこそ1番人気データの足かせになり、より地味な香港組の方が
北海道に行くのと大差ないくらいという感じだから、春天好走より疲れずに連続して頑張るという傾向。
クイーンエリザベスⅡC3着というのは、アドマイヤムーンとリスグラシューの共通項で、ここも含めて、余力の大切さが浮き彫りになっていると言えます。

宝塚記念の攻略ポイント

前走で国内GⅠ4着以内が、過去10年でたったの2勝。
それも、古馬GⅠにそれまで縁のなかった馬が勝ったというだけで、GⅠ惨敗組が4勝の傾向を踏まえれば、前年までのGⅠ実績を重視すると同時に、
まだ春に仕事をしていない馬探しをするというのは、大昔からあった救済レース・宝塚記念の本質をついたデータとも捉えることができます。
ようやく立て直された馬に注目することで、もうひと仕事終わった組の扱いをその段階で軽くすることができます。

宝塚記念 過去の予想と結果