中山グランドジャンプ 予想

障害競走にグレード格付けが施されたのは、平地競走に遅れること15年した後、1999年のことでした。
その際に、中山大障害の春秋開催を、表記上では別レースに分類して、その中身に関しても、外国調教馬に開放するのが春、最初は秋はそれをせず、
日本の重賞体系そのものの位置づけを国際競走にする段階に移行した後は、秋も額面上は国際競走となり、現在に至ります。
重賞格付けを得て、中山グランドジャンプの名を授かった春の競走は、早くから外国馬が続々参戦し、
4年目のセントスティーヴンから、2005年に初制覇を果たしてから3年連続制覇のカラジなどが登場して、計5勝。
同時代にジャパンCが2勝であることを踏まえれば、よっぽど国際レースらしい性質を持っていますが、近年はオジュウチョウサンのためのレース、
そして、移動制限の恒常化が予想される状況で、年々出走例は減っているのは事実です。

春の大障害 中山GJの3勝以上馬

開催年馬名
カラジ2005年~2007年
オジュウチョウサン2016年~2020年(5連覇)

障害G1級競走の連勝記録一覧

馬名連勝記録備考
オジュウチョウサン7連勝(継続中)2016年中山GJ~
フジノオー4連勝 
1963年秋~1965年春
グランドマーチス4連勝 
1974年春~1975年秋

中山グランドジャンプの特徴

秋の大障害と比べ、わずかに距離が長いということと、春の中山開催は4月中に完了する関係で、前哨戦やステップレースとなるものが、暮れのGⅠから間隔が短いのもあって、有力馬ほど、
無駄にレースを使わない分、ちょっとした間に別の馬になっていることも多く、オジュウチョウサン以外の人気馬がどこまで信用できるかとなった時、そこまでは信用できない面があります。
春の方が得意な馬は昔から多いので、ゴーカイやオジュウチョウサンのような偏った傾向を示す名ジャンパーもたまに登場してきます。

中山グランドジャンプの歴代優勝馬

 1着馬
性齢
斤量
騎手
人気
前走
父名
2着馬
性齢
斤量
人気
前走
3着馬
性齢
斤量
人気
前走
2016年
オジュウチョウサン
牡5
63
石神深一
2OP②
ステイゴールド
サナシオン
牡7
63
1阪神スプリングJ①
メイショウアラワシ
牡5
63
7ペガサスJS④
2017年オジュウチョウサン
牡663
石神深一
1阪神スプリングJ①
ステイゴールド
サンレイデューク
牡9
63
6阪神スプリングJ④
アップトゥデイト
牡7
63
2阪神スプリングJ②
2018年オジュウチョウサン
牡7
63
石神深一
1中山大障害①
ステイゴールド
アップトゥデイト
牡8
63
2阪神スプリングJ①
二ホンピロバロン
牡8
63
3ペガサスJS②
2019年
オジュウチョウサン
牡863
石神深一
1阪神スプリングJ①
ステイゴールド
シンキングダンサー
牡6
63
6阪神スプリングJ③
マイネルプロンプト
騸7
63
4ペガサスJS<1>
【2020年】
オジュウチョウサン
牡9
63
石神深一
1阪神スプリングJ<1>
ステイゴールド
メイショウダッサイ
牡7
63
3ペガサスJS①
ブライトクォーツ
牡6
63
4阪神スプリングJ<6>

中山グランドジャンプ 過去10年のデータベース

 1着2着3着4着以下勝率連対率複勝率
1番人気6回1回0回3回60%70%70%
阪神スプリングJの1着3回3回2回1回33%67%89%
阪神スプリングJの2着~3着0回2回1回10回0%15%23%
阪神スプリングJの4着~5着1回1回0回7回11%22%22%
ペガサスJSの1着2回2回1回4回22%44%56%
ペガサスJSの2着0回0回1回3回0%0%25%
中山大障害の1着~3着5回3回5回8回24%38%62%
中山大障害の4着以下1回4回0回27回3%16%16%
阪神SJの6着0回0回1回4回0%0%20%
ペガサスJSの4着0回0回2回2回0%0%50%
前走オープン初参戦1回0回1回3回20%20%40%

限られた主要競走から出番をものにする馬を探すレースです。

前出の暮れの大障害からのレース間隔もあって、特殊なバンケットと大きな障害、ローカル場で平場戦が行われる状況などもあって、
より実力者に有利な環境が整っているのが、春のグランドジャンプの傾向として出ています。
関東馬でも阪神に行くし、間隔がもっと詰まるペガサスJSでは、最近ほど重要度が下がっているため、オジュウチョウサンでなくても、
阪神を使われていた、そこの人気馬の巻き返しが近年のトレンド。
スピードを問う競馬ではない以上、暮れよりも道悪の頻度が高い傾向もあるからこそ、若い馬は人気に推されているくらいでようやく信用出来て、
ベテランの独壇場とするのが、現状の見解としては正鵠を射ていると言えます。

中山グランドジャンプの攻略ポイント

オジュウチョウサンのような新型のスターホース以外でも、無駄なレースを中間使われていない実績馬の勝利が目立ち、中山大障害組の勝ち馬がオジュウチョウサンに
関しては2例として扱われる以上、その他も暮れに目途を立てている力量の判然した馬ばかりなので、セットで考えた方がいいように思います。
そこで足らないのは、阪神での内容を吟味して、拾うかどうかの判断をする以外、外国馬以外は人気馬を軸にするのが無難としたいところです。

中山グランドジャンプ 過去の予想と結果