水沢競馬場のコースや特徴

住所岩手県奥州市水沢区姉体町阿久戸1-2
電話番号(0197)23-2999
開設日1965年4月1日
駐車場無し
入場料200円
指定席1000円~
コース1,200m(右回り)
フルゲート12頭
アクセスJR水沢駅から岩手交通バス羽田行きで15分、小谷木橋で下車
主な重賞レーススプリングカップ

かつてはメイセイオペラが育った水沢競馬ですが、地元の馬のための競馬場になっているため、国際標準級のタイムが出ることもある盛岡競馬場に対し、3歳馬の全国チャンピオンを決するダービーグランプリの統一グレード返上と水沢開催への出戻りからも、岩手県競馬の苦しい側面が図らずも露見している、ローカリーなトラックです。
直線の長さの違いから回りのことも考えたら、完全に対照的な作りと言えます。

水沢競馬場の攻略方法

地方の競馬場では一般的サイズより少し狭い程度の1周1200Mながら、直線をいっぱいに使える1400Mのコースは、位置取り争いで最初のコーナーまでの距離が取れる分、多様な展開が起こり得ますが、最近まで行われていたダービーグランプリや岩手の王者決定戦である桐花賞などの2000Mは、ほぼ3コーナー2番手以内が勝利の条件になるため、雪の降る冬季開催などでも、前に行ける馬を狙うのが基本形となります。
あとは、馬の交流はそれなりにある一方で、騎手が固定化されやすい地理的要因からくる死角要素が、騎手の腕比べにもなりやすい小回りの水沢では殊更、騎手買いを難しくさせる面があるため、盛岡での結果から推理を立てる出走馬の分析が重要に思えます。