ヴィクトリアマイル 予想

エリザベス女王杯というレースが作られる前、最初の6年間「ビクトリアC」という当初の条件であった京都2400Mの3歳牝馬限定GⅠ級レースが存在し、
遠い昔の記憶として完全に忘れ去られていたその名が、2006年春の東京で復活。
長く、古牝馬の春の目標レースがないと散々、関係者がJRAに策を講ずるよう懇願して続けていたものが、芝の1600M戦での開催で実現しました。
勝ち馬のレベルは常に高水準ですが、よくわからない牝馬特有の事情で、浮き沈みが激しい面を人気馬ほど覗かせるため、
ガチガチの結果は少なく、過去数度、衝撃的な波乱が巻き起こったことでも知られる、穴党垂涎のレースでもあります。

歴史的名牝の系譜

  • 2009年 ウオッカ
  • 2010年 ブエナビスタ
  • 2011年 アパパネ
  • 2020年 アーモンドアイ

ヴィクトリアマイルの特徴

荒れる理由は色々ありますが、牡馬よりも、東京のマイルコースにあまり縁がないことが一つの理由に挙げられます。
そもそも、牝馬限定重賞は増えている一方で、関東圏のマイル重賞は中山だけ。
東京新聞杯には安田記念を狙う牡馬もいるので、まず、エース級牝馬でなければ好勝負も難しいとなると、出たとこ勝負になって、検討材料が少ないというのもある上に、
陣営も半信半疑である場合が多いので、3歳春の時点で世代のトップ近辺にいた馬以外は、ちゃんと適性の見極めをしなければなりません。

ヴィクトリアマイルの歴代優勝馬

 1着馬
馬齢
斤量
騎手
人気
前走
父名
2着馬
馬齢
斤量
騎手
人気
前走
父名
3着馬
馬齢
斤量
騎手
人気
前走
父名
2011年アパパネ
455
蛯名正義
2前走
キングカメハメハ
ブエナビスタ
555岩田康誠
1ドバイワールドC⑧
スペシャルウィーク
レディアルバローザ
455
福永祐一
3中山牝馬S①・阪神
キングカメハメハ
2012年ホエールキャプチャ
455
横山典弘
4中山牝馬S「5」
クロフネ
ドナウブルー
455C.ウィリアムズ
7中山牝馬S「11」
ディープインパクト
マルセリーナ
455
田辺裕信
3阪神牝馬S②
ディープインパクト
2013年ヴィルシーナ
455
内田博幸
1大阪杯⑥
ディープインパクト
ホエールキャプチャ
555蛯名正義
12阪神牝馬S⑭
クロフネ
マイネイサベル
555
柴田大知
5福島牝馬S②
テレグノシス
2014年ヴィルシーナ
555
内田博幸
11阪神牝馬S⑪
ディープインパクト
メイショウマンボ
455武幸四郎
3大阪杯⑦
スズカマンボ
ストレイトガール
555
岩田康誠
6高松宮記念【3】
フジキセキ
2015年ストレイトガール
655
戸崎圭太
5高松宮記念<13>
フジキセキ
ケイアイエレガント
655吉田豊
12京都牝馬S①
キングカメハメハ
ミナレット
555
江田照男
18福島牝馬S⑤
スズカマンボ
2016年ストレイトガール
755
戸崎圭太
7阪神牝馬S⑨
フジキセキ
ミッキークイーン
455浜中俊
1阪神牝馬S②
ディープインパクト
ショウナンパンドラ
555
池添謙一
2産経大阪杯③
ディープインパクト
<2017年>
アドマイヤリード
455
C.ルメール
6阪神牝馬S「2」
ステイゴールド
デンコウアンジュ
455蛯名正義
11福島牝馬S④
メイショウサムソン
ジュールポレール
455
幸英明
7阪神牝馬S「3」
ディープインパクト
<2018年>
ジュールポレール
555
幸英明
8阪神牝馬S⑤
ディープインパクト
リスグラシュー
455武豊
1阪神牝馬S③
ハーツクライ
レッドアヴァンセ
455
北村友一
7阪神牝馬S②
ディープインパクト
2019年ノームコア
455
D.レーン
5中山牝馬S⑦
ハービンジャー
プリモシーン
455福永祐一
4ダービー卿チャレンジT②
ディープインパクト
クロコスミア
655
戸崎圭太
11阪神牝馬S⑤
ステイゴールド
2020年アーモンドアイ
555
C.ルメール
1有馬記念⑨
ロードカナロア
サウンドキアラ
555松山弘平
4阪神牝馬S①
ディープインパクト
ノームコア
555
横山典弘
5高松宮記念「15」
ハービンジャー

ヴィクトリアマイル 過去10年のデータベース

 1着2着3着4着以下勝率連対率複勝率
1番人気4回4回0回7回27%53%53%
6歳以上2回1回3回49回4%5%11%
阪神牝馬S組/2016年以降3回4回3回36回7%15%22%
~2015 4着以下の馬1回3回0回34回3%11%11%
1~3着(前年エリザベス女王杯参戦馬)3回1回1回13回17%22%28%
4~9着(前年エリザベス女王杯参戦馬)2回3回1回25回6%16%19%
10着以下(前年エリザベス女王杯参戦馬)2回2回1回26回6%13%16%
中山牝馬S組2回3回6回55回3%8%17%
福島牝馬S組0回2回2回44回0%4%8%
福島牝馬Sで6番人気以下の5着以内馬0回2回1回9回0%17%25%
当該年牡馬重賞連対馬3回3回1回21回11%21%25%

はっきりしているのは、前年エリザベス女王杯の結果も人気も、このレースにはあまり関係がないということ。
唯一、厳しい条件の女王杯で相応の人気に推されて、翌年も元気に走っている明け4歳馬のみ、人気になっても結果は出せるというくらいで、これもまるで参考になりません。
他の要素で人気になっている馬の方が、よほど買い目でしょう。

こちら、長期計画で地道に投資をしたいとお考えの方にお勧めのプランです。
過去15年で対象馬がまず年に1頭くらいしか出てこない、福島牝馬Sで人気薄激走の馬は、こちらでも買いというより、どこかでガラガラポンのレースになった時に、途轍もなくハネるというお話。
福島以上に人気になるはずもなく、それなら切ればいいだけで、5年計画で、また最近人気薄で負けているのに、
わざわざ東京に来る馬も減っているため、また少しすると意外な大物が上がるかもしれません。

ヴィクトリアマイル 攻略のポイント

穴狙いの手ほどきはこの程度にして、核心部分について。
牡馬との対戦実績は、ここ10年のより最近になるほど、当該年より前年の方がいいという傾向で、突然株を上げた馬よりは、実績が皆に周知されている馬の方がよほど狙い目だということ。
加えて、エリザベス女王杯の傾向とも繋がる点として、牝馬限定だろうと何だろうと、前走の結果に惑わされない方がいいということ。
この2点ではっきりするのは、東京のマイル実績が一番重要なのだということでしょうか。
まるで例外は、重の阪神牝馬2着で稍重の本番を勝ったアドマイヤリードくらいで、貴重な好走機会を逃さない牝馬のための一戦とすれば、狙いはかなり絞り込めるはずです。

ヴィクトリアマイル 過去の予想と結果