阪神ジュベナイルフィリーズ 予想

長く阪神3歳SというGⅠ級レースとして、西の牡馬のチャンピオンを決する競馬であったものが、1991年から牝馬限定の ―牝馬Sと参加条件を変更した初年度に、
翌年の桜花賞・スプリンターズSを制するニシノフラワーが優勝、連闘で参戦し3着に入ったシンコウラブリイは1993年のマイルチャンピオンシップを制すなど、
幸先のいいスタートから、今や、クラシック直結の登竜門的位置づけに据え置かれる重要戦にまで成長しました。
数え年表記の修正を2001年に行った関係で、現在の名称に変更。
阪神競馬場の大幅改修に伴い誕生の外回りコースに、この1600M戦が振り分けられた2006年の勝ち馬は後の顕彰馬・ウオッカ、
2着が3歳でスプリンターズSを制するアストンマーチャンと、これも何とも景気の好発進となり、この組の牝馬路線における活躍は常に高水準で安定しています。

阪神ジュベナイルフィリーズの主な勝ち馬

・ウオッカ 2006年
・ブエナビスタ 2008年
・アパパネ 2009年
・ラッキーライラック 2017年

阪神ジュベナイルフィリーズの特徴

徹底して、短距離適性に偏った馬を排してきた馬場改修後の特長から、1200Mで勝ち星のある馬が2006年以降未勝利なので、実質的には、このレースからマイル以上の距離で争う
クラシックレースのトライアルが始まると意識すべきで、ここ2年は1400MのファンタジーSを制している馬が勝っているせいで、本番では揮わないという傾向がはっきり出ています。
快速型を狙うのは筋違いで、持ち時計が抜けていたここ2年の勝ち馬のようなタイプが、今後も勝ち続けることはないでしょう。

阪神ジュベナイルフィリーズの歴代優勝馬

 1着馬
性齢
斤量
騎手
人気
前走父名
 2着馬
性齢
斤量
騎手
人気
前走
父名
 3着馬
性齢
斤量
騎手
人気
前走
父名
2010年レーヴディソール
牝2
54福永祐一
1デイリー杯2歳S①
アグネスタキオン
ホエールキャプチャ
牝2
54池添謙一
4ファンタジーS③
クロフネ
ライステラス
牝2
54M.デムーロ
8京王杯2歳S④
ソングオブウィンド
2011年ジョワドヴィーヴル
牝2
54福永祐一
4新馬①
ディープインパクト
アイムユアーズ
牝2
54I.メンディザバル
8ファンタジーS①
ファルブラヴ
サウンドオブハート
牝254武豊
1芙蓉S①
アグネスタキオン
2012年ローブティサージュ
牝2
54秋山真一郎
5ファンタジーS②
ウォーエンブレム
クロフネサプライズ
牝2
54柴山雄一
15500万①
クロフネ
レッドセシリア
牝254三浦皇成
10新馬①
ハーツクライ
2013年レッドリヴェール
牝2
54戸崎圭太
5札幌2歳S【1】
ステイゴールド
ハープスター
牝2
54川田将雅
1新潟2歳S①
ディープインパクト
フォーエバーモア
牝254蛯名正義
8500万<1>
ネオユニヴァース
2014年ショウナンアデラ
牝2
54蛯名正義
5500万①
ディープインパクト
レッツゴードンキ
牝2
54浜中俊
2アルテミスS<2>
キングカメハメハ
ココロノアイ
牝254横山典弘
4アルテミスS<1>
ステイゴールド
2015年メジャーエンブレム
牝2
54C.ルメール
1アルテミスS②
ダイワメジャー
ウインファビラス
牝2
54松岡正海
10アルテミスS⑤
ステイゴールド
ブランボヌール
牝254岩田康誠
2ファンタジーS③
ディープインパクト
2016年ソウルスターリング
牝2
54C.ルメール
1アイビーS①
フランケル
リスグラシュー
牝2
54戸崎圭太
2アルテミスS①
ハーツクライ
レーヌミノル
牝254蛯名正義
3京王杯2歳S②
ダイワメジャー
2017年ラッキーライラック
牝2
54石橋脩
2アルテミスS①
オルフェーヴル
リリーノーブル
牝2
54川田将雅
3500万①
ルーラーシップ
マウレア
牝254戸崎圭太
4500万①
ディープインパクト
2018年ダノンファンタジー
牝2
54川田将雅
1ファンタジーS①
ディープインパクト
クロノジェネシス
牝2
54北村友一
2アイビーS①
バゴ
ビーチサンバ
牝254福永祐一
4アルテミスS②
クロフネ
2019年レシステンシア
牝2
54北村友一
6ファンタジーS①
ダイワメジャー
マルターズディオサ
牝2
54田辺裕信
6500万①
キズナ
クラヴァシュドール
牝254藤岡佑介
3サウジアラビアロイヤルC②
ハーツクライ

阪神ジュベナイルフィリーズの過去10年データベース

 1着2着3着4着以下勝率連対率複勝率
1番人気4回1回1回4回40%50%60%
アルテミスS勝ち馬1回1回1回5回13%25%38%
ファンタジーS勝ち馬2回2回0回4回25%50%50%
新馬勝ち/1400以下
2回1回3回53回3%5%10%
新馬勝ち/1600以上
6回3回5回28回14%21%33%
2戦目勝ち上がり
2回6回2回35回4%18%22%
1勝馬/オープン経験
1回2回2回35回3%8%13%
1勝馬/新馬戦のみ
1回0回1回12回7%7%14%

騎手狙いはアリだが明らかにスピード型は不利な傾向

1600Mの新馬勝ちの実績ありと、新馬は負けてもすぐに勝ち上がった馬は、ここでは同列とした方がいい一方で、回収率に大変な差があるので、人気馬でも買えるのは、どうしても新馬勝ちの馬になってしまいます。
オークス辺りまでの牝馬戦線は、この縛りは解けないので、ここ2年で詰まったその差が、今年は連続開催で一気に開く可能性まで踏まえておきたいところです。

阪神ジュベナイルフィリーズの攻略ポイント

2勝以上している重賞連対馬が7勝と圧倒的で、当たり前の傾向ながら、その他は無敗馬も未勝利勝ちの馬もいるので、東京競馬場の出走経験という振り分けをすると、
無敗馬と1800Mの新馬勝ちで未出走馬が拾えて、後は東京で連対実績がある馬となります。
今も昔も、東京競馬場で走るということが後の大成に繋がる傾向は続いているので、この古典的なファクターを用いて、人気勢の序列付けをする意味では、一番効果的かもしれません。

阪神ジュベナイルフィリーズ 過去の予想と結果