チャンピオンズカップ 予想

チャンピオンズカップを予想

歴史の浅いレースで、中京開催になったのもつい最近のこと。
ただ、時代の要請によって作られたダートのビッグタイトルである前身のジャパンCダートは、決して、異様なスタミナ偏重の競馬ではなく、
勝ち馬の産駒からスプリントチャンピオンが誕生することもあるくらいで、今でも、高水準のレースであるということは間違いありません。
中京移設直後は、どこよりもタフなダートコースに変更されたので、地方の重たい砂質に適した競馬になった時期もありましたが、今は、むしろ東京よりも速い時計<あくまで換算値>が出るような年もあるので、重要度は年々高まっています。

歴代のチャンピオンズCの勝ち馬をピックアップ!

-東京2100M-
・クロフネ 2001年
・ヴァーミリアン 2007年

-阪神1800M-
・トランセンド 2010・11年連覇

-東京/阪神で1勝ずつ-
・カネヒキリ 2005年・東京/2008年・阪神

-中京1800M-
・ホッコータルマエ 2014年
・クリソライト 2019年

チャンピオンズカップの特徴

強烈な上り坂に長い直線の組み合わせなので、東京よりもタフであるからこそ、かつてのJCダートの流れを汲む一戦であって、スピード優先の馬はその時点で除外されてしまい、強い先行型以外は、差し追い込みタイプに有利なレースと言えます。
一時期よりは、終いのラップが落ちないので、バランスよく好位から差せる若い馬にも有利になりましたが、あくまでもローカルの競馬場なので、馬場質は開催年度の傾向をまず掴むことが重要でしょう。

チャンピオンズカップの歴代優勝馬

開催年1着馬馬齢
斤量
騎手
人気
前走
父名
 2着馬
馬齢
斤量
騎手
人気
前走
父名
 3着馬
馬齢
斤量
騎手
人気
前走
父名
<2010年>
トランセンド
牡4
57
藤田伸二
1みやこS①
ワイルドラッシュ
グロリアスノア
牡4
57
小林慎一郎
8武蔵野S①
プリサイスエンド
アドマイヤスバル
牡7
57
小牧太
11JBCクラシック③
アドマイヤボス
2011年
トランセンド
牡4
57
藤田伸二
1JBCクラシック②
ワイルドラッシュ
ワンダーアキュート
牡5
57
和田竜二
5みやこS④
カリズマティック
エスポワールシチー
牡6
57
佐藤哲三
2みやこS<1>
ゴールドアリュール
2012年
二ホンピロアワーズ
牡5
57
酒井学
6みやこS②
ホワイトマズル
ワンダーアキュート
牡6
57
和田竜二
3JBCクラシック①
カリズマティック
ホッコータルマエ
牡3
56
幸英明
9みやこS③
キングカメハメハ
2013年<ここまで阪神1800>
ベルシャザール
牡5
57
C.ルメール
3武蔵野S①
キングカメハメハ
ワンダーアキュート
牡7
57
武豊
6JBCクラシック【2】
カリズマティック
ホッコータルマエ
牡4
55
幸英明
1JBCクラシック【1】
キングカメハメハ
2014年<これ以降中京1800>
ホッコータルマエ
牡5
57
幸英明
2JBCクラシック「4」
キングカメハメハ
ナムラビクター
牡5
57
小牧太
8みやこS③
ゼンノロブロイ
ローマンレジェンド
牡6
57
岩田康誠
3エルムS【1】
スペシャルウィーク
2015年
サンビスタ
牝6
55
M.デムーロ
12JBCレディスクラシック【2】
スペシャルウィーク
ノンコノユメ
牡3
56
C.ルメール
3武蔵野S<1>
トワイニング
サウンドトゥルー
騸5
57
大野拓弥
5JBCクラシック【2】
フレンチデピュティ
2016年
サウンドトゥルー
騸6
57
大野拓弥
6JBCクラシック「3」
フレンチデピュティ
アウォーディー
牡6
57
武豊
1JBCクラシック「1」
ジャングルポケット
アスカノロマン
牡5
57
太宰啓介
10みやこS⑭
アグネスデジタル
2017年
ゴールドドリーム
牡4
57
R.ムーア
8マイルCS南部杯<5>
ゴールドアリュール
テイエムジンソク
牡5
57
古川吉洋
1みやこS①
クロフネ
コパノリッキー
牡7
57
田辺裕信
9JBCスプリント「2」
ゴールドアリュール
2018年
ルヴァンスレーヴ
牡3
56M.デムーロ
1マイルCS南部杯①
シンボリクリスエス
ウェスタールンド
騸6
57
藤岡佑介
8武蔵野S<7>
ネオユニヴァース
サンライズソア
牡4
57
J.モレイラ
3JBCクラシック③
シンボリクリスエス
2019年
クリソライト
牡3
56川田将雅
2日本TV盃<1>
ゴールドアリュール
ゴールドドリーム
牡6
57
C.ルメール
1マイルCS南部杯③
ゴールドアリュール
インティ
牡5
57
武豊
3みやこS⑮
ケイムホーム
2020年チュウワウィザード
牡5
57
戸崎圭太
4
JBCクラシック<3>
キングカメハメハ
ゴールドドリーム
牡7
57
和田竜二
3
マイルCS南部杯<6>
ゴールドアリュール
インティ
牡6
57
武豊
10
マイルCS<9>
ケイムホーム
2021年テーオーケインズ
牡4
57
松山弘平
1
JBCクラシック④
シニスターミニスター
チュウワウィザード
牡6
57
戸崎圭太
3
JBCクラシック③
キングカメハメハ
アナザートゥルース
騸7
57
坂井瑠星
14
みやこS③
アイルハヴアナザー

チャンピオンズカップの過去10年データベース

 1着2着3着4着以下勝率連対率複勝率
1番人気3回3回1回3回306070
みやこS勝ち馬1回1回1回6回112233
武蔵野S勝ち馬1回2回0回4回144343
JBCクラシック勝ち馬0回2回1回5回02538
1着馬(フェブラリーS)2回0回1回5回252538
2着馬(フェブラリーS)1回1回0回2回255050
3着馬(フェブラリーS)0回2回1回3回03350
4着~9着(フェブラリーS)1回0回0回22回444
10着以下(フェブラリーS)0回0回1回6回0014
2連勝中の馬1回0回0回5回171717
3連勝中の馬1回0回0回5回171717
4連勝中の馬<JCダート時代含む>1回1回0回0回50100100
5連勝中の馬<JCダート時代含む>1回0回0回0回100100100
6連勝中の馬<JCダート時代含む>0回1回0回1回05050

ひとまず、JBCクラシックの勝ち馬は疑ったほうが無難とのデータが出ていますね。

毎年地方の競馬場をローテーションで輪番開催しているJBC競走の質の問題ではなく、九分九厘JRA所属馬同士のフルゲートの争いになる中央タイトル戦で、単純な競走実績ほど、アテにならないという傾向ははっきり出てします。
そもそも、連勝した馬はJCダート時代からほとんどいないので、この馬は強いという信念がない限り、切っても問題はないでしょう。

2連勝とかもう一つくらい勝ち続けている馬は、レースラップが安定しているダート戦線ではどこにでもいるので、全く実績も信用なりませんが、芝でも特別視される4連勝以上の馬は、確実にオープン馬であるからこそ、絶対的な存在と言えます。
着外の1頭も、GⅠ実績もないのに人気が偏った割に4着と健闘し、次の東京大賞典<大井2000M>で快勝したローマンレジェンドですから、いちいち切るより、それを押さえて買い目を増やさないようにした方が賢明ではないでしょうか。

チャンピオンズカップの攻略ポイント

ダートレースは古豪の巣窟のようで、フェブラリーSでもそうですが、極端に優秀な実績を長きにわたって積み重ねたGⅠ5勝以上の6歳以上の馬など、まず勝てません。
それなら、まだ青くても勢いに勝る、GⅠ初制覇や2勝目を懸けて登場の若造の方が信用できるくらいで、そういう馬の勢いが本物であれば、中央のGⅢ経由でも足りますが、
そうは甘くないので、地方で一度雑巾がけをしたくらいで、俊敏さを活かした戦いに持ち込めれば、古豪は置いていかれます。
そういう基本形を踏まえ、地方と中央の適性の修正を加えれば、人気に惑わされることはないでしょう。

チャンピオンズカップ2022予想 過去10年のデータ傾向と有利な枠/出走予定馬の最終追い切り

チャンピオンズカップの予想と出走予定馬の最終追い切り評価を行っていきます。
過去結果を見ても荒れる傾向のある中、有力な登録馬の中から鉄板軸馬とされる外厩仕上げの本命馬や消去法で消すべき馬、本命をも超える可能性のある穴馬をデータ分析!

下半期のJRAダート王決定戦!

歴代勝ち馬のサインを見逃さず、予想オッズを見ながら過去配当を超える払い戻しを狙っていきましょう。

チャンピオンズカップ2022

レース名第23回チャンピオンズカップ(G1)
グレード重賞(G1)
日程2022年12月4日(日)
発走時間15時30分
開催場所中京競馬場
距離ダート1,800m
コース左回り
賞金1億2000万円
レコードタイム1:47.6

チャンピオンズカップ予想2022 - 予想オッズ/出馬表(馬柱)/出馬予定馬の馬体/想定騎手/最終追い切り評価(枠順確定前)

チャンピオンズカップ2022の予想オッズと登録馬

出走予定馬騎手性齢斤量予想オッズ人気
テーオーケインズ松山 弘平牡557.01.41
クラウンプライド福永 裕一牡356.05.82
ジュンライトボルト石川 裕紀人牡557.010.53
グロリアムンディR.ムーア牡457.010.74
ノットゥルノ武 豊牡356.013.95
ハピ横山 典弘 牡356.020.96
オーヴェルニュC.ルメール牡657.025.37
シャマル川田 将雅牡457.031.08
バーデンヴァイラーD.レーン牡457.037.29
サンライズホープ幸 英明牡557.054.210
ラーゴム-牡457.087.711
サンライズノヴァ松若 風馬牡857.0117.912
タガノビューティー石橋 脩 牡557.0121.113
スマッシングハーツ鮫島 克駿牡657.0130.514
レッドガラン斎藤 新牡757.0131.815
ケイアイパープル-牡657.0172.716
レッドソルダード-セ457.0172.717
サクラアリュール-牡757.0184.618
脚質1着2着3着4着以下勝率連対率複勝率
逃げ馬3回0回3回19回12%12%24%
先行馬7回6回8回49回10%18.6%30%
差し馬8回9回6回94回6.8%14.5%19.7%
追い込み馬2回5回3回93回1.9%6.8%9.7%
枠順1着2着3着4着以下勝率連対率複勝率
1枠1回2回4回30回2.7%8.1%18.9%
2枠3回3回2回32回7.5%15%20%
3枠4回2回5回29回10%15%27.5%
4枠2回3回0回35回5%12.5%12.5%
5枠5回2回4回29回12.5%17.5%27.5%
6枠2回4回3回31回5%15%22.5%
7枠2回4回1回32回5.1%15.4%17.9%
8枠1回0回1回37回2.6%2.6%5.1%
種牡馬1着2着3着4着以下勝率連対率複勝率
ディープインパクト15回6回11回85回12.8%17.9%27.4%
ルーラーシップ14回13回15回138回7.8%15.0%23.3%
キングカメハメハ 13回13回10回96回9.8%19.7%27.3%
ハーツクライ13回12回10回102回9.5%18.2%25.5%
シニスターミニスター13回8回4回78回12.6%20.4%24.3%
キズナ12回10回10回81回10.6%19.5%28.3%
クロフネ10回8回15回70回9.7%17.5%32.0%
ダイワメジャー10回7回7回72回10.4%17.7%25.0%
ダンカーク10回7回7回47回14.1%23.9%33.8%
ヘニーヒューズ9回15回14回99回6.6%17.5%27.7%
人気1着2着3着4着以下勝率連対率複勝率
1番人気7回6回3回4回35%65%80%
2番人気2回0回1回17回10%10%15%
3番人気1回4回3回12回5%25%40%
4番人気3回0回0回17回15%15%15%
5番人気1回2回1回16回5%15%20%
6~9番人気4回6回6回64回5%12.5%20%
10番人気以下2回2回6回125回1.5%3%7.4%

チャンピオンズカップ予想2022 - 過去10年のデータ傾向

中京に移設してから、連続好走が極めて高いハードルになったという事実

前の年と立て続けに連対したのは、昨年2着に入ったその前年の覇者・チュウワウィザードが代表例。
そのチュウワが勝った年の2着馬・ゴールドドリームも連続連対。

その他は、勝ったことのある馬か3着に若い頃入ったことのあるような、熟成された古豪が再び息を吹き返すことはあっても、前年優勝馬が中京開催分に限定すると【0・1・0・3】なので、そもそも、ダートのレースなのに連続参戦が少ないということと、昨年の2着の価値が怪しい6馬身差負けのチュウワウィザードは、勝ったテーオーケインズとの対比で、今年は我が身となる。
さて、この評価をどうするのか。一旦保留。

JBCクラシックウイナーが2勝しているものの、いずれも制覇の翌年以降の勝利

テーオーケインズの減点材料をもう一つ。
というより、チャンピオンズC勝ちの記録を否定するより、ずっと合理的解釈可能な要素と言える。

ホッコータルマエは5歳時に、一昨年のチュウワウィザードも同じ馬齢でこのレースを制したわけだが、JBCクラシックを勝ったのはいずれも4歳時。
前者は金沢の不良馬場、後者は浦和の渋馬場で大井巧者のオメガパフュームを際どく抑え込んだ。

一方、翌年も前走は両者ともJBCだったのだが、ホッコータルマエは盛岡の高速馬場をドバイ以来の実戦でひと叩きされ、一変。
前年は阪神開催時代であり、相手のキレが一枚上だった。
チュウワウィザードはJBC回避のクリソベリルに完敗だった翌年、クリソベリルに大井で敗れた後に、見事に逆襲して見せた。
以降の両者の関係性は、皆が知るところ。

要するに、潮目が変わるレースなのである。
潮目を変えられるのはJBCクラシック参戦の3歳馬だろうが、良馬場で盛岡らしい高速決着。
テーオーケインズは衰えていないし、4歳で勝ったその他唯一の存在であるゴールドドリームは、5歳時は回避も、翌年以降は渋とく連続2着。
常識的観点で、クラウンプライドだけがチャンスありの組だろう。

G1級のウイナーで最も信用できるのは、意外と川崎記念勝ちの馬

ホッコータルマエは1度目を制した秋に、このレースをただ一度制し、川崎記念でその後も連勝。
意外にも、チュウワウィザードもJBC勝ち→中京完敗→川崎記念圧勝…→チャンピオンズC快勝という流れ。

大体は消えるわけだが、路線のコンセプトとレース間隔が絶妙に、寒い時期とはいえ、2か月ほど開くから、砂の王道路線で、東京大賞典で楽だったか負けてしまったくらいの馬が川崎のタフな消耗戦を勝ち切ると、以降の展望が開ける。

流れとして、寒い時期の結果であるということが一定の適性の部分で、強調材料として暮れの時季にフィットするのかもしれないという以外、レースの性質がまるで違うので、適当に繋がるとは言えないわけだが、全くその舞台と縁のない馬ばかりの馬が中心の組み合わせであるから、変に2000くらいで能力全開の馬を狙う年ではないという考え方もあっていいか。

1番人気になるのはJBCクラシックを勝ったからであり…、という年以外は堅い

JBCクラシックを前走で制した馬が1番人気に推されたというのは、コパノリッキーの悲劇<4年連続挑戦でクラシックに出なかった年の3着があるのみ>に代表されるように、アウォーディーの2着があるのみで、4頭とも全敗。

ただし、アウォーディーを含めて、その他別ローテ組の1番人気馬は全て連対。
この時点でオートマチック切りのテーオーケインズという構図だが、アウォーディーが連に絡んだ理由を考えると、ここに至るまでダート無敗ということで、大不発の連覇失敗・クリソベリルの国内に限れば8戦8勝だった記録とよく似ているが、それは負けてる。

では、フェブラリーSは勝てて、中京では普通の馬になったコパノリッキーはどうだったかと言えば、春も元気なのに、秋も大きなレースを買っていつも挑んできていた反動があった。
帝王賞で遠征後の叩き台を快勝した反動が出たテーオーケインズは、昨年とは違って、JBCを快勝だったが、どこかしらでG1級のレースを勝っている馬がサンライズノヴァを除くと、まず3歳では勝てないジャパンダートダービー勝ちのノットゥルノくらいで、ほとんど未対戦の未知なる勢力に賭けるしかない状況では、崩れる図は無理筋であろう。

中京移設後は、どこかでG1と名乗る大レースを勝っている馬しか、このレースの優勝馬にはなっていない。
グロリアムンディやジュンライトボルトにはそのチャンスはあるとみて、底を見せていない馬や惜敗癖はあっても安定している馬を除き、そもそも、テーオーケインズは自滅以外には敗因が存在しないという組み合わせに思う。
重厚なライバルは年々減ってきていて、周囲が、チャンピオンズCはテーオーケインズのモノという評価であるから、こういうメンバー構成になっているように思うので、連覇以外の図はむしろ、あまりにも望み過ぎのように感じてしまう。

チャンピオンズカップ予想2022- 出走予定馬の血統/成績/タイム

どう考えても、前回以上というほど相手が強化したわけではないので…

テーオーケインズの血統

3代母ピノシェットは、その母ピンクタートルが日本に来る前に産んだ最初の仔。
ピンクタートルがその後、オークス快勝のレディパステルの母になったわけだが、その発展性は、ストームキャット産駒である姉の方がいくらか有利に見える。

ナスルーラのクロスは当然、その直系であるトニービン・レディパステルの父 でも発生するが、ピノシェットの良いところは、ノーザンダンサーが遠すぎず、また濃いところに入ることのない位置に最初からあったから、ストームキャットの名はあっても、ストームキャットやその父ストームバードがクロスしない限り、余計な部分でクロスされることはない。

ということは、意図しないと掛からないから、自然と入ったシニスターミニスター×マキシムカフェで生ずる6×6・6は、母の代では掛からないため、一時的に分断された、見た目通りのアウトクロス。
その代わり、母母父ジェイドロバリーにより発生するミスタープロスペクターの5×4だけが顕在化し、鬱陶しい主流同士の交雑というような、種牡馬選定の邪魔になる要素がほとんどない。

とはいえ、シニスターミニスターはボールドルーラー系×ヴァイスリージェント系、母マキシムカフェはサンデーサイレンス系×ミスプロ系と、ナスルーラからヘイルトゥリーズンまでネアルコ総まとめであるだけでなく、他のファラリス系で最高のポジションを作るミスプロのラインもあるから、クロスしないだけで、味は決して薄まっていない。
それでも、北米圏でもノーザンダンサー系の同系配合が流行るようになり、実績のあるストームキャット系やヴァイスリージェント系の種牡馬が輸入される時代にあって、すでに、何でも付けられる万能種牡馬の可能性を、ダートG1の結果だけでなく、血統図の中でも証明しかかけている段階にあって、ムラな面を出すのはよくない。

母父マンハッタンカフェは、G2全戦馬券外の本番徹底型で、父とは違って、前哨戦から連勝のG1馬というのは複数登場しているが、シングルタイトルの馬ばかりだった。
母父に入ると、阪神でよく頑張ったソウルラッシュやテーオーロイヤル、実は同系で母父共通のメイショウハリオという感じで、ちょっとだけマンハッタンカフェっぽさが強く出ている傾向。
アウトサイダー色の強いマンハッタンカフェに、ようやく日本に浸透してきたスピード型のボールドルーラー・シアトルスルー系との組み合わせで、ハイブリッドタイプでいいとこどりの馬が今後また出てきて不思議ない。
テーオーケインズとメイショウハリオの果たした役割はあまりにも大きい。

チャンピオンズカップ 過去の予想と結果