門別競馬場のコースや特徴

住所北海道沙流郡日高町富川駒丘76-1
電話番号(01456)2-4110
開設日1997年12月8日
駐車場有(約1,000台分)
入場料無料
指定席無し
コース外 1,600m
内 1,376m
フルゲート16頭
アクセスJR札幌駅から高速バスで約1時間30分、門別競馬場前で下車
主な重賞レースブリーダーズゴールドカップ(JpnII)

21世紀に入る前後の時期から、道営競馬の合理化が図られていった過程で、国内の馬産の中心地である日高地方に属する門別競馬場の大改修が行われ、平地競走はここに一本化されました。
直線が長く、内回りコースもあるため、外回りで1000、1200、1700、1800、2000に加え、2歳戦限定の1100Mとレアな2600M戦と、内回りでの1500、1600Mという構造は、気持ち直線が短いだけの大井とほとんど同じ。
レパートリーが多く、牧場との連携が密にとれる関係で、2歳馬の質は、時にJRA所属馬の遥か上を行くケースが見られ、2020年の交流重賞は、その通りの結果となりました。

門別競馬場の攻略方法

地方競馬における御用達種牡馬と言えば、長くダート戦線で活躍したサウスヴィグラスなのですが、先述の通り、2歳戦が高水準の馬産地競馬だけに、自ずと短距離戦が多くなって、サウスヴィグラス産駒が出番をモノにする確率も、当然上がるわけですから、これをどう扱うかというのがポイントになります。
冬季の中断期間はありますが、春から秋まで開催はコンスタントにあるので、寒い時期は馬場も渋りやすく速い馬が有利になりますが、地方独特の位置取り争いの激しさがあって、良馬場で内枠を引いた時だけはよく気をつけたいところです。