皐月賞 予想

言わずと知れた、牡馬クラシックの第一関門。

2020年は、実に、9年ぶりの三冠馬誕生により、例年以上に重要な意味を持った皐月賞ですが、横浜競馬場で戦前から始まったレースの歴史上、今と同じ中山の皐月賞から三冠を制したというのは、
意外と少なく、前回のオルフェーヴルも震災の影響で中山競馬場が使えなかったことで、翌週の東京で関東圏での競馬再開共に、オークストライアルと同週開催が行われ、結果、その全てが歴史に残ることになりました。


横浜のセントライト、シンザンとそのオルフェーヴルが東京開催と、ダービーと菊花賞が決まった競馬場行われるのに対し、何かが起きる時に限って、中山でないことが多いのが、この皐月賞なのです。

中山開催の皐月賞から三冠達成

1983年ミスターシービー
1984年シンボリルドルフ
1994年ナリタブライアン
2005年ディープインパクト
2020年コントレイル

歴史的1番人気の勝者

開催年馬名備考
1951年トキノミノル無敗の二冠馬
1970年タニノムーティエ二冠馬/アローエクスプレスとの名勝負
2001年アグネスタキオン母仔2代無敗でクラシック制覇
2010年ヴィクトワールピサ父仔2代皐月賞制覇/翌春ドバイワールドC優勝

皐月賞の特徴

小回りの2000Mコースで、近年は雨にたたられることも増え、大昔も多かったかなり厳しい馬場状態でのレースが多くなっていますが、そうでないと、今度は究極の快時計決着になるため、
ただでさえ、力量差がはっきりしない上に、馬場読みが極めて困難な年もあって、クラシック初戦というより、世代チャンピオンが早速決定する位置づけになりつつあります。
競走能力がダイレクトに引き出されるため、どういう顛末になろうとも、弱い馬がたまたま勝つようなことはありません。

皐月賞の歴代優勝馬

 1着馬
性齢
斤量
騎手
人気
前走
父名
2着馬
性齢
斤量
騎手
人気
前走
父名
3着馬
性齢
斤量
騎手
人気
前走
父名
2011年<東京>
オルフェーヴル
牡3
57
池添謙一
4スプリングS①・阪神
ステイゴールド
サダムパテック
牡3
57
岩田康誠
1弥生賞①
フジキセキ
ダノンバラード
牡3
57
武豊
8共同通信杯⑨
ディープインパクト
<2012年>
ゴールドシップ
牡3
57
内田博幸
4共同通信杯①
ステイゴールド
ワールドエース
牡3
57
福永祐一
2若葉S<1>
ディープインパクト
ディープブリランテ
牡3
57
岩田康誠
3スプリングS「2」
ディープインパクト
2013年
ロゴタイプ
牡3
57
M.デムーロ
1スプリングS①
ローエングリン
エピファネイア
牡3
57
福永祐一
2弥生賞④
シンボリクリスエス
コディーノ
牡3
57
横山典弘
3弥生賞③
キングカメハメハ
2014年
イスラボニータ
牡3
57
蛯名正義
2共同通信杯①
フジキセキ
トゥザワールド
牡3
57
川田将雅
1弥生賞①
キングカメハメハ
ウインフルブルーム
牡3
57
柴田大知
8若葉S②
スペシャルウィーク
2015年
ドゥラメンテ
牡3
57
M.デムーロ
3共同通信杯②
キングカメハメハ
リアルスティール
牡3
57
福永祐一
2スプリングS②
ディープインパクト
キタサンブラック
牡3
57
浜中俊
4スプリングS①
ブラックタイド
2016年
ディーマジェスティ
牡3
57
蛯名正義
8共同通信杯<1>
ディープインパクト
マカヒキ
牡3

57
川田将雅
3弥生賞①
ディープインパクト
サトノダイヤモンド
牡3
57
C.ルメール
1きさらぎ賞①
ディープインパクト
2017年
アルアイン
牡3
57
松山弘平
9毎日杯①
ディープインパクト
ペルシアンナイト
牡3
57
M.デムーロ
4アーリントンC①
ハービンジャー
ダンビュライト
牡3
57
武豊
12弥生賞③
ルーラシップ
<2018年>
エポカドーロ
牡3
57
戸崎圭太
7スプリングS②
オルフェーヴル
サンリヴァル
牡3
57
藤岡佑介
9弥生賞④
ルーラシップ
ジェネラーレウーノ
牡3
57
田辺裕信
8京成杯①
スクリーンヒーロー
2019
サートゥルナーリア
牡3
57
C.ルメール
1ホープフルS①
ロードカナロア
ヴェロックス
牡3
57
川田将雅
4若葉S<1>
ジャスタウェイ
ダノンキングリー
牡3
57
戸崎圭太
3共同通信杯①
ディープインパクト
<2020年>
コントレイル
牡3
57
福永祐一
1ホープフルS①
ディープインパクト
サリオス
牡3
57
D.レーン
3朝日杯フューチュリティS①
ハーツクライ
ガロアクリーク
牡3
57
L.ヒューイットソン
8スプリングS①
キンシャサノキセキ

皐月賞 過去10年のデータベース

 1着2着3着4着以下勝率連対率複勝率
1番人気3回2回1回4回30%50%60%
弥生賞勝ち馬0回3回0回6回0%33%33%
スプリングS勝ち馬2回0回2回5回22%22%44%
共同通信杯勝ち馬3回1回1回5回30%40%50%
関東圏3歳重賞勝ち馬4回4回4回25回11%22%32%
関西圏3歳重賞勝ち馬4回2回1回12回13%19%25%
朝日杯参戦馬1回2回3回23回3%10%21%
ホープフルS参戦馬4回2回2回18回15%23%31%
トライアル2着馬1回1回2回22回4%8%15%
連対率100%6回5回4回20回17%31%43%

過去のデータを集計して調べてみると、2歳2000M重賞好走馬から狙いたい傾向にあるのがわかるかと思います。

どんなに這いつくばっても、クラシック競走である以上は、一定の格のようなものが存在していて、その一端がこの傾向に凝縮されています。
ローテーションをより丁寧に組み、押せ押せではなく、ダービーへ向けてのステップとしながら、皐月賞も狙うとすると、もう2歳の時点でクラシック適性を確定させていた馬に圧倒的に有利、
言い換えれば、強いと証明された時点で、まずは皐月賞で好走が見えているということです。
トライアルが重要でなくなってきた現状で、今まで以上に、このイメージがレースの構図を描くポイントになっています。

3歳重賞の結果はダービー以降で反映される

上記した内容と繋がる傾向は、この不安定な東西の明け3歳重賞の勝者たちの結果に表れています。
一時期より、共同通信杯という極めて余裕を持った中8週ローテも、その質にばらつきも出ていて、そこまで信用ならないという状況。
2着には来るというくらいの認識で、人気では妙味がないとするのがいいでしょう。

こちらのデータベースの「関東圏3歳重賞勝ち馬」「関西圏3歳重賞勝ち馬」の集計結果を見てください。

上記した内容と繋がる傾向は、この不安定な東西の明け3歳重賞の勝者たちの結果に表れています。
一時期より、共同通信杯という極めて余裕を持った中8週ローテも、その質にばらつきも出ていて、そこまで信用ならないという状況。
2着には来るというくらいの認識で、人気では妙味がないとするのがいいでしょう。

皐月賞の攻略ポイント

近10年の勝ち馬が、休み明けか前走1800重賞の連対馬ということからも、ストレスをより少なくして挑んだダービーを目指すローテを組んでいる馬が、どうしても有利な傾向がはっきり出てきました。
時代の要請と言えばそれまででしょうが、トライアルが絶対的な時代はもうやってこないとしても、今は大げさではないでしょう。
大混戦模様の年に限り、逆張りする以外は、トライアルで好内容の馬ほど疲れていると見たいところです。

皐月賞 過去の予想と結果