NHKマイルカップ 予想

1996年にJRAが図った大転換施策の一つとして、当時、飛ぶ鳥を落とす勢いで活躍馬が激増していた外国産馬が、3歳春にクラシックレースに一切出られないという<2001年以降徐々に解消>不遇に対し、
最も合理的な解決法として、前年までダービートライアルとして重要格付けの一戦に位置づけられたNHK杯を完全リニューアルして創設されたのが、全ての3歳馬に出走可能なGⅠレース・NHKマイルCです。
ところが、時代の流れに則して、内国産馬のレベルアップと輸入される競走馬の絶対数が減った影響が、準クラシック競走という立ち位置から、
単純なマイルチャンピオン競走に変化させる最大要因により、細分化がより進んだ現在は、中距離型の参戦そのものが激減しています。

開催年馬名備考
1998年 
エルコンドルパサー同年ジャパンC制覇
2001年クロフネ同年ジャパンCダートレコード勝ち
2010年ダノンシャンティこのレースを日本レコードで快勝

NHKマイルカップの特徴

何の縛りもない東京の1600Mコースということで、実力がない者は、即時脱落の厳しい条件であると同時に、
反対に、団栗の背比べでかつ雨でも降ろうものなら、良馬場でされ荒れるのに、度を越した波乱も2000年代では頻発していました。
最近、その雨の影響がほとんどないため、前走で大敗していたような馬が台頭する条件は限られますが、レベル差は世代内のタレントの絶対数に比例するため、不当な低評価を受けた馬には要注意です。

NHKマイルカップの歴代優勝馬

 1着馬
性齢
斤量
騎手
人気
前走
父名
2着馬
性齢
斤量
騎手
人気
前走
父名
3着馬
性齢
斤量
騎手
人気
前走
父名
2011年
グランプリボス
牡3
57
C.ウィリアムズ
1ニュージーランドT③・阪神
サクラバクシンオー
コティリオン
牡3
57
小牧太
2毎日杯②
ディープインパクト
リアルインパクト
牡3
57
内田博幸
4ニュージーランドT⑪・阪神
ディープインパクト
2012年カレンブラックヒル
牡3
57
秋山真一郎
1ニュージーランドT①
ダイワメジャー
アルフレード
牡3
57
C.ウィリアムズ
3スプリングS「12」
シンボリクリスエス
クラレント
牡3
57
小牧太
15弥生賞<12>
ダンスインザダーク
2013年マイネルホウオウ
牡3
57
柴田大知
10ニュージーランドT⑦
スズカフェニックス
インパルスヒーロー
牡3
57
田中勝春
6ファルコンS①
クロフネ
フラムドグロワール
牡3
57
横山典弘
8京成杯⑩
ダイワメジャー
2014年ミッキーアイル
牡3
57
浜中俊
1アーリントンC①
ディープインパクト
タガノブルグ
牡3
57
三浦皇成
17橘S①
ヨハネスブルグ
キングズオブザサン
牡3
57
蛯名正義
12皐月賞⑮
チチカステナンゴ
2015年クラリティスカイ
牡3
57
横山典弘
3皐月賞⑤
クロフネ
アルビアーノ
牝3
55
柴山雄一
4フラワーC①
ハーランズホリデイ
ミュゼスルタン
牡3
57
柴田善臣
2スプリングS⑦
キングカメハメハ
2016年メジャーエンブレム
牝3
55
C.ルメール
1桜花賞④
ダイワメジャー
ロードクエスト
牡3
57
池添謙一
2皐月賞⑧
マツリダゴッホ
レインボーライン
牡3
57
福永祐一
12ニュージーランドT⑤
ステイゴールド
2017年アエロリット
牝3
55
横山典弘
2桜花賞<5>
クロフネ
リエノテソーロ
牝3
55
吉田隼人
13アネモネS④
スペイツタウン
ボンセルヴィーソ
牡3
57
松山弘平
6ニュージーランドT<3>
ダイワメジャー
2018年ケイアイノーテック
牡3
57
藤岡佑介
6ニュージーランドT②
ディープインパクト
ギベオン
牡3
57
M.デムーロ
2毎日杯②
ディープインパクト
レッドヴェイロン
牡3
57
岩田康誠
9アーリントンC③
キングカメハメハ
2019年アドマイヤマーズ
牡3
57
M.デムーロ
2皐月賞④
ダイワメジャー
ケイデンスコール
牡3
57
石橋脩
14毎日杯④
ロードカナロア
カテドラル
牡3
57
B.アブドゥラ
7アーリントンC②
ハーツクライ
2020年ラウダシオン
牡3
57
M.デムーロ
9ファルコンS「2」
リアルインパクト
レシステンシア
牝3
55
C.ルメール
1桜花賞「2」
ダイワメジャー
ギルデッドミラー
牝3
55福永祐一
6アーリントンC<2>
オルフェーヴル

NHKマイルカップ 過去10年のデータベース

 1着2着3着4着以下勝率連対率複勝率
1番人気4回1回0回5回40%50%50%
朝日杯参戦馬5回2回4回39回10%14%22%
阪神JF参戦馬1回1回0回8回10%20%20%
毎日杯組0回4回0回8回0%33%33%
皐月賞組2回1回1回13回12%18%24%
桜花賞組2回1回0回12回13%20%20%
無敗馬1回1回0回4回17%33%33%
アーリントンC1~3着1回0回4回18回4%4%22%
ニュージーランドT組4回0回2回54回7%7%10%

朝日杯の組が強いというより、阪神に替わる前の中山の時代から、継続的に勝ち馬を出している主要路線の大元のようなところがあり、
当然、同じワンターンでコネクションもあるため、まずは、数が一定以上存在する主要路線組の取捨選択が肝になります。
ニュージーランドTもアーリントンCも、数の割に安定して好走馬を出せないのは、好結果が本番の内容と比例しないため。
ならば、朝日杯に参戦した実績やその好結果を、ここで反映した方がずっと利口というわけです。

昔は、アーリントンCから毎日杯のローテになって、次が本番ということもあってのコネクションが存在していて、毎日杯組はその他の1800辺りを使っていた馬を取りまとめる意味もあって、
NHKマイルCの伝説の勝ち馬列伝では、この組がやたらと登場してきたのですが、皐月賞前日のアーリントンC開催となって、徐々に、トライアルとしての機能が強化されつつあります。
いずれ、完全に主流となる中3週以内の組と、クラシックトライアルからの直行組の対決構図になるでしょうから、毎日杯がダービーへ向けたステップに使われ始めている現状、あまり信用しない方がいいのかもしれません。

NHKマイルカップの攻略ポイント

中山ではNHKマイルCでは問われない能力が求められるので、まるでコネクションがないようで、皐月賞やそのトライアルも中山で行われる以上は、
案外、朝日杯が阪神で行われるからこそ、関東圏での実績は、中山でこそという面もあります。
ラウダシオン以外の勝ち馬は、中山でも好走実績のあった馬ばかりで、細かいことでも、関西馬が中山<できればNZT以外で>を使っていれば、リスクは軽減されると思えます。

NHKマイルカップ 過去の予想と結果