日本競馬界で初めて、外国調教馬に対する出走制限を限定解除し、国際招待競走としてスタートした1981年から、世界の競馬とは一体どういうものかということを最初は直に体感し、
中盤以降は日本調教馬のスケール感を見定める位置づけとして、時間を経る内に、いつの間にか普通のGⅠレースになってしまったこのジャパンC。
日本の高速馬場に対する敬遠も加味され、国際水準のカデゴリーとしては、世界最高賞金レースでもなければ目ぼしい付加価値のようなものも得られないとなって、数も質も、遠征馬の質がまるで向上する気配がないことは、残念でなりません。
日本馬がこのレースを勝つことが、必ずしも国際基準に照らしても重要ではなくなっているので、何故か、最近は有馬記念の方が好メンバー、好レースが展開される昨今、レベルが安定しない面もあります。

日本調教馬の勝者三傑
シンボリルドルフ 
1985年
エルコンドルパサー 
1998年
ディープインパクト 
2006年
外国調教馬の勝者三傑
メアジードーツ1981年
ホーリックス 
1989年
シングスピール 
1996年

ジャパンカップの特徴

日本競馬の根幹を成す競走という位置づけにすべく、牡馬も牝馬も一流であればほぼ必ず経験するダービー、オークスと同じ東京芝2400Mに設定することで、いい訳の出来ない条件であるのは事実でしょう。
ただ、時代によってこの距離に合わない血統が流行することもあって、一流半血統の馬に有利な長距離戦の顔も見せているため、馬場質や雨の降り方で、全く違うレースになってしまうという面が、ダービーなどとは違うところでもあります。

ジャパンカップの歴代優勝馬

                 3着馬
      
2010
ローズキングダム<2位繰上>
牡3
55
武豊
4菊花賞②
キングカメハメハ
ブエナビスタ<1位降着>
牝4
55
C.スミヨン
1天皇賞(秋)<1>
スペシャルウィーク
ヴィクトワールピサ
牡3
55
M.ギュイヨン
8凱旋門賞「7」
ネオユニヴァース
2011
ブエナビスタ
牝5
55
岩田康誠
2天皇賞(秋)④
スペシャルウィーク
トーセンジョーダン
牡5
57
C.ウィリアムズ
6天皇賞(秋)①
ジャングルポケット
ジャガーメイル
牡7
57
四位洋文
14天皇賞(秋)⑨
ジャングルポケット
2012
ジェンティルドンナ
牝3
55
岩田康誠
3秋華賞①
ディープインパクト
オルフェーヴル
牡4
57
池添謙一
1凱旋門賞「2」
ステイゴールド
ルーラーシップ
牡5
57
C.ウィリアムズ
2天皇賞(秋)③
キングカメハメハ
2013ジェンティルドンナ
牝4
55
R.ムーア
1天皇賞(秋)②
ディープインパクト
デニムアンドルビー
牝3
53
浜中俊
7エリザベス女王杯「5」
ディープインパクト
トーセンジョーダン
牡7
57
W.ビュイック
11天皇賞(秋)⑪
ジャングルポケット
2014
エピファネイア
牝4
57
C.スミヨン
4天皇賞(秋)⑥
シンボリクリスエス
ジャスタウェイ
牡5
57
福永祐一
3凱旋門賞⑧
ハーツクライ
スピルバーグ
牡5
57
北村宏司
6天皇賞(秋)①
ディープインパクト
2015
ショウナンパンドラ
牝4
55
池添謙一
4天皇賞(秋)④
ディープインパクト
ラストインパクト
牡5
57
R.ムーア
7天皇賞(秋)⑫
ディープインパクト
ラブリーデイ
牡5
57
川田将雅
1天皇賞(秋)①
キングカメハメハ
2016
キタサンブラック
牝4
57
武豊
1京都大賞典①
ブラックタイド
サウンズオブアース
牡5
57
M.デムーロ
5京都大賞典④
ネオユニヴァース
シュヴァルグラン
牡4
57
福永祐一
6アルゼンチン共和国杯①
ハーツクライ
2017
シュヴァルグラン
牡5
57
H.ボウマン
5京都大賞典③
ハーツクライ
レイデオロ
牡3
55
C.ルメール
2神戸新聞杯①
キングカメハメハ
キタサンブラック
牡5
57
武豊
1天皇賞(秋)【1】
ブラックタイド
2018
アーモンドアイ
牝3
53
C.ルメール
1秋華賞①
ロードカナロア
キセキ
牡4
57
川田将雅
4天皇賞(秋)③
ルーラーシップ
スワーヴリチャード
牡4
57
M.デムーロ
2天皇賞(秋)⑩
ハーツクライ
「2019」
スワーヴリチャード
牡5
57
O.マーフィー
3天皇賞(秋)⑦
ハーツクライ
カレンブーケドール
牝3
53
津村明秀
5秋華賞<2>
ディープインパクト
ワグネリアン
牡4
57
川田将雅
2天皇賞(秋)⑤
ディープインパクト

ジャパンカップ 過去10年のデータベース

 1着2着3着4着以下勝率連対率複勝率
1番人気3回2回2回3回30%50%70%
日本調教馬のGⅠ馬9回6回9回30回17%28%44%
外国調教馬のGⅠ馬0回0回0回24回0%0%0%
1着(天皇賞秋)0回2回3回1回0%33%83%
2着(天皇賞秋)1回0回0回5回17%17%17%
3着(天皇賞秋)0回1回1回3回0%20%40%
4~5着(天皇賞秋)2回0回1回6回22%22%33%
6~9着(天皇賞秋)2回0回2回10回14%14%29%
10着以下(天皇賞秋)0回1回1回13回0%7%13%
宝塚記念の連対馬1回2回2回3回13%38%63%
宝塚記念の3~7着2回0回0回14回13%13%13%
大阪杯の1着馬0回0回1回0回0%0%100%
大阪杯の2着~3着2回0回1回4回29%29%43%
秋華賞の1着馬2回0回0回1回67%67%67%
秋華賞の2着~5着0回2回0回0回0%100%100%

昔から続く1番人気馬への不安はデータを見ればわかるかと思います。

日本競馬の中心に位置づけるべきレースながら、チャンピオン級も平気で負けてきたというのは、馬の出身地に関係なく、ずっと続いてきた一貫するポイント。
それでも、高水準の競馬にはなるので、有馬記念以降へと別の展開を見せる可能性もあるため、人気の「若いクラシックホース」の充実度合いをよく見極めていきたいところです。

何故か、春の大阪杯をちょい負けするといいというデータも出てきています。

ほとんど謎の傾向ではありますが、勝った2頭は、それなりのレベルであった菊花賞を制した名馬で、3着のワグネリアンは前年のダービー馬であるという点だけは、しっかりと踏まえねばなりません。
データでも示した日本調教馬でGⅠを制している馬の好走率、とりわけ馬券内率を考えると、実績不足の馬のための救済的意味合いではないとすべきでしょう。
ただ、条件付きながらも抜け目なく押さえたい戦績の持ち主と言えます。

ジャパンカップの攻略ポイント

まずはGⅠを勝っていること。加えて、連続して好走したことがあるということ。
人気の圧にもめげなかったことが勝因となる一方、ちょっとしたことで人気を落とした実力者たちの巻き返しもまたあるので、まずは前走の1番人気馬を押さえるということが肝要です。
加えて、サンデーサイレンスの血が入った馬がほとんど勝っているので、血筋も確かな馬で人気がないという以外は、GⅠを勝っているかどうかだけで篩いにかけることも大切でしょう。
腐っても鯛。低調になったところで、勝つのは結局強い馬なのです。

ジャパンカップ 過去の予想と結果