アイビスサマーダッシュを予想

1984年に国際標準であるグレード<グループの方が一般的>を、それまで行われてきたレースに相応の格として付す最初の作業が行われ、初めてGⅠ、Ⅱ、Ⅲという棲み分けが図られたことを記念する意味合いで、
春に古馬にも需要のある1600MのGⅠ競走を安田記念とした対のレースとして、この年の秋の京都で創設されたのが、このマイルチャンピオンシップです。
極めて高水準のレースが続き、90年代には日本一堅いレースとして定着。
名馬のためのレースとなったこのGⅠは、あっという間に、ファンの心を熱くさせる名勝負を何度も提供してきました。
ただ、暫く阪神開催となるので、直線の坂もあり、よりハードな展開に変化する可能性があります。

マイルチャンピオンシップ 歴代優勝馬

開催年1着馬
性齢
斤量
騎手
人気
前走
父名
 2着馬
性齢斤量
騎手人気前走
父名
 3着馬
性齢斤量騎手人気前走
父名
2010年エーシンフォワード
牡4
57
岩田康誠
13スワンS⑧
フォレストワイルドキャット
ダノンヨーヨー
牡4
57
C.スミヨン
1富士S①
ダンスインザダーク
ゴールスキー
牡3
56
福永祐一
61600万①
ネオユニヴァース
<2011年>
エイシンアポロン
牡4
57
池添謙一
5富士S【1】
ジャイアンツコーズウェイ
フィフスペトル
牡5
57
横山典弘
11スプリンターズS⑥
キングカメハメハ
サプレザ
牝6
55C.ルメール
4サンチャリオットS「1」
サーム
<2012年>
サダムパテック
牡4
57
武豊
4天皇賞(秋)⑧
フジキセキ
グランプリボス
牡4
57
内田博幸
1スワンS①
サクラバクシンオー
ドナウブルー
牝4
55C.スミヨン
5府中牝馬S③
ディープインパクト
2013年
トーセンラー
牡5
57
武豊
2京都大賞典③
ディープインパクト
ダイワマッジョーレ
牡4
57
蛯名正義
3スワンS②
ダイワメジャー
ダノンシャーク
牡5
57
福永祐一
1富士S①
ディープインパクト
2014年
ダノンシャーク
牡6
57
岩田康誠
8富士S⑦
ディープインパクト
フィエロ
牡5
57
福永祐一
3スワンS③
ディープインパクト
グランデッツア
牡5
57
秋山真一郎
9毎日王冠⑤
アグネスタキオン
2015
モーリス
牡4
57
R.ムーア
4安田記念①
スクリーンヒーロー
フィエロ
牡6
57
M.デムーロ
2スワンS②
ディープインパクト
イスラボニータ
牡4
57
蛯名正義
1天皇賞(秋)③
フジキセキ
2016年
ミッキーアイル
牡5
57
浜中俊
3スプリンターズS②
ディープインパクト
イスラボニータ
牡5
57
C.ルメール
2富士S②
フジキセキ
ネオリアリズム
牡5
57
R.ムーア
7札幌記念<1>
ネオユニヴァース
<2017年>
ペルシアンナイト
牡3
56
M.デムーロ
4富士S【5】
ハービンジャー
エアスピネル
牡4
57
R.ムーア
2富士S【1】
キングカメハメハ
サングレーザー
牡3
56
福永祐一
7スワンS「1」
ディープインパクト
2018年
ステルヴィオ
牡3
56
W.ビュイック
5毎日王冠②
ロードカナロア
ペルシアンナイト
牡4
57
M.デムーロ
3富士S⑤
ハービンジャー
アルアイン
牡4
57
川田将雅
4天皇賞(秋)④
ディープインパクト
2019年
インディチャンプ
牡4
57
池添謙一
3毎日王冠③
ステイゴールド
ダノンプレミアム
牡4
57
川田将雅
1天皇賞(秋)②
ディープインパクト
ペルシアンナイト
牡5
57
O.マーフィー
6毎日王冠④
ハービンジャー

良は無印・○は着順/<稍>「重」【不良】

馬名連覇した年
ニホンピロウイナー 
1984年~1985年
ダイタクヘリオス 
1991年~1992年
タイキシャトル 
1997年~1998年
デュランダル 
2003年年~2004年
ダイワメジャー 
2006年~2007年~
レコード馬名開催年
1:32.8エアジハード1999年
1:32.6アグネスデジタル 2000年
1:32.1
ハットトリック 2005年
1:31.8 
エーシンフォワード 2010年
1:31.5ダノンシャーク 
2014年

マイルチャンピオンシップの特徴

これまで一度たりとも京都以外でやったことのないレースなので、変更されることによる副作用が読み切れない面もありますが、
まず、極端なスローもなければ、その逆もまた稀という傾向から、春の安田記念とは対照的に、連覇が非常に多いレースです。
最近は時計が速くなりすぎているので、難しいのかもしれませんが、それがここ5年は落ち着きましたから、今年、開催場の違う連覇が起きても不思議はありません。

マイルチャンピオンシップ 過去10年のデータベース

 1着2着3着4着以下勝率連対率複勝率
1番人気0回3回2回5回0%30%50%
短期免許で騎乗の外国人騎手2回2回4回25回6%12%24%
3歳馬2回0回2回32回6%6%11%
1着(安田記念参戦馬)2回0回0回5回29%29%29%
2着(安田記念参戦馬)0回1回0回2回0%33%33%
3着(安田記念参戦馬)0回0回1回5回0%0%17%
4着~5着(安田記念参戦馬)1回3回0回8回8%33%33%
6~9着(安田記念参戦馬)1回3回0回14回6%22%22%
10着以下(安田記念参戦馬)1回1回3回24回3%7%17%
毎日王冠から直行2回0回2回17回10%10%19%
毎日王冠から一戦挟んで1回1回1回12回7%13%20%
1着~3着(スワンS参戦馬)0回4回1回12回0%24%29%
4着以下(スワンS参戦馬)0回0回0回19回0%0%0%
富士Sの1着1回2回1回2回17%50%67%
富士Sの2~9着2回2回0回37回5%10%10%

毎日王冠組が3勝で、富士S組も2勝という近年の傾向は、本来この中に入れるべき秋の天皇賞から間隔を詰めて使ってきた実力者たち同様、
マイルチャンピオンシップ<マイルCS>を目指す馬は、特段の理由がない限りは、中距離ベースの能力を示した後に勝ち切るという傾向が、最初の頃から出ています。
近年は減った秋天参戦組に対し、その前に行われる重賞が、今年からは両方ともGⅡになるので、前走東京の縛りがより堅くなる可能性もありそうです。

マイルチャンピオンシップは3歳馬が狙い目?

GⅠ好走歴のある2頭が勝ち切り、2018年はそのワンツー。
侮れない、3着には来る前走の京都勝ちの馬という傾向は、斤量のアドヴァンテージがほとんどないこのレースの設定からも、どうしたって、古馬と好勝負であったということが重要ということになります。
ダービー以来の古馬初戦が不良馬場のペルシアンナイトと久々の芝でレコード勝ちのミラクルホース・アグネスデジタルが例外となりますが、そもそも5勝のみ。
惜しい星を落としてきた人気先行型が、狙い目となりそうです。

マイルチャンピオンシップの攻略ポイント

1番人気が一見すると壊滅状態のようで、半分は馬券になっている上、GⅠ連対実績はなければ、前走1番人気という以外の勝ち馬が10年以上出ていないので、狙いを間違えなければ、難しいということはありませんが、
時計が遅くなったとしても持ち時計がそれより上という馬ばかりなので、その分で、昔より荒れやすくなっているわけで、それよりは狙い目の2~5番人気8勝の流れに、今のところは乗っておきたいところです。

マイルチャンピオンシップ 過去の予想と結果