競馬予想ブログ

競馬予想ブログ JUST

菊花賞(2019)展望

読了までの目安時間:約 3分

 

神戸新聞杯の前だから、あまり断言すべきではないだろうが、東スポ杯で完敗のホウオウピースフルや京都新聞杯7着のヒーリングマインド、プリンシパルS3着で今のところ最大の惑星と目されるヒシゲッコウらが、現状の有力候補であり、特異な3000Mの競馬ではそのコーナー4つ、6つの古馬戦を経験したことで、より優位に立てるとされてきたが、セントライト記念でオセアグレイトがパンチの利いた展開だったとはいえ、中団前からの競馬で最後伸びずであったから、ローズSでも上がり馬は振るわなかったあたり、それほど注視すべき存在ではないのかもしれない。

その上で、セントライト記念のリオンリオンが、明らかに余裕の残しの馬体で完勝である。

ダービーの、鞍上父典弘騎手からすると、馬鹿っぽい逃げで生じた修正点を丁寧に浮き彫りにし、一つ一つ解決して成長へと導く仕事は、選ばれた騎手の言わば職務であろう。

武豊騎手も、最近のルメール騎手も、そういうことを積み重ねてきたからこそ、いっぱい勝てるのである。

傷をつけずに立派な大人にするには、遠回りしかないわけだが、クラシック戦がある以上、挑戦権を得たからには、しっかりと結果を求めて戦わなければならない。

思惑通りに、東スポ杯とその前の野路菊Sの敗戦を糧にして、裏路線からクラシック戦線に登場してきたヴェロックスが、結果こそ、理想的とまではいかなかったが、最高に中身のある実績を積み上げることになった。

一度しか使えなかったリオンリオンと、今の状況ならば、十分に互角に評価できる。

サートゥルナーリアの動向も大変気になるが、いい勝ち方をすればするほど、それは古馬GⅠへ向けたいい布石となるわけで、負けた負けたで、きっとそれは上がり馬かヴェロックスなのだろうが、距離不安を口にするだろう。

ヴェロックスが週末の再戦を制した瞬間、菊花賞の焦点は、どの位置取りから抜け出す有力馬であるのか、ということをファンが模索し始める。

個人的には、トライアル勝ち馬同士のマッチアップに期待したいところだが、グレード制導入後、東西トライアル勝ち馬同士のワンツーはない。

今年はその格差が、条件戦との兼ね合いになる。

 

コラム

ディアドラ4着、キセキ3着

読了までの目安時間:約 2分

 

アイリッシュチャンピオンS

土曜の夜、愛・レパーズタウン競馬場を舞台に行われた凱旋門賞の前哨戦・アイリッシュチャンピオンSは、ディアドラ参戦で国内も盛り上がったが、終始安全なところから人気に応える競馬で主役の仕事をこなしたムーア&オブライエンのマジカルに対し、前走のナッソーSも再現を狙ったマーフィー騎手のディアドラが、殿追走から前にも内にも進路を失った直線で、最後は大外から一気の末脚で伸びるも、勝負圏外からの追撃では苦しく、4着に終わった。

次走は未定も、もう一度イギリスの競馬を使う可能性が出てきた。

フォア賞

一方、ディアドラと同期の菊花賞馬・キセキが参戦したフォア賞は、日曜の夜に行われ、スミヨン騎手が自然な形での逃げを選択するも、昨年の覇者でもある人気のヴァルトガイストに直線ではきっちりと捉えられ、4頭立ての3着に終わった。

スミヨン騎手が「もう少し柔らかい馬場の方が合う」と語り、角居師は「逃げ馬の後ろにつけられたら…」とも言うように、前哨戦としては異例の2分27秒台の決着で、ステップレースに終始する格好となった。


三者三様の戦法で挑む日本のステイヤー三銃士は、本質が中距離ベストのタイプだけに、洋芝の時計勝負でどこまで走れるかが課題。

高速の東京、京都で遅いタイムで走っているよりは、宝塚のように最初からトラックバイアスの掛かっている馬場に適応していた方が、後からどうにでもなるという傾向は出ている。

滞在場所を工夫するなどの新たな試みをしている一方で、ディアドラやシュヴァルグランのような長期遠征組に出番がないのでは、実際のところ、本末転倒にも思えるわけだが…、ここは健闘を祈ろう。

 

ニュース

エネイブルの研究

読了までの目安時間:約 3分

 

この世の破滅を予言する存在なのだろうか。

昔、トウルビヨンに固執した生産者がいただとか、セントサイモンをできるだけ近くに配して、それを沢山入れてみるだとか。

意識的な近親配合は100年以上前からヨーロッパに存在している。

今は自然と特定の系統、根幹種牡馬が世界中に散りばめられたから、欲しいものはあれば、支出に糸目をつけない限りはどこからでも手に入れることが可能だ。

ならば、避ける、という自然の摂理に基づいた交配を心掛けることも難しくはない。

しかし、彼女の場合はどうなのだろうか。


父ナサニエル

<父ガリレオ>-③サドラーズウェルズ-④ノーザンダンサー-⑤ニアークティック

<母父シルヴァーホーク>--⑤ヘイルトゥリーズン

<母母>--⑤ニアークティック


母コンセントリック

<父②サドラーズウェルズ>-③ノーザンダンサー-④ニアークティック/母--⑤ヘイルトゥリーズン

<母父>シャーリーハイツ

<母母>---⑥ノーザンダンサー-⑦ニアークティック


父父・父母父・母父・母母父それぞれの直系にかかる、重要な意味を持つ5代以内に限定したクロスと継続性という面で重要な8代内クロス<5代内にかかるもののみ>が、父と母の代でクロスしたものから列挙しただけで、この数ある。

これにナサニエルに入ったネイティヴダンサーの仔の代における6×7×6が、コンセントリックの5代目のそれとクロス。

ネイティヴダンサーは母父がナシュアで、その父はナスルーラ。

これにも見えないところにインブリードがなされ、そのまた父であるネアルコは、数えるのも嫌になるほど10代内に散りばめられている。

世界の根幹系統の中で、ヘイローとボールドルーラーといったアメリカンスタイルのパワー型、それを元に発展した系統以外は、全て入っている。

何がどう作用しているか、評価不能の配合。

真っ当ではないそんな配合の彼女が、彼これ、丸2年以上連戦連勝なのだ。

それも欧州の主要競走ばかり。

時に、異様なクロスを持つラムタラのような名馬が登場するが、牝馬でこの手の馬が活躍する意味については、しっかりと考察する必要がある。

 

コラム

ショウナンハレルヤ、アポロニケほか新馬回顧<9/14~16>

読了までの目安時間:約 3分

 

土曜の3鞍は、みんな2番人気が勝ったのに、肝心の断然人気馬が皆連外しの波乱。


阪1400

1着 ピュアカラー<牝・ワールドエース>ゴール前抜け出し

3着 ラストブラッサム<ロードカナロア全弟>


中1800

1着 ローレリスト<牡・ブラックタイド>直線一気

7着 アブルハウル<アメリカンフェイロー(ファラオ)産駒>


中ダ1200

1着 ウィーンソナタ<牝・エスケンデレヤ>逃げ切り

8着 タマモエクラン<スマートF牝駒・横山典騎手>

勝った馬はともかく、負けるには十二分に理由があった人気馬だと、ファンは反省したい。


日曜はもうちょっと違う事情で、人気馬に明暗。

阪神は川田騎手の馬が、どうも出来も完成度も問題ありという感じで見事に飛んだ。

ダ1800の方は、クロフネの豪快さを体現した牝馬のレーヌブランシュ。

芝の1800は、人気のディープでアメリカ配合の母がトレンドであることを結果で示したコントレイル。

2頭とも体が大きくないのに、フットワークが実に雄大である。


中山の2頭は、人気落ちで注目できるお宝馬か。

牝馬のマイル戦快勝のキズナ×フレンチ・ショウナンハレルヤも、1200勝ちのアポロキングダムの牝馬・アポロニケも、タフな展開向きを示すような正攻法のタイプ。パワー勝負優先のダートベクトルが明白である血統は、案外、芝の高速決着に向く。

東西対照的な天候となった月曜の芝3戦は、平穏な結果に。

西の1400はキンシャサのクリノアンカーマン、マイルの牝馬戦はシンハライトの全妹・ライティアが、それぞれ最後の脚にその他との違いを見せつける完勝。気難しさはありそうだ。

後者に関しては、姉と同じで小柄な中距離型だろうが、年が明けると馬が良くも悪くも変貌することのある兄弟だけに、姉のようなタフさを身につけた馬に成長してもらいたい。

東のマイル戦は謎の牝馬上位独占だったが、人気のミスエルテの道悪適性とスケール感がまるで違った。

アルテミスSで過剰人気だと怖いが、差すことにこだわる必要はないかもしれない。

 

タグ : 

レース回顧

セントライト記念 回顧 – 道悪適性◎のリオンリオンが人気に応える

読了までの目安時間:約 3分

 

別に細かいことは気にせず…、という競馬で、流石の名手の手綱も相まって、道悪適性◎のリオンリオンが、きっちり人気に応えた。

直線の伸びも、かなり肉弾戦の様相を呈した厳しい展開だった割に、実にスマートな反応で、後続に何もさせなかった印象。

厳しい内からの叩き合いを白い帽子の2頭が、陰で激闘を演じ、かなり厳しい外からの追い上げで見せ場を作った桃色帽の人気馬もいたが、残念ながら、距離延長で大きな口を叩けそうな不発組はおらず…、という結果はちょっと残念。

内伸びの後続馬場という形式的なものが引き継がれ、時計は良馬場の例年通りくらいのもの。

もし、良馬場であったとしたら、もっと突き放されていたかもしれない。

時計を持っているということではなく、同じような道悪で青葉賞を勝っている馬が、似たような形ではない戦法で、結果的にそっくりな展開に持ち込んで、またいい時計で勝った。

ルーラーシップはパワフルなパロクサイド系にない魅力の持ち主だったし、母父はクロフネで、祖母はトゥザヴィクトリーというリオンリオン。

持続力勝負でよりパワーが求められるタフな条件に、異様なダービーの時の馬場では適応しきれなかった面もあっただろうが、菊花賞の良馬場は、きっと彼の良さがフルに活かされるはずだ。

そうやって、後に逃げ馬になったキタサンブラックは菊花賞を制している。

彼もいいメンバーの集まったスプリングSを勝ち、ダービーは惨敗。

芝もダートもこなせる馬だったトゥザヴィクトリーのように、芝の底力勝負になった時の何かひと押しが必要。

ダービーに至る過程では、それは揉まれず強気の攻めの逃げが有効としたが、ダービーを経て、今リセットされた。

中団の内から…。キタサンブラックと同じ手を狙ってくるかもしれない。

--------

当ブログの予想は
◎-▲-△で3連複10,190円的中。

--------

 

レース回顧

ローズS 回顧 ダノンファンタジーがレコ勝ち

読了までの目安時間:約 4分

 

序盤が遅すぎたので、アルティマリガーレのスタートは完全にアウト。

そもそも、誰も行きたくはないという状況で、人気のダノンファンタジーがよりによって逃げられるようなスタートになったものの、流れがほとんど破綻するような何度も先頭が入れ替わる展開となり、結果、正攻法の抜け出しは早め進出のビーチサンバで、その後ろにつけた捲り進出のウィクトーリアが叩き合いに持ち込むも、共に競り勝つのが苦手なタイプだったからか、今一つの弾け方で、結局、2歳女王のダノンファンタジーが差し切るという形で終結した。

シャドウディーヴァ辺りにも期待したが、正攻法が合わないというより、まだ若いトニービンの入った馬には、入れ代わり立ち代わりの展開を牽引するのは良くない。

母も早仕掛けを失敗した母スイープトウショウのセレリタスは、どういうわけだか、いや、正しいペース判断で早めの先頭。

しかし、アルティマリガーレとかが積極的に動いてきた時に、2、3着の経験豊富なオークス組が一緒についてきたから、これはもうアウト。

父ハーツクライはそんなに器用ではないから、神戸新聞杯ではむしろ、キングカメハメハに力の差をよりつけられるようにして負けた、という経緯もある。

ダノンファンタジーが差してきた。

いや、一度としてブレなかったはずの馬が、休んで気持ちも充実していたライバル・グランアレグリアとの再戦で、自らを見失うような不甲斐ない内容で、桜舞台を正攻法で戦えず終わっていた。

筆者はオークスなら、それは解消されるはずと思ったが、速い流れはみんなの読み通りでも、如何せん、馬場が速すぎた。

オークスもダービーのようなタフさは求められるから、毎度差し馬は来るが、重賞すら使っていない2頭や次もライバルとして登場するクロノジェネシスらにも見劣った。

ここは普通のレースになるのではないか。

結果は、否だった。

しかし、2戦目からしっかりと川田騎手が仕込んだ差し脚で、ペースが大分おかしな感じになっていたものの、それこそ、1年前のファインニードルのような落ち着いた騎乗で、勝利に導いた。

ダノンファンタジー自身は、タフさを身につけたというより、この夏の間に、冬をうまく乗り超えたグランアレグリアのような迫力の競馬を取り戻したという感じだろうか。

特に成長をする馬ではなく、いかにハイクオリティのエンジンを安定して活用できるようにする、その準備が重要となる持続型の馬であろう。

だから、レコードウインとか相手がどうとか、少なくとも次の秋華賞では重要ではないことになる。

もっとスムーズに流れてくれれば、それはそれでやりやすくなるが、例えば、ウィクトーリアやビーチサンバは本番のストロングペースに向けた準備のようなものを、前哨戦で完遂できた雰囲気もある。

鋭い武器ではないシンザンのような安定的追撃を可能とする末脚は、クリスチャンが暮れの阪神で開発した追い込みの中に、川田騎手のチャンネル選択の重きが置かれる可能性はある。

スイープトウショウのように、の意である。

ウィクトーリアが前に行ったらどうなのか。紫苑S組のスピードは本当はどのレベルなのか。

クロノジェネシスは順調なのか。

ビーチサンバは今更怖くはないが、これを残す時に訪れる絶望の瞬間は、きっともう立ち直れない状況を示す勢力図の更新に他ならない。

ウィクトーリアが動けるかどうか。何が逃げそうか。

昨年は正攻法を選んだ伏兵の川田だったが、今年は違う。

川田騎手の考えを読み切ってこそ、秋華賞の展開予想が成立する、そんな流れがこのトライアルの結果の副産物なのではないだろうか。

 

レース回顧

セントライト記念 – 血統予想で◎ザダル

読了までの目安時間:約 3分

 

混戦模様の変則月曜開催が当たり前となったセントライト記念は、実は気づいている人は少ないだろうが、3戦無敗のザダルから入る。

トーセンラーの産駒だから、一昨年のトーセンホマレボシの産駒・ミッキースワローとその血統構成によく似ていることもあり、そこの辺りと見比べて、ザダルはどうなのだろうと検討するのが常套手段だろうか。

しかし、興味を惹かれたのは父ではない。

エルコンドルパサーでもキングカメハメハでも、はたまたエイシンフラッシュの父・キングズベストでもない、実質第四のキングマンボ・レモンドロップキッドが母父、ということがどうにも気になるのだ。

ザダルを配合時にミスプロの4×4が生じる違いがあれど、母母父がブロードブラッシュとなると、気持ち目方上増しで昨年のダービー馬・ワグネリアンの方が似ているか。

代を重ねれば、ディープもディープらしくなくなる直系を形成し、それが結果的に血の繁栄を継続的なものとするのが定説とされてきたが、裏路線組で、既にスタート直前のアクシデントが2度もあるこの才能は、ある意味で、そのキーマンとなり得る。

キングズベストが重厚なアウトダマスカス・テディ系のロンバルドを母父に持つのとは対照的に、母父はシアトルスルー。

おまけに従兄弟がその直仔のエーピーインディであり、近親にはルーラーオブザワールドとデュークオブマーマレードという欧州ビッグレース覇者がいる華やかな系統。

より謎を深める存在が、半弟のストームキャット産駒・スタチューオブリバティか。

何がどう出るか見えない一族がいる母父。それがディープのトップホースには足らなかった馬の良さを引き立てる可能性。

ミッキースワローは母父ジャングルポケット。

トニービン系では成功の部類だが、母父に活路を見出していくきっかけを作った。

ソルヴェイグは早くから活躍するも、キンシャサのサクセスエナジーやダノンバラード産駒のナイママがBMSの代表馬。

ザダルは続けるだろうか。大いに試金石の舞台となる。

プリンシパル組は厚めで。

◎ザダル

○ルヴォルグ

▲リオンリオン

注モズベッロ

△サトノルークス、メイショウテンゲン、ランフォザローゼス

 

レース予想

ローズS 予想 – 人気馬にはない魅力、アルティマリガーレから

読了までの目安時間:約 5分

 

桜花賞1番人気で2歳女王のダノンファンタジーが中心。

オークスの上位入線馬もウィクトーリアがいて、オークスでは奮わなかった桜花賞上位組のシゲルピンクダイヤ、ビーチサンバらも登場。

筆者は評価低めも、ハーツクライ×スイープトウショウ、グランプリコネクションを形成した2400クラシック2着馬カップルのスイープセレリタスが、満を持して重賞初挑戦。

昨年くらいの混戦だったら、キンカメ×ジェンティルのモアナアネラも人気になったはずだが、今年は気楽に挑めるはずだ。

それらを差し置いて、他から入るのは勇気がいるところだが、今年の牝馬路線は、その変容が実に激しい。

昨日までのことはなかったことになる。そういう傾向が大きなレースをするごとに強まっているから、一応どれも人気馬が制しているものの、半分以上の支持を集めるような突出した存在とされる軸馬は、実は戦前には存在しなかったことになるわけだ。

主要前哨戦をパスし、ローテを全て真っ新にして、新しい時代を作り出そうとする社台の方針が色濃く表れたように思われる作戦には、大いに興味はある。

同時に、主要前哨戦、トライアルを制した馬が例年通りのような正しいローテで登場してきた馬が勝っているのも事実。

ここにまだ挙げていないアルティマリガーレにも、例年勝負になるレベル以上の戦績<4戦3勝・連対率100%>である上がり馬と評価できるだろうから、薄めの線という穴狙いとするより、人気馬にはない魅力を推して、ここでは積極的に狙っていきたい。

1400と1600、阪神と京都の内回りでも好走している馬だが、なかなかにズブい馬。

ハービンジャーとはいえ、馬格がある筋肉質の牝馬ではない、オーソドックスな中型馬である。

母アルティマトゥーレ、母の母エアトゥーレはもう少し、気性的な問題なども含め短距離路線に向くタイプだったが、決してタフな古牡馬にも混じって見劣りしない400kg台後半の体躯を誇った。

見た目はタフな感じではなかったが、ハイペースでもへこたれない、男勝りの底力型だった。

それは3代母にあたるスキーパラダイス譲りか。

そうした面が、スマートに凝縮された馬体で、より芝のタフな展開に向く方向に強く出たとすれば、マイルで軽くない競馬をして、ゴール前でグイグイ伸びてくるようなレースぶりには、合点がいくとなる。

スピード型の性質のようで、実は、リファール→トニービン→フジキセキと、様々に柔軟な対応をできる中距離型にシフトしている可能性が見込まれ、満を持しての1800重賞挑戦は、見事にハマってしまうと考えても、妄想とはならないだろう。

フジキセキは見えづらい適性が、様々な可能性を示している、超不思議種牡馬。

誰にも前途の想像がつかなかったサンデーサイレンス産駒最初の天才は、まだ、母父として芝のGⅠホースを出してはいない。

アリゼオやトーセンバジル、半姉は母と同じ道を進んだアルティマブラッドらが芝の活躍馬。

しかし、シンボリクリスエスのパワー型とハービンジャーの中長距離型。姉は気性の関係で短距離型。

実は、母父フジキセキのフレンチデピュティ産駒・サウンドトゥルーとスウェプトオーヴァーボードの代表馬であるパドトロワも、イメージ通りに走っている馬だった。

祖母エアトゥーレは、クラシックディスタンスに向く第一冠戦に適した産駒を多く出した。

1200専門ではない以上、アルティマリガーレのこの一戦における結果は、彼女だけにとって重要ではないということになる。

一族の繁栄のためにも、無様な結果だけは出したくないところだ。

今年はディープが少ないので、トニービンに頑張ってもらおうと、こういう印で。

◎アルティマリガーレ
○シャドウディーヴァ
▲ダノンファンタジー
注ウィクトーリア
△ビーチサンバ、シゲルピンクダイヤ

 

タグ :

レース予想

秋華賞(2019)展望

読了までの目安時間:約 3分

 

紫苑S組は、イメージこそディアドラの年に似た雰囲気のゴールシーンだったものの、ディアドラは強引にねじ伏せたレースだった。

終始スムーズに外から抜け出させる状況にあり、実績最上位のカレンブーケドールを競り落としたパッシングスルーは、前走ほどの鮮やかさや派手さはなかったが、内からうまく伸びてきたフローラSと同タイム入線のフェアリーポルカに、再度先着している。

フローラSは必ずしもオークスとはリンクしないが、案外、秋に本領発揮の馬を出してきた。

エリザベス女王杯が最終戦の時代から、この組は要注意だった。

フローラSと紫苑S両方を使って本番でも好走した馬というと、最近は2着になったパールコードが紫苑S5着。

賞金の足らない2勝以下の馬には、3着以内が必須の出走の条件となる以上、その時の2着馬で本番を勝つヴィブロスのようなタイプが、今年の紫苑S勝ちのパッシングスルーとみんなが見ると、案外怪しかったする。

まあ、春のトライアル完敗の共通点は、見逃せないが。

クラシックホースの出走は望めない。

今や馬鹿にするどころか、ローズSなどあまり重要ではないとされるほどに、紫苑S組やオークス直行組が馬券に絡む状況で、2歳時からのライバルであるフサイチエアデールコネクション&2歳女王の仲良しトリオを差し置いて、何を推すべきか様々見てきたが、5戦3勝でアドミラブルの半妹のエスポワールという、実に怪しげなオルフェーヴルが、ちょっと人気になりそうなので、オークス組の方が妙味がありそうだ。

フローラS組が元気となれば、勝ったウィクトーリアと微差シャドウディーヴァらが、初の当日輸送経験後の滞在競馬で、極端な一変は組み合わせからもあり得ないが、トライアル的な競馬をしても、本番では期待。

また、キレを再度活かしたいクロノジェネシスが、重厚さを手に入れたなら、オークスで自分に前後して好走した面々の中では一番鋭く伸びる馬なので、中間の調教の充実度合い如何で、勢力図そのものが変化するかもしれない。

何となく、この季節はバゴに合うような気がする。

ローズSの上がり馬で期待は、やはり、ハービンジャーのアルティマリガーレの方だろう。

 

タグ : 

レース予想

2019サマーシリーズ総括

読了までの目安時間:約 3分

 

最後まで分からなかった展開と、最初から見えていた勝負と、今年ははっきり二分された。

スプリント

優勝

21pt タワーオブロンドン

最後の最後に、京王杯SCのようなハイパフォーマンスで圧勝。

洋芝は合わなかったのか?という感じで、直線で弾けて見せた最後のセントウルSの内容は、千直王者のライオンボスよりもド派手だったから、誰もケチをつけられなかった。

このポイントではレッドアンシェルが順調に出てきて2着だったとしても、当然届かなかったわけで、藤沢先生の本気にちょっとみんなやられてしまったところもある。

2000

優勝者なし

<12pt/ブラストワンピース>

特に、例年通りというか、変わった雰囲気はなかったものの、前走で2000M路線ではなかった馬しか勝っていないということが、こうした結果を招いただけのことで、14年目だから、そういうこともある。

しっかりと戦い抜いたカデナに、かつてのクラシック候補の意地を見ただけでも、やった意味はあった気もする。

マイル

優勝馬なし

<11pt/グルーヴィット>

出てくれば大丈夫。関屋記念組がナイスファイトしない限り、余程のこのが中山で起こらなければ大丈夫だったはずが、その異常事態が発生した。

馬場も展開も大きな差が生じ、関屋記念組も対応不可の中山戦が展開されたことで、入着は見えていたようなところのあったグルーヴィットが、流れに乗れずに惜しいタイトルを落とした。

やはり、マイル重賞は3歳馬にはタフなのだ。

騎手

優勝

39pt 川田将雅

これは札幌記念の内からの抜け出しで勝負あり。

そもそも、CBC賞でアレスバローズを叱咤し、小倉記念では過剰人気批判を結果で黙らせ、肝心の札幌戦で2勝。

川田将雅の洋芝適性も素晴らしいということだろう。

敢えて注文を付けるならば、7、8レース参戦できるところで、3勝2着2回は文句なしでも、抑えた面々より入着率が低い。

春のタイトルもJDDしか獲れなかった。こういう一発のインパクトが妙に強すぎる傾向は、ちょっと変えていきたい。

いや、川田騎手もそういう領域に入ってきたということか。

 

コラム