競馬予想ブログ

競馬予想ブログ JUST

葵ステークス 2020 回顧 ~ ダービー馬・キズナの初年度産駒がワン・ツー

読了までの目安時間:約 3分

 

メンバー中ぶっちぎりの馬体重、558kgという巨漢馬に育ったビアンフェが、1200M、直線平坦の京都で復活した。

時計メンバー中最速のレジェーロは、それと反対に、なんと398kgという牝馬らしいというにも小さすぎる馬体で、それを追い詰めた。

この2頭が何を隠そう、第80代ダービー馬・キズナの初年度産駒。

 

あまりにも変化に富んだミラクルサイアーである。

従兄弟のビワハヤヒデ、早逝のナリタブライアンだけでなく、とても年の離れた姉のファレノプシスなどがなかなかステークスウイナーさえ出せないでいる内に、あっという間に時が経ってしまったのとは正反対。

これもディープインパクトの血の成せる業なのか。

もう重賞は6勝目である。

 

ほとんどサイレントウィットネスになりかけているビアンフェは、実力もさることながら、ここまで戦ってきた相手が違ったというのも事実。

何度も対戦したタイセイビジョンだけでなく、朝日杯ではサリオス、ファルコンSでもラウダシオンと走っている。

気が付けば、断然の支持に限りなく近づいた3倍ちょいの単勝オッズ。

 

終わってみればあっさり…。

好馬体を誇ったビップウインク、アルムブラストなど、中山で素晴らしいパフォーマンスを誇った本格派と期待された面々にも、このタフな経験がいつか役に立つ日がやってくるだろう。

外と内で、それなりのロスがあった2頭。

この中ではまだ、自分で時計を作っていける能力を持っているグループだろうし、まだ見限ってはならない。

大幅時計更新の3、5着馬も面白い。

 

日本のファンにはまだ定着していない概念かもしれないが、こういう国際格付けというのは、案外、あっという間にはく奪されてしまうことが多い。

ここ2年の好走馬は、古馬のスプリント戦における上級重賞で、しっかりと結果を残しているのも忘れてはならないこと。

今年の好走馬の今後が担保されたと共に、来年は無事、GⅢ・葵Sの誕生となる。

 

レース回顧

お知らせ

読了までの目安時間:約 1分

 

日本ダービーの予想配信について

 

5/30(土)

午後9時~メルマガで配信します。

午後11時~下記ページで掲載します。

日本ダービー予想特集

 

 

 

未分類

葵ステークス 2020 予想 ~ インディチャンプと極めて近い血縁アルムブラストで

読了までの目安時間:約 3分

 

横隔膜が上がってくるような、胸の高鳴りを感じる時がある。

皆さんがそうでは困る。福永騎手以外の人が同じような胸の高鳴りがあったところで、その後はしばらくしゃっくりが止まらない。

 

そんな福永騎手が来週乗るインディチャンプと極めて近い血縁であるリアルインパクトの産駒・アルムブラストを、土曜のメインでは狙いたい。

これはこれで、結構な好素材である。

 

母ヴァンフレーシュも新馬戦を負けて、その後未勝利とカンナSを連勝したが、その後東京1400のオープンで負けたところまでは同じ。

母は重賞戦線で活躍するエーシントップに京王杯で敗れ、仔は後にマイルC快勝のラウダシオンに完敗だった。

奇しくも、同じ父のラウダシオンに、この時点では水を開けられてしまった。

 

そこからの休み明けはやや不安だが、イケイケのマーフィー騎手がペース判断こそ正確ながら、ルメール氏曰くコウセイ・ミウラとは違う好位付けで勝負するも、プラス体重も災いしてか、最後はレースをやめていた。

ハイペースが合う馬にも思えるし、それも母と同じ。

しかし、カンナSの勝ち方が母はパワフルな逃げこみだったのに対し、少々危うくも、直線で一気の脚で勝ち切ったアルムブラストは、まだまだ成長の見込みがある。

 

ペースメイカーになりそうな馬も多く、新馬戦で負けたエレアアヴァンティもまた行くだろう。

初戦以来の丸山騎手の騎乗にも期待。

スティッフェリオやコントラチェックは戻ってこないかもしれないが、ここ1、2年で東西問わず、様々な依頼が届くようになった。

タマルファイターの丸山候彦の息子では、もはやない。

再び注目を集めるコンビを形成したい。

強そうなやつはいるけど時計不足…。が、オープン実績は一定レベルで必要なレース。

メリットのない57コンビもしっかり押さえる。

 

◎アルムブラスト

○マイネルグリット

▲カバジェーロ

注ビアンフェ

△ワンスカイ、サヴァイヴ、トロワマルス

 

レース予想

穴馬とダービー

読了までの目安時間:約 3分

 

☆二桁人気優勝

19①ロジャーバローズ 【2201】・京都新聞杯②→/オープン勝ちなし

単勝93.1倍/12人<18頭>

66テイトオー<12人/28頭>以来の二桁人気馬による勝利。

近50年で単勝最高配当。事実上、史上最大の番狂わせ。

1番人気サートゥルナーリアは4戦不敗のGⅠ2勝馬。連続乗り替わりと異常なテンションにより、立ち遅れと早め捲りで4着。

☆二桁人気2着/84~

84②スズマッハ NHK杯⑥→ 20人/21頭

①シンボリルドルフ 1・3/4馬身

 

86②グランパズドリーム 青葉賞②→ 14人/23頭

①ダイナガリバー 半馬身

 

87②サニースワロー NHK杯⑧→ 22人/24頭

①メリーナイス 6馬身

 

92②ライスシャワー NHK杯⑧→ 16人/以降18頭

①ミホノブルボン 4馬身<稍>

 

98②ボールドエンペラー 皐月賞⑥→ 14人

①スペシャルウィーク 5馬身<稍>

 

07②アサクサキングス マイルC⑪→ 14人

①ウオッカ 3馬身

 

08②スマイルジャック 皐月賞⑨→ 12人

①ディープスカイ 1馬身半

 

11②ウインバリアシオン 青葉賞①→ 10人

①オルフェーヴル 1・3/4馬身

 

参考:同期間の大穴3着馬

89サーペンアップ 11人/24頭

90ホワイトストーン 12人/22頭

94ヤシマソブリン 10人/18頭

98ダイワスペリアー 15人/〃

01ダンシングカラー 11人/〃

14マイネスフロスト 12人/17頭<出走取消により>

18コズミックフォース 16人/18頭

 

今年考慮すべきは、1、2着のところに何か来るか。

誰でも分かることだが、コントレイルの扱い一つ。

 

歴史的名馬が勝つ時、前も後ろも整理されてしまう。

そういう馬が、昨年のように勝てないと、違うテーストの血統馬にチャンスが訪れる。

至極単純な構図であるから、サリオスの買い方が、実のところの焦点なのであろう。

2強不動のダービーを一応挙げておく。

 

52

①クリノハナ ②タカハタ(牝)

63

①メイズイ ②グレートヨルカ

83

①ミスターシービー ②メジロモンスニー

 

95

①→②ジェニュイン ②→①タヤスツヨシ

 

51<3着まで同じ>

①トキノミノル

②イッセイ

③ミツハタ

 

16

①→③ディーマジェスティ ②→①マカヒキ ③→②サトノダイヤモンド

 

コラム

雨馬場と皐月賞・ダービーの相関性

読了までの目安時間:約 4分

 

雨馬場の皐月賞・ダービー、近20年分を読み解いていく。

<土日の天候、馬場質がタイムに影響した例も含む>

皐月賞 雨 ダービー 良

18稍-良

①-② ⑦-①

②-⑯ ①-②

③-⑰   -

ダービー馬・ワグネリアンは皐月賞1番人気。連続好走のエポカドーロはオルフェーヴル産駒。

 

12稍-良

①-⑤ ③-①

②-④   -

③-①   -

ダービー馬・ディープブリランテは、皐月賞馬・ゴールドシップより、前走・前々走では人気は上。

 

10稍ー良<24時間前から雨が降るも芝・ダとも悪化せず>

①-③ ③-①

②-⑨ ④-①

③-① ①-③

よく考えると、前後でほぼ変化なし。皐月賞で力関係が判然としたレアケース。

 

00稍-良

①-②     -

②-⑫   ①-②

③-×   ⑨-③

エアシャカールに唯一対抗できたのが、血統馬のアグネスフライトで良馬場も影響した。95世代と似た雰囲気。

皐月賞 良 ダービー 雨

09良-不

①-⑫ ⑭-①

②-⑭ ⑬-①

③-⑬ ⑨<-プリ②>-③

ダービー史上屈指の道悪競馬。よって、皐月賞の1、2番人気が大一番で巻き返し、皐月賞上位組は外枠で総崩れ。

 

03良<雨は降ったが悪化せず>-重

①-① ①-①

②-⑦   -

③-⑩ ⑧-③

どの馬も中距離実績があり、雨馬場実績がダービーで出たという結果。

 

01良-重

①-× ③-①

②-② ②-③

③-①   -

アグネスタキオンが去っても、皐月賞上位残り2頭もGⅠ馬になったわけで、当然か。

皐月賞 雨 ダービー 雨

11良<特別戦開始時に良>-不(共に東京)

①-① ①-①

②-⑦   -

③-× ⑪-③

三冠馬・オルフェーヴルはステイゴールド産駒。スプSでの2着馬がダービー③のベルシャザール。

 

08良ー良<両レースとも、前日が重・不>

①-×  -

②-⑪ ⑨-②

③-④ ⑥<-N②>-③

皐月賞馬の回避と共に、馬場質も異様で、似た馬場のマイルCの方がハイレベルで、その1、2着馬が台頭。

 

06良<渋残りで軽くない馬場>ー稍

①-① ①-①

②-③   -

③-④ ③-②

トライアルの人気と実力、完成度が伴わず、二冠のメイショウサムソンだけ評価が修正されただけの1強の春。

 

<皐月賞 良 ダービー 良>

01 02 04 05 13 14 15 17 19

16皐月賞  ダービーは午後まで稍重も芝は土日終日良

07両レースとも、日曜になると馬場良化も、時計は平凡

 

 

→ 「2020年日本ダービー予想特集」はこちら

 

コラム

初勝利騎手誕生のヒント<武豊~浜中俊・福永祐一・ルメールについて>

読了までの目安時間:約 3分

 

19浜中俊
デビュー戦で勝ったヴェロックスに乗れなくなり、一度は負け組に入ったロジャーバローズと共に、最後の2戦を戦った。

18福永祐一
ワグネリアンで本気になった鞍上。32.6秒の脚で魅せた夏の中京から、全てが始まった。

17ルメール
レイデオロを向こう流し大進出で加賀武見級の大仕事を成した影に、不完全燃焼の3着、2着の屈辱あり。

 

16川田将雅
ルメール主戦のマカヒキに皐月賞から騎乗。デムーロはリオンディーズ、ルメールはサトノダイヤモンド。ただ川田の気迫が違った。

12岩田康誠
皐月賞を制した2頭とダービーで泣いた後、雨で2戦敗れたディープブリランテと共に、快晴の東京で大仕事。

11池添謙一
兄と好相性の縁で、オルフェーヴルとは最初からの騎乗し、雨馬場への適応力と決め手で、特別な年の三冠馬に。

 

10 内田博幸
人間ばかりがイレ込む<ペルーサを除き>最高のダービーは凡戦になり、エイシンフラッシュがまさかの直線一気。

09横山典弘
好レースの年に2着を重ねた名手は、ロジユニヴァースの調子を疑うも圧勝。泥だらけで相棒に謝った。

07四位洋文
紅一点のウオッカ。クリフジの時はもう一頭いた。その上、桜の屈辱をダービーで晴らすなど、空前絶後の~、である。

 

06石橋守
遅まきながらのメイショウサムソンを理解したベテラン騎手は、皐月賞からどんどん強気にスパートしていった。

04安藤勝己
衝撃のマイルC以上の猛ペースを正攻法の抜け出しで制し、後の名馬らを従え、普通のレースにしたカメハメハは名種牡馬に。

03デムーロ
皐月賞前から始まるネオとのドラマは、菊花賞の1日限定パス緊急発行を認めさせた、この道悪ダービーから日本移籍へと展開。

 

01角田晃一
奇怪なジャングルポケットを、かつてのフジキセキの才能になぞって、夢の続きを描いてみたら、想像以上だった。

00河内洋
弟弟子にダービージョッキーという勲章で差をつけられたくなかった一戦。アグネスの血で、こちらが三連覇で大団円。

98武豊
ダンスインザダークのダービーと、スペシャルウィークと挑んだ皐月賞は悲運。再びシラオキの底力を知らしめたユタカの夢芝居。

 

コラム

中2週と快時計と… アーモンドアイ、因縁の安田記念へ

読了までの目安時間:約 3分

 

土曜夕刻、6日ぶりのご無沙汰ですと、アーモンドアイを所有、数々のクラブ会員に夢を与える仕事を果たしてきたシルクレーシングのホームページ上で、ついに決定したと掲載されたあのこと。

アーモンドアイ、因縁の安田記念に挑む。

しかし、府中のマイルには、魔物が棲み憑いているのである。

 

安田記念歴代勝ちタイムトップ5

1:30.9

19①インディチャンプ→毎日王冠③

 

1:31.3

12①ストロングリターン→毎日王冠⑦

18①モズアスコット→スワンS②

 

1:31.5

13①ロードカナロア→セントウルS②

17①サトノアラジン→毎日王冠②

 

勝ち馬次走宝塚記念の主な戦績

②88ニッポーテイオー 90オグリキャップ

4着以下

03アグネスデジタルなど5頭

 

ヴィクトリアマイル勝ちタイムトップ3<今年を除く>

1:30.5

19①ノームコア→富士S①<稍>

 

1:31.5

16①ストレイトガール ここで引退

 

1:31.9

11①アパパネ→安田記念⑥

15①ストレイトガール→セントウルS④

 

勝ち馬次走安田記念の主な戦績

①09ウオッカ<前年より0.8秒遅く、Vマイル優勝時より1.1秒遅いタイム>

4着以下

11アパパネなど3頭

 

ブエナビスタもウオッカと同じタイムでVマイル快勝後、宝塚記念でナカヤマフェスタの強襲に屈している。

ホエールキャプチャや3着ながらゴールドシップに完敗のヴィルシーナなども同じ括り。

もう一度速い時計で勝つという離れ業をやってのけるか、雨に救われる形でレコード更新となるか、はたまた…。

競走寿命を縮める高速マイルを経て、元理事長記念の高い壁を突破する三度目の挑戦。

一体、どんな結末が待っているのだろうか。

 

 

→ 「2020年日本ダービー予想特集」はこちら

 

ニュース

名種牡馬の【初戴冠】キングカメハメハ / ハーツクライ / ディープインパクト / ステイゴールドほか

読了までの目安時間:約 3分

 

キングカメハメハ・04-ドゥラメンテ・15

親仔制覇は何度もあるが、揃ってダービーレコードウインは空前絶後の大記録。

BMSとして、2度目の制覇もすぐ後だった。

以後

17レイデオロ

母父 18ワグネリアン

 

ハーツクライ-ワンアンドオンリー・14

父はキングカメハメハの2着。ワンアンドオンリーの2着は、父フジキセキに皐月賞を贈ったイスラボニータ。

 

ディープインパクト・05-ディープブリランテ・12

Kダービー馬・サンデーサイレンスの傑作は、同じ不敗の三冠を成したシンボリルドルフと父パーソロンの関係に同じく、最晩年の登場。オルフェの翌年、2年目での制覇は十分な成果。

以後

13キズナ

16マカヒキ

18ワグネリアン

19ロジャーバローズ

 

ステイゴールド-オルフェーヴル・11

異質な春を経て、精神力の強さを示した三冠馬の輩出には、池江親子の執念が詰まっていた。血の物語。

 

ネオユニヴァース・03-ロジユニヴァース・09

重のダービー制覇。父の2着・ゼンノロブロイにロジの主戦・横山騎手が乗っていた濃い話。

 

アグネスタキオン-ディープスカイ・08

タキオンはキャプテントゥーレも出して二冠。ディープスカイも変則二冠。

 

オペラハウス-メイショウサムソン・06

テイエムオペラオー登場から7年。2歳時に時計勝負に対応したことで、サムソンはダービーも快勝。

 

サンデーサイレンス<米89>-タヤスツヨシ・95

初年度からジェニュイン、ダンスパートナー、マーベラスサンデー。唯一、ダービー以降失速のタヤスツヨシは、本当のサンデーサイレンスの素晴らしさを世に知らしめたキレ馬だった。

 

以後

98スペシャルウィーク

99アドマイヤベガ

00アグネスフライト

03ネオユニヴァース

05ディープインパクト

 

ブライアンズタイム-ナリタブライアン・94

チョウカイキャロルが優駿牝馬となるも、ヒシアマゾンに秋に敗れて、ブライアンは有馬でそれを倒し、四冠馬に。

 

以後

97サニーブライアン

02タニノギムレット

 

トニービン-ウイニングチケット93

欧州の超大物が日本で名種牡馬となったこの年。本格派ナスルーラ系が最後に大暴れし、大いに盛り上がった。

 

以後

01ジャングルポケット

 

--

 

→ 「2020年日本ダービー予想特集」はこちら

 

 

コラム

オークス 2020 回顧【松山J、信念の騎乗】差し後れ必至の流れも、末脚が全く違うデアリングタクト

読了までの目安時間:約 5分

 

苦しい競馬の経験が、揉まれたことのない馬の、無敗馬の死角を全て覆い隠すことになった。

ミスオンワードというシンザン誕生以前に活躍した名牝の名が再度登場したのと同じことが、13年前の東京2400でも起こっていた。

ライバルに屈服した桜花賞を糧に、ダービーで直線を突き抜けたのは、タニノギムレットの娘であるウオッカだった。

 

その時名が登場したクリフジもまた、無傷でダービーも菊花賞も、秋の阪神で行われた優駿牝馬競走を制した顕彰馬だった。

タニノギムレットに敗れたシンボリクリスエスは、その11年後にダービーを勝てる馬としてエピファネイアを送り出したが、武豊の返り討ちに遭う。

またそれから7年が経った。

 

キズナに敗れたのがエピファネイア。キズナの初年度産駒が大活躍する中、桜花賞が産駒の初重賞制覇だった。

言わずもがな、ミスオンワード以来の無傷の二冠を果たすデアリングタクトである。

祖母はエピファネイアの母シーザリオと強烈にマイルで輝いたラインクラフトの次に位置したデアリングハート。

 

運命は複雑に絡み合い、今一番熱い男・松山弘平を背に、シーザリオばりの苦しい立ち回りを、祖母と似たような経験の積み重ね方で、今度はデアリングタクトに感謝する鞍上の姿がいた。

シーザリオとエピファネイアの主戦である福永騎手は、無事、一昨年のダービーを制し、運命の馬・コントレイルと共に、それぞれ2度目のクラシック制覇を目指す道へと歩を進めている。

 

楽に行き過ぎたスマイルカナは、悲しいかな、完璧に流れに乗りすぎて、レースと関係のないところでペースメイキングするに至った。

10Fでも長いという馬なのだろうが、秋華賞ならば期待できる。

 

今週も松山騎手が苦しみを力に変えたように、違う形で圧が掛かるダービーもオークスも勝っている横山典弘騎手は、ほぼ、スタート後のポジショニングにおいて、自身の経験値と確かなペース判断で、九分九厘行けると思っただろう。

直線も思われているよりは左回り適性のあるウインマリリンである。

理想の競馬で、前走より遥かに楽な展開、天候も味方にしたが、エピファネイアやシンボリクリスエス、シーザリオに敗れたエアメサイアのように、うまくいった流れを勝ちに繋げられなかった。

ウオッカに完敗のアサクサキングスもそう。

しかし、彼らの秋は思われているよりずっとも明るいのだ。

武史騎手のGⅠ制覇が見えてきた。

 

デゼルはレース以外はほぼ計算内で収まったし、リアアメリアもペースがおかしくなりすぎた阪神マイルを経て、通常通りの競馬をして見せ場作り。

しかし、一瞬勝利も掠めたようなウインマイティーの本質的な距離適性が上回った。

本来はウインウインの競馬だったが、マイネル軍団はいつも、あと一歩のところで強烈な刺客に足を掬われる。

日高に流れが来ているのは確かだが…。

 

松山騎手は恐縮していたが、何も誤った進路選択などしていない。

GⅠを戦った強み、自身の現状における正確な戦況判断、何よりも勝負強く引きも素晴らしい。

もっと若かったなら、馬の勝ち気に負けて、強い返し馬をしていたかもしれない。

でも、最初からデアリングタクトという馬は、レースで暴走するようなことはないようにと、しっかりと松山騎手に教え込まれていたわけで、馬込みもやや怖がるというような言い方もしていたから、ああいう差し後れ必至の流れになるのも仕方がない。

 

しかし、彼は確信していたはずだ。

直線で使える脚が全く他の馬と違う、ということを。

運を持っている馬でないと、その昔のダービー、オークスは馬込みも捌けず、何もできないまま終わることがあるとされた。

それは18頭立てでも変わらないだろうが、待ったからこそ、直線半ばで進路ができたのである。

 

こういう運を手繰り寄せるのは、先週のようなナイスファイトがあるからであり、デアリングタクトに対する親身に接する姿勢も然り。

これが当然と思えるようになった時、次の違う壁にぶつかるが、それはこうした大舞台以外では見つからない。

冷静に判断して、横山騎手との立場の違いを理解すれば、松山弘平は引退する時に、みんなに愛される名手として、四位騎手のように送り出されることだろう。

 

---
 
・2020/5/24 当ブログのオークス予想
 ◎→☆→△で 3連単42,410円 的中
 
日本ダービー予想特集はこちら

 
 

 

レース回顧

平安S 2020 回顧【前年より苦しいローテの59K】死角を鮮やかに覆い隠したオメガパフューム

読了までの目安時間:約 3分

 

実績馬や古豪が強かったというよりは、首尾よく、好位勢を見る中団ポジションから、昨年のように早め抜け出しの形を作ったオメガパフュームが、同期の上り馬を相手にせず、この路線の好敵手たちを引き連れ、さすがの59ではの死角を鮮やかに覆い隠して見せたという感じか。

 

左回りではパッとしないとされたこの馬が、位置取りに注文がつかなくなって、体つきはもっと若い頃と大差ないものの、どんどんもまれ強くなっていった。

ルヴァンスレーヴに最も抵抗した同期であり、こよなく愛する大井では、彼がいないならと大きなところを3連勝中の猛者にまで育ったオメガパフュームには、斤量の不利はなかったのだろう。

 

ただし、休み明けがどうこうという馬ではないとはいえ、中央のGⅢは得てして、レベル差が明確に出てしまっている組み合わせになることも多い地方の交流重賞より、遥かに勝負は難しい。

昨年も59であり、その時はフェブラリーS明け。

もっと苦しいローテになってる今年、中間で川崎のタフな争いで際どくチュウワウィザードを追い詰めたという経験値もプラスだったのだろう。

卒なくレースの流れに乗せてくれる北村友騎手とも、実は相性が良かった。

陣営のセッティングにも変化が現れて不思議はない。

 

勝ち時計はまずまずで、7歳の実績馬も走った。

一方、ヒストリーメイカーの伏兵の差しに及ばなかった後の5歳勢は、出世がまた遅れることになる。

ゴールドドリームなど明け3歳の頃からのトップホースだ。

そう簡単に逆転も地位交代も起きないダート戦線において、適鞍での完敗では、残念以外の言葉が思い浮かばない。

 

ロードレガリスはもっと早く先行態勢に入れないと、まず出世は望めない。

ハヤヤッコとの道中の争いで、根負けしていたそのポジションが大問題。

ここまでの連勝はフロックではないのだろうが、こちらは池添騎手とは息が合わなかった。

 

日本ダービー予想特集はこちら

 

 

レース回顧

1 2 3 53