競馬予想ブログ

競馬予想ブログ JUST

ルメール完全復活<日曜札幌8勝、9連対>

読了までの目安時間:約 2分

 

4日日曜の札幌開催で、12レース全てに騎乗したクリストフ・ルメール騎手は、1、2、4Rと午前中で3勝、午後一番手の新馬戦2着後は、6、7、9Rも勝利。

特別戦はメインのUHB賞とポプラ特別の断然人気馬で2勝し、1日8勝、計9連対のJRAタイ記録を達成した。

12レース全ての戦績をまとめると【8112】ということになり、4着以下の2頭も1番人気。

10レースで馬券に絡んでいるから、モレイラ騎手もびっくりの複勝率.833を記録。

ワンデーデータながら、圧倒的な成績であり、年間最多勝を記録したルメール騎手ならではのハイレベルなキャンペーンとなった。

6勝くらいなら、昨年までなら季節に一回はあったという勢いが、今年のルメール騎手にはない。

それもそのはず。春季のトライアルシーズンと5月の後半に大きなペナルティを課されてしまったのだから、当然の報いであろう。

しかし、そんな中でも、GⅠは3勝していて、いずれも高い支持を集めてのもの。

ただ、その中で勝った1頭のグランアレグリアを巡る斜行のトラブルが、最近まで影を落としていたわけだ。

好結果を立て続けに残して、もっとアピールしなければいけない。

おまけに、ムーア、ビュイックだけではなく、欧州競馬の至宝・L.デットーリ騎手のJC前後の短期免許取得が、ほぼ決定しているとの情報もある。

かつては地方出身騎手のブームがあり、それが廃れると外国出身者の通年免許取得が話題となった。

今年はまた、本物の大量来日により名手たちが大いに混み合いそうな状況。

JRA所属騎手そのものが、今、大きな岐路に立たされようとしている。

 

タグ :   

ニュース

小倉記念 レース回顧

読了までの目安時間:約 2分

 

好発を決めたストロングタイタンがペースを握ったわけだが、やけに上がりが掛かって、序盤に飛ばしてしまっては最後はバタバタになってしまうという意識が強すぎたのが、調子そのものは戻りつつあったはずだが、差し馬の台頭を許す展開しか作れなかった。

同時に、目下充実一途の4歳馬・メールドグラースの敵がもっと上のクラスにいるということを誇示するような豪快な差し切りも、誠に際立ったパフォーマンス。

57.5など今や、高い格のレースでないと背負わされない上に、実質、ローカル格のGⅢしか勝っていないのに、盛りに盛られた斤量もものかわ、まだ軽かったじゃないかという走りは、もはや感嘆の漏れるレベルであった。

ここにいる馬ではないことを証明した以上、新潟記念に行く意味はもうあまりない。

父が本格化をしつつあったのは、ダービー参戦後に骨折し、今のこの時期に休養していた頃だった。

代表産駒のキセキは、そんな性質をしっかりと証明するように、夏の新潟で圧倒的な走りを見せて、その後の飛躍へと繋げた。

いずれにせよ、3歳春まではダラしないとこのある馬。

メールドグラースはそんなキセキを追いかけるように、昨年のこの時期の小倉で、2000Mで1:59.5という旧500万戦ではまずまずのタイムを叩き出し、一気に本格化して見せた。

それから1年で、1分57秒台の高速決着に遭遇しそうなレースを選択しながら、今回もまた時計は平凡。

秋の東京に向け、この辺りの課題をどうクリアしていくかが、最大の障壁となりそうだ。

レパードSでも感じたことなのだが、この暑さもある。

カデナやノーブルマーズといった2歳Sの好走馬が再び好走するのは結構なことだが、しかし、それだけ路線の層が押し並べて薄くなっている気がする。

こればかりは、仕方のないことではあるが…。

 

レース回顧

レパードS レース回顧

読了までの目安時間:約 4分

 

先週も田辺騎手がテン乗りでの重賞勝ちだった。

先週は千直の専門家に騎乗。馬任せのレースで完勝だった。

今週のレパードSは、休み明けで混戦模様のダート重賞。

おまけに白毛。何より今回は人気薄の休み明け。

初勝利がシラユキヒメの系統に関わらず、2戦続けて使われた芝の1800Mだった。

それも新潟。

異例尽くしのハヤヤッコを最後にアシストしたのは、大型馬がちょっと多い一族の割に460kg台の馬体の影響か、妙に貧弱な面のあるキャラではないこともあり、前述の芝の経験も含め、これが9戦目という、有意義な敗戦も多かったことが、乱戦と言うに相応しい厳しい流れへの対応力に繋がった面はあるだろう。

田辺騎手が絶好調なのは、福島の競馬が始まる頃から…、というパターンが定着化しているので、それは別に不思議なことではないが、この展開は異様そのもの。

出来絶好と見えたデルマルーヴルや勝負所で勝ち馬との進路の差があまりにも残酷に影響したヴァイトブリックが、序盤は敢えて下げたくらいの位置取りからも、十分に感じ取れた。

半数近い馬が先行ポジションを奪い合い、その中にはスピード自慢のサトノギャロスもいた。

60秒ほどの展開は、道悪だとしてもコーナー4つで、ましてやその作りが他場よりタイトな新潟では、相当タフな展開を生み出す主要因となる。

うまく内を捌けたデルマルーヴルもほぼ完璧の抜け出しだったが、きっと、展開的には、普段ならあまり出番のない外からの追撃組、今回ならばそれはハヤヤッコであり、4着ブルベアイリーデなど、不利がなければだった6着ヴァイトブリック等が、勝ち運を競うゴールシーンになっていたのだろう。

イン強襲で味な競馬を完遂した3着トイガーも際どかったが、前走の大井での脚がそうであったように、本当はすんなり外に持ち出せたら、もっといい脚を使えるタイプのように思う。

ヘニーヒューズで大型の追い込み型といえば、連続3着でここも勝ちきれず、シリウスSで大駆けしたケイアイレオーネにも似ているが、キャラがなんだかまだ定まっていない。

時計の掛かるタフな中距離重賞に向く差し馬に育てるには、勝機をモノにする必要があるわけだが、人馬とも、まだそういう巡り合わせで幸運を引き当てるまでには至っていない。

きっとそれが、ジャパンダートダービーだったのかもしれない。

歯痒い日々がまた続くか。

芝デビューからの転身で成功したダートのトップホースは枚挙に暇がないが、オープン未勝利馬で中10週以上経て参戦の伏兵がレパードS勝つのは史上初。

まだ10回しか歴史がなく、データを取り直す必要性が生じたクラス分け制度の改革の副産物が、アイドル系の血統馬の勝利という形で出たのだとすれば、良馬場で驚異の1:49.5を叩き出した初代覇者・トランセンドのような馬は、もうここからは現れないということなのか。

ハヤヤッコには罪はないが、3勝馬が多数いながら、伏兵の2勝馬が2頭絡んだあたり、理想の抜け出しを安全策をとって外からの進出を選択したヴァイトブリックの4角の不利の影響は、あまりにも大きかった気もする。

これもまた、ローカルならではの展開なのだろう。

 

レース回顧

レパードS 予想 – 前走は参考外でヴァイトブリック◎

読了までの目安時間:約 5分

 

全国絶賛爆暑中の今日この頃。

4歳馬が改めて力を発揮した先週の結果に倣いつつ、やや層の薄い現3歳世代の力関係において、一定の意味合いを持つ重要戦となるレパードSに、何か面白味のありそうな才能を見つける作業に、今週は傾注すべきと思った筆者。

降級という概念がなくなった今、この時期に古馬相手に2勝をしていたとて、それなら重賞の経験があった方が得なのでは、という近年のレース傾向も踏まえると、既に3勝した準オープン格数頭の扱いも難しい。

ならばと、前走ではスタートでレースが終わってしまったヴァイトブリックの、その前に当たったオーヴァルエース、クリソベリル相手に2着だったという実績が、当面のレースレベルや世代全体のバランスを見るのに最適とし、ひとまず、信用ならん面々を押さえるよりも手っ取り早く…、とは乱暴になってしまう表現だが、ここで崩れるほど落ちぶれた元エース候補ではないわけで…。

戸崎騎手は例によって、夏になってしっかりと今年も勝ち星を重ねている。

器用ではないだろうパートナーながら、今年は無茶苦茶な波乱はないだろうと考え、これを推そうと考える。

新馬戦と前記ユニコーンSで多分に怪しい性質を見せた彼だが、左回りの経験も既にあり、1800M戦は2歳時のものとはいえ、完全なワンサイドゲーム。

それが新馬だけならともかく、京都でデビューの関東馬で、戻ってきた中山でも内容は大差なく、となれば信頼度も高め。

問題はその惜しい面となっているスタートの悪癖。

完全に駐立不良であり、自滅なのは間違いないが、新馬はしっかりと向こう正面で立て直し、直線だけで2着以下に大差をつけた。

ユニコーンSは園田遠征で大幅に減らした一息後のレースを好走した後、例の出負けと、有力とされたデアフルーグも謎の不発に終わった展開もあり、微減での出走も、本来の力を出せるような状況ではなかったのだろう。

1800での実績は文句なしで、本来は、回りもコース形態もそれほど重要ではないタイプ。

ただ、新馬で京都ということでは、最近もダート専門は関東馬でもそういう戦法が一般的になりつつある上で、血統的背景も考えた上での策とも考えられる。

叔父には重賞4勝のランフォルセがいて、母父アドマイヤベガを除けば、完全に同じ配合。

ヴァイトブリックは、ある意味でそのアドマイヤベガと同じような弾け方を京都でしたという点で、確信めいた平坦適性を、陣営は見抜いていた節がある。

アドマイヤベガをつけるくらいだから、当然、母系も一流。

特に、ヴァイトブリックから見た3代母のソニックレディが愛1000ギニーなどを制した名牝で、マキャヴェリアンを配されたソニンクが輸入されて、その前に当地で誕生した娘のアコースティクスはダービー馬のロジユニヴァースを送り出した。

しかしながら、マキャヴェリアンはそもそも兼用型の種牡馬であり、本質は芝向きでも、ソニンクがランフォルセを産んでからというもの、ここ10年程の一族の傾向は完全にダート専門型へとシフト。

ダービーに縁のあるようにと配された母のヴァイスハイトでさえ、ダートでしか勝ち星はない。

2つ上の姉が、先週の小倉で2勝クラスを快勝。

彼女が昨年の夏も勝っているくらいだから、弟もこの時期の競馬は苦手ではないだろう。

血統馬の底力が活きる条件が整った競馬。

大崩れしているようでは、今後の出世にも響く。通過点としたい。

3勝馬でも怪しいのに、今後は2勝としてだけという馬は買いづらい。

やや過剰人気になりそうなサトノギャロス以外はしっかり3勝馬を押さえ、3勝クラス経験の急進勢力たるビルジキールのタフさを、ここでは評価して相手の筆頭とする。

◎ヴァイトブリック

○ビルジキール

▲デルマルーヴル

注アンシェンプッテル

△エルモンストロ、ブルベアイリーデ、ワシントンテソーロ

 

レース予想

小倉記念 予想 – ストロングタイタンの復権も

読了までの目安時間:約 3分

 

最初から少頭数と分かっていたこのレース。

暑すぎるのも影響して、一時期ほどのレベルにはない。

だから、北九州記念も1800だった頃のような波乱が、いつでも起きそうな状況にある。

メールドグラースが一気に57.5では、流石に本命は厳しい。

少頭数の小倉で何度となく好走してきた快速型のストロングタイタンの復権も、これなら不可能ではない。

過去2年の内容は散々だったものの、今回はここからが狙いというローテ。

多頭数の福島の渋馬場での競馬の後、フレッシュな状況で好走を続けてきた彼のこと。

目覚めがいつも突然という印象の通り、血統的根拠がその戦績の裏付けとなっている。

祖父はディストーティドヒューマーとティズナウ。

先週唯一のダートの新馬でワンツーを決めたのが、BCクラシックで欧州最強馬を2年続けてティズナウを母父に持つ人気馬。

この代表産駒がドバイWC独走のウェルアームドで、ディストーティドヒューマーが何故有名になったかというと、二冠馬のファニーサイドを送り出したから。

何故か、共に騸馬なのだ。

そんなような雰囲気のあるストロングタイタンは、揉まれ弱いというだけではなく、大型馬にありがちな馬体重の振れ幅の大きさがあり、それだけが戦績の不安定さに比例するわけではないが、その時々でコンディションに差があったことは明白であろう。

6歳で今回が22回目の実戦。

57の斤量経験は豊富で、前回冬に増え過ぎていた分はシェイプアップされ、久々にタフな展開に自ら挑むような好位付けもできていたから、この相手関係で、浜中騎手が弱気にならない限り、好走は見えているように思う。

ムラな気質も、フォーティナイナー系×インテント系だからである一方、得意条件では高齢まで渋といのもアピールポイント。

4歳も強いが、若手を大いに苦しめる存在となるはずだ。

◎ストロングタイタン

○アイスストーム

▲メールドグラース

注レトロロック

△タニノフランケル、クリノヤマトノオー

 

レース予想

アイビスサマーダッシュの本質

読了までの目安時間:約 2分

 

当該年のスプリンターズS好走馬一覧

01

①メジロダーリング→スプ②<直行>

04

①カルストンライトオ→スプ①<直行/不良>

(サマーシリーズ創設)

07

①サンアディユ→⑦→①→スプ②<不良>

09

①カノヤザクラ→③→④→スプ③

11

①エーシンヴァーゴウ→③→①→スプ③

13

①ハクサンムーン→①→スプ②

18

②ラブカンプー→③→②→スプ②<稍>

⑤ラインスピリット→⑤→スプ③<稍>

連続好走

<4度掲示板>

カルストンライトオ

01③02①04①05④

<連覇>

カノヤザクラ

08 09①

ベルカント

15 16①

<連続好走>

エーシンヴァーゴウ

11①12③

アースソニック

14 15③

出走馬がサマーシリーズチャンピオン

07①サンアディユ

08 09①カノヤザクラ

11①エーシンヴァーゴウ

12①パドトロワ

13①ハクサンムーン

14④リトルゲルダ

15 16①ベルカント

17①ラインミーティア

----------

はっきりしているのは、スプリントシリーズ最終戦のセントウルSに至るまで、北海道専念組以外は、まずここを狙ってくるということ。

本当は、CBC賞と北九州記念連勝の08年参戦馬・スリープレスナイトなども有資格者であるはずだったのだが、阪神開催の前に中京開催があったから、今の開催週の函館SSが初戦。

にも拘らず、カノヤザクラはセントウルSをその後に制するから、文句なしのチャンピオンだったので、そんな話にすらならない。

本番こそ、あまり出番の多くないアイビス組だが、この時期の競馬に調子を合わせてきた馬には、極めて重要なカテゴリーと言える。

踏ん張る力が最終的に確認されて、GⅠ適性や底力も、一定程度は求められる。

ライオンも成長次第では…。

 

コラム

平成の出世レース・本物になれるかの試金石

読了までの目安時間:約 3分

 

本物になれるかの試金石

クイーンS

12④レインボーダリア

11①アヴェンチュラ☆

00①トゥザヴィクトリー

アイビスサマーダッシュ

0204①カルストンライトオ

レパードS

16②ケイティブレイブ

12①ホッコータルマエ☆

10①ミラクルレジェンド

09①トランセンド②スーニ⑤ワンダーアキュート

小倉記念

13②ラブリーデイ☆

12②トーセンラー

- - -

夏の重賞ということもあって、すでにGⅠ勝ちのある馬の復権の足掛かりになるような舞台ではない。

しかし、この辺りから重要戦とされる質の高い重賞競走が再開することを示すような出世馬のデータである。

必ずしも、ここでの結果がその後にプラスの影響を与えるわけではないが、いい勝ち方をすれば、若い馬ならば、しっかりと古馬と戦えるものを確認できさえすれば、再度の成長によって、GⅠ獲りは可能ということだろう。

その点、伸び盛りの3歳夏のダート馬にとって試金石の舞台となるレパードSは、言わずもがなの結果である。

当然の傾向であると同時に、流石のダート馬でも最近は成長曲線が早熟傾向になり、ケイティブレイブも既に重賞馬であったことからも、勝ち切ることそのものの意義は薄れつつあるように感じる。

グレードは夏のGⅢでも、狙いが見えてくる結果が多いから、かなり特殊なアイビスサマーダッシュでも、重馬場でタフに勝ち抜くスキルのようなものは判然とすることもあって、本番までは勝ち切れないけれども、かなりの適性を見せることで、その馬の本質的な能力がはっきりしてくる。

そのためか、第1回のレパードSから後のGⅠ馬がわんさか登場したように、ハイレベルの年は出世する可能性を大いに秘めた馬がいるという意味にとらえてもいいのだ。

ちなみに、この辺りからクラシック本戦でも通用する配合の馬が、続々登場してくる。

そのせいもあってか、梅雨が明けて馬場の高速化が影響して、勝てないまでも、血統馬がレースレベルを上げることに一役買っているケースは多い。

 

コラム

2019 セレクトセール評

読了までの目安時間:約 3分

 

配合バランスが良く、高くとも走る馬は多いか。

落札額<万円> 配合<備考>

18年産<全て牡馬>

36000 ディープインパクト×ミュージカルウェイ<全姉ミッキークイーン>

29000 キングカメハメハ×ジンジャーパンチ<半姉ルージュバック>

27000 ハーツクライ×シンハディーパ<父ウォーエンブレム>

26000 ディープインパクト×ジョコンダⅡ<半兄サトノクラウン>

25000 キングカメハメハ×ベルワトリング<父ダシャンター/サドラーズウェルズ直仔・半兄コマンダーインチーフ>

23000 ハーツクライ×マラコスタムブラダ<父リザードアイランド>

21000 ディープインパクト×サマーハ<半兄シャケトラ>

21000 フランケル×マーゴットティド<父エクシードアンドエクセル>

20000 ディープインパクト×フラーテイシャスミス<半兄ベストウォーリア>

注目配合

15000 ドゥラメンテ×ぺルヴィアンリリー<フレンチデピュティ×ラスティックベル>

ミスタープロスペクター4×3

レイズアネイティヴ5×(4×5)

ノーザンダンサー[〔6×(6×8)〕×6]×5

ネイティヴダンサー[〔(6×8)×8〕×8]×〔7×(5×6)〕<8代以内のみ>

サンデーが次の代で活かせるノーザンダンサー色の薄い良血馬は、これから必要な血だ。

19年産

47000 ディープインパクト×タイタンクイーン<半兄ストロングタイタン>

29000 ディープインパクト×べネンシアドール<全姉デニムアンドルビー>

27000 ロードカナロア×アドマイヤテンバ<叔父ドゥラメンテ>

25000 ドレフォン×アドマイヤセプター<父・ストームキャット系 米GⅠ馬>

22000 ハービンジャー×ライフフォーセール<半姉ダノンファンタジー>

21000 ロードカナロア×アゲヒバリ<半兄リオンリオン>

21000 ディープインパクト×ヤンキーローズ(牝)<父オールアメリカン/ロベルト系 豪GⅠ馬>

注目配合

16000 キタサンブラック×ドナブリーニ<半姉ジェンティルドンナ>

リファール(5×5)×4

ノーザンダンサー〔6×(6×6)〕×(4×5)

奥にあるナスルーラを活性化させる配合。

 

コラム

新馬戦(7/27.28)スマイルカナ、レザネフォール、カイルアコナ他

読了までの目安時間:約 3分

 

すっかり夏になってしまった開催替わり初日。

そのせいか、困惑の展開が案外多かった。

その中で人気馬が力を発揮したのは、小倉の一般の混合戦だった1200M。

キンシャサノキセキの小柄な女馬・カイルアコナが4馬身差快勝だった。例年通りの高速馬場なので、9秒台の決着は死角にもなるが、2、3着馬もそれなりに強い馬だと思う。

直前の九州産馬限定の方は、かなりタフな先行争いを直線で振りほどいだテイエムヤマカゼが強いように思うのだが、1分10秒台なので、相手が軽すぎたか。グラスワンダーの408kgの騸馬。

新潟マイルは、良血馬同士も人気に格差のあった2頭の争い。ハナ差凌いでスマイルカナが制した。

エイシンヒカリの配合にフォーティナイナーの血が加わり、もっと厄介な性質を秘めている可能性がある。追い詰めたのは、あのジェンティルドンナの従姉弟。

札幌1500は人気の藤沢厩舎の(外)が距離不適のような負け方で、インをうまく捌いたロードカナロア・エイリアスが制するも、この組み合わせはハイレベルには思えない。

日曜の札幌新馬は2レースとも、武豊、ルメール、三浦皇成の高度な技巧は目立ち、他を圧倒。

芝の方は、ユタカペースが遅すぎて、インのルメールにもチャンスありだったが、人気の三浦&レザネフォールが力でねじ伏せた。キンカメ×ラナンキュラス。もしかすると洋芝巧者か。

ダートは武、ルメ、三浦の人気と年齢の順通りに決まったが、武いじめをしながらルメの潔い2着は見応えがあった。

母父ティズナウ同士の決着も、結局、アンクルモー産駒の牝馬・セランのランクが違った。

小倉は…。この日も1200だったが、流れた割に時計は平凡。

勝ったのはルーラーシップの仔・カリニート。今年も2歳Sは別のデビュー組かもしれない。

新潟の1800は好レース。

61秒を切る展開で前にいた2頭の粘り合いを、うまく内から抜け出たDブリランテ牝駒のドナキアーロが制した。

上がりが目立たないからこそ、2着以下の実力も証明された格好だ。要注目。

1400勝ちのマツリダゴッホ産駒・シコウは、母系がかなり重厚な欧州型。1:23.0なので耐え切れたか。

 

レース回顧

次は英インターナショナルS~シュヴァルグラン、大きな挑戦

読了までの目安時間:約 2分

 

「昨夜<金曜の晩>からの雨で馬場が湿って、本当はもっとパンパンの馬場でやりたかった」

27日、日本時間では翌日曜日に替わろうとする頃発走となったキングジョージⅥ世&クイーンエリザベスダイヤモンドS<アスコット・芝2390M/11F211Y>

だったが、いつもより下げたポジションから力強く抜け出したエネイブルとそれに真っ向挑んだクリスタルオーシャンらに遠く及ばずも、3歳最先着の愛ダービー3着ノルウェーや今年のエプソムダービーを勝ったアンソニーヴァンダイクらには、きっちり古馬の意地を見せつけたシュヴァルグランを送り込んだ友道康夫調教師は、そう無念さを口にした。

「次走はインターナショナルSを目指して、テルテル坊主を作って頑張ります(笑)」

かつてはゼンノロブロイが挑み、その年に国内でほぼ無敵状態になっていた4歳時のカネヒキリらをドバイで打ち破ったエレクトロキューショニストに返り討ちにあった、というような思い出しか、日本のファンにはないかもしれないが、ヨーク競馬場における10F路線の重要戦で、古くはトリプティクやシングスピール、シーザスターズとフランケルも歴代の優勝馬に挙げられる。

昨年はオイシン・マーフィー騎手のロアリングライオンが制し、第二のジャイアンツコーズウェイになれそうなところまでいくも、先輩のようにダートをこなすまではできず、ローテが厳しすぎたこともあって惨敗。

先行きに不安もあったりするステイヤー型のイメージを払拭すべく、ある程度実のある結果が求められるシュヴァルグランにとって、これは大きな挑戦になるだろう。

成功を祈ろう。

 

ニュース