日本ダービー(東京優駿)予想

1932年、ワカタカが1番人気に応えた時から、戦乱末期2年の中断を除き、2020年までで87回レースが行われてきたジャパニーズダービー・東京優駿は、馬産が盛んに行われている国の象徴であると同時に、
その国の競馬のスタイルをそのまま体現するモデルにもなるため、一度は国外に出て競馬に参加する関係者にとって、このタイトルを持っているかどうかが、名刺の代わりになります。
武豊騎手の驚きの5勝と並び、戦乱期を挟み長く競走馬を育ててきた尾形藤吉調教師の8勝の大記録も、もはや挑む者すら登場しえない金字塔であろうかと思います。

無敗の三冠馬

開催年馬名備考
1943年クリフジ東京優駿-優駿牝馬-菊花賞>※尾形厩舎
1984年シンボリルドルフ牡馬で初の記録
2005年ディープインパクトサンデーサイレンス産駒として最後のダービー馬
2020年コントレイル父ディープインパクト、ナリタブライアン以来2頭目の三冠達成時がGⅠ4勝目

過去20年の二冠以上達成馬

開催年馬名成績
2003年ネオユニヴァース
菊花賞3着
2004年キングカメハメハ
NHKマイルCとの変則二冠
2006年メイショウサムソンキャリア10戦以上の珍しい二冠馬
2008年ディープスカイキングカメハメハに次いで変則二冠達成
2011年オルフェーヴル
史上7頭目の牡馬三冠馬
2015年ドゥラメンテ父キングカメハメハとは違い、正規の春二冠達成

日本ダービー(東京優駿)の特徴

圧倒的に1番枠が有利とされますが、そもそも、そういう考え方よりは、極端に内の馬場が悪化しない限り、外枠がかなり不利とするのが正しい解釈にも思えます。
変に揉まれるよりは7枠くらいまでなら不利はないでしょうが、18頭以内の8枠発走でダービーを制した馬など、
ジャングルポケットとワグネリアンしかいないということでも、バイアスがないはずなのにあるように思えてしまう証左なのかもしれません。

日本ダービー(東京優駿)の歴代優勝馬

 1着馬
性齢
斤量
騎手
人気
前走
父名
2着馬
性齢
斤量
騎手
人気
前走
父名
3着馬
性齢
斤量
騎手
人気
前走
父名
【2011年】
オルフェーヴル
牡3
57
池添謙一
1皐月賞①・東京
ステイゴールド
ウインバリアシオン
牡3
57
安藤勝己
10青葉賞①
ハーツクライ
ベルシャザール
牡3
57
後藤浩輝
8皐月賞⑪
キングカメハメハ
2012年
ディープブリランテ
牡3
57
岩田康誠
3皐月賞<3>
ディープインパクト
フェノーメノ
牡3
57
蛯名正義
5青葉賞①
ステイゴールド
トーセンホマレボシ
牡3
57
C.ウィリアムズ
7京都新聞杯①
ディープインパクト
2013年
キズナ
牡3
57
武豊
1京都新聞杯①
ディープインパクト
エピファネイア
牡3
57
福永祐一
3皐月賞②
シンボリクリスエス
アポロソニック
牡3
57
勝浦正樹
8青葉賞②
ビッグブラウン
2014年
ワンアンドオンリー
牡3
57
横山典弘
3皐月賞④
ハーツクライ
イスラボニータ
牡3
57
蛯名正義
1皐月賞①
フジキセキ
マイネスフロスト
牡3
57
松岡正海
12青葉賞⑥
ブラックタイド
2015年
ドゥラメンテ
牡3
57
M.デムーロ
1皐月賞①
キングカメハメハ
サトノラーゼン
牡3
57
岩田康誠
5京都新聞杯①
ディープインパクト
サトノクラウン
牡3
57
C.ルメール
3皐月賞⑥
マルジュ
2016年
マカヒキ
牡3
57
川田将雅
3皐月賞②
ディープインパクト
サトノダイヤモンド
牡3
57
C.ルメール
2皐月賞③
ディープインパクト
ディーマジェスティ
牡3
57
蛯名正義
1皐月賞①
ディープインパクト
2017年
レイデオロ
牡3
57
C.ルメール
2皐月賞⑤
キングカメハメハ
スワーヴリチャード
牡3
57
四位洋文
3皐月賞⑥
ハーツクライ
アドミラブル
牡3
57
M.デムーロ
1青葉賞①
ディープインパクト
2018年
ワグネリアン
牡3
57
福永祐一
5皐月賞<7>
ディープインパクト
エポカドーロ
牡3
57
戸崎圭太
4皐月賞<1>
オルフェーヴル
コズミックフォース
牡3
57
石橋脩
16プリンシパルS①
キングカメハメハ
2019年
ロジャーバローズ
牡3
57
浜中俊
12京都新聞杯②
ディープインパクト
ダノンキングリー
牡3
57
戸崎圭太
3皐月賞③
ディープインパクト
ヴェロックス
牡3
57
川田将雅
2皐月賞②
ジャスタウェイ
2020年
コントレイル
牡3
57
福永祐一
1皐月賞<1>
ディープインパクト
サリオス
牡3
57
D.レーン
2皐月賞<2>
ハーツクライ
ヴェルトライゼンデ
牡3
57
池添謙一
10皐月賞<8>
ドリームジャーニー

日本ダービー(東京優駿) 過去10年のデータベース

 1着2着3着4着以下勝率連対率複勝率
1番人気4回1回2回3回40%50%70%
ダービージョッキー4回3回2回44回8%13%17%
無敗馬1回0回0回3回25%25%25%
皐月賞で1着3回2回1回4回30%50%60%
皐月賞で2着1回2回1回6回10%30%40%
皐月賞で3着1回2回0回5回13%38%38%
皐月賞で4着1回0回0回6回14%14%14%
皐月賞で5着1回0回0回7回13%13%13%
皐月賞で6着0回1回1回6回0%13%25%
皐月賞で7着1回0回0回5回17%17%17%
皐月賞で8着0回0回1回4回0%0%20%
皐月賞で9着以下0回0回0回32回0%0%0%
青葉賞組0回2回3回20回0%8%20%
京都新聞杯組2回1回1回20回8%13%17%
1、2番人気の連対馬2回1回0回3回33%50%50%
プリンシパルS勝ち馬0回0回1回7回0%0%13%
毎日杯勝ち馬1回0回1回6回13%13%25%
前走が上記以外のレース0回0回0回31回0%0%0%

ダービートライアルに普通のレースは存在せず、唯一の存在が皐月賞であって、それをカバーするのは東上最終便である京都新聞杯のみ、と解釈すべき傾向です。
皐月賞組は上位入線馬から均等に勝ち馬が登場し、様々な展開やメンバーの質のバラつきなどもありながら、結果として、中山で揉まれた経験が大一番で活きるということがよくわかります。
問題は京都の方。しばらく京都ではないので何とも言えませんが、人気になっている馬が走れば、本番でも期待ということでしょう。
青葉賞組と違って、皐月賞トライアルで目立たなかった馬が、ダービー一本釣りで成功することは、今後も起こり得る展開です。

無敗馬と青葉賞組のストレスは極大

コントレイルの前がディープインパクトで、その前は1996年のフサイチコンコルド。
本流路線から外れてなお、無敗のまま世代を制するなどあり得ないという傾向がこれ。
同時に、もっと重要なトライアルである青葉賞も、長距離カテゴリーに近い多頭数のレースになる上に、日本では時計も必要で、これも反動が出やすい。
となると、大人しく皐月賞から中5週、震災の年でも中4週空けて、しっかりと立て直された組が有利という話です。
NHK杯廃止後は、ずっとこの調子なので、ややこしくとも皐月賞の結果分析が最優先となります。

日本ダービー(東京優駿)攻略のポイント

アウトロー的出現の別路線組が、理由もなく勝つことは有り得ないので、前走2200M以下のレースを使われた、
一定レベルのストレスを受けた馬の精神力が問われるとするならば、当たり前のことながら、皐月賞で戦うということ自体に意義があるという結論に達します。
着順はともかく、厳しい競馬を一度でも経験すれば、何か違うものが見えてくる。
そうして巻き返してきた馬の歴史を紐解いていけば、必ず、誰かと似ている馬を見つけることができます。
皐月賞を振り返った後は、ダービーの歴史を勉強するのがいいでしょう。
案外、ヒントは簡単に見つけることができます。

日本ダービー 2020 予想 (2020/5/30)道悪の皐月賞で最内枠から勝ち切った馬が負けるとは思えない

◎コントレイル
○サトノフラッグ
▲サリオス
注ワーケア
△アルジャンナ、ガロアクリーク、ディープボンド、マイラプソディ

ダービーの枠順発表の遥か前から、コントレイルに伍して戦える馬探しの検討を延々やってきたわけだが、直前になればなるほど、やっぱり思っていた通りではないかという力関係が露見するクラシックシーズンとなった。

おかげで、いいところを語り尽くされた感のあるコントレイルを今一度強く推す材料さえなくなったのである。

陣営からも、余裕のコメントしか聞かれず、いざ、本番となれば、ほどほどの緊張感で勝負に挑めるダービータイトルの金看板が威光の如き輝きを放つチームの事。

あのこん畜生的で、かつ魅惑的な皐月賞の最後の脚を見ると、サリオス天晴れとは思いつつ、同じ位置をとった時に起きえた可能性を考えた時、よりスムーズに加速できるコントレイルが追い負けるとも思えなかった。

まあ、大丈夫でしょう、となるのも当然だろう。

無敗の二冠制覇に挑んだ優駿は、牝馬とは違い、10頭ほど存在しているが、速過ぎるトキノミノル、使うごとにパワーアップしたミホノブルボンら2歳王者が達成した例を除くと、実は、あとはもうルドルフ・テイオー親仔とコントレイルの父であるディープインパクトだけが勝ち残った組となる。

ハイセイコー、キタノカチドキ、カブラヤオーを挟んでトウショウボーイ。

行けると思った面々も、意外と危うい性質をサートゥルナーリアが再現した昨年。

レース経験全てが良馬場のサートゥルナーリアが、直前で負かしていた面々にも先着を許した構図は、ローテが同じような感じのコントレイルには不安材料だが、こちらは中型でなおかつ、馬体重の変動がこれまで1回しかないという面で、単純なスピード型とは言い難いので、この死角もない。

シンボリルドルフは弥生賞と皐月賞で大幅な増減があったが、ダービーは皐月賞比+6kgも、夏のデビュー戦からは微増しただけ。

天下の野平祐二、その後に黄金タッグを組むことになる岡部幸雄や藤沢和雄調教助手らを手玉に取ったわけだ。

この時期のルドルフはそこまで従順ではないと思う。

しかし、陣営が彼の本質をしっかりと理解し、互いに信頼関係を育んでからは、変な体重の変化はなくなったし、秋にはもうメリハリのある、パーフェクトなサラブレッドになっていた。

トウカイテイオーやディープインパクトは、それよりは色々と振れ幅が大きいが、嬉しいことに、トウカイテイオーとコントレイルはよく似ている。

皐月賞のパドックから返し馬にかけての雰囲気だけでなく、皐月賞は稍重だったとか、その時のタイムが良馬場以外の中山皐月賞のレコードであったとか、体重変動がないに等しいだとか。

皐月賞まで4戦全て460kgで、皐月賞は4kg減らしたが、次は460kgに戻している。

ダービー出走時は不明も、東スポ杯爆走後6kg増えた体は、皐月賞でも変化なしのコントレイル。

テイオーは単枠指定の大外20番枠を自由演技の可能性を広げる粋な演出と感じたか、皐月賞以上の弾け方で、歴史的二冠を達成する。

外からグイグイ伸びたルドルフやディープも、誰も負けるとは思っていないから、皐月賞がスムーズではなかったものを取り返すように、丁寧な進路取りをしていた。

コントレイルは変に枠に恵まれている。

ディープインパクトと同じ3枠の5番。ダービーフェスティヴァルを近所の公園に遊びに来たようなはしゃぎ方で出遅れ必至だった父と、その後継の傑作たるコントレイルとでは、そこは違う。

歴史上、途中で乗り替わった馬による無傷の春二冠は未達成で前記の無念の名馬たちと共通だが、主戦に戻っただけということ、福永騎手は乗りやすいけれども走る馬特有の危なさまで理解しているから、きっと大丈夫である。

そもそも、道悪の皐月賞のフルゲートで最内枠から勝ち切った馬は、調べた限りでは皆無。

そこで勝ったストレスはもちろん考えねばならないが、それにより、ライバルに与えたダメージはもっと強烈だ。

その最大の被害者になりかけているサトノフラッグは、57未経験の対戦済み対抗馬・ワーケアを相手に、自身は恐らく苦手だろう重馬場を、それなりのタイムで乗り切りつつ、力を見せつけた。

武豊騎手には、何とも展望のしづらい再度の騎乗となるが、国枝調教師以下、勝っていない男たちからすれば、ダービー5勝は神にも等しい。

ひとりでダービー勝ち組に挑むのは難しいが、この馬もほとんど馬体重の増減がない。

東京で2番目に強い馬を決める争いに、ハーツクライの猛者どもと激しくやり合うと厳しいかもしれないが、東京2000Mで1:59.5の未勝利勝ちは、やはり軽視できない。

現に、先週はまさにそういう結果であった。

日本ダービー 2020 回顧【続きを作れたサリオス】ディープ最高傑作の独壇場で…

好発を決めた。

それでおしまいだった。その後に、一体何が待ってるのか。

サリオスの展望、将来性があまりにも豊かであるせいで、どことなく行ける気がしてしまうのだ。

ワーケアが少しずつ大人になってきた。いい馬になるために生まれてきたハーツクライ産駒。

あまりにも悲劇的な年に出くわした、ある意味での邂逅も、それは父が進むべき道を示し、人間的に言うところの兄や姉たちがそれを超えていくようなパフォーマンスを示した、その歴史を信じるのみだ。

気負わず、サリオスの現時点で最高級の末脚を引き出したレーン騎手に、敢えて、褒め言葉を送りたい。

確かにそうするしかなかったのかもしれないが、これ以上の脚を求めるのはいけないこと。

本国の競馬、特にウィンクスを除けば、若駒でこれだけのスピードを12F戦で繰り出すことはできない馬同士の争いのはずである。

スピードレベルは中距離では日本馬の方が優位。

サリオスはほんの少し、突き放された分をゴール寸前で気持ちだけだが詰めている。

サリオスは褒められて当然の馬であり、誰にも渡したくないだろう。

だからこそ、ナイスライドなのである。

続きを作れた。

同じハーツクライ産駒、豊作とされたその年にディープインパクトの最高傑作が現れてしまったわけだが、横山騎手の、もっとレースの質を上げていこうぜ、という見せ場作りをしたのもマイラプソディで、どこまでいっても柔軟性というところで、なかなか3歳春時点での完成度では及ばないという気配が、その産駒には皆パドックからあった。

サトノインプレッサ、なんだやるじゃないか。

好位付けというか、本来の形に戻した池添騎手のヴェルトライゼンデも、しっかりと復活。

ユーイチだけが目立つのは面白くないはずの和田騎手だって、ディープボンドの良さを完璧に引き出している。

ただ…。

完成度が高いというフレーズを最も当てはめるべき存在のはずのコントレイルそのものが、実は、最高に伸びしろを残しているのである。

福永騎手がホープフルSで主戦の仕事を果たした後、ムーア騎手の前走の騎乗に対し、この内にモタれる感じとか、最初の行きたがる感じとか、そういうまだわがままな面を持っているのだと、妙な納得感を口にしていた。

ダービーをも視野に入れられることを示唆した瞬間でもあるが、ここからもう、主戦騎手としての役目は目立たないこととしたのだろう。

皐月賞さえもプレップにしたコントレイルは、再び独走し、東京スポーツ杯で見せたずるさのようなものを出したという。

サリオスさん、お疲れ様である。

懸命な追い上げも、枠なりに最高の立ち回りも、冒頭の好位付け成功に繋がるハイセンスなスタートをされたのでは、もう成す術なし。

さぞかし前は前なりに頑張ったはずなのに、そうではないと言われてしまう。

サリオスが成長をもっともっと果たし、スマートささえ湛える好馬体を得たところで、フォームから何まで違うコントレイルと、クラシックで戦うという形には持ち込めなかったのである。

そんなサリオスさえ、完成度合いなら半分も超えていない。

一体、彼らは何を目標とする才能なのだろうか。

あまりにも素晴らしいので、完敗のサリオスさえも恐ろしく見える。

そういえば、無敗の二冠馬紹介の節で、コダマの存在を失念して、書き忘れた。

これがダービーをレコードで制し、途中乗り替わりのあった唯一の無敵二冠達成者。

彼がトキノミノルの時計や2分31秒の壁をを突破した馬で、トキノミノルはクリフジのレコードを更新。

ただ、ディープインパクトもシンボリルドルフもそうであるように、シンザンがメイズイの作った前年の大レコードに及ばずも小差だったように、レコードに程遠い圧勝は、ある種の吉報である。

ダービーで燃え尽きないのだ。

サリオスの末恐ろしさにも、コントレイルのミラクルパフォーマンスにも、まだまだ続編がある。

2:24.1が平凡とされる時計ならば、大いに期待は広がる。

負けても別に構わなかった伏兵陣には、彼らがいない場面での圧倒的なパフォーマンスに期待だ。

ダービーがゴールでなくなるダービーであると判然とした瞬間、夢想はその時から、既定路線になっていくのだ。

叶うなら、コントレイルだけは凱旋門賞挑戦も無理筋ではないだろう。

だって、彼は負け方を知らないのだから。

勝っても負けてもどうでもいいレースに挑むと、彼はまた、新たなる進化を遂げる。

アーモンドアイ潰しも現実路線である。

2020年 日本ダービー展望 (2020/4/29)

コントレイルのライバル探しになると思っていたところ、デアリングタクトが思わせぶりの怪気炎を上げ、変な風が吹いた。

ライバル物語とはここまで無縁の孤高のサラブレッドであったコントレイルが、次に手にすべきタイトルとして、皐月賞を叩き台にしたとはいえ、本当にダービーを狙っていたのだろうか。

我々がこの特殊なローテに感じた次にこそ本当の狙いが…、というのと、陣営の特に、福永騎手が考える筋道とは若干異なっているものを、何か感じた。

勝とうとせずにどこまで理想の結果を出せるものなのか。

荒れ馬場の不可抗力がそれを現実のものにさせたが、結果は思った通りだったのではないだろうか。

欲張らずにダービーへ挑む姿勢は、何だか律儀だ。

そもそも、皐月賞制覇に重きを置かないからこそのぶっつけであるという狙いは、共同通信杯から直行の組のそれとあまり大差ないわけだが、そういう余裕のローテで皐月賞を勝った馬はこれまで、

  • 19年 ①サートゥルナーリア→④<鞍上乗り替わり等、前走から3カ月半ぶり>
  • 16年 ①ディーマジェスティ→③<前走共同通信杯は道悪>
  • 15年 ①ドゥラメンテ→二冠達成<共同通信杯はリアルスティールの2着>
  • 14年 ①イスラボニータ→②<共同通信杯は1週繰り下げ>
  • 12年 ①ゴールドシップ→⑤<皐月賞道悪>
  • 90年 ①ハクタイセイ→⑤<きさらぎ賞道悪>

運も味方につけないといけないコントレイルにとって、休み明けで道悪の皐月賞を制したという結果が、ダービーやそれ以降の戦績にどう影響していくか。

その点を読み解くだけでも、データ上は絶対視禁物と言える。

4戦消化してしまったものは、もうリセットできない。

しかし、サートゥルナーリアは全部余裕ローテからの中5週のダービーでほとんど自滅だったのに対し、すでに中5週の前哨戦→本番のローテを経験しているコントレイルは、この点の死角がない。

関西馬でも再三の関東遠征で結果を出し続け、絶体絶命の1角トラフィックから3角手前からゆったり進出で、同キャリアのライバルをねじ伏せた。

併せたサリオスはダービー回避が既定路線。

過剰なスピードで勝負できる別路線が登場しない限り、ジエンドであろう。

無料メールマガジン「馬券名人養成プログラム」とは

競馬研究歴33年の発行人が重賞レース予想を配信(不定期刊)。創刊から18年、まぐまぐ!殿堂入りの定番マガジンです。
※G1レース予想は毎回配信しております。

2019年日本ダービーは、【3番人気のダノンキングリー】を◎に推し、惜しくも2着でしたが、馬連 11,200円 的中!!

2018年は、【5番人気のワグネリアン】を◎に推し、1着!!

2020年の日本ダービー予想はレース前日に無料メルマガで配信予定です。メルマガの無料登録はメールアドレスの入力だけ。配信解除も簡単にできます。

無料メールマガジン「馬券名人養成プログラム」の登録方法

メルマガのご登録はこのフォームにメールアドレスを入力してボタンを押すだけ。ご購読はもちろん無料です。

登録 メールアドレス:

日本一のメルマガ「まぐまぐ!」の公式マガジンにも執筆!

重賞レースの有力馬解説を公開するメールマガジン 『馬券名人養成プログラム』 は、「まぐまぐ」や「まめ~る」などを通じて、 毎回 3,000名以上の読者様に配信しております。

筆者は、まぐまぐ!の公式マガジン「競馬のまぐまぐ!」(約20万部発行)に予想記事を執筆させていただいた経験もあります。殿堂入りメールマガジンとしても認定されております。

殿堂入りメールマガジン

日本ダービー(東京優駿)過去の予想と結果

開催年1着馬2着馬3着馬
2020年コントレイルサリオス
ヴェルトライゼンデ
2019年ロジャーバローズダノンキングリーヴェロックス
2018年ワグネリアンエポカドーロコズミックフォース
2017年レイデオロスワーヴリチャードアドミラブル
2016年マカヒキサトノダイヤモンドディーマジェスティ
2015年ドゥラメンテサトノラーゼンサトノクラウン
2014年ワンアンドオンリーイスラボニータマイネルフロスト
2013年キズナエピファネイアアポロソニック
2012年ディープブリランテフェノーメノトーセンホマレボシ
2011年オルフェーヴルウインバリアシオンベルシャザール
2010年エイシンフラッシュローズキングダムヴィクトワールピサ
2009年ロジユニヴァースリーチザクラウンアントニオバローズ
2008年ディープスカイスマイルジャックブラックシェル
2007年ウオッカアサクサキングスアドマイヤオーラ
2006年メイショウサムソンアドマイヤメインドリームパスポート
2005年ディープインパクトインティライミシックスセンス
2004年キングカメハメハハーツクライハイアーゲーム
2003年ネオユニヴァースゼンノロブロイザッツザプレンティ
2002年タニノギムレットシンボリクリスエスマチカネアカツキ
2001年ジャングルポケットダンツフレームダンシングカラー

日本ダービー(東京優駿)参考リンク


当サイト(馬券名人養成プログラム)考案!
誰でも簡単に、買目40点前後で【10万馬券】を的中させる方法

無料で利用できる実力No.1の競馬指数を「裏ワザ的」に使い、誰でも同じように、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍(10万馬券)以上の配当をGETする方法を考えてみた。以下は2020年の主な的中例。

2020年11月7日(土)福島8R 109,670円
2020年10月25日(日)東京12R 207,000円
2020年10月24日(土)東京12R 117,400円
2020年10月11日(日)新潟11R 135,700円
2020年10月4日(日)中京6R 205,350円
2020年10月3日(土)中山2R 877,090円
2020年9月26日(土)中京6R 510,190円
2020年9月20日(日)中山8R 69,540円
2020年9月6日(日)札幌10R 461,000円
2020年9月5日(土)小倉12R 24,810円
↓ ↓
10万馬券攻略法 解説ページ

今週の注目レースを予想 東海ステークスを徹底予想!