血統予想・コラム

JUST競馬予想ブログ

2歳馬選定2019<~函館2歳S>

読了までの目安時間:約 3分

 

まずは注目の新馬勝ち馬から。例年よりは、この中にもランクの差みたいなものがあるか。

6月中央場所組

牝馬

/1 阪神1600 リアアメリア

/2 東京1600<牝> モーベット

牡馬

/2 東京1600 サリオス

/9 東京1800 ワーケア

ローカル

函館

6/22 1200<牝> パフェムリ→函館2歳S④

7/21 1800 ダーリントンホール

中京

7/6 1400<重> シャレード(牝)

〃  ダ1400<重> ファシネートゼット

/13 1600<稍> ギルデッドミラー(牝)

/20 1400<重> ペールエール

福島

7/6 1800<牝> フジマサリアル

/13 1200<牝> マジックキャッスル

例年よりもスピード型の出世に可能性を感じさせるものがあり、世代レベルは案外高いかもしれない。

中京開催開始の週で、主な新種牡馬も全て産駒をデビューさせ、完成度も充実度もなかなか。

そういう状況で、既存勢力のディープ<ブルトガング>やロードカナロア<ここまで新馬全敗/1番人気4回>が、パッとしない割に、中京2歳快勝のラインベックはディープ×キンカメだから、実力拮抗と見るべきだろう。

そうなると、やはり東京で勝ち上がったブルトガングの急死は、誠に残念だ。

ディープの男馬でアメリカ血統の母系。貴重であり、近年のトレンドだったが、もうディープ直仔の時代ではないと、考え方を切り替える時期が来たと、ここでは違う解釈をしておきたい。

オープン戦回顧

函館2歳S ビアンフェ

1:09.2のレースタイムも初年度産駒のいきなりの重賞制覇も、かなりの偉業と言える。

連闘馬が例年好走することを知っているかのように、自身がごねて、その対象のマンバーを抹殺<言い過ぎか(笑)>すると、今度は前回得た逃げ味を確かめるようにパワフルに先行して、また快勝。

線の細い上の兄弟とは、一線を画した魅力がある大型馬だ。

中京2歳S<重>ラインベック

新馬戦より相手弱化で、渋馬場の経験値込みで、負ける要素なしの一戦を快勝。

明らかにマイラーでないような感じで、場合によっては、マカヒキのような一瞬の脚で勝負する中距離型となる可能性があり、マイラーのような感じもしないではなく…。

 

コラム

平成の出世レース・謎の国際GⅠトライアル

読了までの目安時間:約 3分

 

函館記念

16⑥ネオリアリズム

94②タイキブリザード☆

函館2歳S

12④ロゴタイプ

06②ローレルゲレイロ

97①アグネスワールド☆

中京記念

<マイルに条件変更後はなし>

02①ツルマルボーイ

00①メイショウドトウ☆

どういうわけだか、旧中京記念も含め、渋った馬場で行われることの多い晩春のGⅠや日本よりは確実に重い馬場で行われる海外のGⅠのウイナーなど、国際的に評価されるレースの勝ち馬が多い。

安田記念の覇者はここに挙げただけで3頭。

外国産馬が強い時代の象徴的存在で、藤沢厩舎だとか森厩舎の馬ということも、たまたまの結果ではないことを補強する材料となっている。

同時に、別定函館記念の特性と、時期入れ替えてからの同ポジションである札幌記念とでは、格は違えど、札幌に芝ができたからというだけではない理由で、その競馬の質がアップしている。

ニッポーテイオーもサッカーボーイも、ブリザードと同じ3歳で函館記念を好走し、後の大成へ繋げた。

相手が楽とかそういうわけではないから、札幌記念は勝っているネオリアリズムなどは、ローカル適性にとどまらない何かを得たことが、結果的にはよかったことになる。

今の中京記念には、マイル変更の意味はあまりなく、補完するのはそもそも関屋記念であることに変化はない。

栴檀は双葉より芳しを証明した昔の函館2歳S好走馬に対し、開催時期の前倒しが早熟型に有利ななかで、ロゴタイプが全くの人気薄で4着だったことは、2歳時で王者であることを世に知らしめた最大の根拠と言えよう。

クラシックで燃え尽きなかったから、あのモーリス斬りがあるのだ。

どのレースも、どこかのGⅠに繋がる直接的な要素はないので、所詮はGⅢだからという結果ばかりだが、根幹距離の重賞である以上、一定の意味合いは持っているもの。

7月の重賞は特に地味だが、力のある馬のステップには、いい経験値を与えている面は間違いなくあるだろう。

 

コラム

管理すべきこと – 東京の高速馬場、安田記念の内斜行、禁止薬物禍

読了までの目安時間:約 3分

 

東京の高速馬場問題に引き続き、安田記念の内斜行問題に、直後の禁止薬物禍…。

人間がもう少し考えたら何とかなりそうな問題と、薬物問題で隠れていた雨馬場における対応の重要性が同時進行でマシマシの傾向を示したことで、前月から続く言い知れぬ不安は、レーン騎手の大暴れだけでは何も解消されなかった。

薬物問題に関しては、全面的に人間側の責任であるのだが、それと最も関わりが遠いはずの騎手会の当日のトップであった福永騎手が陳謝した件は、状況を考えたら致し方ないとしても、客観的に見て、主催者より先に末端の人間とまではいかないものの、競走馬を管理する側ではない関係者の謝罪など、何の意味もないから、質問をした側の記者の意識も当然、その資質を問われることになる。

直接関係していないから、話がしやすい立場だったからというだけのことであり、真相を知る立場ではない。

少なくとも、謝罪しているようなイメージを与えるメッセージに対し、フォローの一言があってもよかったはずだ。

さて、宝塚記念に関して思ったのだが、東京の馬場作りと根本的に違っていたかというと、現象としては同じだったはずだ。

軽い競馬になりづらい6月の阪神は、春の中山と同じように、雨が降った時の備えはしている。

最初から雨が降らないとなれば、ある意味で、エアレーション効果がフルに発揮されるのだろう。

それを週末雨予報の時はしない。

ハズレて、馬場が高速化する。これは何度かあった。

しかし、東京は雨が降らないところで連続開催だから、キープすることを重視すると、Dコースでも外差し馬場になったように、結果として対策の講じようがなかった気がする。

降らないのはどうにもならない。

17年の秋はひどい雨に見舞われたが、良のJCは高速決着。

でも、雨が降った後にカバーするのが本質であるべきだから、仮柵の移動をもっと極端に2週ごとに行えば、意外なほどすっきりと公正な馬場での競馬は可能な気もするのだが。

あれだけ速いと誰も得しないから、面白さも半減してしまったのである。

興行的にも、ダメージを被る時期に入ろうとしているのではないだろうか。

 

コラム

遅ればせながら

読了までの目安時間:約 3分

 

ようやく、である。

その昔、シリウスシンボリが皐月賞の乗り替わり問題で大揉めとなり、トライアルはトライアルでも、皐月賞トライアルからダービーに直行して、以降、長期欧州遠征に出るというようなことがあった。

2年くらいして戻ってきた彼は、あの時のシリウスではなかったが、ダービー馬らしいプライドを見せてくれた。

オーナー側とすれば、直前に敢行したシンボリルドルフでの米国遠征の苦い経験もあり、兎にも角にも、名誉挽回したいという思いは強かったのだろう。

ハクチカラがその前の長期遠征者。

その後が、1年だけだったがエルコンドルパサー。

実は、それ以来の3連続以上もしくは数か国戦連続参戦の国内GⅠ馬となったのが、ディアドラなのだ。

全くもって結果は奮わないが、現役を続けるきっかけとなった府中牝馬Sの強烈な末脚が、明らかなダメージになっているのだろう。

エルコンドルパサーはそれが出る前に、先駆者たちは、ディアドラと似た経緯を経て、ハクチカラが一つハンディキャップ競走を勝ったのみで終わったことは、しっかりと違いの部分で認識すべきなのだろう。

凱旋門賞はそういうことはないが、香港はもはや、外国のレースではないことも、しっかりと踏まえた上で、明らかに別物。

そう。違う何かを求める普遍的な挑戦の時代が、本物と確信した時、また積極的にそうしたいと思うようになる「分相応」のキャンペーンを行えるレベルに達した今、再来したのである。

そして、同じような結果がもたらされた。

しかし、今は欧州遠征や米国遠征に囚われない。

盛んにアジア圏にもオセアニアにも、中にはフランスに日本人調教師がいるからそちらへ現役馬として移籍することが普通に行われる時代。

それでも、ジャパンブランドが今は優勢だから、当地の名馬クラスには敵わないにしても、下級条件から準重賞くらいは、しっかりと結果が求められる。

血統水準もさることながら、その本質的適性を見極めたら、国内戦に向く馬など、本来は少ないはずで、普通のことになったことに意味があるのだ。

 

コラム

憎まれ役の復活

読了までの目安時間:約 3分

 

ロジャーバローズはともかく、ダービーの展開をいい意味でおかしくしたリオンリオンの横山武史騎手は、素晴らしい。

ルメール騎手の欠員を全てレーン騎手がフォローできなかったことも、ある意味健全。

経験値が多くないのは悪くないことだから、ヴィクトリアマイルはよかったのかもしれないが、馬場を意識してからの大舞台は共に不発。

が、最後はその余りにも豊かな才能が溢れ出すかの如く、中央競馬の春を総括する場面で、レーンという名前が再度、主役として紙面をジャックするのであった。

人気馬クラッシャーも登場した。

3倍を切る断然人気馬が登場したGⅠ戦で、唯一、2度穴配当に貢献する勝利を挙げたのが、何を隠そう昨年ダービージョッキーになった福永騎手。

北村友一の夢を1週遅らせ、ドバイ帰りの女王のプライドをちょっと傷つける決め手を引き出し、それぞれ個性派の同期を駆って、鮮やかに大仕事を成した。

人気馬で消える側にいたイメージの福永祐一が、ダービーの重みとその勝機の少なさを実感して、勝つことに拘った結果が、意外な形で現れたのが、得意とする短距離戦のGⅠだった。

いずれも完璧な騎乗だったから、人気勢にとっても、文句を言ったところで男を下げるだけになるという結果になったことに、大いなる価値がある。

リオンリオン以外がレースを変質させた馬は、

ヴォージュ

ジョディー

だろう。

天皇賞のヴォージュは、横山騎手のロードヴァンドールに代わって、ジョディーもこれまで逃げてきたコントラチェックが、再度の乗り替わりはあったとはいえ、平凡なスタートだったことを利して、ガッツある先行へ。

おかげで、京都のエタリオウは大いに戦略を狂わされ、オークスではコントラチェックだけでなく、クロノジェネシスやダノンファンタジーなどにも、普通の競馬をしたことによる影響を最大限に受けた。

こう乗るだろうと思った名手の戦法を、和田竜二<春天連覇>、武藤雅<重賞未勝利>という、キャリアこそ違えど、武器のある騎手がお株を奪う形で体現。

人気になったフィエールマンとラヴズオンリーユーには関係なかったのかもしれないが、ファンは常々、こういう仕事を期待しているものだ。

 

コラム

公正競馬~大量除外からまもなく1か月

読了までの目安時間:約 3分

 

6月14日夕刻。

栗東トレセンの複数の調教師へ、JRAが公認した競走馬の飼料用サプリメントに、禁止薬物に指定されたテオブロミンが含有している可能性があり、回収希望の旨を納入業者から伝えられ、主催者へ調教師側から相談がなされた。

すぐに競走馬診療所で検査が行われ、カルシウム摂取の補助品にあたる飼料添加物・グリーンカルから、前記の物質を検出。

JRAも翌日、翌々日に出走する競走馬が150頭以上に上るため、有無を言わさず、摂取した可能性がある厩舎の所属馬を全て競走から除外した。

日曜の函館スプリントSは、半数近くの6頭が出走取り消しとなり、高松宮記念1番人気だったダノンスマッシュもその中にいた。

平場戦も3頭4頭は当たり前のように除外されたので、フルゲートの競馬は3場全72レース中、たった2レースだけとなってしまった。

GⅠがまだ開催されている時期とはいえ、5月の競馬だったと仮定すると、その影響はもっと甚大だったことは間違いない。

翌週23日開催の宝塚記念には13頭が登録。

対象のタツゴウゲキは陰性確定で、その他沢山いた検査対象の面々も陰性。

以後の競馬は普段通りに進行、レースは全て滞りなく消化されていった。

その後、生産ラインの隣でカカオ豆の副産物を粉砕していたものが、グリーンカルの方に粉塵として降りかかり…、という顛末で騒動は、一旦結末を迎えた。

あれから約1か月ほどが経過し、雨の季節にどう対応していくか、そのことばかりを考えるファンでもジャーナリストでもいけない。

筆者が提起したいと思うのは、サプリメントの必要性ではなく、サプリメントに求める効用である。

草食動物に対し、カルシウムの摂取を効率的に行う必要性というべきか。

転じて、それが求められる状況こそが、公正競馬を脅かした悪魔なのである。

どの国も高速化を嫌がる芝競馬に対し、含水率のコントロールに限界があることで、雨が降らないと、どの国のビッグレースでも異常な高速決着が増えている。

日本だけが特別異常なわけではない。

今、芝のGⅠの価値が変容しようとしている。恐ろしいほどに。

客観的に見て、芝の競馬そのものが危うい立場にあるのである。

 

タグ :     

コラム

夏のGⅢはこの程度で

読了までの目安時間:約 3分

 

ラジオNIKKEI賞

18②フィエールマン☆

09③ストロングリターン

CBC賞

16①レッドフファルクス☆

<旧コース>

08①スリープレスナイト

七夕賞

14⑥ラブリーデイ☆

12②トーセンラー

08②マイネルキッツ

98①オフサイドトラップ

プロキオンS

16②ニシケンモノノフ

15<①ベストウォーリア>②コーリンベリー

14①ベストウォーリア☆⑨コーリンベリー

11<⑧スーニ>

<阪神>

10②サマーウインド

実はJBCスプリントと盛岡の南部杯に向けて、重要なステップとなっているプロキオンSの中京移設の大成功とは対照的に、旧コース時代と今のCBC賞が変化していないように、ローカル重賞らしい性質が見え隠れする芝の3重賞は、どことも繋がりがないわけではないけれども、何かを得るにはちょっと物足りないという性格のレースだから、ハンディキャップ競走であるかどうかもまた重要な要素とはなっておらず、その後も重賞すら勝てずに、GⅠ馬になったという馬もいるくらい。

この後の秋のビッグタイトルに縁があるという馬はいない。

オフサイドトラップの扱いも、かつてメジロマックイーンの独走Vが取り消された時のプレクラスニーと似た感じの秋天だったことから、何とも言えない。

プレクラスニーはエプソムC→毎日王冠、オフサイドトラップも、この後に新潟記念<右回り>と連勝した後に、大舞台で快走。

何かが起きないと翌春以降の出番となるから、ここに挙げた馬の大半は、実は4歳馬である。

ラジオNIKKEI賞に関しては、目立つ存在になるとやっぱりその後が怪しくなるから、勝ち馬がシンコウラブリイくらいしかGⅠを勝っていない。

右回りにツボがあれば関係ないが、ソングオブウインドもスクリーンヒーローも、結局はフィエールマンと同じで、力を持て余すようにして負けた、初重賞出走組。

出世には関係ないことは、間違いない。

蒸し暑い時期にわざわざ厩舎の期待馬を使うことはしない。

ファンのスタンスとしては、ローカル開催相応の狙い方が求められる。

 

コラム

失敗の原因

読了までの目安時間:約 3分

 

ディープとノーザンファームに、今や当たり前のようにやられているその他大勢だが、ダービーはソフトにその真似をしながら、執念が実ったようなレースぶりで日高の生産者とオーナー、一度は見放されたようなところのあった浜中騎手に凱歌が上がった。

サートゥルナーリアはバテて4着。

いや、みんなバテてもダービーレコードの決着だったわけで、レースレベルそのものが、一連の皐月賞トライアルの不調などにも見られるように、あまり高くなかったことが改めて証明されたようなところがある。

結果的に、第二冠目にそれは再度証明されたわけだが、何も牡馬路線だけのことではない。

牝馬戦線も結局は、トライアル組は不振。

来た馬が、言ってもオープン特別の勝ち馬だったというのが、重賞2着のみのロジャーバローズと妙にリンクする。

別路線が目立ったというより、路線の拡大ではなく、進路がクラシックレース以外は、実に多様な時代へと変化したことを物語る結果だったように思う。

しかし、ダービー向け飛ぶ鳥を落とす勢いだったノーザンファームは、何故、最も周到に準備したダービーだけ勝てなかったのか。

理由は案外単純だったように思う。

ダービーはそもそも、強い馬のためのレースではないからだ。

世代最強馬は皐月賞馬であることが多く、牝馬に関しては、昔から芝競馬の根幹距離である1600M・8F・1マイルのカテゴリーで行われる桜花賞の勝者が、それぞれの最優秀者となるのが、そもそも当然とされている。

これも至極単純な話。

スピード血統をワールドワイドに優先的に重用し、またそれを世界中に散りばめる。

速い馬の方が絶対的に強いのだから、一番短い距離のクラシックレースの勝ち馬が、結果的にではなくても、一番強いのはごくごく当たり前のこと。

本家ギニー競走も、秋のセントレジャーは破滅的な末路を辿ったのと反比例するように、血統的保存の優先度をどのクラシックレースよりも高くとるから、フレッシュな状態で強い馬がどんどん生き残った。

ダービーもオークスも、今ではお飾りなのだ。

しかし、そういうイベントを直前にすると、この重要なことを皆が忘れてしまうのである。

 

コラム

ダート路線 2019年春総括

読了までの目安時間:約 3分

 

思い出してみると、ゴールドドリーム<昨年GⅠ2勝>とインティ<フェブラリーSまで7連勝>が一緒に出てくると、レースが締まった。

一方で、ミツバが勝った川崎記念と渋残りの帝王賞は、何だか思っているのと不思議なほど違う展開になったことで、読み切れないことが多かった。

ミツバは揉まれ弱かったが、東京で横山騎手と逃げ勝ったあとは、それがいくらか解消した。

4歳秋に得た新境地は、松山弘平騎手の積極性を活かす戦法にはなったものの、彼とはGⅢを勝つのがやっと。

ところが、ずっと乗っていなかった和田騎手が乗った途端、川崎記念ウイナー2頭の併せ馬を一刀両断とし、キレで撫で切った。

競馬とはそういうものだ。勉強になる一戦だった。

フェブラリーはほぼ、スタートで松山騎手のサクセスエナジーを抑え込んだ武豊騎手の威圧感でゲームオーバー。

インティは自分の知っている競馬を東京でもやることができたから、ゴールドドリームに追い詰められても危なげなかった。

が、その伏線があるからこそ、出負けのかしわ記念はゴールドドリームにつつかれて、船橋の直線でも耐えきれず。まあ、これは絶好調時にマイルCの粗相があったルメール騎手の気合いが上回ったということか。

ところでやる気のある馬に行かせて、形そのものは悪くなかったが、結果的に前傾ラップだけで負けただけではない雰囲気の帝王賞のインティは、一体何だったのか。

オメガパフュームの決め手は59でも炸裂しそうな雰囲気だったから、大井で全く崩れない彼の存在は、レーン鞍上以上に懸案事項だったのだろうが、にしても、特段覇気がなかったわけでもなく、ナイターの影響なのか。

ミツバにも言えるのだが、オメガとはある程度使い込んでいいタイプが、タフなレースの勝因になったところがある。

いつまでもフレッシュな状態で…、がテーマのマイラー2頭は、そういうタフさが足らないのか。

ダートの馬の本質的には、マイラーの方が優秀なのだろうが、競走馬としての味わいは前記2頭の方が遥かに上なのだろう。

大舞台で変わった、という印象を残してくれた。

 

コラム

レコードタイムの意義

読了までの目安時間:約 3分

 

今年、何かしらのレコードタイムの更新があった重賞は、以上のレース。

<タイム/前レコード比(・GⅠのみ記録保持者)>

【GⅠ】

・桜花賞:グランアレグリア

1:32.7/-0.4秒・RR・18アーモンドアイ

・ヴィクトリアマイル:ノームコア

1:30.5

/WR -0.2・12レオアクティブ<京成杯AH>/NRも同じ

/CR -0.8・12ストロングリターン<安田記念>

/RR -1.0・16ストレイトガール

・優駿牝馬:ラヴズオンリーユー

2:22.8/-0.8・RR・12ジェンティルドンナ

・東京優駿:ロジャーバローズ

2:22.6/-0.6・RR・15ドゥラメンテ

【その他重賞】

東京新聞杯<1:31.9/-0.1・RR>

フローラS<1:59.5/RTR>

京王杯スプリングC<1:19.4/-0.1・CR>

目黒記念<2:28.2/-1.3・WR>

安田記念<1:30.9/-0.4・RR/+0.4・WR>

オーシャンS<1:07.1/OP特別時代の記録と-0.2・RR>

フラワーC<1:47.4/RR(阪神)+0.4/中山CRR-1.3>

ダービー卿CT<1:31.7/-0.5・RR>

ファルコンS<1:20.9/-0.2・RR>

備考程度に、

京都牝馬S<1:21.0/過去4回のみも最速/コースレコードと+2.0秒>

*比良山特別:京都2200M

ネプチュナイト<-0.2・WR/NR>

今回のレコードは関東圏に集中している。

天候との関連もあるから、馬場作りのマニュアルを再考すべきだろう。

きっと、芝が伸びすぎるから、こまめに刈っているのだけど、それは雨が降った時にレースをするとちょうどいいぐらいになるはずで…、みたいなことのミスチョイスが、判断の際にあったものと見るが。

馬そのものは、人間の判断でスピードを優先して優劣を決めてきたつけが、アーモンドアイやノームコアなど、スピードベースの中距離型の牝馬が快速決着で躍動。

これも必然だろう。そもそも、牝馬はスピード能力を優先して、牝馬同士では力の出し合いをしているのだ。

今年も牝馬がほぼ確実にレコード決着に顔を出している。

 

コラム

1 2 3 68