【秋華賞2020】10月18日(日)京都競馬場、芝2000メートル競走について思うこと

競馬予想ブログ JUST

【秋華賞2020】10月18日(日)京都競馬場、芝2000メートル競走について思うこと

読了までの目安時間:約 3分

 

 

道悪と二冠、三冠

 

今年25回目を迎える秋華賞は
三冠馬を4頭誕生させたという点でも、
グローバルスタンダードである2000メートルのGⅠとしての価値を高め続けている。

 

直近の三冠馬3頭はここを経て古馬のタイトルも勝ち獲った。

 

その3頭に共通するのが、良馬場の桜花賞であったということ。

 

ラモーヌもスティルインラブもそうだから、そういった運も必要なのかもしれない。

牡馬とは違い、オークスと秋華賞の二冠も多い。

 

メジロドーベルは2歳女王だが
カワカミプリンセスとメイショウマンボはトライアルは勝っているけど
一方は別路線組でもう一方はFR勝ちなのに1600メートルは短いという面があった。

 

奇しくも、三冠馬との共通点は多い。

 

トライアルでもきっちり結果を残したわけではなく
ドーベルはオールカマーを使って二冠を制した。

桜花賞と秋華賞ではファレノプシス、テイエムオーシャン以降の三冠馬4頭に
ダイワスカーレットと、男勝りが名を連ねる。

 

ちょうど30年振りに重馬場となった今年。

 

アグネスフローラがほぼパーフェクトな戦績だったことを道標とするように
無傷のまま二冠馬になったデアリングタクトは不良勝ちのキョウエイマーチ同様ライバルにも恵まれ
好勝負を繰り返している。

 

ただ三冠馬はマイルでも2400メートルでも底力を示してきたように
デアリングタクトはその距離でその競馬場で想像をちょっと上回るような競馬を続けてきた。

 

無敗の二冠馬がミスオンワードしかおらず、彼女がダービーも使っていたせいで
秋もデアリングタクトと同じ戦績という馬が今までいないから
ここからは全ての競馬関係者、ファンにとって、未知との遭遇となっていく。

 

クラシック前に負けていたというのがトリプルティアラの条件であることと、過去30年では数えるほどしかない道悪桜花賞。

マックスビューティーの失敗の理由はきっと神戸新聞杯も使ったことだろうが
オークスとローズSが重馬場だったことも影響していないのか。

 

ここまで4戦のデアリングタクトは
初道悪がGⅠという過酷な条件も反動必至の次走も制し
この秋、より逞しくなって戻ってきてくれるだろうか。

 

先日、本番直行ローテが発表された。

 

 

 

↓【注目】オールカマー&神戸新聞杯の無料買い目公開中!
人気ブログランキングへ



* * * * *

当ブログ(馬券名人養成プログラム)考案!
誰でも簡単に、買目40点前後で【10万馬券】を的中させる方法

無料で利用できる実力No.1の競馬指数を「裏ワザ的」に使い、誰でも同じように、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍(10万馬券)以上の配当をGETする方法を考えてみた。以下は2020年の主な的中例。

03/14 中京08R 110,900円
03/01 中京11R 120,410円
02/22 小倉11R 138,520円
02/22 小倉02R 242,310円
02/15 小倉04R 128,390円
02/09 京都10R 235,550円
01/25 中山11R 128,750円
01/13 京都11R 176,940円
01/12 京都11R 103,880円
01/06 京都07R 117,580円
 ↓ ↓
10万馬券の取り方 解説ページ

 

タグ :  

コラム

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

競馬予想会社の正しい探し方