荒れる重賞レース|配当もオッズも…なぜ荒れる!?

競馬予想ブログ JUST

荒れる重賞レース|配当もオッズも…なぜ荒れる!?

読了までの目安時間:約 3分

 

 

単勝50倍以上の馬が軒並み台頭の重賞戦線

 

1番人気が連戦連敗の重賞レースというのは
そのメンバー構成によって人気の面が影響することはあっても基本的には
その週内では独立した最高格だからグレードの持つ意味合いが出てくるわけで、毎週毎週というのは明らかに異常事態である。

 

ジョーカナチャンはオープン特別で負けていたような重賞未勝利馬で過剰な支持でもあったが、

1番人気ではなかった。

 

気づけば、
函館スプリントSと直後のユニコーンSが行われた6月の3週目が本命馬が勝った最後の週であり、8月最初も大波乱。

 

6週連続、都合、開催順重賞10戦連続の1番人気未勝利は
時には起きうることだろうが、期間中、6レースが出走馬中人気が半分より下の馬だったということまではなかった。

 

エルムSでようやく、GⅠ馬・タイムフライヤーが完全にブライアンズタイム産駒と化して
人気馬の呪縛を解き放ったが、直後のレパードSは鞍上さえも逃げるプランのなかったケンシンコウが逃げ切り勝ちを決め、元に戻ってしまった感じ。

 

一連の流れの発端となったCBC賞を振り返ると、馬場が悪化しなかっただとか
その影響で明らかに内有利の前残りバイアス発生とか、諸条件込みでも頭までは無理な5歳牝馬の勝利。

 

そのラブカンプーは、スプリンターズSでファインニードルの2着に粘って入ってからというもの
これも何かのレコードかもしれないという感じで、14戦連続9着以下と地面すれすれをずっと進むような低調な20カ月を経て
名古屋のかきつばた記念惨敗後の韋駄天Sで、何かのきっかけを掴むような先行をして7着。

 

 

本来得意な右回りの少し時計の掛かる馬場で
特に若手だから有利ではないものの、51を背負った斉藤新騎手とのコンビで逃げるのも久々、
掲示板も連対も勝利も3歳時以来という変わり身で逃げ切り勝ち。

 

 

思ったのだが、その間で極端に減ることはあっても
体が激増することがなかったというのも、奇跡の復活と悲願の初重賞制覇に繋がったのかもしれない。

 

 

 

↓【注目】園田プリンセスCの買い目公開中!
人気ブログランキングへ



* * * * *

当ブログ(馬券名人養成プログラム)考案!
誰でも簡単に、買目40点前後で【10万馬券】を的中させる方法

無料で利用できる実力No.1の競馬指数を「裏ワザ的」に使い、誰でも同じように、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍(10万馬券)以上の配当をGETする方法を考えてみた。以下は2020年の主な的中例。

03/14 中京08R 110,900円
03/01 中京11R 120,410円
02/22 小倉11R 138,520円
02/22 小倉02R 242,310円
02/15 小倉04R 128,390円
02/09 京都10R 235,550円
01/25 中山11R 128,750円
01/13 京都11R 176,940円
01/12 京都11R 103,880円
01/06 京都07R 117,580円
 ↓ ↓
10万馬券の取り方 解説ページ

 

タグ :  

コラム

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

競馬予想会社の正しい探し方