地方競馬は結果として完勝|ダート競馬で強い馬は?

競馬予想ブログ JUST

地方競馬は結果として完勝|ダート競馬で強い馬は?

読了までの目安時間:約 3分

 

 

冬の時季に中央のGⅠレースが行われる関係で
その前後から地方と一体化したダート路線のトップシーズンに入る。

 

年が明けて、その末期に開催のフェブラリーSまでは有観客競馬であったが
その翌週からつい最近の一部地方競馬場を除くほとんどのレースは、馬にとってはありがたい無観客の競馬となった。

 

川崎記念2020の結果として、チュウワウィザードとフェブラリーのモズアスコットは
そこに至るまでの経緯と相手関係から、結果に関して何一つとして咎など見当たらない完勝で
タラレバの問答など不要の勝者となった。

 

一方、その後に関しては条件の変化や評価の仕方そのものの難解さで
その中で起きえた不可抗力全てが人気馬に被さり、実力の全てではなく
死角の領域の大きさのようなものが敗因に直結したようなところがある。

 

直線を向いた時に手応えの違いを感じさせた2月までの勝者に対し、
人気馬総崩れのかしわ記念では、意気揚々と人気勢にない序盤の先行力をフルに発揮した福永騎手のワイドファラオが
フェブラリーSで真の目覚めを見せたかつてのパートナー・ケイティブレイブを引き連れ、波乱の結果を呼び込んだ。

 

静かすぎたのは同じでも場所を転じ、
大井の帝王賞ではそのワイドファラオが力を見せつつ、
ドバイなし効果をフルに活かした若き王者・クリソベリルの迫力ある末脚が復活。

 

これとて、コロナの影響がなければ
ここに出てきたかどうかわからないほどのサウジの惨敗を経ての結果であり、無観客の歓迎材料もしっかりと味方に取り込んだ。

 

タラレバの事で言えば、
ドバイを目指さずUSAジャックを密かに狙ったカフェファラオの想定外の大井参戦も、そういう中に加わってくるのだろう。

 

洋行の大袈裟度合いが薄まった昨今、
モズとて海を渡らず船橋で沈んだように、この界隈のエース級は完全に人災に巻き込まれた被害者となってしまったのは、残念でならない。

 

最近の波乱の多さも
ローカル開催や雨などではなく、移動の制約によるところが原因だとする向きがある。

 

 

 

 

↓【注目】白山大賞典の無料買い目公開中!
人気ブログランキングへ



* * * * *

当ブログ(馬券名人養成プログラム)考案!
誰でも簡単に、買目40点前後で【10万馬券】を的中させる方法

無料で利用できる実力No.1の競馬指数を「裏ワザ的」に使い、誰でも同じように、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍(10万馬券)以上の配当をGETする方法を考えてみた。以下は2020年の主な的中例。

03/14 中京08R 110,900円
03/01 中京11R 120,410円
02/22 小倉11R 138,520円
02/22 小倉02R 242,310円
02/15 小倉04R 128,390円
02/09 京都10R 235,550円
01/25 中山11R 128,750円
01/13 京都11R 176,940円
01/12 京都11R 103,880円
01/06 京都07R 117,580円
 ↓ ↓
10万馬券の取り方 解説ページ

 

タグ : 

コラム

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

競馬予想会社の正しい探し方