牝馬の活躍が目立つ。牝馬が強い理由は?最強は?

競馬予想ブログ JUST

牝馬の活躍が目立った2020年の春競馬を振り返ってみる

読了までの目安時間:約 3分

 

牝馬の活躍が目立つ。牝馬が強い理由は?最強は?この春を総括して語ってみよう。

 

ドバイのレースが全キャンセルになってからというもの。

人気の通りに走ったのは、
低調すぎて自分が頑張るしかなかった春の天皇賞連覇達成のフィエールマン以外、牝馬ばかりだった。

さりとて、その中で厳密な審査をしていくと人気のない方の牝馬が結果を出すことの方が多かった。

短距離戦線だって、グランアレグリアが人気の時はモズスーパーフレアに惜敗したが
アーモンドアイ断然の安田記念では、今度は主役交代を思わせるような独走で想像を超える走りを見せるのであった。

そのグランアレグリアに完敗、
突如現れたラヴズオンリーユーにも力負けで2戦とも先着を許していたクロノジェネシスが
普通の馬場ではそれなりに、少しでも渋ると突如として男勝りに拍車がかかったように迫力ある走りをして
この春も圧勝のレースを披露。

非良馬場における4戦4勝の実績は、今更語るまでもないその手の適性に秀でた才能の持ち主であることを示し続けている証左ともなるわけだが、それとは関係ない部分で彼女の宝塚独走は語られるのである。

ラッキーライラックに先着を許していたクロノジェネシスだが
ラッキーライラックはその前の中山記念で人気のダノンキングリーに完敗だったが
それを本番で逆転すると同時に、クロノジェネシスも枠の利が少なかった外枠でダノンにも先着。

通算3度の混合戦で牝馬最先着ではなく、
出走牡馬全てに先着の記録を継続し、宝塚記念は天運をも味方に勝つためのステージを整えてもらった中で快勝。

この展開では勝たねばならなかった5歳勢に対し、
クロノジェネシスはやれる限りの全てのパフォーマンスを不断の努力により結果に結びつけ
レーススケジュールを順調にこなしていったのだ。

この間ダノンキングリーやキセキといった、厄介な案件に対する我々の支持のスタンスが大いに問われたわけだが
日本競馬史に必ず登場する名手たちでさえ必ずしも理想の結果を残すための最善策が炸裂しなかったことをどう考えるか。

実は、サートゥルナーリアや5歳のダービー参戦組も
その仲間だったりするから、悩みはまだ尽きることがない。

↓【注目】オールカマー&神戸新聞杯の無料買い目公開中!
人気ブログランキングへ



* * * * *

当ブログ(馬券名人養成プログラム)考案!
誰でも簡単に、買目40点前後で【10万馬券】を的中させる方法

無料で利用できる実力No.1の競馬指数を「裏ワザ的」に使い、誰でも同じように、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍(10万馬券)以上の配当をGETする方法を考えてみた。以下は2020年の主な的中例。

03/14 中京08R 110,900円
03/01 中京11R 120,410円
02/22 小倉11R 138,520円
02/22 小倉02R 242,310円
02/15 小倉04R 128,390円
02/09 京都10R 235,550円
01/25 中山11R 128,750円
01/13 京都11R 176,940円
01/12 京都11R 103,880円
01/06 京都07R 117,580円
 ↓ ↓
10万馬券の取り方 解説ページ

 

タグ : 

コラム

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

競馬予想会社の正しい探し方