菊花賞のローテーションを分析してみた

競馬予想ブログ JUST

菊花賞のローテーションを分析してみた

読了までの目安時間:約 4分

 

 

 

菊花賞馬のローテを分析してわかった傾向

 

菊花賞馬のローテを改めて調べたところコントレイルにあって全ての菊花賞馬にないただ一つの傾向があった。

 

 

東京スポーツ杯とその前身でグレード制導入と同じ時期に誕生の府中3歳Sの出走馬は
その勝ち負けに関係なく、30年以上一度も菊花賞馬になっていないのだ。

 

 

これをコントレイルに当てはめ、まず皐月賞馬で菊花賞出走の該当馬を挙げると、

 

 

  • 2006④ メイショウサムソン

 

 

ダービー馬だとサムソン以外は

 

 

  • 2014⑨ ワンアンドオンリー

 

 

そもそも、出走頭数も少なければ有力視されること自体稀だが

出てくる以上は二冠、三冠を期待される立場であった先達は1番人気であったということを記しておかねばならない。

 

 

勝ち方こそ違えど、

 

ダービーはレコードに遥かに及ばなかったということも同じで、普通は消える傾向。

出てこられないだとか、

イスラボニータパターンの回避の方向も同じで意外にも思われるが

東スポ組でクラシックを勝った馬で、古馬GⅠも制した馬など、サムソンくらいなもの。

 

一つポイントになるのが、意外とクラシックではなく東スポ杯の勝ちタイム。

 

栴檀は双葉より芳しとはまさにこのことで、

菊花賞はともかく時計が速い年はそこからクラシックウイナーが必ず登場する。

 

  • 2005年 1:46.9

フサイチリシャールがレコード勝ちし、2着メイショウサムソン。両者GⅠ馬に。

 

  • 2012年 1:46.0

 

コディーノが快勝もその後は不発。

ただ、マイルC優勝のマイネルホウオウがいた。

 

  • 2013年 1:45.9

イスラボニータとワンアンドオンリー、おまけにサトノアラジンまで居合わせ、世代の基準レースに。

 

  • 2017年 1:46.6

 

2013年以後最速タイムでワグネリアンが優勝。

独走勝利でダービー勝ちは当然。

翌年も同タイムだが空前の横一線決着、凡戦だった。

 

その次が1:44.5で駆けたコントレイルで、その後の活躍はご存知の通り。

 

本番の時計が遅いことが東スポ杯組活躍のポイントならば、

以降3戦の平凡なタイムに隠された非凡な能力こそが、事の本質を伝えてくれている。

 

粗探しをしたらこのザマ。

 

結局、調べるという作業で浮き彫りとなるのは、コントレイルのあまりに突出した能力なのである。

 

 

 

 

↓【注目】園田プリンセスCの買い目公開中!
人気ブログランキングへ



* * * * *

当ブログ(馬券名人養成プログラム)考案!
誰でも簡単に、買目40点前後で【10万馬券】を的中させる方法

無料で利用できる実力No.1の競馬指数を「裏ワザ的」に使い、誰でも同じように、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍(10万馬券)以上の配当をGETする方法を考えてみた。以下は2020年の主な的中例。

03/14 中京08R 110,900円
03/01 中京11R 120,410円
02/22 小倉11R 138,520円
02/22 小倉02R 242,310円
02/15 小倉04R 128,390円
02/09 京都10R 235,550円
01/25 中山11R 128,750円
01/13 京都11R 176,940円
01/12 京都11R 103,880円
01/06 京都07R 117,580円
 ↓ ↓
10万馬券の取り方 解説ページ

 

タグ : 

コラム

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

競馬予想会社の正しい探し方