競馬予想ブログ

競馬予想ブログ JUST

サートゥルナーリアほか クラシック展望①

読了までの目安時間:約 3分

 

サートゥルナーリア、ダノンファンタジーらの将来性、アドマイヤマーズとそれに敗れたグランアレグリアらの距離適性とクラシックディスタンスへの順応性の伸びしろのようなものが、ある程度把握できた暮れのビッグマッチで明らかになったことは、

「既に、これはトライアルであった」

ということ。

何しろ、6月デビューの馬がこの4頭の中で3頭、夏の中京開幕週でビューのアドマイヤマーズに至っては、返す刀で同開催のオープン特別を快勝し、世代最初のオープン馬になっている。

だから、クラシックなりNHKマイルCの前哨戦群の一つとして、かつては本番ではない、東京スポーツ杯やら旧ラジオNIKKEI杯、牝馬で言うところのファンタジーSがそういう機能を持っていたのだが、さらにそれがグレードアップした形で、今はGⅠがはっきりと来春を展望する鏡になったと言えるのだ。

朝日杯が阪神に移って以降、ジュベナイルFが桜花賞に直結したように、クラリティスカイ、ボンセルヴィーソ、一昨年の上位3頭がトライアル総なめ、4着ケイアイノーテックがマイルC優勝というように、皐月賞だともっと成長力を示さないといけないのに対し、マイルCでは十分に上位争いの根拠となる底力が反映される結果になることが、わかりやすく明示されてきた。

11月以降デビューの馬でも、春の内に間に合うことはなくても、有馬記念で活躍のブラストワンピース、キセキはそういうグループに入ってくるし、その前の年の優勝馬は有馬3年連続好走で菊花賞馬でもあるキタサンブラックで、これが明けて東京のデビュー。

両極端である一方、最初から才能のあるタイプに向く春のタイトル戦に、秋デビューの馬では対応しきれないことが見えてきた。

ニシノデイジーを超えろと、クロノジェネシスより前で勝負を、が標榜の今春の争い。

サートゥルナーリアにはスタミナ勝負を持ち込み、ダノンファンタジーには前が受けても競り負けない二枚腰が必要。

フェアリーS登録のタニノミッション、コントラチェックら良血馬、京成杯参戦見込みのカテドラル辺りに、週末は期待したい。

シンザン記念組では荷が重い。

 

タグ :       

コラム

2歳戦総括<牝馬編> ~2歳女王ダノンファンタジーほか

読了までの目安時間:約 3分

 

グランアレグリアは牡馬扱いとし、ホープフルS後に牡馬勢と一緒に評価する。

というのも、それに最もこれまで接近したダノンファンタジーが、かなり手強い強力な武器を持った面々をなぎ倒すように、ジュベナイルフィリーズを1番人気に応えて、見事に2歳女王になったから、そうするのである。

週末の結果如何で、この2頭は永遠に比較対象として共存するはずだ。

シェーングランツが豪快に差し切ったアルテミスSは、言わずもがな、近年の2歳牝馬戦における最初の重要戦だ。

ペースに関係なく、直後に出番のある馬は好走してきたし、桜花賞を展望しても、人気に関係なく、結果を出した馬が生き残る最初の篩になる。

しっかりと結果抜け出しの早かったビーチサンバが今度はシェーングランツに先着し、そちらもまた、何とかゴール前では上位争いに顔を出した。

流れ一つ。しかし、ダノンファンタジーがいなければ、となってしまったのもまた事実。

クロノジェネシスは小倉から東京という異例のローテながら、それは意外なほど大物が出てくる可能性を秘めたジョーカーのためのステップという証明をするために、クロノジェネシスが不甲斐ない牡馬勢を尻目に、32秒中盤の上がりの決め手を見せて、堂々の主役と互角評価の対抗馬として、本番に臨んだ。

結果、自分の武器を利用されるようにして、引き出しの多さが競り合いでの力比べで半馬身と出たが、出遅れなければなどという内容ではない。力を出し切った。

これにアウィルアウェイなどが混じっていれば完璧なオーダーになるが、相手に関係なく、自分が変にらしさを追い求めるように戦わないという万能性を2歳時点で見せつけたダノンファンタジーが、多士済済の面々を力でねじ抜伏せたのだから、きっと、グランアレグリアは後ろのままとかにならない限り、朝日杯で見せ場は十分作れるはずだ。

シェーングランツにはまだ繊細さがあって馬体を減らしていたが、夏を成長期にしたグランアレグリアは、新馬戦から10月の東京戦で20kgほど体を増やした。

何も恐れるものはない。

これ、以前ならチューリップ賞の頃の本戦上位争い組の完成度に思えるのだが。

 

タグ :   

コラム