競馬予想ブログ

競馬予想ブログ JUST

スプリンターズS展望

読了までの目安時間:約 3分

 

ダノンスマッシュが無事に、秋の始動戦を勝利した。

キーンランドCも最初から使うつもりだったかは定かではないが、ロードカナロアに関しては、夏に使った後はセントウルSを使って、本番に向かっている。

そのダノンスマッシュ。

高松宮記念で先着を許した面々に前哨戦で当たることはなかったが、内が異様なほど残ってしまう馬場で、モズスーパーフレアが自在にペースを作れなかったレースを3F過ぎから動いて、勝ちに行っての4着。

負けて強しとされた一方で、あまりそれまでやってこなかった形をとったことは、時計面への不安を再認識する結果になった。

加えて、コース取りに戦略を制限された中で、同時に、ゆっくり仕掛けた方がずっと持ち味が活かせたのではという評価が大半だった。

その形に戻しつつ、キーンランドCは勝ち切ったが、ミスターメロディに3戦3敗というのは、全て違う距離であることを踏まえると、意外と、力差があるような気もする。

そもそも戦法が違うし、ミスターメロディは枠は有利だったが、中京の時は、本来ダノンが身につけていたはずの好位差しで、実は完封していたという考え方もある。

そういった経緯でダノンスマッシュの陣営が鞍上を替えたのは、案外、こういう少なからず目に見えている障壁を乗り越えるために川田騎手を配している気がしないではない。

スプリント戦は案外難しい。

川田、福永両騎手には、あまりにも苦い思い出がある。

安田厩舎に因縁のある両者。今年も、今年こそという思い入れは強いだろう。

これといった外国馬の参戦情報も、この秋はない。

上記3頭に北九州記念で粘った牝馬グループを押さえれば、一応、万全と思うが。

ペースメーカーになる馬が、一時期よりは増えている以上、高松宮記念級の高速決着が予想される。

ミスターメロディはその点で一歩リードとなるが、セントウルSに出てくるロードカナロアが妙に臭いから、内容如何では、本番でも狙えるか。

ディープと考えるか、快速牝馬と考えるかで評価激変のグランアレグリアと合わせて、4頭ほどの争いになる。

 

タグ : 

レース予想

新馬2017 <11/3~5>

読了までの目安時間:約 3分

 

金曜日は京都でのみ3戦。
久々の秋晴れの下、上手に競馬した3頭が勝ち上がった。
1400の牝馬限定戦は、小柄なロードカナロアの仔・カーティバルが内からの追撃を凌ぎ切り勝利。ブラックホークの近親で、2代のみ愛国血統を配された珍しい芝血統。底力型。

ダートの1400は3kgもらいを有効に使い、理想的な抜け出しを図った富田騎手のタマモカトレアが着差以上の完勝。
人気のヘニーヒューズが1、3着で、順当な結果。

内回りマイルの一戦は、ドリームジャーニー産駒のトゥラヴェスーラが逃げ切って、後続に何もさせなかった。
続いた人気2頭より、アストンマーチャンの甥という武器が結果にはっきり表れた。

土曜はダートが2場で開催。人気馬が共に制するも、対照的な展開に。
雨の福島1700戦は、同系3×3クロス同士の対決をハナ差競り勝ったレナータ。ミスプロ系のブレイクランアウト×シーキングザゴールドがサンデー3×3に迫られたレース。ただ、やや低調だった。
東1300は外国産馬が有力も、ミスターメロディ<スキャットダディ産駒>がぶっちぎりレコードで圧勝。
スケール感も晩成ということはなくてもまだ伸びしろを感じさせる内容。楽しみは尽きない。

東京芝1600戦は、返す刀で新馬連勝の戸崎騎手跨るジーナスイートが後続を完封した。
SG×ディアジーナ<メジロマックイーン>の黄金配合で、フォルカー系は渋くもあり、派手さを秘めるものの、母同様この辺の距離が合うか。他馬の方が距離はもちそう。

日曜は何とも言えない決着の連続。
東1400 8人ハトホル
京1400 3人サウンドキアラ
らが、人気馬を完封。
東ダ1600は人気馬同士の叩き合いを1人のエピックアンが制した。これは時計が平凡。

中距離戦もどっこいどっこい。
京2000逃げ切りのスラッシュメタルは、ワークフォースでロジユニヴァースの甥としたら低評価だったが、明らかに荒れ馬場になったことが勝因。
東1800で高馬・ステラーインパクトが飛んで、楽に押し切ったシナモンフレイバーは、ディープブリランテ×タイキシャトルという配合。
あまり信用できそうな馬はこの日は出てこなかった。

 

タグ :      

レース回顧