競馬予想ブログ

競馬予想ブログ JUST

2017年 サマーシリーズ総括

読了までの目安時間:約 3分

 

2000
優勝 21pt タツゴウゲキ
戦前はサクラアンプルールの勝ち逃げもあり得るのでは考える人が多かったが、新潟記念の直線をずっと見ているうちに、ああ、これがチャンピオンのあるべき姿なのだなと、これもまた皆が感じるのであった。
最大の武器である安定感を、誰も想像しなかった日本一長い直線コースで遺憾なく発揮し、またも接戦になったが、今度がしっかり待ち受ける本来の形で押し切り勝ち。
ゼーヴィントに再戦を挑むまでに、いや、先越して出世するチャンスを得た夏競馬の後半となった。

スプリント
優勝 16pt ラインミーティア
まさか、専門家がチャンピオンになるとは…。
過去何度か、その後のローテが最も組みやすいアイビス組がチャンピオンになったこともあるが、この7歳馬の一瞬の決め手は、もはや全方位型だったのだ。
上がりでは3、4着馬の方が上でも、レース内容でも着順でも、今の充実を示すセントウルS2着に、人馬の執念を見た気がする。

マイル
優勝 15pt  ウインガニオン・グランシルク
苦労したステイゴールド産駒に、夏のプレゼント。
5歳という季節は、父が伸び悩み最高潮の歯痒い季節であったが、産駒はそれぞれの得意条件で力を発揮する時期。
脚質真逆の2頭は、中京記念の連対馬。初めての文句なしのチャンピオン誕生が、2頭同時とは…。

騎手
優勝 32pt 北村友一
スプリント2勝、最終戦のセントウルSで、全くの格下馬であったアドマイヤゴッドを駆って5着というのは、この夏の充実が本物である証だろう。
ジューヌエコールは展開と時計に斤量の助け、シャイニングレイのCBC賞は、馬のフレッシュさも勝因だろうか。
地味ながら、2000Mの函館、小倉記念で稼いだ入着ポイントが最後の差に出た形。
最後も差し損ねた戸崎騎手とは、安定感に違いがあったのも大きい。
充実の夏を経て、この中堅騎手の今後の活躍が期待される。

いつも以上に地味な、いかにもローカルスターの誕生というシーンの連続だったものの、大駒が少なかった割には、スリリングな競馬の連続で十分に楽しめたように感じる。

 

タグ :           

コラム

新馬2017<9/2・3>

読了までの目安時間:約 3分

 

台風の影響は最小限。
良馬場の土曜日は短距離カテゴリーの2戦。
札幌1500Mは、人気馬の手応えが馬体の作りの差として、勝負所で現れてしまった。
勝ったスズカフェラリーは、430kgの牝馬ということもあり、折り合い重視の後方待機策も、前を行く約100kg目方の多いサトノアレスの半弟にピタリと張り付き、手応え十分で4角を回ると、あとは突き放す一方。
スズカフェニックスのいいところだけを受け継いだこの決め手は、大一番でこそ発揮される。

新潟1400も人気馬同士の決着となったが、今度は大型馬・ランスマンのゴール前競り落としという展開に。
断然人気のダノンスマッシュが実にお行儀のいい競馬で抜け出しにかかるところ、小回りの遠心力をうまく使うようにして押し上げてきたこのダイワメジャー産駒は、父譲りの競り強さを初戦から遺憾なく発揮した。
コランディア系だから、平坦馬場も合う。夏馬だと馬主孝行にもなるが。

日曜の小倉と新潟は、芝の1800戦が組まれたのだが、ワンパンチ足らない人気馬同士の争いとなった。
小倉で最後に外から伸びてきて勝ったメイショウテッコンは、マンハッタンカフェでもダート向きの配合で、小回りで平坦なら対応可の馬にも見えた。
新潟は人気のサンリヴァルが末脚比べを粘り勝ちの印象といった具合も、ウメノファイバーの系統で、スパッとキレるようなタイプではない。
両者先行できるようならその方がいいのだろうが、それだと味が出ない可能性がある。

新潟ではダートの1200戦も行われ、セイウンスパイの粘り腰が見事だった。
父はミッドシップマンでミスプロの同系配合がなされた早熟型。
輝く時期はあまり長くないだろうから、どんどん勝っていきたい。

芝2000の未勝利戦が各場で行われて、それぞれ見どころがあったのと比べてしまうと、大分こじんまりとした印象しかなかった。
その未勝利組では、小倉のシャルドネゴールドが一番伸びしろがありそう。新馬でロックディスタウンに敗れていた馬だ。

 

タグ :     

未分類

速力の限界

読了までの目安時間:約 3分

 

ダート血統の件の続きにはなるのだが、この夏の傾向は、ちょっと変というか妙である。
北海道2場で行われた重賞が、開幕週であること以上に高速化していたせいで、共にクロフネ産駒が快時計を叩き出した。
それも3歳の牝馬。
可能性により大きなものがあった馬に有利な馬場だったのだろう。

一方、七夕賞、函館記念、小倉記念はそれぞれ共通して、ディープ×BT、メイショウサムソン、マーベラスサンデーという何とも捉えどころのない血統の馬が勝利。
でも、レベルが低いどころか、その他注目の良血馬を差し置いて、文句なしの内容だったからこれまたびっくり。
七夕賞も小倉記念も、良馬場でこのレベルの時計なら納得というレベルで、馬鹿っ速い時計が出る場面ではさすがに出番はなかったのかもしれないが、独立したレースという観点では十分にその格に相応しいものがあった。

血統や実績などというものは、所詮は判断材料の一つであり、意外と信用ならないものだと証明するが如く、梅雨時に暑くなって、東日本はぐずつく日が増えたりという変な天気に呼応するかのようなこの結果には、ある程度の関連性はあるのだろうと思う。
常識の変化がリンクしている。

苦しさを経験した馬は、2歳戦でも古馬の重賞でも、最後は勝ち負けのポイントになるもの。
サンマルティンが逃げ馬で、マルターズアポジーが差し馬だったら…、きっと結果は同じだろう。
時計が速くなっているのに対応できないということは、速くはないとも言えるわけだ。

少なくとも互角のスピード能力があれば、函館の重馬場でタマモベストプレイがルミナスウォリアーに完敗ということはなかったはずだが、長めの距離実績があったもの同士で最後は競ったのだから、フジキセキはメイショウサムソンに屈服させられたことになる。
謎の凡戦となった札幌記念のキンカメ×SSワンツーには驚かされたが、脚の使いどころの難しさそのものが結果に反映されたのは事実。
有力馬には距離適性の幅がある分、対応可能が展開に限界があり、穴馬にそこを突かれてしまったのは、ある意味、レースの格が機能した証なのではないか。

 

タグ :    

コラム