競馬ニュース 第67回川崎記念

JUST競馬予想ブログ

あっさり逃げ切り 川崎記念はケイティブレイブが優勝

読了までの目安時間:約 2分

 

31日、川崎競馬場で行われた今季最初のGⅠ戦・第67回川崎記念は、1番人気に推されたケイティブレイブが久々に先手を奪い、アポロケンタッキーら交流GⅠ覇者の面々を終始コントロール下に置き、そのまま2100Mを逃げ切り、2つ目のビッグタイトルをモノにした。

勝ち時計は2:14.9(稍)。

2着アポロケンタッキー、3着アウォーディーなどとは、何度となく対戦していたが、この日は福永騎手との息もぴったり。前走の東京大賞典は、勝ったコパノリッキーに手も足も出ない完敗に終わっていたから、陣営の思いも一入だったろう。

目野哲也調教師も、定年による勇退まで残り少なくなった挑戦の機会を、きっちり勝利で結果を残したのだから、素晴らしい。

機転を利かせて、帝王賞のズッコケスタートで得た普通の競馬での結果も芳しくなく、メンバー構成を見ての福永騎手の好判断により、ごくごく自然な形に戻しての1勝。

ダートの猛者だけに、転厩後の競走生活もまだまだ長く残っている。

小回りでこそ持ち味全開のこの器用さが、今後も活かされることになるはずだ。

個人的には、アウォーディーの惜敗ロードがちょっと悩ましい。

いや、それは陣営の側の方か。

広い馬場向きといっても、フェブラリーSに参戦して結果を出せるような年齢でもなくなってきた。

よく走るヘヴンリーロマンスの仔の中で、一番の活躍馬になったのは良かったのかもしれないが、ホッコータルマエやコパノリッキーのような復元力があるようには思えない。

GⅠ勝ち目前での故障が、どうも尾を引いている気がしてならない。

 

ニュース   コメント:0

ディープ対キレるキンカメ

読了までの目安時間:約 3分

 

主なところでは、3年前のクラシックでの激闘。

<K=キングカメハメハ>ドゥラメンテ対<D=ディープインパクト>サトノラーゼン、リアルスティール

サンデーサイレンスの血を味方につけられるのは、ミスプロ系の主幹種牡馬キングカメハメハか正統後継者のディープインパクトなのか。

キンカメ(系)が人気になったGⅠを中心に、ディープ産駒と仲良く、ではなくバチバチやったレースについて、列挙していく。

順当

優駿牝馬

<D>シンハライト対<K>チェッキーノ

東京優駿

<K>レイデオロ対<ハーツクライ>-<D>アドミラブル

安田記念

<K>ロードカナロア対<マンハッタンカフェ>-<D>ダノンシャーク(⑫人気)

天皇賞(秋)

<K>ラブリーデイ対<D>ステファノス(⑩人気)

ジャパンC

<D>ジェンティルドンナ対<ステイゴールド>-<K>ルーラーシップ

朝日杯FS

<D>ダノンプレミアム対<ロードカナロア>ステルヴィオ

波乱

桜花賞

<K>レッツゴードンキ対<D>クルミナル、コンテッサトゥーレ

宝塚記念

<D>マリアライト対<K>ドゥラメンテ

<K>ラブリーデイ対<D>デニムアンドルビー

ジャパンC

<D>ショウナンパンドラ、ラストインパクト対<K>ラブリーデイ

阪神JF

<D>ショウナンアデラ対<K>レッツゴードンキ

有馬記念

<D>ジェンティルドンナ対<K>トゥザワールド

主な傾向は3つ。

・真のチャンピオンこそ、得意分野とそれ以外で相手の質が変化する。

・キレないディープとの相性は良いが、それでキンカメの良さも殺がれることが多い

・穴で来るのは、総じて距離が長いとされたスピード型。

概ね、チャンピオン競走に向く根幹距離適性の高い馬は、然るべき舞台で結果を残す。

ディープは一定の数を出して、安定してGⅠ級を供給できるが、キンカメは生まれてから育ててみて、実際走らせてからでないと適性がはっきりしない場合も多いから、芝で一流の結果を残せる馬は、本物の才能に育つ。

長期的に上位争いできるキンカメの一流馬が、物量作戦で攻め立てるディープを受けて立つ時、案外、非根幹距離の方がディープに有利になるケースがまま見られる。

真の一流馬は、まだお互い数少ないという仮説が、これで成り立つ。

 

コラム   コメント:0

牝馬の王者・普通ではない状況

読了までの目安時間:約 3分

 

モズカッチャン

ディアドラ

ソウルスターリング

ミッキークイーン

4歳世代は当初から、牝馬のレベルは高いとされていた。

だから、皐月賞もNHKマイルCも人気になったのは牝馬。思い返せば、朝日杯だってミスエルテが断然の支持を集めていた。

勝ち負けに関係なく、その路線において牝馬が中心視された場合、彼女たちが本来の路線に戻った瞬間、その本質が牡牝それぞれの部門で顕在化する。

総じて人気馬、直前の内容が悪かったレーヌミノルとて重賞圧勝の記録があったGⅠの3着馬だから、結局、本当に怪しい結果に終わったのは朝日杯だけだったのだ。

古牡馬相手に同期の牡馬は即通用。

牝馬は絶対に好走できるだろうという流れは、すでに10月の時点で作られつつあったので、モズカッチャンの実績を考えたら、エリザベス女王杯で強かった内容は、納得の結果だったように思う。

その他諸々、そこには3歳のトップホースも出ていたが、どの馬もその前に上がってしまった印象は拭えない。

問題は、何故か?ミッキークイーンが現役続行を意思表示せずに自然と6歳シーズンに入っている点。

怒涛の追い込みにファンは唸ったようだが、散々差し損ねを繰り返してきた彼女を徹底分析していた筆者は、前年以上に有馬で結果を出すことは不可能と思っていた。

あの時は内から抜け出し、器用さも見せていたが、昨年はそうではなかった。

ハイレベルではないが、才能は他にもいる。

一度揉まれて、掛かる競馬も経験したヴィブロスの成長力も見逃せないし、マイル近辺だったら当然、アドマイヤリードやアエロリット辺りもマークしないといけない。

ヴィクトリアマイルは目標にすべきレースではあっても、得意条件というクラシック組がほとんどいないのが問題となってきた。

3歳時の活躍があまり重要ではない結果となった昨年のエリザベス女王杯で、もう一度、今までのことをリセットしないといけない不思議な展開が、この春に起きるかもしれない。

例年にも増して、距離適性が明確に結果に影響する流れは、今年も引き継がれる可能性がある。

秋の女王より、春に連続好走していた組は、要注意だろう。

 

コラム   コメント:0

新馬回顧<1/27・28>

読了までの目安時間:約 3分

 

渋残りの土曜はダート戦のみ新馬も、3場全てで行われた。

時系列順で、

京1200<稍> シヴァーニ 好位抜け出し3馬身差

父ファーストサムライはジャイアンツコーズウェイ直仔、1.2倍の支持に相応しいレース内容。

東1600<不> プリンセスノンコ 3角前では先頭で7馬身差

父オーブはエーピーインディ直系でマリブムーンの産駒、バランスの取れたチャンピオン配合でルメールもここから本領発揮。

中1400<稍> ダニエル 最後は人気3頭の争いも終始主導権を握って好位抜け出し

父ハードスパンも、以下ゴーンウエスト-デピュティミニスター-シアトルスルー直仔シアトルソングという名種牡馬の並び、底力はある。

寒さが際立つ季節であること以上に、雪で湿った砂に凍結防止剤を混ぜるから、コンディションは極めてタフ。

まずは良馬場での馬の反応を見ておきたい。

日曜もダート戦が行われた。

東京1400の不良馬場で行われたレースは、好位から抜群の手応えで抜け出した伏兵評価のゴールドヘイロー牝駒・オータムヘイローが、人気勢の追撃を凌ぎ切った。

小柄で時計平凡も、穴では怖い。

東西で芝の新馬も開催されたのだが、1番人気の明暗はくっきり。

東1800で人気の馬の競馬をして、底力を示したフィエールマンは、ディープ産駒ながら、フランス血統の重厚さが母リュヌドールからかなり伝わったのか、キレ馬ではない雰囲気。速い流れに慣れるまでは…。

スタミナ型というわけではないだろうが、軽い馬場は合わなさそう。

一方、マンハッタン産駒でブロードアピールの孫という良血が飛んだ京1600戦は、マンハッタン牝駒でゴール前キレたアシュリンが制した。

ハーツクライ、オルフェーヴル牡駒を抑えての勝利。実はまだ、どの陣営も勝負気配ではなかった可能性もある。

その意味で、大型馬の1番人気・ダブルフラットも、古馬デビューの祖母に倣って、じっくりと育ってほしいのだが、角居厩舎だしなあ…。

どこかに転厩してから、本領発揮と行きたい。ダートもいけるだろうが、キレない馬でもなさそう。

 

タグ :   

レース回顧   コメント:0

シルクロードS -回顧-

読了までの目安時間:約 3分

 

昨年2着でその後GⅠ馬になったセイウンコウセイが、しっかりとした流れを作ったことで、阪神巧者で終始手応えが良かった最内枠のファインニードルが、直線では楽々の抜け出し。

直前人気を集め1番人気に支持されたダイアナヘイローが、スプリンターズSに続いて案外な内容に終始したのとは対照的に、12着馬と11着馬が意地を見せた。

最先着の2頭が、そのまま上位争い。

牡馬に関しては、極端な斤量にならない限り、58とかでも来てしまうことがあるレース。

餅を食べすぎたか、プラス18kgだったファインニードルだが、明けて5歳、今まで以上に力強い走りで、再びのGⅠ挑戦を堂々と宣言するのであった。

今年は近2年、その前からも成功例の多かった、本番まで余裕のあるローテを活用しようと、有力馬が斤量面と相談しながら、かなりの数登場してきた。

本番の斤量設定と同じ57で昨年の高松宮記念の優勝馬を置き去りにしたファインニードルは、元々阪神が得意だったくらいで、中山でも勝っている馬。

京都はこれが3勝目だったが、窮屈な内回りコースでしか勝っていない。

だから、唯一の中京戦が3歳時に、全くレースにならず敗れたからといって、全くノーカウントというわけにはいかない。

中京平坦時代から、ここで快勝してしまう馬は、本番での成績があまり芳しくないケースが多い。

思い切って、差しに転ずることも考えた方がいいかもしれない。

今回、外からグイグイ伸びてきた馬がいたので、上がりの脚は目立っていなかったが、極端なバイアスが出やすい時期の京都開催。

回ってきたコースの分を差し引いても、走破タイムの差と上がりの数値を合わせると、良馬場だったから、内容的には上がりも断トツ勝ち馬が優秀だと言える。

今まではそれができなかったが、もういけるはず。かつてのロードカナロアもそうだった。

 

レース回顧   コメント:0

根岸S -回顧-

読了までの目安時間:約 4分

 

東京巧者同士による壮絶な叩き合い。

伏兵サイタスリーレッドの猛烈な先行ペースにより、先行馬は全くの用なしの展開。

少頭数ながら、ある意味、重馬場に回復したことで、凍結防止剤のよる影響がちょっと解消されたのか、元よりハイレベルのレースになりやすいGⅠ前哨戦ではあるが、日本レコードに並ぶ1:21.5というびっくりするような決着で、実力上位のノンコノユメが久々の勝利を挙げた。

3歳秋の東京、稍重の武蔵野Sでレコード級のハイレベル決着を自慢の追い込みで勝ち切ったあの時と似たような馬場コンディション。

去勢手術もあり、それはスランプが原因といいつつ、長らく気性面に課題のあった馬が、今回初めてマイル未満の距離を使ってきた。

本命馬は自身と同じく、3歳春のユニコーンSを快勝していたサンライズノヴァ。

絶好調男の戸崎圭太が鞍上。

雌伏の時を経て、俺がやってやるんだとハナ勝ちを決めた要因は、今回が初コンビながら、陣営も勝負手に選んだようなところのある内田博幸騎手のファイターぶりに、最後の勝負も覚悟で一発を狙った、作戦勝ちのようなところもある。

元より、トワイニングが父で、ダート専門の牡馬とは思えない小柄な馬体だから、名前に見合った決め手勝負の馬として育ってきたわけだが、頭打ちは案外早い段階で訪れ、先述のように、2年超えの渇望した1着ゴールとなってしまった。

もっと早くと思いつつ、短距離では中距離路線よりもっとマッチョマンの巣窟といった趣。

大きな脚部不安があるわけではなく、若いうちに色々と課題をドンドンクリアしていってしまうと、クラシック戦線でもよく見られるような、燃え尽き症候群に苛まれることもよくある。

結果だけ見れば、2年前のフェブラリーSでも猛烈なハイペースから、怒涛の追い込みで2着まで押し上げてきた馬。

日本のダート競馬の中では、極めて特殊なポジションを形成するフェブラリーSへ向け、若い馬圧倒的有利の構図をまるで無視するように、優先出走権の発生する2レースは、6歳の同期が勝ち分けた。

復活なった馬と、今こそ、最高の自分で勝負できる挑戦者。

色合いこそ異なるが、スピード色の強い馬が、怒涛の二桁GⅠ勝利馬の地方行脚も過去の話となった今、最高の晴れ舞台に、力を出し切れる状態で挑めることは、何とも喜ばしい。

ハイペースになり、自分の形には持ち込めたサンライズノヴァは、何も責められることはない。

時計面への不安はもともとなかったわけで、3走前、良馬場の同コースで叩き出したレコードタイムに迫る内容を、再度、同じ舞台で示したことは、4歳馬だからこそ、強気になれる。

相手が58だったから、時計勝負で最後に競り負けてしまった点は残念ではあるが、この日のノヴァに、カフジテイクなど、1400巧者の同型脚質のライバルに負けるような気配は一切漂っていなかった。

ローテは厳しくなるが使える状態なら、本番ではむしろ、総合力で6歳勢を逆転、チャンピオンズC1、2着馬とも肉薄できる格を、負けながらも、勝ち取った印象を受ける。

連続好走は、ダート馬本格化の最大の根拠になる。

ちょっとキレ味が最近冴えないカフジテイクは、もうここは短いように思う。

時計を自分で出せるようなサンライズノヴァとは違うタイプ。

同じ流れを良馬場で、テイエムなどがつぶれる展開では、それこそ、もっと元気だったころのノンコくらいの脚は使える。

この上位3頭は、馬場状態如何では、全く得意条件が異なることもあり、取捨は丁寧にした方がよいだろう。

 

レース回顧   コメント:0

根岸S -予想-

読了までの目安時間:約 4分

 

どうしても狙いたい馬というのはいないが、ダート重賞では滅多にないフルゲート割れの14頭立てで、本番にはあまり繋がりそうもないメンバー構成。

いや、ここで勝てば再度浮上のメンバーはいても、むしろ、厳しい展開のマイル戦の方が向いていそうな馬だから、ちょっと本線では狙いにくい。

というか、楽しみを取っておきたい、というのもある。

ノボバカラから入りたい。

4歳時に暖かくなった頃から一気に力をつけ、その年にまとめて重賞を3勝したのものの、昨年は体調が良くなかったか、走る気に問題でもあったのか、盛岡の南部杯で一度激走した以外、ほぼノー感じの負け方。

ただし、オープンクラスに上がってから得意距離とした1400M戦で、実はほとんど走っていなかったのも事実。

昨年はまるでレースにならずに殿負けのこの馬だけに、同じレースで狙うのはどうも筋悪の気配も漂うが、そのショックが陣営のちょっとした勘違いを誘った可能性も戦績から見て取れる。

一息入れて、ずっと使いたかったのか、夏のスプリント路線に乗せて2戦、最初の高速決着の函館スプリントSこそ驚異の上がりで脚力を示したが、それでおしまい。

マイルの距離でやや時計の出やすい盛岡の南部杯で走れた根拠は、函館での芝の経験もあったのだろうと思えるが、4歳時に1400重賞2勝した後、タイトな展開を作って逃げ切ったカペラSなど、思われているよりずっとタフな展開を好む傾向があるので、昨年ドスローで惨敗のこの根岸Sなどは当然度外視できるし、1200ではちょっと忙しすぎる雰囲気も出てきた馬だけに、本来得意の条件で一発を期待するのも、案外面白みがあるように感じる。

若い頃には騎乗していた北村騎手が鞍上。

それが前回からの再結成で、強気に押した方がいい面を素直に引き出すかは不明な点も多いが、妙に折り合い重視を狙って失敗を続けているモンドクラッセがいるくらいで、多少のプレッシャーはむしろ歓迎の彼だけに、楽々先行の図も望み薄ではない。

前走は中山の割に速くはなく、それを途中から追い上げていっての展開はさすがに中途半端だったと感じているはずだから、引く手は考えなくていいだろう。

ノーザンダンサーの3代続いた継続クロスに目を惹かれがちだが、その奥にある異系色の強い血が多く、主流偏重の現在では非常に珍しい配合と言える。

そういう馬は、突如として走る気のスイッチが入ったりする。

◎ノボバカラ

○ベストウォーリア

▲ラブバレット

注カフジテイク

△キングズガード、サイタスリーレッド、サンライズノヴァ

地方馬は例年より遥かに強力。本命と血統構成が似ているラブバレットの方が、この条件に合いそう。

あとは、フェブラリーSでは狙いたくない順で有力馬を押さえていく。

カフジテイクは相手筆頭でもよかったが、どうも武蔵野Sを見ていても、今はマイル以上の方に向きそうな気がしてならない。

今は先行激化の展開の方が歓迎の可能性がある。

 

レース予想   コメント:0

シルクロードS -予想-

読了までの目安時間:約 3分

 

色々と狙いは考えたのだが、寒いし、フルゲートだし…。

普通は買いたくないが、徹底先行型の存在もない。

牝馬には厳しい55でも、55.5をこなした重賞級は何頭も登場している。

実に情けないスプリンターズSの内容だったが、その前の北九州記念は、53で押し切れたというほど中身がなかったわけではない。

先行馬には厳しい馬場状態は見込まれるが、ダイアナヘイローはどうも堅そうだ。

前走は、逃げたくはないという鞍上の意思もあって、結局思い通りに競馬できなかったわけだが、条件戦の頃は強気に前に行ったわけでもないのに、33秒台前半の脚を前半で使いながらの押し切り勝ちもあった。

北九州記念も32.8-34.6という、重賞でも最近あまり見かけないハイペースでの先行抜け出し。

そんなレースだから、やや揉まれて力を出し切れなかったファインニードルなどは、すんなりしたレースで次走のセントウルSを快勝している。

得意不得意はあるにしても、殊この条件なのだから、スピードで勝負が決した時は、素直に勝った方を上位に取るべきではないだろうか。

初GⅠでそれができなかったくらいで、いきなり休み明けということで割り引きしすぎるのもおかしな話。

実質同斤の2kg差は、相手は乗り替わりの状況も加味すると、北九州記念の軽い斤量同士の差よりは大きくなることもあり得る。

キングヘイロー×グラスワンダーに、サッカーボーイ一族のロイヤルサッシュ系という血統構成。

丸2年で冬季4戦1勝は、データとしては使えるレベルかもしれないが、意外と冬が合う馬は多い配合に思える。

先行型なら、鉄砲も利く。

◎ダイアナヘイロー

○セイウンコウセイ

▲ロードクエスト

注ナックビーナス

△カラクレナイ、ファインニードル、ミッキーラブソング

頭数が多いから気になる馬は多いが、この時期、この馬場でというタイプは押さえないといけない。

 

レース予想   コメント:0

フェブラリーS展望

読了までの目安時間:約 3分

 

フェブラリーSは、一連の地方のGⅠ戦線とは、基本的にはリンクしない。

直前行われる川崎記念など、今やドバイ前哨戦の使い分けされる舞台であるから、関連性はなかったに等しいものが、今では完全に古豪のためのレースとフレッシュなスピード型の晴れ舞台というわかりやすい棲み分けが図られることになった。

格は高いが、事前の結果に質の高いレース内容は必要でも、主な実績のようなものはあまり重要とはならない。

同時に、コパノリッキーが平凡な時計で連覇しているのが唯一の記録であるように、地方では頻発する連覇、時に3連覇といった記録がまるで出現しないこのフェブラリーSは、ダート路線の中で非常に新陳代謝が促進されやすいレースであることも、しっかりと押さえておかねばらない。

筆者は、やや平凡な展開ながら、このレースを連覇していたコパノリッキーの先導で、それを楽に走らせつつも、中央の舞台だからという理由ではなく、力でねじ伏せた印象のゴールドドリームとテイエムジンソクが、順調であれば、ほぼ間違いなく順当に上位争いを展開するだろうと想定している。

そもそも、ゴールドドリームは血統のイメージ以上にやたらとテレンコな戦績だから、全くもって信用ならないキャラクターなのだが、殊、東京マイルの実績は群を抜いて安定している。

一番強い相手に、自分の走りをして力で抑え込む。

地方の小回りは大井でさえも手こずるタイプ。ちょっと絞って出てくれば、たちまち本命馬である。

テイエムジンソクは、あの展開で負けてしまったのは心残りだろう。

元より、大変に2、3着が多い馬。本格化したからといって、本質的なよいしょ精神が一変するわけではない。

ただ、自分より強い馬、実績が上の馬に負けたこと、競り勝ったことを踏まえれば、この6歳馬の躍進は、実に頼もしいものがある。

下級条件ながら、中京で背負った57は何度も経験していたことが、即通用の結果に繋がったのだろう。

クロフネの大記録に挑めるのは、彼だけなのかもしれない。

中京で不発、ここ2年フェブラリー1番人気の追い込み2頭は、調子は悪くなさそうだから、一発を秘める。

 

レース予想   コメント:0

新最強世代列伝

読了までの目安時間:約 3分

 

’01<新最強世代の血統力>

クラシックホース

テイエムオーシャン

レディパステル

アグネスタキオン

ジャングルポケット

マンハッタンカフェ

(メジロベイリー)

(クロフネ)

フ0 高2 大- 春1 V- 安1 宝1 ス2 秋0 エ0 マ0 J1 チ1 有1

若いうちに1勝、というのが特長。

3歳でJC、有馬にプラスワンがポイントとなる最強世代の指標は、歴史的強力コネクションたるオペラオー-ドトウコンビの解消を図った秋の2勝で、堂々クリア。

また、それら全てが2、3歳GⅠの覇者を生んだ。

瞬間的に、まさしく刹那に輝く才能の宝庫であったこの世代のトップホースは、それこそ短距離組を除くと、ものの見事に4歳秋以降のタイトルに縁なしという結果。

現役生活に別れを告げる馬は、すなわち、この世代の領袖であったというのが、大レースごとに登場し、ダンツフレームに勢いがなくなると同時に、後記する02クラシック世代の勢いに呑まれていった。

その影響なのか、頗る仔出しがいい。というか、素晴らしすぎた。

アグネスタキオン

皐月賞 キャプテントゥーレ

東京優駿 ディープスカイ

桜花賞・有馬記念 ダイワスカーレット

ジャングルポケット

優駿牝馬 トールポピー

菊花賞 オウケンブルースリ

天皇賞(秋) トーセンジョーダン

マンハッタンカフェ

天皇賞(春) ヒルノダムール

大変珍しい、同世代種牡馬による旧八大競走完全制覇を、クラシックホースだけで成し遂げているのだ。

無論、芝短距離にツボを持つ万能スピード型・クロフネも外せない。

ダート馬は渋っていると強いが、良馬場でタフな展開など、地方兼用の馬が少ないから、一流馬となると数の割に芝ほどは出てこない。

つまり、純粋にスピード型なのだ。

ショウナンカンプもGⅡ馬を出し、ビリーヴはアメリカ産の良血馬が3頭活躍した。

まだ、孫の世代の活躍は限られているが、誕生から25年前後が成否の判断のポイント。

世代レベルの高かったヒルノダムールやトーセンジョーダンは、評価の割に、意外な大物を出すかもしれない。

タキオン系とクロフネ系が主軸になったとして、牡馬の活躍馬を増やすための血の確保も忘れてはいけないから、こちらは少々時間がかかる可能性はある。

 

コラム   コメント:0