意外性の京成杯組

JUST競馬予想ブログ

平成の出世レース

読了までの目安時間:約 3分

 


フェアリーS

'17②アエロリット

*<2歳重賞・1200M時代>

'05①ダイワパッション→エポカドーロ<父オルフェーヴル・'18皐月賞>

'02②ソルティビット→アパパネ<父キングカメハメハ・'10牝馬三冠等>

京成杯

'10①エイシンフラッシュ<同年東京優駿・'12天皇賞(秋)>

'09②ナカヤマフェスタ<'10宝塚記念>('10凱旋門賞②)

'08④リトルアマポーラ<同年エリザベス女王杯>

'04③キングカメハメハ<同年東京優駿・NHKマイルC>

日経新春杯

'17①18④ミッキーロケット

'16②シュヴァルグラン

'11⑩12④ビートブラック

'11①ルーラーシップ

'01①ステイゴールド

マイルになってからのフェアリーSが、中山の金杯に代わって、怪しいレースの一番手になっているのに対し、昨年もジェネラーレウーノが厳しい流れからの押し切り勝ちを決め、後の活躍に繋げたように、厳しい戦いをしてきたメンツが、距離延長で結果を残しているのは、一つの特長だろう。

ちなみに、例年同日開催の日経新春杯は、昔から、コンスタントにGⅠ好走馬を送り込む名物重賞。

たまに事件が起こるのも、それはこの時期だから仕方ないと皆が納得することも多く、AJCCよりレース水準は安定している。

さて、古くはTT対決に水を差して、鬼神・加賀武見をダービージョッキーにしたパートナー・クライムカイザーが制した京成杯に注目してみたい。

あくまでGⅢである上に、今は直前にホープフルSがGⅠとして開催されるようになったから、重要度はかなり低下の様相も、より先鋭化したスペシャリストの輩出が、今後も期待される。

初遠征と時計勝負に敗れたキングカメハメハは、自身の活躍より、現状の競馬界に与える血統力の影響に驚くことばかりなのだが、ここに挙げた4頭だけでも、サイドストーリーも含めた濃厚なドラマが作り出されている。

勝った馬の活躍は限定的なものに止まるが、ここで評価を得るきっかけさえ手にできたなら、その後は自由に走ることができる。

若馬の消耗が少ないことが、プラスに働いていることの何よりの証左ではなかろうか。


* * * * *

【特集】 誰でも同じように再現できる、10万馬券の取り方


無料で利用できる評価の高い指数を使い、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍(10万馬券)以上の配当をGETする方法を掲載しました。
(下記は2019年、3連単1000倍以上の的中例から抜粋)
03/03 阪神12R 200,880円 的中
02/16 小倉01R 153,140円 的中
02/09 小倉06R 109,670円 的中
02/03 京都11R 141,960円 的中
02/02 京都03R 212,970円 的中
01/27 中京09R 185,870円 的中

 ↓ ↓
「10万馬券の取り方」解説ページ

 

コラム

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方