日本人騎手vs外国人騎手

JUST競馬予想ブログ

赤マムシを見つけろ

読了までの目安時間:約 3分

 

今はとにかく、日本人騎手に活力を取り戻してもらいたい。

例えば、金杯にまつわる元気になる話。

肝心のルメール、デムーロは不参戦だったわけだが、マーフィー騎手以下、それなりのメンツは登場した。

それでも、2014年にベリー・ルメールが同時ジャックし、前年はルメールが、翌年はベリーが、京都、中山で連覇した以外、熱量の度合いもあるのだろうか、外国人騎手が勝っているという記録は、少なくとも、今世紀に入ってからはない。

あとは、あのペリエ騎手が京都金杯で2勝したのみ。

その'95・'98・'13・'14・'15年に、何が起こったかを再調査したのだが、

フジヤマケンザン<香港国際C・GⅡ>

シーキングザパール<モーリス・ド・ギース賞>

タイキシャトル<ジャック・ル・マロワ賞>

ロードカナロア<香港スプリント>

ジャスタウェイ<ドバイデューティF>

ジェンティルドンナ<ドバイシーマC>

モーリス<香港マイル>

何かが起こる吉兆。歴史の扉が開かれるシーンと見事にリンクしている。

では、日本人騎手は1月に何を成すべきなのか。

2001年以降の1月開催の重賞レースで、外国人騎手が1度も勝っていないレースはひとつだけ。

'17年は、近年では珍しく、JRA所属の日本人騎手がパーフェクト。

2回京都開幕週に移ってからのシルクロードSのみ、外国人騎手は勝っていない。

15年前にスボリッチ騎手がキーンランドスワンで勝っている以外、ここは不毛地帯だ。

'04年はキングカメハメハ、ハーツクライのクラシック世代で、ウオッカ、ダイワスカーレットが産まれた年ではあるが、武豊、四位騎手らが後に運命を変える馬に出会うことと、妙なリンクする重賞制覇がこの月はあった。

池江厩舎のグレイトジャーニー、アグネスデジタルとウオッカの間を繋いだシルクフェイマス。

では、'17年は。

和田&ミッキーロケットのコンビで、稍重の日経新春杯を制覇。

根岸Sで、戸崎騎手の馬を差し切ったカフジテイクに騎乗した福永騎手。

オカルト的なようで、競馬の真理が具現化したシーンにも映る。

1月までは、大物の短期免許取得も少ない。

今年は外国人1人1勝で3重賞を制覇。重賞2勝・北村友一は特注だ。



* * * * *
  
【特集】誰でも再現できる、300倍~1000倍以上の配当をGETする方法とは?


競馬指数を使い、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍以上の配当を狙い撃つ『裏ワザ』を考えてみた。

※2019年6月の3連単的中例より
06/29 中京03R  63,010円 的中
06/29 福島12R 124,470円 的中
06/29 函館01R  47,670円 的中
06/23 阪神05R  82,270円 的中
06/23 東京08R 440,140円 的中
06/22 東京01R  40,950円 的中
06/02 阪神12R 103,850円 的中
 ↓ ↓
「10万馬券の取り方」解説ページ

 

コラム

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方