競馬予想ブログ

競馬予想ブログ JUST

3歳快走記

読了までの目安時間:約 3分

 

マイルCSも有馬記念も普通だったが、別の3GⅠで輝いた前3歳馬は、ちょっと違う。

 
マイルCS南部杯

ルヴァンスレーヴ

挑戦者が報われてこそのスペシャルマッチ

そこにはゴールドドリームがいて、人気も当然、そちらの方が上。

フレッシュさで3歳馬が上回っていたのは間違いないが、連戦に耐えられるタイプではないゴールドが、戦前の評価上位はごく自然な流れであったはず。

それを正攻法の抜け出しのイメージがないルヴァンスレーヴが、自分をマークさせて、最後は突き放したのだ。

見た以上の楽勝であり、中京の勝利に一点の疑いなどない。

これまで以上に完璧な競馬ができるようになっていた。

 
菊花賞

フィエールマン

キャリアの問題よりディープが勝った意義

どんなにスローでも、レースの上がりが33秒台にはならないが、出走馬の半数近くが33秒台の上がりを繰り出していた。

1800のみのキャリアもその圧勝馬やその重賞勝利馬が勝ってきた歴史を考えると、サクラスターオーの例を取り出すまでもなく、休み明けが軽視の対象になるのもまたおかしい。

だから、散々これまで蹴散らされてきたディープ産駒が勝利したことの価値を、再評価すべきなのである。

ダンスインザダークが誰も使えない脚で抜け出してきたように、フィエールマンもまた、ディープの万能性と底力を示したのである。

 
ジャパンC

アーモンドアイより父ロードカナロア

アルカセットはキングマンボ直仔

ホーリックスの2着オグリキャップはネイティヴダンサーの孫

日本の看板レースたるジャパンCの権威失墜は、語ることさえ憚れる惨状ではあるが、質が低下したわけではない。

面白くないだけなのだ。

それに引き換え、ネイティヴダンサー系が輝いたこのレコード決着の3戦は、JCらしくて魅力的である。

誰かと誰かを引き合わせるためのレース。

ハーツもオグリも、あの負けがあるからあの有馬があるのだと思う。

キセキに期待するは、今年の快走だろう。

同時に、そんな才能を同時に送り込んだ祖父キングカメハメハとその仔ロードカナロアにルーラーシップを讃えようではないか。

特にロードカナロアは、母父ストームキャットさえも凌駕する凄味を醸し出している。



* * * * *

当ブログ(馬券名人養成プログラム)考案!
誰でも簡単に、買目40点前後で【10万馬券】を的中させる方法

無料で利用できる実力No.1の競馬指数を「裏ワザ的」に使い、誰でも同じように、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍(10万馬券)以上の配当をGETする方法を考えてみた。以下は2020年の主な的中例。

03/14 中京08R 110,900円
03/01 中京11R 120,410円
02/22 小倉11R 138,520円
02/22 小倉02R 242,310円
02/15 小倉04R 128,390円
02/09 京都10R 235,550円
01/25 中山11R 128,750円
01/13 京都11R 176,940円
01/12 京都11R 103,880円
01/06 京都07R 117,580円
 ↓ ↓
10万馬券の取り方 解説ページ

 

コラム

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

競馬予想会社の正しい探し方