競馬予想ブログ

競馬予想ブログ JUST

未来を変える力 【騎手論】

読了までの目安時間:約 3分

 

藤岡佑介

驚きのシーン

ケイアイノーテックでの初GⅠ勝ちと、復活なったスマートオーディンとの阪急杯が印象深い。

昨年の重賞勝利は全て3番人気以下でのもので、この2頭も例外に漏れず。

裏を返せば、1番人気には応えられていないということで、6年以上も1番人気での重賞勝利はないのだ。

その驚きについて、本人がどう考えるか。

出会いにまだ恵まれていない点は、北村友一騎手と似ている。

 

クリストフ・ルメール

今年のベストライド

オーシャンS モズスパーフレア

11.4-21.5-32.3-43.7-55.1→1:07.1

武豊が前走で、

32.8-34.2→1:07.0

という能力を示したことが、彼らの指標であり、目的意識がテンのハイラップを生んだのだろうが、無理に行ったわけではないので、位置取りの厳しさが出た分の勝ち時計の誤差が、極めて小さかった点は、騎手として誇れる。

この日はその前後で色々なことが起きすぎたが、今週からはちゃんと働いてもらいたい。

 

武豊

リーディングを2か月間守った要因

ペース判断と折り合わせる技術は語るまでもないとして、トップランナーになった理由の一つが、ローカル騎手並みに逃げ切りが多いということ。

正月の7日間で、8勝中6つが逃げ切り。

逃げない方がいい馬がお手馬だったのが、逃げた方がいい場合が増えたと考えることもできるが、本質的に、上手に乗れないと逃げ切れないもの。伏兵での逃げ切りは、今年は一つしかない。

 

坂井瑠星

野中悠太郎

藤田菜七子

藤井勘一郎というジョーカー的ルーキーの登場で、例年より層の厚い新人世代が出現するも、2月の東京開催辺りから、この若手3人の評価が上がっている。

洗練されただけではなく、坂井の人気馬での好走率、野中の穴馬の馬券内率、藤田のキレの引き出し方の安定感が、それぞれ増加の印象。

異世界の経験値だけによるものではないだろう。坂井君に、皆早く追いつきたい。

 

川田、岩田がまずまずなのを褒めても仕方ないから、追記では西村淳也騎手を挙げておく。

小倉での大活躍を機に、勝率がトップテン内レベルに上昇。50勝したら、再度分析したい若手である。

連対率、勝率とも1割台の時もあった。



* * * * *

当ブログのメイン予想をメルマガで【前日先行】配信

当ブログの重賞レース予想は、下記のように大穴馬券をコンスタントに的中させております。2019年的中例
11/9 武蔵野S◎-▲で馬連2万1,070円
11/4 アルゼンチン共和国杯◎→△で馬単5,590円
9/16 セントライト記念◎-▲-△で3連複1万0,190円
8/31 札幌2歳S○→△→◎で3連単8万9,460円
8/10 エルムS◎→△で馬単1万4,490円
7/7 七夕賞○→▲→◎で3連単17万2,290円
 他に、マーメイドS 馬単3万3,680円、日本ダービー 馬連1万1,200円、CBC賞 3連単1万6,300円なども的中。


G1などメイン予想は無料メルマガ「馬券名人養成プログラム」で土曜日に先行配信しております。

メルマガを無料登録する

 

コラム

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

競馬予想会社の正しい探し方