巻末大盛り上がり現象の怪

競馬予想ブログ JUST

「リスグラシューのステイゴールド化」など、巻末大盛り上がり現象の怪

読了までの目安時間:約 3分

 

2019年を振り返ると、例年以上に総決算的レースの盛り上がりが異様だったことが挙げられる。
例えば、

グランプリ<リスグラシューのステイゴールド化>

ドバイには行かず、香港に行ってからその後のことを考えたいと陣営は思っていたのだろうリスグラシューは、2度目の香港を経て、更なる成長を見せる。

まず、父ハーツクライがそうであったように、変なコースの攻略で重要になる先行力を得たのだ。
モレイラが教えたわけでもなく、武豊が乗っていた頃には叶わなかったテクニックの習得。
これをベースに宝塚記念圧勝から、下げ方に自在度が増して、理想の差し切りであとの2戦も圧勝。

有馬記念は出走馬で唯一、最後まで脚が残っていた。
好条件が重なれば最強のステイゴールドとその代表産駒たちのパフォーマンスと、あまりにもそっくりであった。
これが牡馬ならば、最良の後継種牡馬だったのだが、それ以外は最強牝馬のパフォーマンスである。

香港<ダノンスマッシュだけ置いてけぼり>

まだ春の香港マイル路線には、生ける伝説たるビューティジェネレーション殿がいたが、勝てそうだったQEⅡはウインブライトが快勝。

彼は香港カップもアーモンドアイの代打を引き受け、結果を残した。
スプリントだけ負けた、ということだ。
マイルもヴァーズも、本来の力を出せれば…、というメンツが力を出した。

でも、スプリントには今はタワーオブロンドンやグランアレグリアなんかもいるわけで、未来は明るい。

渋淀の歓喜<時計が掛かってもいいはずの一戦>

秋華賞は悲願のタイトル奪取のクロノジェネシス、菊花賞は遅れてきた高馬・ワールドプレミアの初重賞制覇もセット、エリザベス女王杯の古馬戦初勝利となったラッキーライラックまで、軽くない馬場を味方にした格好だった。

思えば、春は高速決着ばかり。消耗なしのワールドプレミアは当然だろうが、守備範囲外の結果で抵抗を見せた名牝2頭の秋の戴冠は、時計が掛かる京都という新トレンドにピタリと適合したオールラウンダーの底力の一端を見た瞬間でもあった。

↓【注目】白山大賞典の無料買い目公開中!
人気ブログランキングへ



* * * * *

当ブログ(馬券名人養成プログラム)考案!
誰でも簡単に、買目40点前後で【10万馬券】を的中させる方法

無料で利用できる実力No.1の競馬指数を「裏ワザ的」に使い、誰でも同じように、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍(10万馬券)以上の配当をGETする方法を考えてみた。以下は2020年の主な的中例。

03/14 中京08R 110,900円
03/01 中京11R 120,410円
02/22 小倉11R 138,520円
02/22 小倉02R 242,310円
02/15 小倉04R 128,390円
02/09 京都10R 235,550円
01/25 中山11R 128,750円
01/13 京都11R 176,940円
01/12 京都11R 103,880円
01/06 京都07R 117,580円
 ↓ ↓
10万馬券の取り方 解説ページ

 

コラム

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

競馬予想会社の正しい探し方