牡馬クラシック戦線【2020春】総括

競馬予想ブログ JUST

牡馬クラシック戦線【2020春】総括 ~ コントレイルは限りなくトウカイテイオーに近い存在と捉えていたが…

読了までの目安時間:約 3分

 

ラウダシオンとサリオスは、朝日杯を前に2つ勝っていた。

おかげで、本番の結果に関わらず、使いたいレースを絞ったり、勝てない可能性もあったレースを使ったり、そういう作戦を立てて、結果としては上々の春シーズンを戦うことに繋がった。

 

重みのあるタフな展開や道悪の経験値は、順調度というより、戦うために必要な要素として、今後も重要視されるであろう。

時計を持っていたサリオスは、見た目の時計などより、ずっと厳しい経過を辿って、人馬とも現状の理想形を体現した。

ラウダシオンは何度も敗れたし、NHKマイルCもレシステンシアの凡走にも近い状況が味方したが、重・不良馬場で③①②だったから、朝日杯完敗でも、しっかりとした根拠を持って再度登場のGⅠで結果を残せた。

騎手も評価されて当然だが、彼らのパフォーマンスを正当に評価すべきだろう。

 

ところで、2017年4月1日生まれのコントレイルは、一体何者なのだろうか。

まだ細い体で新馬戦を完勝後、福永騎手騎乗停止でムーア騎手が押して押してみたら、伸びしろを残して毎日王冠級の好タイムを叩き出した東スポ杯。

内枠の戦い方を、以降の日本競馬の根幹GⅠで楽にマスターし、ダービーはサリオス待ちのような態勢から、あと1馬身ほどまで迫られてから、結果的に3馬身つけてしまったポテンシャル。

 

限りなくトウカイテイオーに近い存在と捉えていた筆者だが、レオダーバンとサリオスの力の差は、現状の実績では歴然である。

コントレイルが強い競馬をするほど、強い馬がついてくる。

ヴェルトライゼンデやガロアクリークなど、不得意とされた中山で完敗の面々も、ダービーで頑張っている。

スマートな競馬なのに、内面はとても狡猾。

菊花賞を楽しむのも手だが、その次に何を捉えるかが重要であり、ジャパンCや有馬記念を狙うには理想のキャリア形成なのだから、菊花賞でスターオーのような…、とはしない予定。

関西馬のくせに、京都初出走が菊花賞になる彼の事。消耗とは無縁のスリムボディの研鑽により、あり得ないことがこの秋以降も巻き起こるのである。

父は京都を使っていたが、あの若駒Sは当時も今も、内回り使用のレースだ。

↓【注目】園田プリンセスCの買い目公開中!
人気ブログランキングへ



* * * * *

当ブログ(馬券名人養成プログラム)考案!
誰でも簡単に、買目40点前後で【10万馬券】を的中させる方法

無料で利用できる実力No.1の競馬指数を「裏ワザ的」に使い、誰でも同じように、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍(10万馬券)以上の配当をGETする方法を考えてみた。以下は2020年の主な的中例。

03/14 中京08R 110,900円
03/01 中京11R 120,410円
02/22 小倉11R 138,520円
02/22 小倉02R 242,310円
02/15 小倉04R 128,390円
02/09 京都10R 235,550円
01/25 中山11R 128,750円
01/13 京都11R 176,940円
01/12 京都11R 103,880円
01/06 京都07R 117,580円
 ↓ ↓
10万馬券の取り方 解説ページ

 

コラム

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

競馬予想会社の正しい探し方