競馬予想ブログ

競馬予想ブログ JUST

2015年 クラシック②

読了までの目安時間:約 2分

 

何だか一気に勢力図が書き換えられてしまったから、戸惑うことばかりである。ただし、GⅠ馬が弱いわけではない。
川崎で激走したディアドレムも、斤量差があった割に、ヒヤシンスSでは見せ場を作って4着。ただただ、勝った馬があまりにも強かっただけのこと。

キャットコイン<クイーンCを正攻法での抜け出し>
クルミナル<エルフィンS快勝>
らは、例年なら急進勢力として、相当の評価を受けて本番に向かうはずなのだが…。
同じ無敗でも、ルージュバックは、あまりにも軽やかに出世レースを疾駆していたから、疲れる理由など微塵も見つからない。
歴代の「牡馬」のきさらぎ賞優勝馬を思い起こせば、桜花賞での評価は想像するまでもない。

ドゥラメンテ
リアルスティール
ら、共同通信杯好走2頭は、重賞初挑戦で見事賞金加算に成功。例年なら、きさらぎ賞好走のポルトドートウィユなども堂々としていればいいのだが、牝馬に負けたからではなく、決定的な差をつけられてしまったことが、賞金加算の勝者であることよりも悩ましい。3頭とも出てくれば、クラシックはより盛り上がる。

また下級条件でも、春最終戦に間に合うかどうかという才能が、新馬を楽勝している。
サブトゥエンティ
グレーターロンドン
レゲンデ
は、血統もピカイチで、普通はもっと騒がれているはずなのだが。前出のヒヤシンスS勝者のゴールデンバローズ、500万勝ち組なら、牝馬では(地)のアイライン、牡馬はキロハナが面白い。パドックの時点で皆オーラが違っていた。

牡牝共GⅠ馬にスケール感で比肩するクラスが登場。2月の重賞好走馬は、古馬になっても注目馬である。

 

コラム

速さと鈍さ

読了までの目安時間:約 2分

 

一応、ハープスターにはヴィクトリアマイルという逃げ道があり、キズナもジャパンカップを大目標と設定すべき性質が既に示されている。
ただ、それは野暮ったいというのが陣営の考え。今年初戦は、各々課題を残す結果に。

ハープスターにとっての好位抜け出し策は、気が向いたときだけハマる究極の奇策だとわかった。
思えば、スタートが良かった時のディープインパクトが、まともにレースを出来た記憶はない。ただでさえ、距離適性に疑問を残したままの桜花賞以後のローテである。
よく比較される同父・ジェンティルドンナとは、内面的性質の差もあるが、明らかに後輩の方が器用さに欠ける。
でも、ジェンティルだって東京2400専門馬だ。ウオッカ、ブエナビスタとは異なり、皆本質マイラーながら、ディープには特定の縛りがあるようだ。
通常は、2000Mが限界なのだろう。

京都新聞杯優勝時と変わらぬ、キズナの直線スパートの戦法。
一方、時計勝負における惜敗は、速さを問われた時の課題も明示した。
道悪巧者のエピファネイアをダービーでねじ伏せ、返す刀で初遠征のニエル賞では英ダービー馬を封じた底力の持ち主のこと。レースレコードの決着がキズナのスピード能力の限界を顕在化させたのでは?
ステイヤーの輝ける舞台が合っているのは確かだが、京都はいつでも時計が出る競馬になる。同時に、良馬場のロンシャンの対応力にも怖さが残る。

まあキズナには、この先もしかするとの早仕掛けからの粘り込みに可能性を残すが、ハープスターには、それが拷問に近い心的ストレスを誘発する愚策にもなりかねない。速いサラブレッドが作り出した個性は、これほどまでに相反しているのである。

 

コラム

撃沈から学ぶ

読了までの目安時間:約 2分

 

今更だが、菊花賞とチャンピオンズC、そして、先達てのアメリカJCCでの既知の凡走癖について再考察をしてみた。筆者の反省文に違いはないが。
今年は、古馬勢が4歳世代と昨年勝ち星を挙げた5歳の一部タイトルホルダーくらいしかGⅠ上位人気でも推せる素材が見当たらないので、きっちり形をつけておかないと、また罠に引っ掛かりそうだから念入りに復習したい。

菊花賞を要約すると、トーホウジャッカルがオウケンブルースリ超えの夏の急上昇カーブを結果に反映させ、一方、ダービー馬が己の弱点を露呈した。
コーナー3つ以上の競馬では、コース取りが全てというのがワンアンドオンリー。
キレるわけでも速いわけでもないが、競馬が下手なわけじゃなくて、また走りに変な癖があるわけでもない。ただ、少し時計勝負は苦手。ハーツ産駒の特徴そのものだ。

コパノリッキーは、脚質面も含めタイプが逆。
距離が合わなくても、自分のイメージ通りのスタートを決められたら強い。
出負けの多さはダービー馬と共通する部分もあるが、こちらは差しタイプではないので、揉まれず楽に走れる位置は欲しい。速さを武器にする割に、下げても走れるのが罪なだけだ。

ゴールドシップは難解ながら、洋芝メインの馬場と1角まで400M以上あるコースしか走らない傾向にある。チャンピオン級にはあるまじき趣向だが、あのレースぶりなら納得がいく。テンが速くなっても、追いつけるコースなのかがポイント。キレる馬ではない。

勝負師タイプの騎手と相性が良いこの3頭は、不思議とファン心理に強かったあの日のことを囁きかける。
手のかかる子には、興味を持ったことにだけ助力する準備をしておけばよい。人間味溢れる姿に惹かれてしまうのは、人の宿命である。

 

コラム

競馬学<血の魔法>

読了までの目安時間:約 2分

 

・ミトラ<1400オープン特別勝ち→2000以上重賞連続連対>
母は短距離で3勝。東京芝1400Mレコード走の根拠。
一方で、時に名うての砂巧者を出すシンボリクリスエスの産駒でもあり、福島記念の勝因は、一族にメイショウサムソンがいる血統背景も影響していると推察される。

・アドマイヤデウス<フェブラリーS勝ち馬の本質>
祖母はステイヤーズS2着のアドマイヤラピス。叔父がアドマイヤフジだから、皐月賞の穴候補に上って何ら不思議なことはない。が、父はダートで2年以上一線級の活躍を見せた馬。こういう場合、父の本質的な部分がより反映される場合が多い。

・アンバルブライベン<ステイヤーからスプリンターという共通項>
上の2頭をごちゃ混ぜにしたようなのが彼女。
米産なのに英セントレジャー勝ちのキングマンボ産駒である父ルールオブローは、産駒が意外な短距離適性を示す。ペイシャオブローも1200オープン2勝。
母チェリーコウマンもウインターSというダートの長距離重賞を制しながら、この結果。

共通点は、父がスタミナ勝負になる舞台でスピードを武器にGⅠを制したこと。
ルールオブローは、マイルGⅠ覇者の系譜を受け継いだ万能型種牡馬のキングマンボ。
上記の日本で走った2頭も、速さやしなやかさをサンデー系の及ばない領域でフルに発揮した同期の華。

僅かな差が距離適性に大きな影響を及ぼす今の競馬は、時計の速すぎない短距離戦や時計の求められる中長距離戦で、ままこういう不可思議な出来事が巻き起こる。
彼らは素晴らしい結果を出した。サンデー系全盛時代に歯向かった無頼派と穏健派の血が、サンデー系のキレに立ち向かう渋とさに繋がったのであろう。
魔法にかかっているのは、先入観に囚われた我々人間の側なのかもしれない。

参考:競馬必勝法各論

 

コラム

ディープなので

読了までの目安時間:約 2分

 

京都記念の登録・出走予定馬の一覧を覗いてみて、これはちょっとなあ・・・、と唸ってしまった。
どう捻って考えたところで、現役最高クラスのディープ産駒2頭が上位に来るという構図なのだ。まあ、それが大半のファンの希望なわけで、結果はどうであれ、少なくとも馬券の買い方に関しては、もう白旗状態である。

ただ、この2200M。ディープはいかにも苦手にしそうな、ダラッとした脚と巧みなレース運びが要求される競馬になりやすい。
穴狙いの取っ掛かりに使えるなと思った。

昨年はそのディープ産駒であるトーセンラーが2着。2頭の後のGⅠ勝ち牝馬も混ざっていたが、伏兵デスペラードが突然の逃げ指令に従順に応え、直線では普段の差し脚でかの日のハーツクライがディープを封じるような競馬をして、極寒のGⅡを逃げ切った。
10年以上前に、菊花賞馬とダービー馬が準オープンにすら出たことのないマックロウに一刀両断されたことがあるから、この結果には驚くこともなかったが、ロングスパートをしてももっといい脚を使える馬が出て来るのがこのコースのセオリー。

本当は東京よりも追い込みが決まるはずだが、坂の位置が特殊な場所にあるのせいで、味方につけられる馬が少ないのが真相だろう。

つまりは…。フランスでも豪脚を披露したディープ2頭が消える理由は、前走の敗因である運のなさという不可抗力以外には考えにくく、超縦長のスローペースにならない限りは…、となりそうだ。
ここで挙げた番狂わせの差し馬に共通するトニービンの血は、ハープスターも持っている。
能書きは、レース後に羅列するのが筋だろう。

 

コラム

新馬(2015) <2/7・8>

読了までの目安時間:約 2分

 

また雪が降ったが、先週の雪と一緒にほとんどが消えてなくなった。冬はもうすぐ終わる。
土曜日はダート戦が2鞍。今週も湿り気が残る馬場状態。発表は東西とも稍重だった。
東京1400は、人気馬の直線の伸びに差が出た。2番人気のミッキードラマは兄カイシュウタキオンに似た脚力を見せ、最後は楽に前を捉えた。
1番人気ルールソヴァールは、現準オープン・サウンドトゥルーの全弟。ただ、兄よりは決め手に欠くか。キレず4着。

京都1800Mは後続を大きく引き離して一騎打ちに。勝ったのは4番人気のマルカライン。そして、東西ともキングカメハメハ産駒が勝利。ハナ差の決着。気合いの差で負けた格好のアドマイヤシャイにとっては、実に気の毒な初戦であった。

日曜日は芝の新馬が3場で1鞍ずつ。
開幕2日目の小倉は、2000M戦をライラプスの4番仔・サブトゥエンティが快勝。キングカメハメハ牝馬で松国厩舎。逆らう手が見つからない状態だ。この馬は強いと思う。
東京は雨中の1800戦。国際的な2400GⅠ勝者の仔が、底力を見せた。勝ったのは人気のディープ牝駒のディープジュエリー。ダートをこなせそうな母の血統に500kg近い馬体の持ち主。ただ、そういう配合程キレる馬を出すのがサンデー系。また、柴山騎手の騎乗馬の質向上も見逃せない要素だ。春はせっせと重賞で稼いでもらいたい。

京都のマイルは、人気のヴェネトが少しモタモタしながら、最後は前を捉えきって勝ち上がった。小柄なディープでも、母方に重石がいくつか入っているから距離延長での決め手に期待。

 

レース回顧

GⅠの風

読了までの目安時間:約 2分

 

先週はドゥラメンテが春の訪れを予告するような再びの快走を見せ、週末にはベルーフを子供扱いにしたマンハッタン牝駒・ルージュバックが、リスクマネージメントの一環としてだろうが、勇躍厳寒期の京都へ遠征し、実を取る策を選んで注目を集めることになりそうだ。
2歳チャンピオンが共に関東馬であることからも、最後の最後は結局…、の流れが既に変化していることは間違いない。
拮抗してこその東西闘争でなければ、やはり面白みに欠ける。楽しみでならない。

が、最強のコネクションが1つ2つまたターフを去った関西勢には、まだメガトン級の凱旋門賞コネクションが残っている。来週はその復帰戦だ。
それと一応同じ括りではある「芦毛の不発弾」と化したあの6歳馬には困ったものだが、4、5歳のトップランナーは、ともにクラシックに縁のある血筋から登場した宿命に呑まれることなく、最後まで諦めずに頑張るという日本人の琴線に触れるような走りが特徴。
ハープスターとキズナ。名前が難解な外国語じゃないのもいい。頑張れ。

末脚勝負という側面では、東京新聞杯に出て来る関西馬2頭にも注目。
牝馬の大きなタイトルに縁のある厩舎が送り込む隠し玉。それがフラワーパークの仔ヴァンセンヌと、距離適性不明の追撃者・タガノグランパである。
前者は、突然どこかで動いてそのまま押し切るディープらしさを体現し、後者はダービーコネクションの底力をどこで発揮すべきか流浪の旅を続けている。
ともに、多分に怪しい側面を持つが、あの男同様、妙にファンの好奇心をくすぐる何かがある。

彼らが力を発揮すると、競馬は面白くなる。

 

コラム

地味なのに派手

読了までの目安時間:約 2分

 

日曜日に行われた重賞2競走で2番人気だった馬が、ともに好走。それも極端な脚質ながら、双方スローペースとなった展開を一方は利して、もう一方は完全に逆らう戦法で自分の出来る仕事をやりきった。

また、昨秋に初重賞制覇を成し遂げた点も全く同じ。一体、どうなっているのか?
まあ、週末大爆発のキングカメハメハ産駒がメインでは大人しく3着止まりで、信じるものは救われるという意味では渋めの炸裂の仕方に収まったのも、やはりアンバルブライベンとワイドバッハの充実ぶりがあってのこと。
できれば、シルクロードSのメイショウツガルの方が来てほしかったのだが…。

更に、彼らにはもう一つ共通点がある。
それがタイトルの通り、地味なのに派手な仕事をするという地味な部分の根拠である「在来牝系」出身の隠れ良血馬ということ。
今さらだが、2つのゴールシーンを振り返ってみると、それはキングカメハメハより必然性があったように思う。

シルクロードSを逃げ切ったアンバルブライベンは、母が東海ウインターSを制したチェリーコウマンとはいえ、ツルマルガール・ボーイ親仔やネーハイシーザー、フェブラリーS好走馬を何頭も送り出したエスサーディ系の中では完全に傍流という位置づけ。
近親は、今や皆がチェリーコウマンとその兄弟の子孫だ。
ワイドバッハも似たようなもの。国内指折りの大繁殖牝馬・アストニシメントの末裔で、オークス馬チトセホープを出したエベレストの亜流。

昨年のGⅠシーンでは、サンデー系の猛威をこれ以上なく体感したが、非サンデーの血が東西の重賞でワンツー。
少しずつだが、確固たる対抗株が蠢き出したようだ。

 

コラム

新馬(2015) <1/31・2/1>

読了までの目安時間:約 2分

 

やはり2月開催は一筋縄ではいかない。
芝稍重で東西主要競馬場が行われた土曜日は、前日の雪の影響が出た東京が1時間遅れのスタート。
京都も微妙な予報が出ていたが、こちらは晴れで何の滞りもなく定時にレースが開始された。

その京都。前日の雨の影響でダートは重。午前中の新馬戦は少頭数の1200Mで行われた。
上位人気が拮抗する中、何のサインか、ロゴタイプの従姉弟にあたるパドパピヨンがゴール前手応えよく抜け出し、快勝した。小柄なスウェプトオーヴァーボート産駒なので、芝もこなせそうだが、どの道活躍の見込める期待馬であろう。

昨日は雨も降ったので、不良馬場で始まった東京ダートでは、1マイルの新馬戦が午後最初のレースとして行われ、1番人気のプエルトが、半兄カレンブラックヒルの汚名を雪ぐ6馬身差圧勝で力を示した。父メイショウサムソンの秋の天皇賞を思い出すような走りは、かの日のエルコンドルパサーがダートを軽やかに駆け抜けた姿ともダブる。どう育つだろうか。
芝の1800戦は、ブラックタイド産駒のキタサンブラックがキレた。人気のミッキージョイとの末脚勝負は、体重差以上に東西の馬の作り方の違いという印象もある。

日曜日は、2場とも芝良、ダ重でスタート。
東京はメイン根岸Sと同じ1400Mのダート戦。が、二桁人気馬の上位独占で大波乱の決着に。勝ったナンゴクロマンスは、吉原騎手と手があったのか、強烈に追い込んできたが時計は平凡。
京都は芝の2000M。激しい叩き合いをオメガグレイスの仔・ゴールドレイが制した。超スローでミスプロ系のワンツーということは、2頭とも距離が長いという可能性も頭の片隅に入れておくべきか。

 

レース回顧