競馬予想ブログ

競馬予想ブログ JUST

血視点<渋いサンデー系が大活躍する意味>

読了までの目安時間:約 3分

 

時計が少し掛かることが、チャンピオンレースでは足らない種牡馬の産駒の活躍する条件だ。
最近は特に、関東圏の重賞がかなりの荒れ具合になっている影響もあって、毎週のように大穴をあけている状況にある。
人気不人気に関係なく、渋めと括られるサンデー系の重賞馬を列挙すると、

ロードクエスト・父マツリダゴッホ
<新潟2歳S>
シュウジ・父キンシャサノキセキ
<小倉2歳S>
フラアンジェリコ・父ネオユニヴァース
<京成杯オータムH>
キタサンブラック・父ブラックタイド
<セントライト記念>
面白いもので、どの馬にもボールドルーラーの血が入っていて、一本調子な側面を隠しつつ、長所であるタフさを見せつけるシーンの方が目立った。

良血に括られるだろう彼らの血統は、社台で大事に育てられた牝系であるとか、シュウジの場合だと、キングマンボやシルヴァーホークなどのスペシャルな外国産馬を生んだ名種牡馬の底力を得て、得意とする馬場になる時を満を持して待ち受けてた印象もある。

また、代重ねの進むのがより早い母方に入ったサンデーのひ孫では、
アクティブミノル・母父アグネスタキオン
<セントウルS>
が、最近の大立ち回りとしては目立つところ。同期には、ノンコノユメというダートの次期エース級が同じ位置にアグネスタキオンが配されていて、確実にその影響力を伝えている。

ラブリーデイ・母父ダンスインザダーク
レッツゴードンキ・母父マーベラスサンデー
などのキングカメハメハ産駒も、サンデーから見るとひ孫の世代にあたる配合で、重要視されるタイトルの奪取に成功。
たまにやってくる大波に乗って、合わせ技でそれを乗りこなすには、スイッチをいつでも入れられる状態でないとそこに挑む態勢にすら入れない。
こういった今傍流の系統でも、時を経て、主流系統と認知される可能性がある。

速い血が生き残る。軽いわけではないことの証明に、大いなる意味を感じる。

 

コラム

理想の結末へ

読了までの目安時間:約 2分

 

陣営のベルカントに賭ける気持ちは、より強くなった。
「スプリンターズSの結果が良ければ、香港に行きたい」
前田幸治オーナーの心の中では、グループにとって最大の功労者であり、世界制覇に向け、万全の態勢を整えたにもかかわらず、儚くも勝負へ挑む前に引退せざるを得なくなったキズナへの想いや夢にかけた情熱がまだ燻っていることだろう。
ただ、ここで立ち止まっていたら、いずれどん底まで落ちてしまう。

サマーシリーズチャンピオンを表彰する式典で、敢えて、大きな目標を発表する形になったのは、ファンサービス以上に、競馬関係者としての一種のけじめを表す意味合いが強かったように思える。
引きずってはいられないと。

重賞300勝にリーチがかかってから久しい武豊騎手の心情も、同様に察するまでもなく。
寂しさをかみ殺すかのような土曜日の活躍は、名手の意地以外、何物でもなかった。
故に、新たな目標が設定されたことで湧き上がってきたものを、納得できる結果で、人馬の力を誇示するようなシーンは、混戦といえども、かなり現実味を帯びた展望なのである。

トランセンドや古いところではファレノプシスが、一度潜伏期間を経た後、大きな花を咲かせたことがあった。
この勝負服にまつわる様々なドラマが、一年間の不調をプラスに変える伏線となっているのかは、一概にはそうと言い切れない部分もある。
しかし、ベルカントという才能が本物であるからこその復調には、今や疑う余地はない。

惜別の「ありがとう」は、本心から口にしたいものだ。

 

ニュース

新馬(2015)<9/26・27>

読了までの目安時間:約 3分

 

馬場悪化が今週もキーファクターとなった土曜日の新馬は、芝のレースが東西でひと鞍ずつ開催。中山は稍重、阪神は回復早く良馬場で行われた。

阪神1200では、断然の1番人気だったバシレウスライオンが期待に違わぬ走りで、最後は独走のゴール。
速い馬が少なかった印象で、丁寧に乗ったルメール騎手の判断が間違っていなかったということだろう。キンシャサノキセキ産駒。逆らう手はない。

中山のマイルは低調な上に、攻略の難しい馬場状態の影響か、またしても波乱。
勝ったのは、サドラー系でハリケーンラン産駒のロッコウオロシ<未出走>を父に持つアポロジョージア。メジロマックイーンと比較的近い血縁関係からも、馬場のタフさが窺える。雨の影響が大きかったようだ。

日曜日も馬場は大差なく。
少数精鋭の阪神芝2000の一戦は、人気馬同士の叩き合いをミルフィオリの仔・ロライマが制し、総合力上位であることを示した。
2着のエックスマスとは外枠で隣り合わせだったので意識しあうレースだったことが、超スローに対応できた理由か。本質は中団前目から抜け出すキングカメハメハ牡馬らしいタイプだろう。

同じ距離の中山の方は稍重馬場。展開も同じ。外からの差し切りも同じ。
人気順だったのも同じ。違うのは、JCに来そうで来なかったジオポンティの仔が初めての日本の競馬で、あっさり勝ち上がったこと。アメリカンヘブンは、いずれストームキャット系らしい先行馬に育つだろう。

ダートも東西ひと鞍ずつ行われた日曜日。
中山1200は重。1番人気のデピュティプライムが、直線違う伸び脚で抜け出した。フレンチ×フジキセキ。速いけど、マイルが合いそうな馬。
良回復の阪神1400でも、人気のカジノドライヴ産駒・ヴェンジェンスの豪快な勝ちっぷりが目立った。トウショウボーイを産んだソシアルバターフライ系で、1年後、どこまで成長しているか楽しみな素材。
いよいよ、秋競馬らしい成長力に富んだ馬の出番がやってきたようだ。

 

レース回顧

人気馬への期待度

読了までの目安時間:約 3分

 

ビッグアーサーやディープジュエリーなどの裏路線組の連勝が初の重賞参戦で止まり、秋の前哨戦群は若馬のレースとあまりにも対照的な大波乱の連続。
ベルカントを最後に、都合1か月まともな決着がない重賞路線は、決して充実していない。

牝馬2頭に一定の支持が集まりそうなスプリント路線は、少しタフさが要求されるだろう中山でどこまでやれるだろうかという期待と不安が交錯しつつ、面白味も同時に感じられるが、同じサマーシリーズでも、過去4年でドナウブルー以外11頭の非1番人気馬が制しているマイルグループの方は、何とも言えない京成杯AHでのチャンピオン同士によるどん尻争いで拍子抜けという結果に。
今度もちゃんとまともに出るかわからないモーリスという大砲は、安田記念でそれと僅差に迫ったヴァンセンヌとの再戦を、超豪華メンバーが今年も集まる毎日王冠という過酷なGⅡで行うことになっている。
どこまでも伸びていきそうな末脚が、季節の変わった途端…。まずは、調教過程から注視を。気難しい馬だということは忘れてはいけない。

キズナが生きる道を変え、ゴールドシップが???という状況のチャンピオン路線。
秋からがむしゃらに走ってきたラブリーデイなどは、そのご褒美にGⅠタイトルという大魚を最後に得た形になったり、ディサイファやグランデッツアなど、古株だけれど、フレッシュさが売りの6歳馬の実力の方が上という可能性もあって、何か新鮮味が感じられない寂しさのようなものがある。
新陳代謝が、4、5歳世代のややスケール感、安定感両面での物足りなさでここまでうまくいかなかった点は、もう衆目の一致するところだ。

さて、それらを凌駕しそうな才能がいるのか、否か。
「3歳馬がキーマン」
タッチングスピーチの底力に満ち溢れたローズSの走り。
古馬初対戦でも難なく勝ち切ったダノンリバティのBSN賞。
潮目はすでに変わっていると読んだなら、穴であろうがなかろうが、3歳から狙うべきだろう。

 

コラム

早すぎる別れ

読了までの目安時間:約 2分

 

クロスクリーガーが死んだ。

20日の午前中から疝痛の症状を示し、後にX大腸炎と診断。夜には一時、持ち直したものの翌21日朝に容体が急変し、予後不良と判断、安楽死処分された。

秋に向け、英気を養っていた放牧先での悲劇。庄野調教師の心中は、察するに余りある。

「輸送によるストレスなどがあったのではないかと思います」

無念さを滲ませたそのコメント。あまりにも衝撃的な出来事を消化しきれない指揮官の動揺が、己を責める言葉に繋がったと考えると、こちらも胸を締め付けられる思いになる。

生涯成績は、地方での2戦を含め8戦5勝。

Jダートダービー2着を筆頭に、GⅢを既に2勝。4着以下は一度もない戦績だったことを加味すると、関係者ならずとも心の痛む出来事になってしまった。合掌。

芝のトップホースが、今年のダービー好走馬のその後を観察すればわかりやすいが、近年次々と脚を痛めてリタイアするシーンを我々は目撃し続けている。

馬場が悪いから。<速すぎるから>

いや、それだけではないのだろう。執拗に主流血統を代重ねされた良血とされる馬たちには、共通する種牡馬のクロス以上に、同じ馬を血筋を受け継いできた同士の近親配合の副作用がつきまとう。激しい痛みを伴う苦しみが。

競馬に関係する人間すべてが、こういうリスクを認め、少しでもそれを取り除く努力を続けることこそが、彼の供養になると信じている。

競馬界の禁忌の一つが、馬の命をないがしろにすることである。重い課題だが。

 

ニュース

ヤングジョッキーズ・ネクストヴィジョン

読了までの目安時間:約 3分

 

若手の小さな抵抗が、脂の乗ったトップジョッキーを輝やかせた夏競馬の終末であったような気がする。

国分優作

サドンストームとティーハーフの罠

見事に、この兄弟の持つ危険な性質にハマりこんでしまったサマーシリーズ各2戦目の敗北であった。

他馬と同じタイミングで仕掛けられない末脚の短さが欠点。勝つことに拘ると二番底もあるし、気にしないのが一番。

石川裕紀人

バーバラで勝った意味

アーデントで逃げた新潟記念に繋がったように思う。

誰が乗ってもだいたい同じくらいの結果しか出せていなかったのに、夏と走破能力という重要なファクターが好走要因となった。

その後のセントウルでも見せ場たっぷりの3着。正攻法が間違いではなかったことを証明した意味は大きい。

川須栄彦

森一馬

関屋記念で確信した重賞級の正しい御し方は、そのあとのレースには繋がらなかったが、他の同距離のレースよりは少し特殊だから、それが仕方ない。

大きく敗れてしまったそれぞれの最終戦は、馬自身が好まない展開による敗走だったから、ミスではない。

藤岡康太

ビッグアーサーの可能性とともに

アクティブミノルであっと言わせたのが、彼の穴馬仕事の必然性だとするならば、ビッグアーサーの戦績に傷をつけてしまったものはというと…。

本当は、正攻法で戦いたかったけど、それができなかった。勝たせるための勝負をして負けたわけではないが、どうせなら外に出して末脚を測ってもよかったようにも思う。

ベルカントのレースだったから仕方がないけれど、引き出しが人馬にもう一つ必要だと分かったはず。

菱田裕二

プレッシャーを知ること

ダービーでも見せ場を作った昨年。

ただ、札幌2歳Sのアラバスターでは、自分の競馬を全くさせてもらえず。騎乗ミスもさることながら、この2戦目は末脚の中身は見極められたが、揉まれ強さの度合いと掛かる危険性の軽減策を殿追走で見つけられなかったのが痛い。

負けることの怖さを知ったような消極的な内容だったが、ここはガンバと声援を送りたい。

 

コラム

新馬(2015)<9/19~21>

読了までの目安時間:約 3分

 

三日間開催の初日は、さすがに渋残りの馬場。でも、中山の芝は稍重スタートから良に変わって、1800戦が行われた。

このコースらしい好位のインから鮮やかに抜け出したのは、マンハッタンカフェ×オカノハーモニーという配合のヴィータファン。

全兄のフェアブレシアも新馬を勝ったが、その後は続かずというのは不安だが、シュリリー系は突如として大物を出すので、軽くマークはしておきたい。

ダ1200は、重馬場の前残りの競馬をシゲルテングダイが制した。プリサイスエンド産駒。ただ、レベルはなんとも。

阪神芝1400でも、5番人気ながら4角で既に手応えの違ったピュアコンチェルトが、番手から抜け出しで快勝。

ゴツい血の集合体の父キンシャサノキセキと地味なアメリカン血統の牝系。

渋いところがお好きな中型牝馬だろう。

日曜はほぼ水準程度の含水率に戻った。

芝・ダともに良の阪神では、ダ1200をプレスティージオが、芝の1800では断然人気のスマートオーディンがそれぞれ楽勝。

前者がカジノドライヴ、後者はダノンシャンティと、新種牡馬の産駒が速さを見せつける格好になったが、少なくとも相手には来るはずの人気馬の走りが物足りなかった部分は否めない。

ダートのカプチーノコーストは距離そのものが、芝で2着のレヴィンインパクトは兄弟に共通する決め手に、やや不満の残る内容だった。

中山ではマイル戦が行われ、こちらもファーストクロップの世代であるヴィクトワールピサの産駒・レッドシルヴィがゴール前鋭さを見せて勝ち上がった。

ルルーシュの半妹だが、426kgの馬らしい機敏な動き。急かさず使えば、タフな存在になれる。

月曜は、なんと言ってもカイザーバル。

阪神マイル。3角前で外につけていれば、もう後は好き放題だろうという競馬で、断然の支持に4馬身差の圧勝で応えた。2番人気のフライングレディもいい競馬で2着したのだが…。

エンパイアメーカーにしては底力があって、母ダンスインザムードのイメージそのままの評価で今はいいだろう。

その後のダ1800戦では、ステイゴールド産駒のマイネルアトゥーがミルコのヘグりも手伝って、番手からの抜け出しで快勝。

中山の芝1200では、圧倒的人気のトップライセンスが、直線でいい脚をみせて楽勝。ルメールからの課題をあっさりクリアした印象だ。キンシャサのトップ牝馬になれる。

 

レース回顧

2015年 サマーシリーズ総括

読了までの目安時間:約 3分

 

忘れられかけていた才能が再挑戦の準備を整えた夏だった。

スプリント
ベルカント<1位・20pt>の速さが、全てを制した。
彼女の魅力は、なんと言ってもスタートが速さ。体調の良くなかった時期は、揉まれて味が出せないことが多かったが、それでもスプリンターズSでは5着。
ウリウリがアクティブミノルに屈したセントウルSの影響は大きかったが、2歳時に先行力を活かして重賞路線を沸かした頃の自分を取り戻した彼女自身の復調は、明らかに今、他の陣営の脅威となっている。まだゴールではない。

マイル
12pt同士のスマートオリオンとレッドアリオンが同時優勝。それは、1回勝っただけの皆勤賞だったという意味だ。
ちょっと切ないし、こちらの未来は決して明るくは見通せない。
先行力がもっと武器になると思っていたのだが、何やら時計や展開以外にも注文が多い。古馬の重賞馬のあるあるパターンではあるが。

2000
新潟記念の結果を一言で表すならば、「雨のローカル重賞であるが故」という波乱の構図だった。
ダービーフィズ<15pt>が、普段から実践していた窮屈な競馬の中から、末脚勝負に持ち込むといった自分の型でできる範囲のことを全てやってチャンピオンになれたという意味では、北海道以外のレースを制したグランデッツア、アズマシャトル、パッションダンスらと相違はない。
ただ、その型を崩されたのに好走できたディザイファも含めた北海道組が小島太厩舎所属だった。
余裕のあるローテで成長を促されたことが、結果大きな差として現れた。

騎手
激しいレースを好むというか、勝つときはいつもそうなってしまうM.デムーロ(37pt)、岩田康誠(34pt)の両者が、夏競馬を通して主役になった。
少し前までのルールでは、おそらく断トツでヤスだったはずだが、ミルコもシリーズ戦での勝負強さは際立っていた。
いい馬を委ねられ、きっちり結果を残す。当たり前の結果を出したからこそ、彼らは輝いて見えるのである。
皮肉なものだと、あの人も思っていることだろう。

 

コラム

新馬(2015)<9/12・13>

読了までの目安時間:約 3分

 

秋のトライアル開催の1か月が始まった。

土曜の阪神マイルからは、早速面白い才能が登場。
直線、大外から一気に突き抜けるという勢いで上がってきた(外)ハリケーンバローズを待ち受けるように先行位置につけた人気のエアスピネルが、坂の手前で追い出されてからあっという間に後続を突き放して楽勝。
お互い、位置取りが逆だったように思うが、カメハメハ×エアメサイアの血統に相応しいデビュー戦であった。

その後行われた芝1400の牝馬戦は、ナタリーバローズが直線でスピード能力の違いを見せて快勝。ミルコもほっと一安心となった。
メイショウサムソン産駒。さすがに、短距離専門ではなさそう。

中山2000Mは、何とか良に回復してレースが行われた。
ダートでも走れそうな配合のゼンノロブロイ産駒のワンツー。直線でイン強襲のレッドリュンヌが牝馬の決め手を繰り出して、ゴール前抜け出した。
おまけに、アグネスデジタルの姪という血統背景。どう育っていくか見物だ。

日曜阪神の2000M戦に登場したフーラブライドの弟は、黄金配合という概念が生まれてからそれを施された馬だから、意識的にステイゴールドを配されたのであろう。
母母父はマルゼンスキー。序盤少し掛かったが、馬群で揉まれてから実力発揮ということは…。静かに見守るが吉。その名はメイケイレジェンドだ。

中山ダ1800Mで圧勝のワイルドラッシュ産駒・クレマンダルザスは、この時期たまに砂巧者を出すパロクサイド系の馬。448kgで上がりの脚も速かったから、小回りの芝2000を使ったら面白いかもしれない。
マイル戦の方は、いくら手を広げても難しいメンバー構成のレースをジャンポケ牡駒のコスモプロテアが、内枠を利して、うまく立ち回ってゴール前で前を捉えきった。このコースは、異様に低レベルの競馬になることも多いから、今後の取捨は難しい。

長い目で見ていけば、活躍馬の多数の新馬戦群と称されることもあり得る、週末の6レースだった。

 

レース回顧

2歳馬選定・2015年 夏総括<後編>

読了までの目安時間:約 3分

 

さて、まずはこのレースから。

新潟2歳S
トータルの時計と勝ち馬の上がりとレースそのものの上がりとを総合的に判断した時、今年勝ったロードクエストの場合は、
走破時計-1:33.8<良馬場以外で最速・歴代3位タイ>
上がり3F-32.8<2位で3着マコトルーメンとは0.7秒差>
レース上がり-33.9<最後の2Fは22.0で、勝ち馬の末脚とほぼ等しい>

2着との着差4馬身は、マイル戦になって以降は、同じ道悪のレースを5馬身差で制したショウナンタキオンに次ぐ記録。
ちなみに、後にGⅠ馬になったこのレースの好走馬の最高走破時計は、ジャスタウェイの1:33.9で、上がりの脚も0.2秒だけ速い32.6秒と酷似。
ひとまず、ハープスターと少なくとも同等以上の走りだったと結論付けるのが自然だろう。

札幌2歳S
こちらは、人気馬同士の接戦。勝った方を褒めるのが筋とは理解しつつ、負けたプロフェットの方に肩入れしたい。
テイエムオーシャン
ヤマニンシュクル
ゴールドシップ
ロゴタイプ

負けてもまだ間に合うレース。逆転はすぐに可能と思えるのは、負け方はトゥザヴィクトリー一族のパターン通りも、早仕掛けで負けたわけでもないし、母父タニノギムレットなら、意外でも広い馬場での適性に余地を残した印象だ。

スプリントの3戦は短評になってしまったが、例年の勝ち馬よりかなり強い。

小倉2歳S
マイル戦の経験が、数段階に分けた加速を可能にしたシュウジは、もうアストンマーチャン級という評価で良さそうだ。メイショウボーラーよりすでに器用さが上というのも凄い。

ひまわり賞
新馬勝ちをした馬が、かなりの頭数がいながらキリシマオジョウのみ。当然のごとく圧勝に終わった。
アイビスサマーダッシュをのちに制したかつての優勝馬・テイエムチュラサン級に育つかもしれない。

すずらん賞
オデュッセウスが、函館2歳S惨敗からの巻き返し。洋芝では良がいい快速型。

 

コラム