血統予想・コラム

JUST競馬予想ブログ

血視点<渋いサンデー系が大活躍する意味>

読了までの目安時間:約 3分

 

時計が少し掛かることが、チャンピオンレースでは足らない種牡馬の産駒の活躍する条件だ。
最近は特に、関東圏の重賞がかなりの荒れ具合になっている影響もあって、毎週のように大穴をあけている状況にある。
人気不人気に関係なく、渋めと括られるサンデー系の重賞馬を列挙すると、

ロードクエスト・父マツリダゴッホ
<新潟2歳S>
シュウジ・父キンシャサノキセキ
<小倉2歳S>
フラアンジェリコ・父ネオユニヴァース
<京成杯オータムH>
キタサンブラック・父ブラックタイド
<セントライト記念>
面白いもので、どの馬にもボールドルーラーの血が入っていて、一本調子な側面を隠しつつ、長所であるタフさを見せつけるシーンの方が目立った。

良血に括られるだろう彼らの血統は、社台で大事に育てられた牝系であるとか、シュウジの場合だと、キングマンボやシルヴァーホークなどのスペシャルな外国産馬を生んだ名種牡馬の底力を得て、得意とする馬場になる時を満を持して待ち受けてた印象もある。

また、代重ねの進むのがより早い母方に入ったサンデーのひ孫では、
アクティブミノル・母父アグネスタキオン
<セントウルS>
が、最近の大立ち回りとしては目立つところ。同期には、ノンコノユメというダートの次期エース級が同じ位置にアグネスタキオンが配されていて、確実にその影響力を伝えている。

ラブリーデイ・母父ダンスインザダーク
レッツゴードンキ・母父マーベラスサンデー
などのキングカメハメハ産駒も、サンデーから見るとひ孫の世代にあたる配合で、重要視されるタイトルの奪取に成功。
たまにやってくる大波に乗って、合わせ技でそれを乗りこなすには、スイッチをいつでも入れられる状態でないとそこに挑む態勢にすら入れない。
こういった今傍流の系統でも、時を経て、主流系統と認知される可能性がある。

速い血が生き残る。軽いわけではないことの証明に、大いなる意味を感じる。

 

コラム

理想の結末へ

読了までの目安時間:約 2分

 

陣営のベルカントに賭ける気持ちは、より強くなった。
「スプリンターズSの結果が良ければ、香港に行きたい」
前田幸治オーナーの心の中では、グループにとって最大の功労者であり、世界制覇に向け、万全の態勢を整えたにもかかわらず、儚くも勝負へ挑む前に引退せざるを得なくなったキズナへの想いや夢にかけた情熱がまだ燻っていることだろう。
ただ、ここで立ち止まっていたら、いずれどん底まで落ちてしまう。

サマーシリーズチャンピオンを表彰する式典で、敢えて、大きな目標を発表する形になったのは、ファンサービス以上に、競馬関係者としての一種のけじめを表す意味合いが強かったように思える。
引きずってはいられないと。

重賞300勝にリーチがかかってから久しい武豊騎手の心情も、同様に察するまでもなく。
寂しさをかみ殺すかのような土曜日の活躍は、名手の意地以外、何物でもなかった。
故に、新たな目標が設定されたことで湧き上がってきたものを、納得できる結果で、人馬の力を誇示するようなシーンは、混戦といえども、かなり現実味を帯びた展望なのである。

トランセンドや古いところではファレノプシスが、一度潜伏期間を経た後、大きな花を咲かせたことがあった。
この勝負服にまつわる様々なドラマが、一年間の不調をプラスに変える伏線となっているのかは、一概にはそうと言い切れない部分もある。
しかし、ベルカントという才能が本物であるからこその復調には、今や疑う余地はない。

惜別の「ありがとう」は、本心から口にしたいものだ。

 

ニュース

新馬回顧<9/26・27>

読了までの目安時間:約 3分

 

馬場悪化が今週もキーファクターとなった土曜日の新馬は、芝のレースが東西でひと鞍ずつ開催。中山は稍重、阪神は回復早く良馬場で行われた。

阪神1200では、断然の1番人気だったバシレウスライオンが期待に違わぬ走りで、最後は独走のゴール。
速い馬が少なかった印象で、丁寧に乗ったルメール騎手の判断が間違っていなかったということだろう。キンシャサノキセキ産駒。逆らう手はない。

中山のマイルは低調な上に、攻略の難しい馬場状態の影響か、またしても波乱。
勝ったのは、サドラー系でハリケーンラン産駒のロッコウオロシ<未出走>を父に持つアポロジョージア。メジロマックイーンと比較的近い血縁関係からも、馬場のタフさが窺える。雨の影響が大きかったようだ。

日曜日も馬場は大差なく。
少数精鋭の阪神芝2000の一戦は、人気馬同士の叩き合いをミルフィオリの仔・ロライマが制し、総合力上位であることを示した。
2着のエックスマスとは外枠で隣り合わせだったので意識しあうレースだったことが、超スローに対応できた理由か。本質は中団前目から抜け出すキングカメハメハ牡馬らしいタイプだろう。

同じ距離の中山の方は稍重馬場。展開も同じ。外からの差し切りも同じ。
人気順だったのも同じ。違うのは、JCに来そうで来なかったジオポンティの仔が初めての日本の競馬で、あっさり勝ち上がったこと。アメリカンヘブンは、いずれストームキャット系らしい先行馬に育つだろう。

ダートも東西ひと鞍ずつ行われた日曜日。
中山1200は重。1番人気のデピュティプライムが、直線違う伸び脚で抜け出した。フレンチ×フジキセキ。速いけど、マイルが合いそうな馬。
良回復の阪神1400でも、人気のカジノドライヴ産駒・ヴェンジェンスの豪快な勝ちっぷりが目立った。トウショウボーイを産んだソシアルバターフライ系で、1年後、どこまで成長しているか楽しみな素材。
いよいよ、秋競馬らしい成長力に富んだ馬の出番がやってきたようだ。

 

レース回顧

神戸新聞杯 -回顧-

読了までの目安時間:約 4分

 

ディープ産駒が毎年のように苦しむとされるこの神戸新聞杯を制したのは、今年もそうじゃない馬の仔であるリアファル。

父ゼンノロブロイが勝った時とは、コースレイアウトも距離さえも違うわけだが、武豊が2番手選択の意思を示した時点で、古馬オープン勝ちの実績を持つリアファルが、正しい位置にいることは明白だった。

ルメールの好騎乗というよりは、騎乗歴があって、その時に逃げていることが勝負の舞台に挑む段階では、大いにプラス作用したようにも思う。

休み明けの馬が多かった。

マッサビエルは、いくら大回りのコースとはいえ、こんな外枠でスローの流れ、ましてや初の阪神遠征で休み明けではどうしようもない。

ドーベルの血筋を引くもの。鞍上がそれを意識せずとも、余計なことをするわけにはいかない。動くのは悪くないが、今回は出番なしは明らかだった。

ダートの活躍馬多数、それも大物揃いの血統構成で、時に芝・ダート兼用のゼンノロブロイを父に持つリアファルの敵は、血統では何一つ負けていないダービー4着馬のリアルスティールだった。

本来は、逆転まではあったはず。それも、弟が中山で2戦2勝を決めて、クラシック出走に早くも前途洋洋な気配を示していた中での一戦。

しかし、今回も正解に限りなく近い競馬をしながら、全く前には追い付きそうもない2着。

距離が長いことは、ストームキャットが肌でミエスクの一族であるから、十分に可能性はあった。ダービーで控える策をとったのも、気性面を含めたその点での怖さがあったからだろう。

何かを得られたかと言われれば、何とか体調は戻せたと自信を持って言えるというだけで、新たなタフすぎる敵をトップホースの仲間入りさせてしまったという虚しさもある。

言い訳はたくさんできる立場とはいえ、どの道を進むにも、勝つための武器が足らない可能性が改めて実証されてしまった今回の敗戦に、いい叩き台だったと胸を張れる要素はあまりなかったように思う。

菊では、また下げるより他ないだろう。

数多く出走してきた自分たちの仲間である前走条件戦組の中から見事抜け出したリアファルの敵は、いよいよ自分自身になった。

この策でいいのか。このままの自分でいいのか。

言っても、スローの期待できる大きな造りのコースで先手争いをしないで挑んだ格上相手の競馬に、うまいこと勝てただけではないのか。

粗探しではあるが、長距離GⅠでの逃げ切りは、直線の長いコースの消耗戦よりもはるかに先行策のレパートリーは少ないがために、まず決まらない。

セントライト記念もスロー。上がり馬も差し馬が多い中、自分で動く強みをどう活かすのか。

スーパールーキー・C.ルメールは、何を目標に勝ちに行く競馬をしていくのか、大いに興味を惹かれる。

前例に倣えば、テンのスピードで相手を硬直させる手しかないのだが、芝で逃げない彼を知らないだけの我々は、淀の長丁場の道中で、馬群の中を悠々追走する彼の姿を目撃することになるのかもしれない。

知っている世界での戦いではない菊花賞は、何が起こっても不思議ではない。

逃げても勝ち目がないと控えるイメージを中間膨らませることができたなら、また楽勝だと思う。

 

レース回顧

神戸新聞杯 -予想-

読了までの目安時間:約 5分

 

今年は、ダービー出走馬そのものが少ない。

セントライト記念のレースレベルが??だったことを考えれば、案外荒れることを前提条件に置くのは、大きく筋違いになる確率が低いとも言えなくはない。

面白いといえば面白いかもしれない。

しかし、裏を返せば、GⅠ馬が秋の菊花賞トライアルに出てこないことは、どうしたって物足りないのである。積極的に買いたいと思える馬は、菊でも狙えるということで、1000万勝ちの馬から狙おうと思っていたら、今週も武豊騎手が乗っているではないか。

リアルスティール陣営には申し訳ないが、勝っても貧乏くじ、負けても距離不安は拭えぬ血統背景からも、本線で彼をグリグリに押さえる手は、今この時点では賢明な選択だとは思えない。

ましてや、骨折のマイナス要素が、負けが込んだ後にもれなくセットでついてきてしまったのだ。

かつてのドリームパスポートの時とは違い、今年の春二冠は、自分自身の能力の高さも手伝った形で、かなりのハイレベルとなってしまった。

勝ったからと言って、素直に喜ぶには、ものすごく時計が速いわけではないが、異常に強いと感じさせる、ドゥラメンテのような神秘的なものを感じさせる何かを放ちながらここを圧勝した場合のみだろう。

強気の先行か後方一気か。

菊での期待ができる時ほど、ここでの着順はあまりよくないはずだ。

いちいち、人気馬の切り材料を書き連ねるのは、本命馬にも失礼にあたる。

ティルナノーグの推し材料を今度は語る。

いや、そんなものはない。

スローを見越して、テン乗りであった石橋脩騎手が逃げの手に出られたのは、言わずもがな馬のことをよく知らないからである。

あの信濃川特別は間違いなく、彼流のコンタクトでティルナノーグの本質を引き出したのだ。

手が戻った。重賞300勝の話は、数年前、噂話すら出なくなった頃のマイルCS快勝のこともあるから、変に意識されても困るのだが、馬の事はよく知っているし、その点は安心。

リアファル、キロハナ、マッサビエルなどなど、このレースにも後々重賞ごときならいくらでも勝てそうな才覚を感じさせる候補が顔を揃えている中、何故推し材料に案外乏しいこの馬を選んだのかといえば、

「一度見捨てられた馬の逆襲は怖い」

という、迷信をあえて信じてみたいからだ。

1年前。京都の紫菊賞をレコード勝ちしたティルナノーグは、当時のクラシック最注目馬である。

以降、⑦-⑩-⑦-⑦-④…。

小柄な馬だったから、休み明けで出てきた紫菊賞は大幅体重増での勝利で、好時計勝ち。

道悪惨敗でケチがついて以降、その記録は過去のものとされてきた。もう駄目だろうと。

休んでよくなったわけではないだろうが、再び体を増やして出てきた前走は、反応だけならいい頃の出来に戻っていた。

前に行けたから勝てたレース。

いや、前に行くことをもっと早く身につけられていたなら、である。

新馬は先行押し切り。2戦目は少頭数の追い込み一気。

賞金加算だけができなかった。春になって絞れたから、反動と冬場がよくなかった可能性がある。

この距離で、時計云々は重要ではないが、ここ2走の走破時計は水準以上。

戻っていれば…。むしろ、前回より走れる状態にあるように思う。

何せ、牝系に潜むネヴァーベンドやニジンスキーの血は、その昔の菊の定番血統だったのだ。

単純なアメリカ血統というよりは、すこしズブめの性質が必要なこれからの時期の長距離戦に向いているはずだ。

希望的観測のご都合主義な推理。

他の上がり馬の方が、適性は上回る可能性は大いにある。

でも、弥生賞のレースぶりから、中距離のタフな争いで侮れない才能を秘めていそうなタガノエスプレッソは是非買っておきたい。

父ブラックタイドでは物足りないが、今やその弟と種牡馬成績互角のキングカメハメハが肌という配合。真面目に検討しても、最近の重賞の荒れ方だから、意外と底力のある馬は満遍なく押さえるほうがいい。

あとは、もう四の五の言わずにパラパラ流す。

 

レース予想

1 2 3 6