競馬予想ブログ

競馬予想ブログ JUST

母父から

読了までの目安時間:約 3分

 

この秋のGⅠを制した馬の母父<ブルードメアサイアー・BMS>を時系列順に並べていくと、面白いことに気付く。

タイキシャトル
ミスターグリーリー
ゴールドアウェイ
サクラバクシンオー
ダンスインザダーク
フジキセキ
ミシックトライブ
ティンバーカントリー
エルコンドルパサー

そして、マイルCSはカーネギー。凱旋門賞馬の血には、こういう活用方法もある。

ここから気づくことが2つ。
まず、サンデー産駒の母を持つ馬が勝っていないこと。
当たり前である。サンデー直系の孫はうち4頭、サンデーの入った馬は合わせて8頭もいるのだ。
サンデー系ばかりが勝てば、当然こうなる。

が、時代は流れ、その傾向はより強く出るようになってきたように感じる。
ちなみにJCにもそれが少なくて、アドマイヤゼウスとダービーフィズ、出られるかわからないがジャングルクルーズの3頭のみ。どう贔屓目で見ても半分より下の人気の馬だ。
同じ孫サンデーでも、直系の数が増えれば母父の方は徐々に淘汰されていくということなのだろうか。

ここでは勝ち馬の父としても登場するフジキセキは、既に双方から様々なタイプを出している。
母父父サンデーが、チャンピオン競走で活躍する時代に突入した。良血の概念は、いつの時代も流動的なのである。

もう一つ。
約半分がミスプロ系だということ。
ダートが4戦含まれているとはいえ、ちょっと多い。
いや、キングカメハメハもワークフォースもキングマンボのラインで、これからもっといい馬を出してくれそうだから、むしろ少ないくらい。

勝ち馬の中に、直系がミスプロ系という馬が2頭いる。
先述のキングカメハメハは、今年ずっと活躍馬を出し続けているし、サンデー系のほぼ独占していた状況からは進展が見られる。

このような見地からは、サンデー系の細分化とその趨勢を推し量ることができる。
キレでは敵わない非サンデー系の血が、いかにして活躍の場を作り出していくのか。
今年のクラシックは、キングカメハメハとディープ兄弟で勝ち分けた。ダービーが、今後も基準になるのは間違いない。

-----

競馬予想会社の正しい探し方
2歳新馬・未勝利戦で大穴馬券を「無料情報」で的中させている競馬予想会社・競馬情報会社をリサーチ。当サイトで実際に登録し検証した優良競馬予想会社をピックアップ解説したのでご参考まで。

 

コラム

危険水域・JC考

読了までの目安時間:約 3分

 

最近、これホントにジャパンCなの?というレースが、ポツポツ出てきた。

第25回以降のレースから、一番面白かったものを挙げるならば…。
10年前は、ゼンノロブロイとハーツクライがレースを盛り上げる役目を背負い、ゴールシーンではリンカーンなどとともに、大接戦の叩き合いを演じてくれた。
結果、離れた3番人気のアルカセットがハーツクライの急襲を微差ながら凌ぎ切り、鞍上のL.デットーリは、3度全てハナ差という稀有な記録を作り、JC最多勝騎手の栄誉を浴した。
タップダンスシチーの逃げは秋の天皇賞とは一変、ハイピッチのGⅠらしい展開に。

ハイホークらが先行して、当時の秋の天皇賞よりずっとハイレベルの時計で2000Mを通過後、芦毛の名馬が一騎打ちをした時も同じ。
脚質というか、上位馬の戦法はまるで違うが、世界一速い2400戦としてのメンツを立てた第25回であった。

一方、34回中最低だったのは…。
敢えて、歴史的快挙を成し遂げたジェンティルドンナの2度目のJC制覇を挙げておく。
止むに止まれず、二の脚がついてしまって逃げることになったエイシンフラッシュ。捲ろうにもなかなか動いていけず、ついに走る気にならず終わってしまい…。
これだけの実績馬がいながら、みんな不発だったのに、ジェンティルドンナは前年叩き合ったオルフェーヴルとは数段レベルの低い3歳牝馬のデニムアンドルビーに、首の上げ下げまで追い詰められた。
同じハナ差なのに…。超ハイペースと超スローペースが、それぞれのレースレベルを如実に示することとなった。
メンバーのレベルに差はなかったと思う。

新コースに改装した2003年以降では、3着以内に入った外国馬はわずかに2頭という無残な結果。今年も優勝候補までは見当たらない。

今年、過去を上回るような残念すぎる展開が危惧されている。
秋天も近年侮れないアル共組にしても、レース自体はスローでともに低調だった。スローの前哨戦(トライアル)のあと、本番もまたスローというのが妙にトレンド化しつつあるのも気掛かり。
ペルーサさん、行けたら行ってみませんか。でも、それだと何だか寂しい。

 

コラム

2015年 古馬牝馬路線

読了までの目安時間:約 3分

 

ヴィクトリアマイルは今年も荒れた。
しかし、高松宮記念の1番人気馬とよく穴をあける京都牝馬S優勝馬のワンツーだった。
あるあるの展開なのに、でも結果は大波乱。

一つは、休み明けながら、古牡馬とは初対戦となった中山記念で2頭の皐月賞馬を一気に負かしてしまったヌーヴォレコルトが、半年前ハナ差だけ封じられたラキシスの産経大阪杯快勝により、完全なるグリグリの本命馬になってしまったことがある。
距離は短いだろうし、ハープスターが無事だったらとか色々考えていくと、徐々に高速化していった馬場も含め、買い材料はどんどん削がれていったはずなのに。

もう一つが、年末のターコイズS勝利で出走に漕ぎつけたミナレットの逃げ。
奇しくも、今年の重賞昇格を前祝いするかのようなキャンペーンランとなったが、平均ペース型に成長したA級牝馬ほど、それに対応するのは難しかった印象。
スプリント戦でも差せる器用なストレイトガールには、上手な馬をきれいに御す戸崎騎手との相性が抜群であった。

ペースのことでいえば、こちらも急激に馬がよくなったウインリバティのけれんみのない逃げにより、超スローの呪縛から解き放たれた競馬の面白みが詰まった秋の女王決定戦は、納得の結末を迎えた。

直線、有力馬の中で唯一どこにもその姿を見ることのできなかったラキシスは、前年より後方での待機で、直線でも他馬と接触する不利も受けジエンド。
ヌーヴォレコルトも、本来の好位差しの形とは程遠い後方外々追走で、自分のレースはできず2着止まり。

一方、伸び伸び自分らしい位置から、自分の型にはめたレースぶりで、パワー勝負歓迎の血統背景を味方につけ、完璧な競馬で新女王に輝いたマリアライトは、キャリアの面も含め、前途洋々のように思えた。
元より、勝ち味に遅い昨年の2トップに対し、彼女には、安定した成績を残せるタイプではない分、爆発力が秘められている。
上手さも時には足かせとなる。牝馬の戦いは厳しい。

 

コラム

順調だそうです

読了までの目安時間:約 2分

 

「美浦坂路を中心にじっくり乗っている」
だから、順調だと言う堀厩舎の橋本助手。

モーリスが毎日王冠を回避した理由は、実のところ、転厩してきた頃からわかっていた背腰に疲れが出やすい彼の弱点が出てしまったため。
一時は、その2週後の富士Sを使うとの情報も出てきたが、恐らく、このプロセスを辿った方が、より納得のいく結果が出せると指揮官が判断したのだろう。

2戦目の京王杯2歳Sで、R.ムーアが鞍上とはいえ、新馬戦の鮮烈な印象そのままに、かなり人気を集めてアオってのスタート…。あれから、もう2年の月日が流れた。
いくら名門厩舎に移ったとはいえ、今期の無傷の4連勝というのは、当初から皆が期待していたそれを、ただありのままに体現しただけのことなのかもしれない。

しかし、順調という言葉だけは鵜呑みにはできない。
予定のローテではないのはもちろん、タイキシャトルがフランスから帰国後3か月の再調整を経た後マイルCSを制した例を除いても、秋に使われずにぶっつけでここを勝った馬は、あのサッカーボーイしかいない。

普通は勝てない鬼門のローテーションで挑む春の王者を、同期の皐月賞馬と前年覇者が迎え撃つ構図。
興味深い一戦であると同時に、自身だけではなく、その産駒もターフを沸かせた名馬と肩を並べることになるのか。

ただ…。
勝てば、ダイワメジャー以来となる春秋マイルタイトル奪取には、何故か関東馬ばかりが成功している。
これも何かの縁だろうか。

 

ニュース

新馬(2015)<11/14・15>

読了までの目安時間:約 3分

 

土曜日は馬場がちょうど渋り出した頃、東西でダートの新馬戦が行われた。

京都1800は、人気馬総崩れ。4番人気ファンドレイザーが逃げ切り、鞍上アッゼニ騎手の初勝利を40倍台の馬2頭が盛り上げた。故に、レースレベルは…。
東京の1400は、アメリカンフェスティヴァル。人気上位馬は皆米国産馬。1、2着馬にはミスプロやダート向きのノーザンダンサーが入っていて、異系インリアリティの末裔がいいスパイスとなっている配合。
では、何故2馬身半の差がついたのかといえば、勝ったストロボフラッシュは牝馬で、負けたのは大型牡馬。こればかりは。

そのレース、ルメールと今週から参戦のムーアの争い。6Rの2000M戦でも二人の競馬となり、今度はムーアの勝ち。ハートレーは、離されないまでも馬群の最後方から、稍重馬場の内ラチ沿いをスノーフェアリーのように末を伸ばし快勝。
外を回ったルメールは、あっ…。

京都1600はヒーズインラブの早め抜け出しで勝負が決した。他の馬は…。ハービンジャーの大型馬。
福島1200は重馬場。牝馬ばかりのレースを、プレゼンスブルーが逃げ切った。

日曜日は、中央場所の芝4鞍。回復途中で重馬場らしい展開に。
東京1600は、在来牝系に重馬場のGⅠで好走歴のある父を持つビッグレッドのワンツー。
ぶっちぎりマツリダゴッホ産駒は夏にも見たが、このマイネルハニーは、みんなが走りにくい状況で圧倒的に強い血筋であることを証明した。
1400Mでもアドマイヤムーン産駒のドーヴァーが、人気馬同士の争いを制した。日本の重馬場は時計が出るから難しい。

京都も、連日の渋馬場で外差し傾向。
1800戦は混戦ムードだったが、ファレノプシスを祖母に持つキャノンストームが外から豪快に伸び快勝。
ワークフォース産駒。2着もハービンジャー。時計に現れない部分で適性が問われた。
1400戦快勝のソルヴェイグも父ダイワメジャーだから似たようなものだが、どう見ても自分のリズムで走っていないのに、外から追い詰めた馬をいなしていたから、単純に能力が上だったか。古馬になって完成するタイプだろう。

 

レース回顧

競馬学<スローペースのGⅠ>

読了までの目安時間:約 3分

 

菊花賞の近年の傾向から見た場合で感じた今年のスローペースの中身は、
「60.2-64.4-59.3」

中弛みがある以上、有馬記念などでも途中でペースが異常に遅くなると、全体の流れに歪みが生じ、人気薄の組が動き出すと直線は中団待機組の出番となる。
長距離カテゴリーの重賞独特の展開。特殊なのが普通という結論でいいだろう。

問題は、根幹距離のスプリンターズSと天皇賞の超スローの方だ。
前者が、
「34.1-33.9」
という、珍ラップにも属する奇妙な展開。馬場が大きく変質した中山でも、上がりの方が速くなる道理はない。

後者の前後半のラップは、
「60.6-57.8」
で、
「62.4-57.7」
という、10年前の天覧競馬の際刻まれた超絶スローペースと、本質では同じレースレベルであったと類推できる。

ともに、平均ペース型で、有力と目された逃げ馬の行き方次第の側面もあったから、猛ペースを作るタイプではなかった。
ハクサンムーン
「32.9-34.4」 13スプリンターズS②
エイシンヒカリ
「58.2-60.1」 14アイルランドT①

実は、この記録は本当に例外的で、他の馬が潰れてしまうようなハイペースを作ったことは一度もない。

更に、GⅠ馬でさえ、テンの3Fが33秒台というメンバー構成で、プライドをかなぐり捨てない限りピッチが上がりそうもなかったスプリンターズSと、そもそもエイシンヒカリ以外は逃げたくない馬ばかりだった天皇賞とでは、この望外のスローも、にわかに想定されていた最悪のパターンだったのである。

レースの質を上げるためには、WASJみたいな出走馬のバランスを調整することも一手ではある。
無論、それは非現実的なのだが。
ここで挙げた3レース中、最もメンバーの層が薄かった菊花賞が一番面白いというのは、ファンの期待と大きく乖離した結果のように思うのは、筆者だけだろうか。
良くも悪くもない。これが結論だ。
 
------------
 
競馬予想に関するさまざまなノウハウを紹介。こちらもご参考ください。
競馬必勝法各論
  

 

コラム

2歳女王引退

読了までの目安時間:約 2分

 

過去、大きなレースで脚を傷め、この世を去った名馬は数知れず。

同時に落馬事故による怪我で、騎手として復帰することを断念してしまう人も数年に一度は必ず現れる。

この馬も、またその1頭になってしまうところで、命だけは奪われず、母となる道が残された。

2012年の阪神JFを制したローブティサージュ(牝5・須貝)の引退が、オーナーであるシルクホースクラブのホームページ上で発表された。

先月31日に行われたスワンSにおいて、最後の直線で進路妨害に起因する転倒事故に遭い、騎乗する福永祐一騎手が落馬、骨折などの負傷で今季中の復帰が出来なくなる事態に見舞われながら、運よく、馬の方は大怪我を免れたのだが、陣営は万全の態勢を整えてレースに臨むことは難しいと判断し、競走馬登録の抹消を決断した。

実は、このようなクラブ所有の牝馬は、基本的には、5歳になると翌春の繁殖期までの間に引退させ、繁殖牝馬として牧場に返す規約が定められている場合が多く、このシルクホースクラブもそのルールを適用し、合理的に結論を出した結果が、この時点でのリタイアとなったようである。

昨年の京阪杯では、ゲート入りをゴネた際に発走委員が粗暴にも映るような執拗な長鞭の使用で物議を醸したその当事者でもあるから、この結末に感傷的になってしまう向きもなくはないのだが、福永騎手のリハビリ同様、このローブティサージュの母親になるための準備に必要な時間は、他の馬より長くかかるのかもしれない。

これも何かの縁。ウェディングドレスに紡ぐ夢のデザインは、緻密に練り上げられていくはずだ。

 

ニュース

しょげないでディープ

読了までの目安時間:約 3分

 

エイシンヒカリ・天皇賞(秋)
逃げられなかったのは間違いないが、逃げようとしなかったという方が正しい評価のように思う。
騎手にもそういう意識があったようで、実際本人が行かなかったと述べているからその通りなのだろう。
そこから本音の部分を忖度してみると、むしろ、いっそのこと大舞台で順応性を見せられたら、一挙両得どころの話じゃ済まないほどの新境地開拓の成功となるわけだから、キャリアの浅さに可能性を見出そうした狙いがあったとも推察できる。

ただ、あのペースでは自分のレースはできない。
クラレントが行く気を見せた分の想定外の展開では、責任問題は生じないはずだ。
他に速い馬がいなかったということが、ディサイファにとっても不幸な結末に繋がっただけなのである。

リアルスティール・菊花賞
どうやっても勝てなかった気がする。
ドゥラメンテに勝って以降、これで4連敗。新馬戦で軽々阪神の坂を駆け上がってきた迫力は影を潜め、日本で今一つパッとしないストームキャットの限界を示すかの如き、捨てきれない難儀な人気馬という評価に甘んじている。
翌週は主戦騎手も不幸な落馬事故に見舞われ、踏んだり蹴ったり。人馬とも決め手不足では、ちょっと言葉が過ぎるだろうが、期待値が大きい分の反動は致し方なしだ。
こっちの方がスケールでは上なのだろうか?

タッチングスピーチ・秋華賞
秋華賞が目の前にあったから使っただけであって…。
今でも、その最後の目標がエリザベス女王杯の行われる条件で、同じようなハイペースであったらと思うのである。
リアルスティールと違って、こちらは母父サドラーズウェルズらしい豪快な競馬が持ち味の馬。
苦しい経験をしていたミッキークイーンに対して、ここではまるで歯が立たなかった6着とはいえ、たとえ一流の古馬牝馬に敗れたところで、ゆっくり立て直せばいいと思えるのは、彼女自身が放つオーラが、真新しいせいで光り輝いてみえるだけではないからだ。
JCのミッキークイーンよりは、女王杯のタッチングスピーチだろう。

 

コラム レース回顧

新馬(2015)<11/7・8>

読了までの目安時間:約 3分

 

晩秋の気配漂うGⅠの谷間の週は、芝1400・スカーレット一族の明暗から始まった。

東京では、2歳馬に特別な末脚を仕込む男・田辺裕信駆るレッドエトワールの決め手が一枚抜けていたが、道中中団にいたダイワスカーレットの仔・ウィズミーの方は不発。いい位置が取れなかった。
が、京都では同族のゼンノトライブの切れ味勝負が光った。
こちらも1番人気が不本意な位置からの競馬になったが、ステイゴールドとキングカメハメハでここまで違うのかという驚きはあった。

東京の1400とこの京都1600は牝馬戦。
こちらは、ゲート入りにミソがついたのに誰よりも早くスタートを決めたラルクの才能が別格というレース展開に。ディープ産駒同士人気を分けたアパパネの妹には気の毒な結果だった
東ではダートのマイル戦も行われ、人気のアルーアキャロルが7馬身差圧勝。差しての結果だから価値もあるし、ゴールドアリュール産駒らしく、中盤以降に加速する競馬に合う正統派に育ちそうだ。

まとまった雨が降った日曜日は、刻一刻と馬場が悪化する厳しい状況での競馬に。
東より半日近く降り始めが早かった京都では、芝の2000Mで高馬の頂上決戦が繰り広げられた。
結果は、人気でもレース内容でも一枚上だったサトノダイヤモンドに軍配。
ロイカバードより重馬場はこなせていたし、スムーズな加速力は大きな武器になる。
ただ、ヘイローが3本なので、ダービーでというタイプではない。

ダート1400(不良)では、単勝50倍超の隠れ良血馬ミキノヘラクレスが、福島のダ1700(稍重)でも、人気薄ながらうまくレースしたドミナドールが、自分のレースをできなかった断然人気馬を歯牙にもかけぬ走りで、してやったりの勝ち星を挙げた。

ギリギリのところで収まった東京は、芝2戦。
良の1600はアシュワガンダ、稍重悪化の1800Mでは人気薄のキラージョーがそれそれ快勝。
ギムレットとハーツクライの産駒。
父の母父にグレイソヴリン系が入っているせいなのかどうなのか、左回りのパワー勝負で持ち味を活かした印象だ。

 

レース回顧

生え抜きの仕事

読了までの目安時間:約 3分

 

秋の3歳最終戦の覇者には、それぞれ信頼のおける相棒がいた。

キタサンブラックにも縁あって跨ったことのある浜中俊のパートナー・ミッキークイーンは、早くから強い馬だった。
デビュー戦から早速、生来の癖ともとれる大出遅れを披露。
絶望的な後方進行となりながら、最後繰り出した上がり3Fの33.7秒は、現在までのベスト。十分な能力の指標となった。

2戦目楽勝後に、クイーンCは3番人気を大いに裏切る逆噴射。新馬と同じような末脚で、キャットコインとタイム差まで猛追し2着。
-20kg。この経験が秋華賞快勝に繋がったように思う。

その頃、奇しくも後藤騎手の亡くなる1週間前にキタサンブラックの手綱を預かることになった北村宏司は、平均ペースからの好位抜け出しでクラシック候補を完封し、皐月賞参戦の挑戦権を得ることに成功。
ペナルティで本番には出られなかったものの、スプリングSではまた、クラシック候補をねじ伏せて有力候補の一頭に名乗りを上げた。

面白いもので、浜中の宝物となったミッキークイーンの兄でクラシック候補でもあったトーセンマタコイヤが4戦目で初めて負けた時の鞍上はこの北村だ。
昨年、北村跨るバウンスシャッセ相手にフラワーCで敗れた、浜中騎乗1番人気のショウナンパンドラは、以降手が替わったものの500万下しか勝てず、秋華賞で手元に戻った瞬間、勝利をものにし、今年の連覇へと繋げた。

昨年ほどは重賞を勝てないでいた浜中に勇気を与えたミッキークイーン。
今年は、フェイムゲームを育て上げてオーストラリア遠征の道筋を立て、スピルバーグと王室競馬に参戦した充実の北村。

因縁の絡まることはなかった淀の直線。
いつもより前にいたミッキークイーンを、昨年とは違う正攻法の抜け出しで勝利へと誘った浜中。
いつもよりずっと後ろで、最後の下り坂をじっくり脚を溜める場所にしたのち、キタサンブラックにしては積極的なイン強襲で勝利へとつなげた北村。
技を見せ、主戦騎手としての仕事をやり遂げた両者は、共に有力馬で盾獲りに挑み、今年は浜中が男になった。

 

コラム