競馬予想ブログ

競馬予想ブログ JUST

オルフェーヴル、2012年・阪神大賞典激走 – その後の事件

読了までの目安時間:約 3分

 

2012年・阪神大賞典。
暴走気味に向こう流しで先頭へ→2度目の3角で真っすぐ外ラチ沿いへ疾走→方向転換して、猛然と捲り上げて2着。

最初の凱旋門賞、楽勝気配の大外一気→ゴール前内ラチに接触して2着、の歯がゆいレースぶりや、宝塚記念、フォア賞の雄々しい勝ち姿など、一人テーマパーク化した三冠馬のお遊戯会が2012年シーズンのオルフェの軌跡となった。

この年、実は、というより、みんな予期していながら、それでも生涯最大となる屈辱的大敗を喫している。
単勝万馬券が発生した天皇賞(春)である。
ウインバリアシオン、トーセンジョーダンらも、前のミスキャスト産駒と後ろの三冠馬に翻弄されて、好走止まり。

曰く、
「もう長い距離は飽きた」
ダービーから5戦連続2400M以上の競馬を使われ、全て連対していた馬というのは、実は意外と少なく、昔は、京都新聞杯が2200Mだったから、オルフェーヴルのこの戦績は、三冠馬ならではの異常なる軌跡であり、それが負の副産物を生んだのだ。

阪神の外回りができたことで…。
初めての古馬とのレースでは、我慢に我慢を重ねて、超スローの展開から大外一気を決めた。
以後、外から豪快に差そうとすると、内にモタれるようなってしまった。
有馬だって、厳密に言えば、結構ササっている。

外に行こうとしたのではなく、ラチ沿いをスムーズに駆けて、走りのリズムを微修正したかった。
その修正の叶わなかったオルフェーヴルは、すねたのではなく、体調の再調整の舞台に天皇賞を使ったのではないだろうか。
宝塚記念は、鞍上の渾身の騎乗もあって、直線は内から抜け出している。

陣営の混乱をいち早く察知し、差し詰め、奴らの要求は凱旋門賞制覇ってところか。
人間のことなど、大して利口だと思っていないこの超個体は、彼らの焦りを全て斟酌して、自分を悪者にしたのかもしれない。
と言うと、きっと彼は怒るのだろうが。

JUST-RESEARCH.COM 【競馬予想関連記事】
競馬予想会社の正しい探し方
競馬通の知人の協力を得て、万馬券を「無料情報」で的中させている競馬予想会社・競馬情報会社を実際に登録し検証してみました。無料なのに高確率で3連単の万馬券をヒットさせている実力会社とは?
競馬必勝法各論~真の必勝法とは~
大手スポーツ紙の馬券名人コンテストで全国優勝したこともある当サイト管理人による独自の競馬必勝法をまとめました。

 

コラム

高速ダートのパラドックス

読了までの目安時間:約 3分

 

今年のフェブラリーSは、レース史上で最高の時計が叩き出された。

ダート1600Mの日本レコードは、よく知られる2001年武蔵野Sでクロフネが独走した際に記録された1:33.3。
時代は進み、34秒台で決着することもよくあると認識されるようになった現在、程よく水分を含み、最も時計の出やすい状況で、34.1-46.1-58.4という展開では、ほぼ間違いなく新コースにおけるレコードの更新が期待できる環境にあった今年、その不滅の記録にいかに近づけるかの勝負となった。

勝ったモーニンには、クロフネがそうであるように、アメリカ産馬であることから、日本の根幹血統であるサンデーサイレンスの血が入っていない。
新コースで1分34秒台の決着になった時は、数の多さも影響してか、サンデー系が2頭、ヘイロー系のタイキシャトル産駒メイショウボーラーが勝利している。
ただ、真のレコードである1:34.0という時計では、1番人気のノンコノユメとみやこSで猛烈な時計で駆けている母父サンデーのロワジャルダン以外は、実績のある人気上位のアウトサンデー系の馬ばかりが上位を占めた。

過去京都戦時代に3度1分49秒を切る高速決着、阪神に舞台が変わってからも、5年で4度、1分50秒を切ってのハイレベル決着が展開されるアンタレスSも似ている。
大レコードが出ると、サンデー系が壊滅的敗走となる。
1:47.8が記録された09年にウォータクティクスとワンダーアキュートで決まった時は、共に、サンデーの血は持っておらず、この時も②-①人気の決着で、先行した方がどんどん前に突っ込んでいくようなタフな展開であった。

地が固まれば、サンデー系は走る。
芝でも同じ。
日本ダービー、ジャパンCの時計は、キングマンボの人気馬がサンデー系に今までは違う景色を体感させてから、翌年以降のレース格の保証に一役勝って、またキングマンボが…。

世界との戦いに壁を感じるのは、サンデー系に正面突破力がまだ備わっていないからだろう。
2000Mをこなせる馬だと、その距離で大いに活躍できるのだが、今度は意外とスタミナが足らない。
 
 

JUST-RESEARCH.COM 【競馬予想関連記事】
競馬予想会社の正しい探し方
競馬通の知人の協力を得て、万馬券を「無料情報」で的中させている競馬予想会社・競馬情報会社を実際に登録し検証してみました。無料なのに高確率で3連単の万馬券をヒットさせている実力会社とは?
競馬必勝法各論~真の必勝法とは~
大手スポーツ紙の馬券名人コンテストで全国優勝したこともある当サイト管理人による独自の競馬必勝法をまとめました。

 

コラム

藤田菜七子騎手 – 女の子の事情

読了までの目安時間:約 3分

 

藤田という名前は、長らく男気のある頼れる兄貴のイメージが競馬人に深く浸透していたが、今は、若きアイドルジョッキーのそんな苗字だったっけ?という軽い感じの印象へと変化した。
故に、おじさんたちの嫉妬を買ったのか。
土曜日には惜しいレースがあって、日曜日もチャンスはあったのだが…。

女の子であろうと、そこは厳しい世界に生きる勝負師たちが鎬を削る業界。
下半身主導のブレの少ない騎乗フォームをまず身に着けないことには、未来の飛躍は難しい。
すでにハイセンスなテクニックの一端をのぞかせている菜七子騎手には、同期男子にも劣らぬ負けん気がある。

ヌーヴォレコルトとショウナンパンドラ。
意外と、目立っているのがパンドラで、ヌーヴォは堅実すぎるがために、定番の2着付けの方がファンの脳内ファクターの第一印象として既成事実化している。
産経大阪杯では、パンドラ3着、ヌーヴォはお疲れの6着。
よく走っているが、強い牡馬相手だとさすがに厳しかった。今後もそうだろう。
3歳のGⅠ好走馬というのは、長い休みが取れないと、やはり上がり目は限られてしまう。

池江先生のところのリボンフラワーが、アネモネS5着を最後に引退した。
残念ながら、脚部不安を発症して、フジキセキ的早めの店仕舞いで、さっさと繁殖活動に入って、いい仔を作ってもらおうという決断に至ったということだ。
如何せん、全兄がダノンプラチナという良血馬。

別に、ここまでトップランナーでもなかったわけで、大きな意味のある判断となるかは、現時点でどうとも言えない。
が、これは推測なのだが、ディープの仔にしてはキレがちょっと足らないという能力判定もした上での、引退という決断にも感じる。

血統馬のそれも牝馬を持っている者として、ご子息が考えたローテで、5戦1勝。
成長の可能性を信じるのは正しい結果へと繋がるかもしれないが、それをあえて選択しなかったことをきっちりと評価すべきだろう。
さすがは名伯楽。そう思うのは、筆者だけではないと思っている。
牝馬には、大切な仕事がある。

JUST-RESEARCH.COM 【競馬予想関連記事】
競馬予想会社の正しい探し方
競馬通の知人の協力を得て、万馬券を「無料情報」で的中させている競馬予想会社・競馬情報会社を実際に登録し検証してみました。無料なのに高確率で3連単の万馬券をヒットさせている実力会社とは?
競馬必勝法各論~真の必勝法とは~
大手スポーツ紙の馬券名人コンテストで全国優勝したこともある当サイト管理人による独自の競馬必勝法をまとめました。

 

コラム